スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漆間巌と 『ねじまき鳥クロニクル』 ? 対ソ謀略機関工作員の運命

ねじまき鳥クロニクル_1気象は春の嵐が吹き荒れたが、政治の方はそうはならなかった。膠着状態という感じになった。官邸と検察は、連日、怒涛のようなリーク作戦の波状攻撃をかけ、小沢一郎側の容疑の「新事実」を報道で騒がせ、世論に揺さぶりをかけて小沢一郎の首を取ろうと必死なのだが、検察の思うような成果は今週は上がらなかった。先週末、民主党の議員たちは、「新しい事実が出てきたら代表辞任もやむを得ない」という態度が大半で、ハーフウェイの洞ヶ峠の状態にあり、週初に発表された報道機関の世論調査の結果で大いに動揺したはずだったが、蓋を開けてみれば、3/10の常任幹事会で小沢一郎の代表辞任を要求する声はなく、また、そうした民主党内の姿勢を批判する強い世論は起きなかった。小沢一郎の説明に納得せず代表辞任を求める世論が強まる一方で、漆間巌の捜査関与への疑念や検察の捜査の不公正に対する反発の世論も高まり、両者の波が鬩ぎ合って物理的に拮抗する形になったからである。否、むしろ全体的には検察不信の世論の方が勢いが強くなっている状況にある。  

ねじまき鳥クロニクル_2現在の世論の関心の中心は、小沢一郎の進退問題より国策捜査批判の方に移っている。そこには、検察に加担して政治目的のリーク情報ばかり垂れ流し続けるマスコミ報道に対する倦怠と不信の気分があり、また、官邸と検察の真実が暴かれて、今度の国策捜査の全貌が明らかになるのではないかと期待してネット情報に注目する人々の視線がある。少なくとも私自身の関心は、現在は漆間巌とその周辺に集中するようになっていて、要するに魚住昭的な問題意識が頭の中を占めるようになっている。漆間巌についてもっと知りたい。この怪人の正体を明らかにするもっと多くの情報が欲しい。本当は、あの官邸発言問題の中身や顛末について報道機関が続報を出すべきなのだが、新聞は蓋を閉め、漆間巌の問題については糾明を封印してしまった。そして1面記事は相変わらず検察リーク情報で埋めている。私は、漆間巌が大学でロシア語を勉強したという自ら語った「経歴」情報を疑っている。1969年に警察庁に入庁して、1980年に在ソ連日本大使館一等書記官になるまで、漆間巌はどこで何をしていたのだろうか。

ねじまき鳥クロニクル_3普通の新人の警察官僚のように、亀井静香や平沢勝栄のように、どこかの警察署で刑事修行でもやっていたのか。そうではないだろう。おそらくロシア語はこの10年間に修得したものだ。それはスパイ活動の目的で訓練を積んだものであり、帰国後1987年からの「別調」室長のキャリアとストレートに繋がっているに違いない。漆間巌は最初から国家の諜報工作をやるために警察庁に入ったのであり、対ソ諜報工作の生え抜きエリートであり、謀略活動を専門とする「特務機関」の幹部候補生だったのである。戦前、陸軍の特務機関員となって満州やモンゴルで特殊工作に従事した者が多くいて、その人材を輩出したのが大阪外国語大の蒙古語科だったと言われている。司馬遼太郎の同期の多くが参謀本部や関東軍の工作員となって満蒙の奥深く潜入し、人知らず捕らえられて二度と戻って来なかった。彼らが具体的にどのような運命になったかは、村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』の中に迫真の描写がある。小説を読んだ者は強烈な印象が残っているに違いなく、最初に読んだときは村上作品らしくない異様で残酷な光景の出現に驚愕させられた。

ねじまき鳥クロニクル_4『大丈夫、ちゃんと殺す。心配することはない。(中略)彼らは本当にうまく皮を剥ぐ。これはもう奇蹟的と言ってもいいくらいのものだ。芸術品だ。本当にあっという間に剥いでしまうんだ。生きたまま皮を剥がれても、剥がれていることに気がつかないんじゃないかと思うほど素早く剥いでしまうんだ。しかし ? 』、と彼は言って胸のポケットからまた煙草入れを取り出し、それを左手に持って、右手の指先でとんとんと叩きました。『? もちろん気がつかないわけはない。生きたまま皮を剥がれる方はものすごく痛い。想像もできないくらいに痛い。そして死ぬのに、ものすごく時間がかかる。出血多量で死ぬわけだが、これはなにしろ時間がかかる』。彼は指をぱちんと鳴らしました。すると彼と飛行機で一緒にやってきた蒙古人の将校が前に出ました。彼はコートのポケットの中から、鞘に入ったナイフを取り出しました。(中略)彼はナイフを鞘から抜き、それを空中にかざしました。朝の太陽にその鋼鉄の刃が鈍く白く光りました。(中略)ナイフを持ったその熊のような将校は、山本の方を見てにやっと笑いました。私はその笑いを今でもよく覚えています。

ねじまき鳥クロニクル_5今でも夢に見ます。私はその笑いをどうしても忘れることはできないのです。それから彼は作業にかかりました。兵隊たちは手と膝で山本の体を押さえつけ、将校がナイフを使って皮を丁寧に剥いでいきました。本当に、彼は桃の皮でも剥ぐように、山本の皮を剥いでいきました。私はそれを直視できませんでした。(中略)彼は始めのうちはじっと我慢強く耐えていました。しかし途中からは悲鳴をあげはじめました。それはこの世のものとは思えないような悲鳴でした。男はまず山本の右の肩にナイフですっと筋を入れました。そして上の方から右腕の皮を剥いでいきました。彼はまるで慈しむかのように、ゆっくりと丁寧に腕の皮を剥いでいきました。たしかに、ロシア人の将校が言ったように、それは芸術品と言ってもいいような腕前でした。もし悲鳴が聞こえなかったなら、そこには傷みなんてないんじゃないかとさえ思えたことでしょう。しかしその悲鳴は、それに付随する痛みの物凄さを語っていました。やがて右腕はすっかり皮を剥がれ、一枚の薄いシートのようになりました。(中略)その皮からはまだぽたぽたと血が滴っていました。皮剥ぎの将校はそれから左腕に移りました。同じことが繰り返されました。

ねじまき鳥クロニクル_6彼は両方の脚の皮を剥ぎ、性器と睾丸を切り取り、耳を削ぎ落としました。それから頭の皮を剥ぎ、やがて全部剥いでしまいました。山本は失神し、それからまた意識を取り戻し、また失神しました。失神すると声が止み、意識が戻ると悲鳴が続きました。しかしその声もだんだん弱くなり、ついには消えてしまいました。(中略)私はそのあいだ何度も吐きました。最後にはこれ以上吐くものがなくなってしまいましたが、私はそれでもまだ吐きつづけました。熊のような蒙古人の将校は最後に、すっぽりときれいに剥いだ山本の胴体の皮を広げました。そこには乳首さえついていました。あんなに不気味なものを、私はあとにも先にも見たことがありません。誰かがそれを手に取って、シーツでも乾かすみたいに乾かしました。あとには、皮をすっかり剥ぎ取られ、赤い血だらけの肉のかたまりになってしまった山本の死体が、ごろんと転がっているだけでした。いちばんいたましいのはその顔でした。赤い肉の中に白い大きな眼球がきっと見開かれるように収まっていました。歯が剥き出しになった口は何かを叫ぶように大きく開いていました。鼻を削がれたあとには、小さな穴が残っているだけでした。地面はまさに血の海でした (新潮社 『ねじまき鳥クロニクル』上巻 P.285-287)。

ねじまき鳥クロニクル_7漆間巌の経歴を見ながら、村上春樹の長編小説のショッキングな場面を思い出した。村上春樹はこの場面を描くために『ねじまき鳥クロニクル』を書いたのではないかと、そう思われるほど、この情景描写には強烈な印象が残っている。小説のストーリーも登場人物もすっかり忘れてしまったが、この残酷な場面だけは忘れられず、関東軍の特務機関だとか、ノモンハン事件に関する情報に遭遇すると、この小説の「皮剥ぎ」の場面を思い出す。どちらかと言うと、女性的で繊細で美的な感性と想念のパーツで世界が構築されている感のある村上作品にあって、この作品のドラスティックな場面は特別な位置を占める。後の陸幕調査2課別室、戦前の参謀本部謀略課は、こうした特務機関の工作員を教育して満蒙方面に送り出していた組織である。その任務はまさに謀略工作であり、満州を手に入れた陸軍が、次の標的をモンゴルに定め、極東でソ連と大きな戦争を起こし、ナチスドイツと東西から挟撃してソ連に侵入し、共産政権を倒してバイカル以東のシベリアを支配統治する戦略意図のものだった。ソ連は崩壊したが、漆間巌や大林宏や安倍晋三にはまだ仕事があり、憲法を変えて日本を戦前の警察国家の原状に戻すべく、まずは北朝鮮と戦争を始めなければならない。拉致問題というのは現代の満州事変そのものだ。その真実に気がついている人間が少ない。

何年経っても、右翼に占領された権力とマスコミに洗脳されたまま、自分を「家族会」の一員だと国民は思い続け、漆間巌と大林宏と安倍晋三の謀略に乗せられたまま戦争開始を待っている。

ねじまき鳥クロニクル_z



ねじまき鳥クロニクル_z1
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

連投失礼。漆間の経歴はさておき国策捜査の存在自体は支持します。
三井環氏は現役の大阪高検公安部長として、テレビカメラの前で検察捜査費数億円の相当部分が裏金だと証言しようとした当日に検察に逮捕されました。
逮捕と裏金疑惑が政治問題化するのは明らかなので、検察は後藤田元法相を仲介役にして小泉総理の逮捕許可をとりました。朝日の取材に対しある検事は「自分にはとてもこんな起訴状は書けない」と漏らしました。
裁判は有罪でしたが、判決文が直前に政界に流布し正式な判決文が数か月間でなかったという事実は、三井氏の無罪を立証するなによりの証拠でした。
翌年から「IT化による効率化」を理由に捜査費が大幅に減額し(検事総長はパソコンを使ったことが無いらしい)、代わりに捜査の必要が無い法務省矯正局に「捜査費」がつくようになりました。
検察支持のマスコミについてはアリコの広告でわかるでしょう。

精神的な囲い込み

 「ねじまき鳥…」のこの残虐シーンは、完読したのがずいぶんむかしなのに、実に鮮明に憶えています。まさに身の毛どころか肉までもよだつ怖さでした。そして、何十年か前のノモンハンで日本人による似たような事件があったことに、今さらながら愕然とします。春樹氏の言葉を借りるならば、軍部によるそういった「精神的な囲い込み」はその後アッという間に全国に広がり、300万以上の国民が犠牲になったひどい戦争の時代がはじまったわけですね。決して二度と、とは誰もが感じていますが、このエントリを読む限り、もう充分舞台裏の用意はできている感じもしてきます。

 少し論点を変えて、僕も春樹論を書きました。「ひとりの中にあるふたつの主題 - 村上春樹の正論原理主義批判」http://nyckingyo.exblog.jp/
読んでみてください。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。