スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前原誠司を東京地検に告発せよ - 故意性の不在で免責はできない   

前原誠司を告発せよ_1昨日(3/4)、参院予算委の初日の審議をテレビで見ていたら、予想どおり、前原誠司の資金疑惑の問題が質疑で登場した。しかも、週刊誌の報道で浮上した暴力団のフロント企業による献金と収支報告書の虚偽記載とは別に、全く新しい情報として在日外国人献金の一件が飛び出した。「爆弾」の投下と炸裂である。前原誠司は表情が強ばり、カラフルな委員会室はしんと空気が静まり、事の重大性を印象づける時間が暫く流れた。質問者の西田昌司は、なぜか前原誠司を深く追及しようとせず、菅直人に対する罵倒に鉾先を転じて持ち時間を潰し、さらに外国人参政権批判の演説などを無用に始め、視聴者も議場も興醒めする不愉快な展開となったが、今後の政局に決定的な影響を与える一事であることは歴然だった。やや不思議なことに、質疑から3時間後の19:00付のTBSのニュースがネットに配信されていて、問題の山科の焼肉店の経営者へのインタビューが放映され、映像の中で本人が献金の事実を認めている。もし、TBSが国会中継で初めて問題を知ったとすると、経営者の特定やアポ取りも含めて、この取材と放送はあまりにタイミングが早すぎる。つまり、TBSは予め情報を知っていて、この映像も国会の質問前に撮った録画なのだ。自民党の西田昌司から事前にリークがあったと考えられるが、或いはTBS側が先に情報を掴み、それを自民党に流した可能性もある。  

続きの内容をレジまぐ版(有料)に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

新規のご登録はこちらからお願いします。ブログの購読をご契約されると、料金は月額315円になります。クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済や銀行ATM決済などの支払方法があります。レジまぐのご案内をどうぞ。

前原誠司を告発せよ_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

挽歌

>質問者の西田昌司は、なぜか前原誠司を深く追及しようとせず

そうなら、西田先生の底意地の悪さについてはつとに知れてるでしょうから、今回に限って故意に矛先を緩めたということになります。
なぜなんですかね。
案外この先生も、そもそもの出自は渡来人だったりして、もしかしてー(いなかっぺ大将のニャンコ先生調で)。

>政治資金規正法の外国人献金の禁止に関わる条規を確認したが

こんな条文があることを知りませんでしたが、外国人に国政が左右されるのは面白くありませんからあったほうがいいんでしょう。
ただ、むかしは自民党自体がCIAから、社会党自体がソ連からそれぞれ資金援助を受けていたのに当時はバレなかったわけで、出す側と受ける側が本気で周到に事を運べば、今でもバレにくいはず。外相は危機管理が甘かったという事。

>市民は前原誠司の息の根を止めなくてはならない

前原さん、すべては私の責任です、と言ったので殊勝にというか潔くさっさと辞任するのかと思いましたら、今日になって「福田元首相も総連系から献金を受けていたけどおとがめなしだった、それとの整合性はどうか」と一転して鼻息が荒くなりました。
でも前原さんだとダメなんだな。
福田さんだと、岸さん以来の清和会の、ま、嫡流の政治家なんで、北朝鮮の人からの献金があったとしても、チェック・ミスで済む話になります。清和会が自民党最右派なんで。
ところが前原さんだと、政策的に自民党臭いという印象はあっても、社会党の残党もいる民主党の人であり、自民党政権のときに野党の政治家だった人ですんでチェック・ミスで済まなくなります。有権者の人情としてはおおむねそうなるんじゃ。
しかも今回は、本人が中学生のときから世話になってきた人からの献金だと認めている。
アウトでしょう。
前原さんについてもう一つ思うのは、政治家としてあまりに未熟だという印象です。
かつてのライブドアをめぐる偽メールの件では事の重大性を考えれば最低限必要であったであろうチェックの労を怠ったため、代表の辞任と関係した議員の後日の自死をもたらした。
今回の献金の件では、追求されたらすぐに認めた。
昔の老練な政治家なら「その件については私も承知しております。重大な問題ですので、慎重に調査し、おって詳らかにしたいと存じます」でこの場はしのげたのでは。
以上二つのケースをみただけでも、前原さんは重責をになう政治家として必要な懐の深さを、決定的に欠いている感じがします。
となると、この前原さんを神輿と担ぐ凌雲会のすべての面子と、会の後継人の仙谷さんは、それ以上に懐が浅いか人を見る目が曇っているおそれが高いということになります。
余談ですが、だめな凌雲会が不倶戴天の敵と目しているというだけで小沢さんの評価が上がるゆえんです。
そうは言っても、前原さんには議員以外の道もあることを知ってもらいたい、衷心から。氏の父君、自死をされています。万が一にも同じ道を選ばれたら、氏を蛇蝎の如く嫌う自分も後味が悪くなりますので。
「政治をやる人ってやってる時には最高に面白いんだろうけど、分をわきまえずにその楽しみを得た人は、その償いに地獄に落ちるんじゃないかな」と今、思いました。
後味の悪いコメント、すみません。

同感です。

ブログ主thessalonike氏の指摘は正に正論であり、マスコミの前原報道を聞いていて、私が感じた違和感をそのまま文章化していただけたとの思いです。
恐らく既に、コメント欄やメールにおいてブログ主に対する、前原支持者の方々からの攻撃が行なわれているのでしょうが、正しい主張(=事実を正確に指摘しただけ)でありますから、気になさる必要はないと思量します。
念のため、私は自民でも民主でもなく完全無党派層です。
ところで、管総理はその公約をひとつ立派に実現されておられます。
「宰相不幸社会」

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。