スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト革命 (6) - 革命よ、紅海を越え半島へ渡れ、出エジプトせよ

エジプト革命_6_1紅海の海原を二つに割り、海底の回廊を東に横断し、砂漠の半島に上陸して聖地まで進撃せよ。昨深夜(2/11)、ムバラクのカイロ脱出の報があり、エジプト民衆が求めた大統領辞任がようやく果たされた。エジプト革命の一歩が踏み出されたことになる。アラブ紙「アルクッズ・アルアラビ」編集長のアトワンが、2/20の朝日への投稿の中で言っていた言葉を思い出す。「エジプトの民衆の動きは象のようなものだ。体重は重く歩みも遅いが、いったん前に進み始めたら、立ちはだかるものすべてを壊す」。アトワンの言葉のとおりになった。痛快でカタルシスを覚える。本日(2/12)、NHKの朝の番組で出川展恒が登場し、「何十年に一度あるかどうかの歴史的な民衆革命だ」と意義を語っていた。出川展恒の解説は、往年のNHKを思わせるシュアな語り口で、大越健介の愚劣で極端な偏向報道とは雲泥の差がある。NHKの報道記者の説明は、以前は全て出川展恒のように理知的で安定感のあるものだった。膨大な情報が頭の中で処理されながら、解説は抑制を利かせ、公共放送の名に相応しい言葉が慎重に選ばれていた。放送法に則った報道姿勢が心がけられていた。だからこそ、われわれは受信料の支払いに応じられた。NHKはいつから大越健介や三宅民夫のような偏向キャスターが跳梁跋扈する世界になったのだろう。出川展恒がNW9に張り付くのが当然だったのだ。  

続きの内容をレジまぐ版(有料)に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

新規のご登録はこちらからお願いします。ブログの購読をご契約されると、料金は月額315円になります。クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済や銀行ATM決済などの支払方法があります。レジまぐのご案内をどうぞ。

エジプト革命_6_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Facebook

 カイロ特派員の経験のある出川展恒が出演したNHKの番組は、海外でも同時に見ることができました。革新的な意見はもちろんありませんでしたが、エジプトでなにが起っているか、たいへんわかりやすく説明されていたと思います。アメリカのマスコミを追っていると、中東でいったいなにが起っているかわけがわからなくなる。日本にいても多分おなじように親米の立場からの情報が多いのでしょう。

 結局意識のあるひとはマスコミに頼らず、ネットで情報を捜す。フェイスブックとツイッター。それがチュニジアの革命から今回のエジプトにつながり、中東のあちこちに飛び火をはじめている。
反体制の情報は79年イラン革命のときはホメイニの演説がカセットテープに録られてイランに運ばれた。20数年前の東欧革命は衛星テレビとファックス。そして今回はネットとケータイという説明がありましたが、まさにその直接伝播力の速さはひとむかし前からみれば魔法としか映らない。おまけにこの記事で紹介されているデモの主導者ワエル・ゴニムはグーグルの地域幹部ということですね。

 Facebookは本名登録制ですからここには名を出しませんが、僕の友だちの日系人のコメントでこんなのがありました。
Mubarak's next job should be going to Japan consulting the top leaders how to hold his job for a long term. Not bad. Inshallah.(アラーの思し召しのままに)
NY金魚

No title

こんにちは。お久しぶりです。
この二週間程の記事のトピック、エジプト民衆運動と一連の変革に多くを割いておられましたが、全く正解であると思います。これはエジプト史やアラブ地域史の転換というのみならず、中東全域史の転換点で変革期の始まり、否、1979年のイラン革命にも匹敵するか、ひょっとして凌ぐ程の世界史的な大きな事件であると考えられるからです。
私はコミュニュケーション・ツールを使って民意を、しかもそれは食糧など生活必需品の物価、就職等生存に直結する事柄の要求、また公正な政治システムなど社会正義を求める当然の要求を貫き通しつつあるエジプト民衆に敬意を表します。(無論実現には時間がかかりますが) 
またスロヴェニア出身の哲学者、スラヴォイ・ジージェク氏がアル・ジャズィーラ英語TVのインタヴューに答えて「これは世界大に展開している、民衆主体の真の民主主義を求める運動の一つの表れだ。欧米とか所謂先進国の市民は今、エジプトやチュニジアの市民にこそ学ぶべきではないか」と行っておりました。私がもやもやと思っていた事をずばり表明してくれました。しかし我が日本でのネットの政治的使用法を見るに...後ろ向きのことが多く、身内のこと、いや自分のことながら情けなくなります。

No title

こんにちは。イオアンです。再度の投稿でお騒がせしています。
前の投稿では実は記事をじっくり読まぬ時点でのもので失礼しました。
その射程や言葉遣いはやや違いますが、ブログ主様の今回の一連の民衆主体の変革運動の見立ては、私やジージェク氏とほぼ同じ方向を向いているようですね、世界大の変革へ結びつく可能性があるということで。高速にして世界大に広がるコミュニケーションネットワークのお蔭で、イラン・イスラーム革命以上の影響力をもつ可能性が大きいと思います。ちなみに朝日新聞によりますと中国当局はエジプトの運動について少し神経質になっているようです。

エジプト革命万歳

エジプト革命は日本の未来です。記者クラブと官房機密費で官僚べったりの体制翼賛報道をつづける日本のマスゴミに明日はないということです。エジプトのムバラクの役を演じているのが日本では選挙の洗礼を受けない官僚体制だということです。いくら真実を隠蔽して情報統制しても民衆をだまし続けることはできないのです。河村市長による名古屋のトリプル選挙でも示されたように国民が望んでいるのは議会と役所のリストラです。

No title

こんにちは。

05年にエジプトに卒業旅行で滞在したことがありますが、それはそれはみんなほんっとーに気の良い連中でした。
いやー。子供達が可愛いんですよ。

さてさて。国家の行政機能を動かしたことがない野党?が政権について、素人ながらに右に左に蛇行しながらも頑張って前に進んでいるうちは歓迎です。

エジプトの国民の大半?が喜んでるところに水を差すようですが、アルジャジーラの映像なんかを見ていると、軍は陸海空共に米軍装備にかなり依存してる気がします。
チュニジア軍はやや依存度が低い感じがしました。

どこかの総理大臣みたいに「勉強すればするほど、抑止力に米国が云々…」とか言い出して米国から距離を置けない可能性があるのが心配です。
お隣には潤沢な資金で超兵器武装した???な国がありますし。

国家機能の一部を米国(というより米軍?)に依存することは、タバコを止めるのとは違うことは、身を以て自分達が知ってるはずです。

デモの指導者側には中東全体のグランドデザインは描けているんですかね。
サッカーじゃないですけど、チュニジア→エジプト→イエメン…と、個々人のスタンドプレーが偶然チームプレーっぽく上手くまとまったら良いな。
というレベルの考えだとしたら、それはちょっと怖い…という気がします。

もちろんエジプト国民の今回の行動には心はYesですが、米国侮っちゃなりません。
イスラームの盟主だからこそ描けた中東のグランドデザインが完成したら、是非また遊びに行って、ぬるーいSTELLAで乾杯したいですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

アメリカの属国からの革命

百以上もの米軍基地施設で、なにからなにまでがんじがらめの日本が、アメリカ最後の属国になりそうな勢いだ。

日本ではー
”アメリカの属国状態の~”という形容詞がいつまで続くのだろうか?
アメリカの属国状態の官僚(中央、企業)やマスコミや政治屋・・

No title

こんにちは。
ランドリーで洗濯物の乾きを待ちつつでコメントします。

自分はエジプトがガラリと変わる。という発想がピンときません。
米軍への依存の問題ですが、日本の自衛隊の方がよほど装備は国産依存度が高く、米軍への依存度が少ないとうい点からすれば、よっぽど暴力亭主と縁を切れる可能性が高いと思ってました。

エジプトは米軍依存度が相当高いはずで、在庫やらの管理をしたことがある人ならピンとくるとは思いますが、反米的な政権が出来たとしても、装備品はほぼ米国製です。
エジプトに独自兵器を開発する経済力も技術も無いでしょうし、なんせ隣にヤバイのがいるので、反米宣言でもしようものなら、お隣さんと一時も気の休まる時はないと思うんです。

得意の裏工作で、国境付近やらで緊張状態を作れば、行くのは米国製装備のエジプト陸海空軍です。
現状のエジプト軍のパフォーマンスを維持にはどーしても戦車や装備の補給やらで米国と話しをしなきゃいけないですよね。
弾の補充もなければ、メンテナンスの部品も来ないじゃ、軍は動きません。
知らないところで多様な国家との装備品取引で緊急時のリスクヘッジが出来ているなら問題無いとは思いますけど。

マクドナルドやケンタッキーが無くてもエジプトは存在しますが、組織としてはどっかのコピー機がイヤで、パッと別メーカーに切り替えるなんてことは無理でしょうし。
新旧装備を併せ持ってディゾルブさせて移行するってのも、もの凄いコストが掛かります。
日本とは逆の思いやり予算がエジプトには注ぎ込まれてませんでしたっけ?

個人的にはこのシャブ漬状態を脱するには、看板倒れではありますけど『国連』という保護観察官ツールを指導者が(日本を含め)使いこなせせば良いのにな…
日本もホントに危険なら、マフィアに退いてもらって大枚払ってでもUN印の白い戦車を呼んで駐留してもらった方がマシです。
とっととやれば良いのに。

っと、洗濯が終わったので、駄文ですが強制終了します。

追:自分の担当教授の口癖は、『オマエの話しを難しくすると…』でした。
いつも難解な話しではありましたけど、20代の若造としては、大人が難解な話しをしていることに、あー。こういう大人がいるうちはまだ安心だと感じましたね。
アクセス数を見て歯ぎしりしたくなる気持ちも分からないでもないですが、見てるヤツは見てますよ。
テレビと一緒の栄養にならないものを見せられても意味がないので、洗濯機を1回すのと同じ小銭を毎月払ってるんですから。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。