スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「反日」の宇宙とオーウェルの「1984年」 - 反日デモの自己投影

「反日」断章_1オーウェルの『1984年』を読んだのは、今から四半世紀前の1984年だった。若い人には記憶がない時代だが、バブルの前のとてもいい時代である。と言っても、端折って言えば、それは1970年代の政治がよかったから、その政治が作った延長上の経済社会であり、すでに1980年代前半から日本の政治はおかしくなり、中曽根康弘の親米新自由主義の路線がバブル経済への道を敷いていた。昨年、村上春樹の小説を読んだが、1984年の時代がよく再現されているとは言えない。その後の時代の感性が持ち込まれている。村上春樹は、その時代の空気を小説の中に甦らせる天才で、『国境の南、太陽の西』や『ノルウェイの森』など、思わずハッと息を呑まさせられる描写があったが、『1Q84』にはそれは特に感じなかった。日本の1984年は明るい時代で、日本経済は技術で第2次石油危機を克服し、半導体・エレクトロニクス・自動車で世界の頂点を極め、国内ではOA化が怒濤の勢いで推進され、ワープロとファミコンが秋葉原で売れていた頃だった。PCは16ビットのDOSの時代で、業界では20代の西和彦と孫正義が活躍していた。ソフトバンクというのは、名前どおりの会社で、パッケージのPCソフトを卸売りしていたベンチャー企業であり、ソフトハウスはどれも零細な個人営業だったため、ブランドを付けて全国に卸売りする流通業者が必要だったのである。激動の30年間を生き抜いた孫正義のビジネスの不死鳥ぶりには舌を巻く。  

続きの内容をレジまぐ版(有料)に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

新規のご登録はこちらからお願いします。ブログの購読をご契約されると、料金は月額315円になります。クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済や銀行ATM決済などの支払方法があります。レジまぐのご案内をどうぞ。

「反日」断章_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ディストピア・ワールド

 1984年は僕がアメリカに移住してから5年目で、同化に忙しかった時期で、当時の日本の状況を肌で感じることはできませんでした。が、翌年のプラザ合意以降いわゆるバブル景気が進み、僕の住んでいたカリフォルニアを飛び超えて、ニューヨークの不動産を日本人が滅茶苦茶に買い漁っている状況から,当時の日本が「豊かさ」の頂点にあることだけは確認できました。それ以前のたった40年間で,まったくモノのなかった世界から、物質文明の頂点に登りつめたわけです。

 オーウェルの「1984年」とはどこにも共通点のない日本の好景気と思われましたが、ちょうどこの年、日本在住の旧知の評論家は、唐突に「栄枯盛衰などという問題ではない、まさにオーウェルの世界が再現されようとしている」と危機感を募らせました。ソ連の体制や全体主義とも関係なく、世界が急激にアメリカの物質文明を追いかけたことで、痛烈なしっぺ返しが来るだろうと。 現在、世に倦む日日氏が訴えている問題は、僕の世代の人物が(抽象的ではあれ)当時から叫んでいたことです。僕らにとってオーウェルの「1984年」は世界の未来を占うディストピア・バイブルでした。

 >村上春樹の「1Q84」にはその後の時代の感性が持ち込まれている。<
ということはそのとおりだと思います。その後のデタッチメントが溢れた日本社会、カルト集団の登場などから、十年延長して「1Q94」としてもおかしくない。やはりこの作家のなかにオーウェルの「1984年」の存在が大きかったのだと思います。
なにかが歪んでしまった1Q84年の世界から、青豆と天吾が必死に脱出しようとする物語ですが、実は現在、われわれが住んでいるのはそのデタッチメントがいっぱいの、月がふたつある、いびつな1Q84年の延長された世界である、というようにかれのメッセージを受け取りました。バブル崩壊以降、どんどんおかしくなっていく世界の歪みを是正するため、青豆は1984年の首都高速までもどらねばならなかった。この小説に関するエッセイはいずれ書きたいと思っていますが、とりあえず先日アップした記事 http://nyckingyo.exblog.jp/12108072/ にも1984年のことに触れています。まだご覧でない方、ぜひご高覧していただければと思います。

 オーウェルのディストピアはすでに具現化しつつあります。世に倦む日日氏は、実に具体的に日本の問題であることを明言されていますが、日本でも中国でも、そしてアメリカやヨーロッパ、発展途上国、要するに地球全体が「1984年」の世界に向かって猛進しているような気がしてなりません。 金魚

No title

日中記者交換協定以来、中国報道は大きくゆがめられてきましたね。まさに、1984の世界ではないでしょうか。

最近では自主規制がすすみ、
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4691
のように世界で大きく報道されたニュースが、日本国内ではほとんど報道されない状態になっています。

世に倦む日々さんの大好きなクローズアップ現代でも、本日現在、まだ一度も尖閣問題を取り上げていないですよね。

まさしく、1984状態が進行しています。

No title

1978年、文革が終わって、下放から解放されたばかりの中国の著名翻訳家董乐山さんが、「1984年」を読んで感心して、すぐに中国語に翻訳した。最初は内部発行、その後出版した。董さん本人が、自ら体験した文革の時代が、オーウェルが書いた時代と同じぐらいでした。文革の時代があったこそ、中国人のマスコミ不信が深刻です。この不信感は、今の中国のネット情報収集、討論及びブログが盛んでいる原因の一つだと思います。文革後の中国は、オーウェル「1984年」の世界に逆戻り進むことが不可能になったと思います。
日本の場合は、民主主義の言論自由な社会で、人々は、マスコミが事実を報道してると信じてるので、マスコミが簡単に自分たちの思惑で、世論の流れを作っているでしょう。この数日のデモの報道も一例です。事実を報道するならば、何故、日本の1000人のデモを報道しないのだろうか?中国国内でも報道されてもいない100人ぐらいのデモを、一体何の目的で日本のマスコミは大きく流すのだろうか?日本国民に、中国国民は、反日的だというイメージを大きく作っておきたいだけでしょう?逆に中国国内の友達から、今の日本政府がどうして激しく反中してるのか?よく質問してくる。
私はできることは、両方のマスコミが、和平のために、お互いに誤解のないように報道することを願います。


プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。