スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老壮青の国民生活党 - テレビ出演、政策軸明示、人材で軍団再建

年末政局_3_1昨日(12/20)、小沢一郎と菅直人が官邸で1時間半も会談した。会談の内容について、マスコミ論者がテレビであれこれ言っている。政局商売で稼いでいる。こういうときこそ、小沢一郎はテレビに出演すればいいのである。国民大衆は会談の中身について詳しく知りたい。菅直人は会談後に会見し、自分に都合のい情報をマスコミに流しているが、小沢一郎の方は何も直接には説明していない。小沢一郎の口から話を聞きたいと誰でも思うし、それは世間一般の瞬間的な情報ニーズである。ニーズに正面から応えればいい。小沢一郎が登場するとなれば、その番組の視聴率は一気にハネ上がる。テレビ局は揉み手の大歓迎で、出る側は事前の条件交渉で有利な立場を得られる。すなわち、官邸での会談の説明についても、小沢一郎の側から意味づけした情報を(朝ズバ的な妨害なしに)自由に発信することができる。小沢一郎が何も口開かなければ、マスコミが菅直人や仙谷由人の思惑どおりに情報を流し、世論の空気を押し固め、彼らの目指す方向に小沢政局をドライブする。小沢一郎は単なる「斬られ役」になるだけで、菅政権の支持率向上に利用されて捨てられるだけだ。小沢政局は、菅直人が政権浮揚のためにやっていて、その真相は次第に見透かされつつある。であれば、小沢一郎の口からそう暴露すればよいのであり、自ら「悪役」を引き受けて隠れて逃げ回る必要はないのだ。権力闘争なのだから、反撃すればよいではないか。  

続きの内容をレジまぐ版(有料)に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

新規のご登録はこちらからお願いします。ブログの購読をご契約されると、料金は月額315円になります。クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済や銀行ATM決済などの支払方法があります。レジまぐのご案内をどうぞ。

年末政局_3_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

退陣

>党名は、新党「国民の生活が第一」か、国民生活党。国生さゆりをイメージキャラクターに使うのはどうか

「国」民の「生」活だから「国生」ですか。なるほど(笑)。
きれいなのに威張っていない子なんで、自分も好感持ってます。
ただ、この人があんまり目立つと、小沢ガールズの影が薄くなる懸念も。

>実際のところ、支持率が上がるかどうかは、実際に小沢斬りをやった状況にならないとわからない

小沢さんを斬っても支持率はたいして上がらないだろうと思います。
まず、組閣時に脱小沢のかたちで一度使った手ですので、効用の逓減のきらいがあります。
次に、小沢斬りは政権浮揚のための方便というかエゴであることがバレバレの所行ですので、断行すれば少なからず一般の蔑みを買うことになるでしょう。
第三に、これは第二の件と関わりますが、政権を取った最大の功労者を都合が悪くなったから斬り捨てるということで、人倫にもとる印象を世間に与える。

新聞各紙は連日、社説、論説、コラム等で現政権の支持率の低迷を小沢問題に落とし込もうと懸命です。それはかわいそうなくらい。
が、内閣の支持率が低いなら、それはまず総理の責めと考えるのがふつう。
現内閣の支持率が低いのは、菅さんが総理の器でないことを国民の多くが判ったからなのでは。

>大連立をせずに政権を維持する方法がある。それは、菅内閣が総辞職して前原誠司か岡田克也に禅譲する場合で

そうなんでしょうが、両氏ともに、輿石さんだかが言ったように「次の絵を描かずに」つまりセンスが無いのに、思いつきで反射的に動く政治家のようですので、そりゃ困ります、国民としては。
ま、民主党に少しでもセンスが残っていれば、統一地方選の前に菅さんに退いてもらう段取りになるでしょう。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ヴィスコンティ「山猫」 The Leopard

 小沢一郎がかって2006年の民主党代表選の演説でたとえた、ヴィスコンティ監督の1963年作品「山猫」The Leopard の3時間強の完全版を、先日 MoMA(NY近代美術館)で観ました。バート・ランカスター演じる老公爵のことば「変わらずに生き残るためには、自らが変わらなければならない。 We must change to remain the same.」と、自分の信念をこの言葉になぞらえて、ほとんどはじめて口にした、政治家小沢の印象深い宣言でした。
このことばのあと映画では、老公爵がアラン・ドロン演ずる甥が参加する赤シャツ隊のイタリア全土統一運動に投資しますが、この革命は国王側に利用される結果に終わります。

いずれ当方ブログにもエッセイにも書くと思いますが、この映画が小沢という政治家の半生と符合している部分がとても多いと感じるのは、考えすぎでしょうか。
後半一時間近くのシシリア貴族界の大宴会シーンが延々とつづきます。パーティーのなか、ベッドの上ではしゃぐ下品な若い貴族の娘たちのことを「近親婚が多すぎるせい」なのかサルのように見える、と話す老公爵。

 やがて大宴会は終わり、アラン・ドロン演ずる甥は帰りの馬車の中で、かって理想に燃える同士であった旧赤シャツ隊の残党が、国王軍によって処刑される銃声を平然と聞きながら帰途につきます。処刑の銃声とほぼ同時に、白いマフラーをしたまま教会の前で膝を崩すバート・ランカスターの老公爵。かれのすがたは路地に消え、猫がうろつく場面で、映画が終わります。

ヴィスコンティの「滅びの美学」が、ほぼ完璧に表現されていました。ヴィスコンティは、自分がイタリア貴族の末裔と語っていますが、社会主義を理想としていた節もあり、バート・ランカスターという労働者階級然とした俳優を貴族に仕立てたところにも、深い意味を感じさせます。
この映画の話と現実の政界が、今後どのようにかかわりを持つのかは、まだ推測できませんが、深読みするとなんだか符合する部分がどんどん増え、いやな予感がしてきます。

全世界人口の大半を占める、労働者階級のための政治を行なっている国が、ほとんど皆無という現実は、どうしても納得できません。資本主義国の親分にだまされつづけているのです。社会民主主義が絶対正しいと言いきれないけれど、国民の生活が大事、と政権交代した国が、そういう方向に進む気配すらまったく見せないのはまことに不思議ですね。

 当方ブログでは、世界の大都市に数万人あふれた若いサンタさんたちに、こころのなかだけでも他者を愛し、弱者を救う社会主義者であれという思いを込めて、サンタ・コンヴェンション@ヴィレッジ - 社会主義者社会主義者たるべきサンタの氾濫 http://nyckingyo.exblog.jp/12531788/ を書きました。ご高覧ください。 NY金魚
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。