スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陰の大雪 - 黙殺して報道しないNHK、関心を向けない政治と行政

山陰大雪_1山陰地方の大雪災害について。昨夜(1/4)、年明け最初の放送になる報ステでは、冒頭から20分ほど集中的にこの問題を報道、現地に中継のカメラを入れて被害状況を詳しく伝えていた。孤立した集落、停電した家屋、蝋燭の灯りで懸命に仕事をする介護職員、高血圧の高齢者の医薬品がなくなっている不安、そして、雪で転覆したままの漁船。これらが生々しい現地の映像と住民の声で直接に伝えられた。ネットのニュースで気になっていた山陰の大雪について、初めてテレビで本格的な災害の実状に接することができた感がある。古舘伊知郎の個人的な趣向で、報ステは特に気象変動に関するニュースに重点が置かれ、平素はそれが非常識な番組の構成や編集になる場合も多いが、今回はグッドジョブの報道だったと評価できる。不思議なのは、NHKの報道がこの災害について全く触れないことである。偏向キャスターの大越健介が仕切るNW9も、昨夜(1/4)が年初の放送だったが、特集は経済情勢の見通しと大河ドラマの宣伝の二つで、60分間の放送中、山陰の大雪災害は一度も取り上げられなかった。7時のニュースでも一瞥もされなかった。一昨夜(1/3)の7時のニュースでも、特急やくもが新幹線に接続する岡山駅のホームの映像が出て、鉄道や道路の復旧状況がわずかに語られたが、現地の被害が報道された気配がない。NHKが地方の災害を無視している。  

続きの内容をレジまぐ版(有料)に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

新規のご登録はこちらからお願いします。ブログの購読をご契約されると、料金は月額315円になります。クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済や銀行ATM決済などの支払方法があります。レジまぐのご案内をどうぞ。

山陰大雪_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ラジオでは

同じNHKでも、ラジオのニュースでは大雪による漁船の転覆(沈没)も伝えていました。
その中には、船を失った漁業者の声もありましたよ。
皆さん、たまにはラジオにも耳を傾けてください。

双六

>島根県東部や鳥取県西部に住む者は、新年の会見で大雪災害に一言も触れない首相の態度というのは、大いに異常に映ったことだろうし、本気で人気回復を考えているとは思えなかっただろう。

明けましておめでとうございます
新年から菅さんを語るのもうっとうしい話ですが、この人は芯からこういう人でしょうから(笑)。
本気で人気回復を考えれば今次の豪雪被害に厚く対応すべきでしたが、そういう政治センスも、そもそもハートも、もともと備えていない人のようですんで。

今夜(5日)、菅さんがテレビ朝日に出てい、氏の不倶戴天の敵である小沢さんが(小沢さんは菅さんのことを「しつこい坊主だな」くらいに思ってるでしょうけど)、同時にBS11に出てました。

で、両番組をちゃかちゃか切り替えながら見てたんですが、やはり菅さんて、ウソくさい印象ですね。
司会者の質問を聞いているとき、目がちょろちょろ動く。どうやって凌ごうか考えてる感じ。説明も定型的で、相変わらずボディランゲージも安っぽい(だいたい、一国の総理がナマのテレビ番組にふらふら出てくることからして不用意なやつと思いますけど)。

いっぽうの小沢さん、話は決してうまかないんだけど、基本的に、わが国の抱えている懸案で政治で動かせるものはなんとかしなきゃ、という意志が感じられました。普天間の件とかではうまい解決策は出せなかったけど、ウソをついてる感じはなかった。

思ったのは、菅さんが総理を続ける政権なら自民党政権のほうがいいや、ということ。
一気に総理の問責決議をして下さい、谷垣さんと公明党さん。
今追い落とせば、続く総選挙で民主党は政権の座から転がり落とせるでしょう。
ま、国政のスゴロク、また振り出しですけど。
しょうがないす。一種の、政治上の原始的蓄積の過程と観念しましょう。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。