スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読者からのメール    (3/14 06:23 受信)

読者からのメール_1岩手県、盛岡市に住んでいます。今回の地震の時は、勤務先の小学校にいました。たまたま、午前授業で子どもたちは、すべて下校した後だったのですが、2時45分頃の地震時に私の受け持ちのクラスの子供が5人校庭で遊んでいたので、状況を見ながら子どもたちを家に送り、学校に戻ってきたのが4時すぎでした。10分ほどの大きな揺れでしたが、幸い建物に大きな被害はありませんでした。自宅まで、30分ほどで(自家用車)つくのですが、信号も止まっているため1時間30分くらいかけて帰宅しました。家族は無事でしたが、停電・断水でした。ガスは、使えました(おとといの夜復旧しました)。ラジオで、被害の様子は聴いていたのですが、沿岸の方の津波の被害の大きさにびっくりしました。停電が長引くような気がしたので、買い出し(電池・携帯充電器・食品)、飲料水を調達するために車で移動中にテレビでのニュースを見ると津波の大きさ、何度も訪れたことのある風光明媚な三陸海岸の市町村の無惨な姿が映し出されていました。
 
読者からのメール_2今回のブログ記事、私も感じていたことを的確に記事にしてくださりありがたいです。テレビのニュースを見ても、自衛隊の方々5万人も展開していないですよね。それに、動くのが本当に遅いです。岩手県知事は、地震後、1回ラジオかテレビで県民に向けメッセージを送ったようですが、殆どの方は聴いていないのではないでしょうか。そのうち、原発の事故を中心に政府が記者会見をしているのを聞いて、どっちが優先なんだろうと思いました。たくさんの人命が失われているのに、たくさんの方が、助けを求めているのに、国や県のトップは、本気で国民や県民を助ける気があるのでしょうか。行方不明の方は、どう考えても岩手県だけでも1万人は越えているのに、今朝の官房長官の記者会見は「計画停電」のことだけです。菅直人首相の昨日の記者会見でも被災地の方への哀悼の気持ちが少しも感じられませんでした。一刻も早く人命を救助してほしいし、この寒空に放置されているたくさんの遺体を冷たい海から収容してほしいです。「そのための自衛隊、そのために国民は税金を払っている」というご意見、本当にその通りです。

読者からのメール_5現場で実際に救助に当たっている方々、家族や友達の安否を今も確認されている方々、避難所で不安な時間を過ごしている方々のこと思うと涙が出てきそうです。もっともっと、国や県のトップの方には先頭に立って動いていただきたいす。彼らは、誰のために政治をしているのでしょうか? まるで、人ごとのように報道するマスコミにも温かい報道を期待したいです。地震の仕組みやメカニズムのことを語ることよりも、何度も津波の映像を見せるよりも、もっと被災地の方によりそった報道をしてほしいし、国や県のやっていることを的確に伝えて欲しいです。私は、これから勤務先の学校に行きます。昨日の夜まで、受け持ちのクラスの子供に連絡をしていますが、半分の子供のうちとしか連絡が取れませんでした。連絡が通じたお家の方の様子から多分、全員無事ではないかなと思いますが、学校に行って顔を見るまでは安心できません。県庁には、公衆電話から対策本部に電話をしてみたいと思います。ニュースの時間帯に記者会見をしてほしいとお願いしたいともいます。(NHK、計画停電のことのニュースしかしていませんね。これから、卒業式シーズンですが、岩手は,悲しみで包まれています。

自分ができることを大切にしながらも、理不尽なことには声を上げることを私も微力ながらしていきたいと思っています。いつも長文・乱文で申し訳ありません。それでは、お体に気をつけてください。

読者からのメール_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1万5000人という数字

菅総理が昨日夜の会見や本日の会議で「既に1万5000人救出した」と繰り返し述べていますが,この数字は避難所等に逃れることができた人数のことでしょうか。

自衛隊はじめ救出に尽力している現場の方々には本当に頭が下がりますが,避難所までは自力で避難した人がほとんどでしょうに,それを政府が「救出した」というのでしょうか。「既に1万5000人の方々が安全なところに逃れることができた」というべきではないでしょうか。
実際は,その避難所生活がまことに厳しく,「安全なところ」というのも事実に反し,そうすると政府が救出したなどといえる人数ではないように思いますが。

私がなぜこのような言葉尻に引っかかるかというと,菅総理はどこかから1万5000人という数字を聞いて,それを鵜呑みにして景気づけにこの数字をやたらに口にしているだけと思えるからです。
暗澹たる気持ちになるのは,この数字が「救出」というに値しないのに故意に言っているのですらなく,あの総理は本当に無能で浅はかで,そのような数字が現実的に可能なのかどうかを判断する能力すらないのではないかと思えるところです。

本当に自衛隊や消防その他が自力で脱出困難な状態におかれていた方々を1万5000人も救出できていたならすばらしいですし,各種情報を照合したわけではないので間違っていたら済みません。
しかし,どうしてもそんなことができていると思えません。

怒りに震えた

仙台在住です。私自身は被災の程度は軽いのですが、気仙沼、南三陸、東松島、陸前高田、名取市閖上、津波の被害を受けた知人親戚が多くいます。同僚が津波で家と親御さんを亡くし、ご自身も避難所生活をしています。東北はまだまだ寒く、若い人でも飲まず食わずで気力体力を消耗させていきます。
13日、電気が復旧して以来、「被災は他人事」「被爆が我が関心事」という報道の有り様に悲しさが増すばかりでした。いつもネットでブログ主様の卓越したご意見に触れ、自分の知識の糧にしてきましたが、あの恐ろしい11日以降は拝読できずにおりました。
今、13日付のご意見を読み、やはりそうだったのかと怒りで胸が張り裂けそうです。死亡者、行方不明者はゴミのように埋め立てられ、かろうじて生き延びた被災者は人間として扱われず弱者はさっさと失せろ、とまさにそのような発想です!美しい三陸海岸沿いの被災地は、人気のない荒野と化すのですね!
日本政府は私たちを、厄介な家畜たちのように処分する考えなのでしょう。悔しさ残念さでいっぱいです。政権交代で失望しようやく菅政権が揺らぎ始めたかと期待していた矢先、こんな結末が待っていたとは。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。