スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙谷由人の失脚 - 投稿犯を英雄視するNHK報道とGoogleの不審

仙谷由人の失脚_1ビデオ流出事件を転機として、仙谷由人が失脚したという観測を一昨日の記事に書いたが、その情勢を裏づける象徴的な政界記事が本日(11/9)の朝日紙面(3面)に載っている。長妻昭と厚労官僚の確執についての特集だが、意味するところは、現政権の最高権力者である仙谷由人の失脚を告知する内容だ。これまで、特に政権交代後の1年間、朝日はずっと官僚の側につき、厚労官僚を代弁して長妻昭を罵倒する中傷記事を書き続けていた。「官僚を使いこなせない無能な大臣」のレッテルを貼り、長妻昭のせいで厚労省の士気が下がったとか、厚労行政が無用に混乱させられているとか、部下を統率するマネジメント能力がないとか、根拠のない嫌がらせの誹謗中傷を言いたい放題続けてきた。今年に入り、小沢一郎の失脚で仙谷由人が台頭して以降は、特に長妻昭に対するバッシングとハラスメントが酷くなり、仙谷由人とくっついた官僚たちが、長妻昭を徹底的に蔑み貶める記事を朝日に書かせていた。仙谷由人の権力は官僚がサポートしていて、政権交代による政治主導で危うくなった官僚の実権を、仙谷由人がせっせと自民党時代の元に戻していたのだ。「官僚を使いこなすのが政治主導」という欺瞞の言説を吐き散らしながら。官僚が言う「官僚を使いこなす」とは、官僚の言うとおりにするという意味で、大臣は飾りになるという意味に他ならない。その朝日が、長妻昭を擁護して仙谷由人を批判する記事を上げた。仙谷由人が官僚から切られた証左であり、朝日までも仙谷由人を見限った。  

続きの内容をレジまぐ版(有料)に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

新規のご登録はこちらからお願いします。ブログの購読をご契約されると、料金は月額315円になります。クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済や銀行ATM決済などの支払方法があります。レジまぐのご案内をどうぞ。

仙谷由人の失脚_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

>>私が恐れるのは、胡錦濤を狙った日本右翼によるテロの発生である。無論、裏で某国の諜報機関が操ったところの。

まさかとは思うが、この間の一連の流れがあるから油断はできないですよね。第二次菅内閣が発足してから次から次へと事件が起こってますが、その特徴は、1、菅内閣の治安機関に対する統制力の低下、2、菅内閣での前原一派の独走、でしょうか。
この状況を見て最大の治安機関である警察官僚はどういう動き方をするのか、このあたりが心配な点。

 ところで、日中が衝突コースに入ることで最大の利益を得るのは、北朝鮮の現政権ではないでしょうか。日中間が緊張する限り、中国は絶対に北朝鮮のキムジョンイル・ジョンウン政権を見放すことはないでしょうから。一時、関係悪化が囁かれていた中朝関係も日中関係の悪化に反比例して改善して来ているように思います。
従って、日本の素人右翼の動きよりも、北のプロの工作員が何か仕掛けてこないか、そっちの方が心配な気がするのですが。もちろん、中国の諜報機関に感づかれないように、二重スパイを用いて日本のテロ指向右翼を援助したり唆したりの形でしょうけど。
陰謀論に取りつかれすぎでしょうか?

 ただ、アメリカが本格的に日中の緊張関係を望んでいるかというとそこは私は疑問に思うんです。
確かに、対中牽制の有力な道具として日本を活用する、そのために前原反中政権を成立させるというのは、ありでしょう。
しかし、アメリカは同時に、日本に一度国粋主義的な火がついてしまえば、戦後秩序の破壊に動きかねないことも十分に承知していると思うのです。アメリカの統制を逸脱する危険性が高いのに、平気でパワープレイをするほど、アメリカは中国に追い込まれているのでしょうか。それとも、完全に日本を掌握しているという高慢ゆえからでしょうか。

No title

私が恐れるのは、胡錦濤を狙った日本右翼によるテロの発生である。無論、裏で某国の諜報機関が操ったところの。(本文より)

同じことを想像しました。米国の911テロから十年。そろそろ新たな紛争の火種が起きてもおかしくありません。それが東アジアであることは何としても避けたいものですが、日本には事態を制御する能力が全く無い。今は、不本意ながら中国のインテリジェンス能力に期待するしかないでしょう。情けない話ですが。

壮大な戦略

◎日本の官僚は、ローマ帝国の親衛隊よろしくその皇帝の生殺与奪の権を握っている。ただその方法は、剱ではなく彼らの醜聞の暴露であったり、メディア、インターネット、野党、そして宗主国への情報提供であった。

◎中国も強引ではあるが彼の帝国は、その百倍も傲慢である。
ただ、そのやり方が高度に洗練されており、どんなにえげつないことをしても見過ごされてきただけだ。

◎その原因が、はっきりしているにもかかわらず9.11自爆事件が帝国の自作自演とされたり、月面探査がやらせなどと噂を流され、はたまた国連総会の席で隣の小国に悪魔の国と名指しされたりするのは、如何にこの国が謀略、裏工作を頻繁に行ってきたことの逆証であろう。

◎軍拡競争によるライバル、ソ連経済の破滅戦略、そしてバブル経済への誘導、破裂による日本資産の収奪、破滅。
次に台頭してきた中国も帝国の設定したフィナンシャル土俵に上がらせ、島国の二の舞を踊らせようとしたが思いに任せず、属国日本を使唆して、中国と衝突させる挙にでた。
もっともアフガニスタンやイランで手一杯であり、本格的戦争をする力はなく、自分は調停に入って漁夫の利を狙うつもりであろう。

◎広島の原爆碑には「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから」と刻まれている。
そして今、「失われた二十年」などとするバブル経済破綻の自虐的な形容がしばしばなされている。しかし、両者共に主語が抜けている。誰が過ちを犯したのか、そして誰が失われた二十年を演出したのか?
もし,その主語が二つとも同…………
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。