スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKの『日米安保50年』- ジャーナリズムの真髄を見せた国谷裕子

NHK「日米安保50年」_1一昨日(12/11)に放送されたNHKスペシャル『日米安保50年』は、素晴らしい内容で感動させられた。同日に放送された第3回「"同盟"への道」、そして先週末に放送された第1回「隠された米軍」と第2回「沖縄"平和"への代償」も秀逸だったが、私が特に感銘を受けたのは、第4回の討論会である。司会の国谷さんが絶品で驚嘆させられた。NHKは数年前も日米安保と米軍再編の特集をやったが、三宅民夫の企画と仕切りで恐ろしく属米反動の内容だった。その後も、クローズアップ現代で取り上げられた場合も、日米安保や普天間問題については親米売国的な論調が固守され、貧困や格差についての報道姿勢とコントラストを描いて、テレビの前の私を幻滅させていた。今年のクローズアップ現代は、政治現場の「逆コース」を反映して偏向報道が目につく放送回が多く、参院選後に山口二郎を出して消費税増税プロパガンダをやらせたり、代表選後に江田五月が悪辣な小沢バッシングをやったり、反動政治へのシフトが顕著で、番組を見る機会も自然に減っていた。そのため、国谷さんの今度の特集についても、事前は半信半疑であり、国谷さんの「転向」と「出世」を印象づけられて落胆させられるのではないかと恐れていた。ところが、中身は全く予想と異なっていて、現在の日本では考えられない高度なジャーナリズムが提供されていた。三宅民夫の「日米同盟」礼讃扇動とは天と地ほども違う。国谷裕子は優秀なジャーナリストだ。  

続きの内容をレジまぐ版(有料)に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

新規のご登録はこちらからお願いします。ブログの購読をご契約されると、料金は月額315円になります。クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済や銀行ATM決済などの支払方法があります。レジまぐのご案内をどうぞ。

NHK「日米安保50年」_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

日米安保は憲法違反

日米安保条約、周辺事態法は、明らかに日本国憲法第9条違反です。また日米軍事同盟に止揚しようとして日米合同軍事訓練が行われ、菅政権も第2次朝鮮戦争になったら自衛隊の派兵も視野に入れた検討会を開いている始末です。

No title

いつもながら、ブログ主さまの論述に感動しています。

私も、同じ12月11日に放送されたHHK『日米安保50年』に見入った一人です。そして『同盟への道』を司会した国谷裕子さんに感激しております。しかし、同じ番組を視聴していても、ブログ主さまのような鋭い指摘と解析・論述など、私には到底出来ません。
この論文を読ませて頂いて、改めて、ブログ主さまに感動と、ご尊敬を申し上げます。

あの討論会で思い出すのは、確かに司会の国谷裕子さんの司会が際立っていて、私たちに非常な感銘を与えたことです。まさに『日米安保の、同盟への変貌』を見事に解説し、私たち国民に抉りだしてくれたのです。

討論会では、出席者の田中均の発言が一番多く、しかもそれが討論相手の寺島・豊下・添谷たち3人に対するというよりも、司会者国谷さんに憮然として毒づいていたのが腹立たしく「日米安保は、自分たち外務官僚の分野なんだ」との、露骨な態度に憤りさえ覚えました。

私は1930年生れ、1960年の【安保反対闘争】に参加した一人です。以来50年、この番組の【同盟への変貌】を聞いていて、(自分の、知らない間に虚をつかれた)思いがして、愕然としています。
1960年に改定された『60年安保』は、10年後、条文そのままを踏襲した『70年安保』を経て、以後、毎年自動的に更新されてきていますが、【条文は全く同じでも、その後、解釈が同盟(alliance)と変貌している】と知って、真実、驚いたのです。

この厳粛な事実を(60年安保に参加した人々)の、一体何人が、認識しているのでしょうか。少なくとも、勉強不足の私は、知りませんでした。まことに不明な自分を恥じております。

思えば【60年安保そのもの】が、そうでした。
当時【アンポ反対】の声は日本各地にこだまして、国会では連日デモ隊が取巻いて、騒然とした事態になっていましたが、【アンポ反対】を叫んでいる人々には、このとき初めて【日米安保が締結される】と錯覚していた人のいたのも事実です。
私は自分の自費出版した創作『黙契』で、次のように書きました。

……、市中の喫茶店などで「アンボ 反対」を力説する学生の中には、1951年に講和条約とともにサンフランスで結ばれた【旧・安保条約】の存在を知らなくて、今回初めてアメリカとの安保条約を締結すると錯覚しているものもあり、その多くが極めて感情的であったことは否めない。それは別として、冷静に考えれば、今回の新・安保条約(60年安保)が、旧・安保条約(1951)に比較して、日本の自主性がかなり重んじられていることは間違いない。
しかしながら、革新陣営が新安保条約反対を叫ぶのは、旧安保が占領軍アメリカから講和条約と同時に押し付けられたものであるのに対し、新安保は独立国日本から、進んで西側陣営に与しようとしているからである。
旧安保と新安保の条文を比較して反対するのでなく、日本の姿勢そのものに反対するのである。しかも岸首相の強引な国会運営が、少数者を無視する民主主義の危機として映ったからである。
そうした手続き論は別として、政府自民党など体制側は【アメリカ軍が存在するから、日本の平和が確保されるのだ】と主張するのに対し、革新陣営やそのシンパは【アメリカ軍が存在するから、日本が戦争に巻き込まれる恐れがある】と、安保そのものに反対したのである。

日本中を震撼とさせた【アンボ騒動】から50年。
当時【アンポ反対】で活躍した≪知識人・文化人・労組員や学生たち、ほか組織に関係なく≫、日本各地で闘争に参加した人々ですが、すでにその多くが他界しています。しかし、生きている人々の中でも、一体何人【条文はそのままでも、条約から同盟への変貌】を認識しているしょうか……。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

もしも

番組は途中しかみられなかったのですが、田中氏が司会の
国谷氏に対し、”アメリカがどうこういうからでなく、日本として
どうするかだ”という趣旨の話を、いらだちを露にしつつ発言
していたのが印象的でした。それは裏を返せば、コメントされた
方がいわれるように、進んで西側陣営に与することの延長で、
自然なことでしょうか。

以前佐藤優氏もいわれたように、外務省、外務官僚の立場は
基本的にみな親米派で、そのなかで力点の違いがあるだけ
のようです。そんななか、元中国課長だったという浅井基文氏は、
今もブログで平和の立場から発言されていますが、よく外務省内で
仕事をされてきたと思います。岡本行夫氏らと異なり、外務省の
立場を外れたということで、浅井氏や、少し違うものの天木直人氏は、
OBとしても外務省に呼ばれないと聞きます。

国谷氏は、安保とは何かという原点を、出演者に思い起こさせ
ようとされてたと思います。今、日米同盟という言葉が正しい
常識のように使われますが、はじめて80年代に鈴木内閣の
ころに使われたときは、問題視されました。時代が変わった
から仕方ないといっていいのでしょうか。

おそらく、全面講和論か単独講和論かの論争で、朝鮮戦争後に
単独講和論が強まり、サンフランシスコ条約と安保条約が
結ばれたことにさかのぼります。歴史に仮定の話はすべきで
ないのですが、丸山真男らも主張した全面講和が実現して
いたとしたらどうなっていたでしょうか。防衛を米軍に任せて
経済成長をした、しかし経済の首根っこを米国につかまれた
日本とは、かなり異なる日本が実現していたような気がします。



承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。