スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政変としてのビデオ流出事件 - 青山繁晴を首謀とする一団の謀略か

政変としてのビデオ流出_1中国漁船衝突事件のビデオ流出問題について。まず、映像そのものの評価だが、この44分間の内容は、従来の日本政府の主張を証明するものになっている点は間違いない。これは、石垣海保が漁船拿捕と船長逮捕の正当性と合法性を裏付けるために那覇地検に提出した証拠映像で、この衝突場面があったから逮捕に及んだのであり、ここまでの事実がなければとても逮捕まで踏み切れない。この点については、誰もが納得できる証拠映像と言えるだろう。ただ、逆に言えば、これは4時間の撮影映像全体の一部であり、海保(警察)が検察に自分たちの執行行為を法的に正当化するために編集して出したもので、訴因である公務執行妨害を立証するための検察側の証拠資料である。われわれは裁判官の立場で公正中立に映像を見なければならず、つまり、被告人側にも言い分があるだろうと推定する公平視座に立脚する必要がある。ビデオでは最初から漁船が巡視船に衝突してくるが、そこに至るまでには、姜瑜が9/21に言ったところの「正常操業中、日本の巡視船多数に囲まれ、追跡され、妨害され、」という前段の事実経過があるはずだ。例えば市民のデモに対する取締現場でも、警察は市民側を挑発して抵抗行為を誘い出し、待ってましたと公務執行妨害で現行犯逮捕する意図的な弾圧検挙を行う手法(転び公妨)が常習化している。始終を周到にビデオ撮影しておいて、自分たちの立件に都合よく映像を編集して証拠提出するという工作活動をする。  

続きの内容をレジまぐ版(有料)に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

新規のご登録はこちらからお願いします。ブログの購読をご契約されると、料金は月額315円になります。クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済や銀行ATM決済などの支払方法があります。レジまぐのご案内をどうぞ。

政変としてのビデオ流出_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

航跡から見れば、良識がある人はだれでも「よなくに」(最大速度30ノット)が故意に前方を横切って、中国漁船(同10ノット)を衝突させたことは明白である。それなのに前原や一部の政治家は被害者を装って、言いがかりをつけるのは、言葉悪いが、ほとんどヤクザチンピラの手口と同じではありませんか!政治家もマスコミも国益のためなら、倫理道徳を捨ててよいというのか?!民主主義とはその程度のものか?!それを信じるのは歴史的に洗脳されやすく白痴化した多くの日本国民だけでなないでしょうか?

No title

はじめまして。いつも貴ブログを拝見させていただいております。

もうご存知かもしれませんがこんなニュースがあります。

<尖閣映像流出>衝突の責任は日本側にあることが明白=海洋専門家が断言―香港紙
http://news.livedoor.com/article/detail/5122580/

この記事は先にBBC中国語版でも紹介されています。
http://www.bbc.co.uk/zhongwen/simp/world/2010/11/101106_china_japan_boatvideo_reax.shtml

どちらの側に主たる衝突原因があったのかはまだ確定していないかと思われます。
ご参考まで。

11/4の夜ですね

YouTubeには11/4の夜11時ぐらいには投稿されたあとでした。まだ閲覧数も300台だったと記憶してます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

ロシアの大統領の北方領土に足を踏み入れた歴史的なことが発生したばかりなのに、金曜日東京のデモ隊が反中一色でした。私は、中国で中学世界地理の勉強で、日本の北方領土だと教われました。外国人の私でも、元四島島民じゃない日本人デモ隊の行動が、異常だなあと思います。
衝突の映像を見た私の感想は、海保側が証拠ビデオを撮影するための衝突事件です。海保側が避けようとしないで、相手からの衝突を待っていました。そして、その衝突映像を撮り続けた。その後、政府が公開しないと明言した。海保側がせっかく撮ったので、皆に公開しないと悔しいから、わざと公開したということでしょうか。

2008年6月、同じ海域で、同じ海保のよなくにとみずき艦艇が台湾の魚船を衝突して撃沈した前科があります。日本のマスコミがあまり報道しなかったが、当時台湾香港と大陸で、大きなニュースだった。台湾民衆が激しいデモがあって、日本側が台湾へ謝罪し、賠償を払いました。今回は海保が前の教訓で、幸い福建魚船を撃沈しなかった。
いずれにしても、ビデオは、その後の話です。前提の領有権問題が、棚上げをないことにするなら、中国船長は自国の領域で、日本側の艦艇に脅迫されたことになるので、中国政府がもっと強く抗議するべきだと中国人はそう思うはずです。
「衝突事件」ビデオを喧伝し、さらに国会に持ち込んで6分上映、テレビで繰り返し放映し、そして怪しい解説つきで、小さいことを大げさに騒いでいるのは、日本の外交が戦略的視野をもたず、すでに化けの皮がはがれたことも物語っている。レベルがこんなに低いのに、なおアジアのリーダーを自任しているのは、自らをあざ笑い、世界に恥をさらすものではないだろうか。
現在の日本では反中国言動、戦争の騒ぎ、はては核武装のわめきまで、すべてそろっており、まさに「ヒステリック」な程度に達し、中日関係は全面的に引っ繰り返る可能性に直面していると感じています。これで、日本の国益になるのか?中国の内乱を楽しみにしている日本のマスコミが、自国の最大の貿易相手国で、そして13億近隣の内乱を楽しむ余裕が、本当にあるのか?簡単に考えれば分かるはずです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

今回流出したビデオは第3者から見てどんなものかちょっと考えてみたいと思います。
まず、第3者から見る時は領土の問題と別に分けないと、ビデオ自体は無意味になります。なぜなら、中国から見れば、自分の領土で漁業して何か悪いとなりますが、日本から見れば、外国の船が入ってきて逮捕するのは当然となりますから。

流出ビデオを見て想像していたものとかなり違ったものと分かりました。少なくとも前原さんが言ったように「はっきり分かる」ものではないです。正直第3者から見たら、どっちが悪いと分からないです。

まず、単純に動画を見てみましょう。
1回目の衝突は確かに衝突の瞬間は漁船からですが、よなくにの航跡を見てほしいです、漁船の右側から回り込んできて、漁船は衝突回避するなら、左を切るしかないです。ここで忘れてはいけないのは漁船のスピードと巡視船のスピードの差です。例えるなら、自転車と車みたいもんです。仮に巡視船は急突進で回り込んで来て、漁船の前に急ブレーキーだったら、結果はどうなるのは容易に想像できます。つまり、この場合は流出したビデオの衝突画面になります。ですので、第3者から見る場合は漁船が悪いと判断できないです。

2回目の衝突はもっと分かりづらいです。最初マスコミ(NHKを含む)の言ったように平行で進行してたのではなく、みずきは猛スピード(漁船と比べて)で漁船の前方から左から回り込んだんです(6番目のビデオ)。それはみずきのほぼU時の航跡から分かります。正直2回目は意図的にぶつけさせたように見たほうが自然かもしれません。自転車を乗っていることを想像してください。減速しない車が目の前でUダンされると、どっちに舵を切るんですか。一瞬の判断でどっちの可能性もあります。この場合は自転車がぶつかってきたと言って、自転車が悪いと言えるんでしょうか。

次はちょっと動画以外の場面を考えてみたいです。こちらのほうが重要かもしれません。
・状況は巡視船4隻、漁船1隻。性能の差はまさに自転車と車の差、船体の差も一目瞭然。
・単純に逮捕するなら、1時間も掛からないはず。
・単純に追い出すなら、30分も要らないはず。
・なんで4時間もかかった?
これらのことを踏まえて、やっぱり逮捕する(ぶつけさせる)ための作戦かもしれないです。動画の中に撮影する側の音声はぶつかってきた時に喜んだ声さえ聞こえたんです。第3者から見れば、4隻の巡視船vs1隻の漁船で、逮捕にしろ、追い出すにしろ、簡単なことです、それなのに、4時間を掛けて囲い込んで、回り込むのは極めて不自然です。それは政治的な意図があると考えてもいいじゃないでしょうか。

正直今回の流出は日本で「よくやった」っていう反応はよくわからないです。この動画を見て自分に有利だと思うのはちょっと単純すぎじゃないかと思います。だって、自分に一番有利のように44分に編集したビデオでも説得力はないのに、全て公開したらどうなるでしょう。一般な人は衝突の瞬間を見て決め付けてしまいました。それは編集側の狙いでもあります。結局どこの国も同じで、多くの人は非常に単純で、騙されやすいです。

しかし、今回の騒ぎは何かメリットがありますか。結局どっちも利益にならないです。利益になるのは第3者かもしれないし、一部の政治家だけかもしれないです。熱くなった国民は一番損しているんじゃないかと私が思います。

No title

誤って削除してしまったようなので、再度アップします。

映像内容は専門的な分析はともかく、おおかたの一般人が想像したとおりの内容だったと思います。不完全な映像には新しい流れを作るものは何もなく、もし映像が公開されていた場合に両国が「我が国は正しい」という主張を沸騰させるのも予想通りでした。誰かの悪事を告発したわけでもなく、とりたてて正義を行使したわけでもないでしょう。このタイミングでの流出は日本のガス抜きにすぎず、中国における漁船船長と似た構図ではないでしょうか。なのに国の機密情報を流出させた本人は、とりあえず溜飲を下げた一般人の喝采を浴びているのはとても気持ちが悪いし、喜ぶ都知事のニュースはもっと気持ちが悪い。今回の流出が仮に内部からのものだとすると単なる一国家公務員の暴走です。以前、国の言うことを聞かず暴走する防衛庁(学校)高官がいましたが、「抑制の効かない(とくに武器を持った)国家公務員」は「抑制の効かない軍部」へと通じ、とても恐ろしいことだと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。