スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統一メーデーの実現を、労働者は団結を、メーデーを日本の祝日に

メーデー_1昨日(4/29)、連合系の第80回メーデーが開催され、代々木公園を会場にした中央大会には3万6人が参加があった。厚労相の舛添要一や小沢一郎に加えて、湯浅誠が出席して挨拶するという豪華キャストの大会だったが、生憎、新型インフルエンザのニュースにかき消され、マスコミ報道では大きな話題にならかった。昨夜のテレビ報道では、NHKの7時のニュースだけが小さく取り上げ、高木剛の挨拶を短く流した後で、初めて会場に設置された就業支援の相談コーナーを紹介していたが、舛添要一や湯浅誠の挨拶の映像は全く放送されなかった。9時のニュースには少し出るだろうと期待したが、9時のニュースにはメーデーの報道そのものが無かった。報道ステーションでもメーデーのニュースは放送されなかった。未曾有の経済危機と雇用不安の中で開かれたメーデーで、それなりに役者を揃えて壇上に並べたにもかかわらず、テレビでは報道の価値なしと判断されたことになる。新聞は各社に差がある。酷いのは朝日新聞で、2面に載っていた記事は小沢一郎が挨拶で献金問題に触れなかったという政局記事で、社会面(26面)の記事は小さな扱いにとどまっている。  

続きの内容をレジまぐ版に詳しく公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

毎日新聞の東海林智記者の論説記事が素晴らしいですね。これと同じ内容のことを書こうと思って準備したのですが、その途中で東海林智の記事を見つけました。私が言いたいことを全部書いてくれていました。それから、中日新聞の社説も素晴らしい。1920年に上野公園で開催された第1回メーデーのことが書いてあり、ドラマ「おしん」のシーンを思い出しました。あのころ、渡瀬恒彦が演じていた知識青年たちは、官憲の弾圧の中を命がけで活動していたわけで、その戦前のメーデーの伝統を考えると、5月1日でなく4月29日に開催してデモもやらない分裂メーデーなどと、当時の人々に対する冒涜以外の何ものでもないように思えるのですが。

メーデー_z

メーデー_z1
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今夜も気分を変えて、青春漂流、古代史、日本の秘密について

◆昨日のネットですごいな!と感嘆したのは野生動物写真家宮崎学の「宮崎学写真館」ーhttp://www.owlet.net/
◆まるで詩のように都会の野生動物たちが次々と登場する「宮崎学の生きものから人をみる」はーhttp://eco.chunichi.co.jp/viva/ikimono/index.html

彼もソムリエ田崎氏同様に、立花隆「青春漂流」(講談社文庫)に取り上げられてたような気がする。
◆やっぱり僕の記憶は間違っていなかった。20年後の「青春漂流」はーhttp://www.owlet.net/05-nikki/2003-1219.html
◆「gaku日記」の過去ログがまたものすごい!-http://www.owlet.net/05-nikki/index.html

派遣・非正規労働者切り捨て、内定切り捨て、福祉介護サービスやセイフティネット切捨て、障害者・高齢者・母子家庭等の予算切り捨て・・これらは憲法25条で保障された人権違反の違法行為だと思う。国が真っ先にやるべきことは税金の再配分機能で法律・憲法を守ることであるはずなのに・・

この国の政官財がやってきたのはそれとは正反対の、全回の消費税増税でも・・その増税分で富裕層の所得税減税・相続税減税や大企業法人税減税だった。

今回の自公政府景気対策でも、その数十兆円のほとんどが、金融業界・自動車・電機等のための大企業向けのもので、本来取り過ぎた税金で救済すべき弱者へは、そのほとんどが一年限りのものや、「低額給付金」もまた一度限りの選挙買収のようなものだと思う。

ほんとうに景気回復をやるためには、経済学者森永卓郎氏の言うように・・物が有り余ってるのにそれを買うお金がない大多数の国民に、最低でも十万円以上の「高額給付金」をばらまくべきだと思う。

↓の日記に書いたように・・日本の物価が高い原因になってる高速道路料金を無料化(3年後が相応しい)して物流費を低減し、地方に高速道路を譲渡し、出入り口を三倍に増やしての渋滞解消やニューディール的公共事業を国が行い、地方再生・失業者対策を早急にやるべきだ!サービスエリア等の賃貸料や周辺の開発は、温泉・ホテル・道の駅等で地方活性化の切り札となることだろう。

官僚天下りの高速道路会社や料金所を廃止する事で、膨大なお金が地方自治体で使えるようになる。それを出入り口増加工事に使えばいいと思う。料金徴収の変わりに、半年分・一年分の料金支払い済みのステッカーを車に貼るようにして、あまりにも暇すぎて税金ネコババや冤罪ばかり起こしてる警察等の地方公務員にでもそれを見張らせればいいのだと思う。

日本がこうも多様でありながら、均質である理由は?
それは「安全・安心」という思想が基礎にあるこの列島の歴史にあるのではと思う。本来なら統一国家というのが難しいこんな山だらけの多くの島々を、様々な渡来人たちが開拓した国ー日本の文化がどうしてこうも多様的でありつつ均質的なのだろうか?

この「安全・安心」概念は、現代日本にも当てはまるこの国のキーワードなのではとも思う。現代日本を考えると、日本をこれほど豊かな国にした「安全・安心」のための諸システムの存在(とりわけ平和憲法!)と、多様的でありつつ均質的・・という日本人の秘密を抜きには語れない。

現代日本では大きく四つの分野での「安全・安心」のシステムが存在している。それは過去遺産分野では、即座に復旧可能な自然環境や交易路の終着駅に蓄積されてきた伝統文化・文明であり・・その基礎の上に可能だった生活・生産分野での無尽蔵な鉄器生産と、発酵醸造文化の基礎になった世界一豊かな海産物と塩・・金属加工同様に製塩でも無尽蔵の木材が必要だったが、その燃料の木材が世界で唯一無尽蔵(放っておいても約30年でまた木が生い茂る)だったという自然環境という背景がある。

社会・政治面分野では、中国史書にしばしば「女王国」(鬼道という先祖霊崇拝で支配の卑弥呼)言及されている西日本の女系社会の伝統。記紀もひと言でいえば女系天皇の強調と男系ではなく女系の重視だ。それと、日本人にとっては唯一の倫理”名こそ惜しまん”・・という東日本の男系重視でありつつ、遊牧民的合議制という民主的システムを備えた武士の存在だったのではと思う。そしてこれらすべての基礎にあるのが、縄文時代やそれを受け継ぐアイヌ民族や沖縄に顕著なアニミズム的・シャーマニズム的汎神論的な世界観に違いない。

未来分野では、日本人に共通な現場重視の製造・情報・芸能・イノベーション等を重視する国民性にあるのではと思う。その原因は、大陸のように反対勢力を根絶やしにする過去遺産破壊が皆無だった点ではないのかと思う。織田信長だけがちと例外だったけど・・

そしてそれらの理由はこの国の始まりに遠因があるのではと思う。スサノオを祭る出雲族という金属加工&海洋交易民的な氏族のおかげなのではと。

人間などよりも家畜を重要視して、人間を抹殺しまくった騎馬遊牧民や、敗者をすべて奴隷として使役する農業大帝国とは反対に、交易・情報取得のためには、戦争よりも、平和で培われた友好関係・ネットワークの方が出雲族にとってははるかに望ましかった。また敗者側でも、東北・北海道以北の無限とも思える新天地へと去ればいいだけの話だった。

そしてそれこそが、日本神話記紀でも、敗者として滅亡した出雲族始祖スサノヲにあらゆる罪をかぶせながらも・・天皇家祖先とスサノオ一族との親密な関係や、スサノオ一族からのこの国支配の正当性継承を強調している理由なのではと思う。

そしてこの出雲族のルーツは、稲作と鉄器をもたらし弥生時代の担い手となった・・秦の始皇帝が不老長寿の霊薬を求めるために派遣した徐福の子孫たちのおかげなのではと思う。その理由としては、中華思想の強い中国の儒教の祖の孔子でさえも日本列島を理想の国と考えていたことからも明らかではないかと思う。天皇家の三種の神器も弥生時代以来の歴史を継承するもので、前方後円墳はその形から盾を伏せた形であり、不戦・平和を宣言するものだったのではと思う。

更に安全・安心の残りの二つの要素の「地理的条件」もまた、周囲が海と急な海流で防護という・・これ以上は望めない環境だった。それは現在でも同様で、日本には陸上自衛隊は不必要な存在で、「災救&国際支援部隊」へと変更して、普段は資格取得施設へとすべきものだと思う。

この列島では、最後の「情報収集性」だけが問題だったけれど、それを解決したのは縄文時代以来の海洋交易民的倭人のネットワークや近隣との平和的交易関係だったのではないかと思う。
それはまた現在でも同様であり、戦争にしろ外交にしろ、その内容を99%決めてしまうのは、日常的な交易・交流や相互理解の程度なのではと思う。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。