スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北三県の国会議員の皆さんへ - 避難生活者の命を救って下さい

東北大震災_4_1皆さんは、いま何をやっていますか。自分の選挙区の避難所の数、場所、人数、状況を把握されていますか。そのリストをお持ちですか。ご存じでなければ、県警本部に最新情報がありますから、情報を入手して確認をして下さい。そして、避難所に救援物資を届けて下さい。自衛隊の駐屯地に溜まった緊急物資を運搬させて下さい。車両とガソリンと運転手を確保し、県や市に届いた物資を沿岸の避難生活者まで届けて下さい。それを指揮して下さい。避難している人々の命を救って下さい。それが国民代表である皆さんの義務であり使命です。県を動かして、県の災害対策本部に一般からの救援物資の受付窓口を作って下さい。今、皆さんの頭の中には、域内のどの避難所でどの物資がどれほど不足しているか、逆に、域内のどの集荷所にどれほどの救援物資が積み置かれているか、数量と状態が把握されていますか。そのスキームとネットワークとロジスティックスのイメージができていますか。言わずもがなですが、NHKが言っている三陸の道路寸断の話は嘘です。被災地を見殺しにして、行政が責任を回避するため、全国に撒いている情報工作です。孤立している海岸集落は別にして、役場のある町までの道路交通に問題はありません。なぜなら、東京から来た大量のマスコミ関係者が、出張気分で現地を闊歩しているではありませんか。交通が本当に遮断されていれば、撮影機材を持ったテレビ局のクルーが気儘に入れるはずがありません。
 

続きの内容をレジまぐ版(有料)に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

新規のご登録はこちらからお願いします。ブログの購読をご契約されると、料金は月額315円になります。クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済や銀行ATM決済などの支払方法があります。レジまぐのご案内をどうぞ。

東北大震災_4_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

大きな動き

東北三県の国会議員は、誰に支持されて国会の席に着いているのか自覚しているのであろうか?今、避難所で救助を待っている被災者なのですよ。この怒りを東北三県の議員全員にメールしようと思う。もし、管理人様の意見に共感する皆様、被災者の方々の為に国会議員に呼びかけませんか?メールが一番良いかと思います。この動きが大きな運動になることを祈って・・・・。そして、被災者の皆様、頑張ってください。私も出来る限りの事をしたいと思います。

日本脱出

すでにご存じかも知れませんが、ワシントンポストによると、東京および北日本にいる米国外交官の家族、および出国できない一般米国市民のために、飛行機(複数)をチャーターすると伝えています。事態は、そんなにひどいのでしょうか?

Googleで通行実績が見れます

URLで示したサイトで、東北三県での道路の通行実績が見れます。これで、道路が寸断されているというのは嘘だということがわかります。青森~盛岡間の線路が復旧したということで、鉄道でのコンテナ輸送も再開されたようですし、国会議員は奔走して被災地のために尽くして欲しいものですね。原発のことしか話さない官房長官もいかがなものかと思います。

No title

お疲れ様です。

記事を拡散させていただいていいですか?

広く訴えたいと思いますので。

念波

 雪の降りしきるなか、極寒の避難所や病院で亡くなられた方々の無念を思うと、涙がとまりません。
最初に地震と津波の報が飛び込んだときには、阪神大震災のときのおたがいを必死で助け合われていた日本の皆さまの感動的な姿を思い出し、被災者の速い救出と、支援物資のスムーズな運搬などを信じて疑いませんでした。

 世に倦む日日さんがおっしゃるように、これらのすべてが「原発事故」によって大きく狂ってしまったように思います。救援物資を福島に届けることをトラックの運転手さんがいやがることは仕方がないにしろ、行政もヴォランティアの人びとも、及び腰になられていることが歯がゆくてなりません。かといって自分がたとえば東京に住んでいたとしたら、トラックに乗って現地に行けるのか、と言われれば、同じく及び腰になってしまうのは間違いありません。それでも地震が東京を直撃しなかったせいで救われた自分のいのちを、他の風前のいのちのために少しでも使う勇気を持ちたいと思います。

 「海辺のカフカ」に登場するトラックの運ちゃん・ホシノ青年ならどう考えるでしょうか。超能力のあるナカタさんの念波を信じるかもしれません。
どうか皆さん、いまちいさな行動をすることで、たとえば祈ることで、救うことのできるたくさんのいのちのことを考えてみてください。
遠く海外からなにもできない僕も、こころからの祈りだけは強く念じて送りつづけています。信じていない方には怒られるかもしれませんが、僕は必ず効果があると信じています。念波はなにより、一瞬にして被災地に到着します。

 世に倦む日日さんのことばのように、行政にかかわる人たちへ、念波を送ることは、とても重要だと思います。自分の仲間たちと念波を出し合えば、もっと強い力となります。

どうか、どんなことがあっても死なないでください。この世でまたご一緒に楽しく語り合いましょう。

No title

年来の愛読者ですが、あれほど鋭利な小沢批判をしていながら、熱烈な小沢信者に転向してしまうところに、なにかブログ主様の根底の脆弱さのようなものを感じてしまうのです。我が国最高峰の市井のブロガーの、ほとんど唯一の瑕瑾、しかしそこからよって立つ基盤を突き崩してしまいかねないような瑕疵。読めば読むほど、なぜ今小沢一郎なのか、がわからない。もしほんとうに小沢ひとりの力でのみどうにかなる日本なら、もはやわが国は終わりでしょう。幸い、そうではないようです。決して多くはないけれど、いくつか可能性はあります。地震のことはともかく、今の日本をとりまく諸問題は、まだ、ひとりのカリスマに頼る様な非常時のそれではないのです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

切り捨てられた私たち

 仙台から。震災から1週間経とうとしています。今回、当事者になって、この国の非情さが嫌というほど分かりました。怒りと悲しみでいっぱいです。
 今日、避難所での最初の死亡者が報じられました。おそらく次々と死亡者が続出し、報道も当たり前のようにスルーするのでしょう。そもそも、被災者の命などに関心のない政府・行政は、そんなことは折りこみ済みで、「あ、そうか、(死亡者が)でたか。」と言うだけでしょう。南三陸に住む、私のかつての同僚も、生きているかどうか。「死んで地獄、助かっても地獄」と被災者の男性が語っていました。地獄につき落とすのが政府・行政の仕事になってしまいました。
 私たちは被災者は、見捨てられ切り捨てられた。私は日本人であることをこの1週間、つくづくのろいました。今後ものろい続けるでしょう。
 議員に期待できるのか。期待できる人がいるのか。ブログ主さんの仰有るようにように、この1年間ほどは強いリーダーシップを発揮できる卓越した人物がいれば、独裁もやむなし、と考えざるを得ません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

福島原発事故に関しまして

いつも愛読しております。記事のご趣旨とはずれてしまうかもしれませんが、知人より福島原発事故に関する重要な動画を紹介されました。朝日ニュースターの「ニュースの深層」という番組の動画で、広瀬隆さんという、長年原発問題に取り組んでこられたノンフィクション作家がゲストでお話されています。今回の原発事故が、政府発表とは異なり、非常に深刻な状況にあることを分かりやすく解説されています。番組名は、「ニュースの深層 3月17日(木) 福島原発事故 メディア報道のあり方」です。14分の動画が全部で3本です。かなりショッキングな内容ですが、誰もが知っておくべき情報だと思いましたので、この場をお借りして紹介させて頂けたらと存じます。よろしくお願い申し上げます。

http://www.youtube.com/watch?v=veFYCa9nbMY (1/3)
http://www.youtube.com/watch?v=wlVlmyyNxlw (2/3)
http://www.youtube.com/watch?v=rpcuM1v90XE (3/3)

小沢一郎、大変結構

今の日本は小沢一郎の采配でよいとの主張に同意します。

カリスマかどうかの問題ではなく、この大災害時に無政府状態となり、官僚の都合のいい「災害支援」を既成事実化していては、被災者が見殺しにされる。官僚も天下りの元官僚も「政治主導」を言い訳にして無作為を続けているだけ。こんな役人たちはいらない。



ニュースの深層

 上のコメントで広瀬隆氏の「ニュースの深層」 を紹介していただいた Citoyenさん、番組にはショックを受けました。 広瀬氏の言っていることは、他のマスコミではあの時点で絶対に報道されないものだと思いますが、限りなく真実に近いと思いました。当方ブログ 「ソドムの街になるまえにふり返る (2) 」にもリンクさせていただきました。 http://nyckingyo.exblog.jp/13164070/

 地上から海水を放水するという菅のヤケクソ作戦は。原発の致命的故障に繋がるということですね。 広瀬氏は放水、それも海の水によって冷やすことはまさに「焼け石に水」で、これをくり返せば、大変な惨事に繋がることを語られています。原発内のデリケートで複雑な 部品・配線のすべてに塩がこびりついてしまい、壊滅的故障に陥る危険性が非常に高いということです。なんとしても原発の電源を回復することが先決であると力説されています。
NYタイムズの木曜(17日)の記事タイトルは「半狂乱の修理がはじまった」となっていました。

日本時間の土曜朝、地上の消防車からの放水はつづいていますが、原発の電源を回復することに全力を尽くすと言う東電のコメントがありました。具体的な方法が説明されはじめ、やっとなにか光が見える予兆がではじめた感じがします。
海外では日本のTVといえばNHKニュースだけですから、最悪です。ネットの動画などの情報があればこれからもどんどん教えてください。

皆さまくれぐれも落ちついて、冷静に情報を判断されて、週末をお過ごしください。海の向こうから祈りつづけています。

選挙の時には国会議員がこぞって応援に来るのに候補者もバッチのためには選挙区を雨が降ろうが奔走するのに税金無駄使いの国会議員は今何をしているのか?マスコミがどこにでも行けるのに何故届けられないのか?フリーター議員や1年生議員をこの時に国民のたみに働きなさい。いつでも働いているのは地方自治体や消防や自衛隊が命がけで現場で頑張ってる。現場を見ず知らずして支援は出来ないよ国民の被災者の立場を身をもって感じとる必要があると思う。国民は気持ちは1つ。規制にしばられず、政党にしばられず、自らの意志で行動する国民のための国会議員の一人でもいることを望みたい。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。