スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府の奄美への無関心と報道の黙殺 - NHKが教える「新しい公共」

奄美豪雨と新しい公共_1奄美で多くの住民が避難先の施設で不安な一夜を過ごす中、菅直人は昨夜(10/22)も贅沢三昧の饗宴に耽っていた。晩飯はグルメ番組でもよく紹介される永田町「黒澤」で黒毛和牛のしゃぶしゃぶコースを堪能、その後はANAインターコンチに移動してセレブなワインパーティで発散、気のおけない親米仲間と対中国謀略作戦を漫談する週末の夜を享楽している。来る日も来る日もホテルや高級料理店で豪勢な食道楽を続け、麻生太郎と同じ放蕩のひけらかしに余念がない。「市民派」の菅直人が麻生太郎と同じ悪趣味を持っていたのは意外だが、これだけ不断に高カロリーの美食を胃袋に詰め込んでいれば、血液中のコレステロール値は確実に上昇することだろう。飽きもせず外食ばかり続けているが、伸子が公邸で手料理を作って食わせる機会は一度もないのだろうか。世間で有能と評判の高いこの夫人は、自宅では亭主に何を食わせていたのだろう。それとも、夕食の食卓は常に一人で、飲んだくれて帰宅した夫を相手に、自分も深酒しながら深夜まで政治の説教をする毎日だったのだろうか。今さら手料理で夫婦の静かな食事など、面はゆく馬鹿らしくて論外なのだろうか。菅直人が見せびらかしている贅沢三昧の支払いは、財布から給料の一部を出していたとしても、それは国民の税金である。麻生太郎の場合は、自分が経営する会社で儲けたゼニだと開き直ることが可能な浪費乱行だった。  

続きの内容をレジまぐ版(有料)に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

新規のご登録はこちらからお願いします。ブログの購読をご契約されると、料金は月額315円になります。クレジットカード決済以外にも、コンビニ決済や銀行ATM決済などの支払方法があります。レジまぐのご案内をどうぞ。

奄美豪雨と新しい公共_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

鹿児島県知事の映像

ようやくここで見付かりました。KTS鹿児島テレビです。
http://news.ktstv.net/e19875.html
ほかにライフライン情報をMBC南日本放送が提供していますが、他の在鹿児島のテレビ局は素っ気ないですね。

災害と政治

>本来、奄美の被災状況について、最も関心を持ち、密接に現地情報を収集しているはずの立場の為政者たちが、この問題で何も自分の言葉で意見を言おうとせず、マスコミは彼らの言葉を拾って報道しようとしない。蚊帳の外に置かれていて、蚊帳の外に逃げて身を隠している。どう考えてもおかしい。<

僕がいたころの大昔の日本では、もし政府が大災害に対して積極的に動かなければ、マスコミが報道によって反応した市民の声を拾い上げ、為政者の方を動かす努力をしていたイメージがありましたが、単なる思い込みだったのでしょうか。それでも動かなかった頑強な政府のことは別として、マスコミそのものを庶民の声の代弁者と期待する部分がなかったでしょうか。大昔の薬害エイズ問題をもち出して弱者の味方と公言したはずの菅内閣が、とんでもない食わせ物だったことがまたまたバレてしまったわけですが、どうして災害復旧全面援助と叫んで、被災地に乗り込まないんだろう、と不思議です。これこそ国民の信頼回復のための格好のチャンスだと思うんですが。

 まあどっちもどっちですが、最近加入したNHK海外放送を観ているせいで,マスコミの方が特に腹立たしい。
論旨はちがいますが、当方ブログで、ジョン・レノンの以下の言葉をきっかけに、物質文明批判をしています。 http://nyckingyo.exblog.jp/12108072/ お立ち寄りください。
もしみんなが新しいTVセットのかわりに「平和」をもとめれば、それで平和は実現する。- ジョン・レノン

なぜ消費税増税、企業減税の必要が?

このような災害に金を使わず、なぜ「消費税アップ」「企業減税」などと、管直人は言えるのでしょうね。こういう事態に何もしないというなら、国民も税金を払う必要はどこにもないというのに。

No title

 この状況下で衆議院選補選で自民党が圧勝しました。しかし彼らも、いや自民公明こそ「新しい公共」、の大元であることを考えると
 日本人は「もうみんなで死ぬならそれでいい」と安楽死志願者なのかと歯軋りと怒りを感じます。中国と戦争してどかーんと散りたいと。

新しい公共の姿

新しい公共の最初の適用例が奄美大島という観点は、卓見だと思います。しかし、こんな政府になってほしくないですね。お金で自分の安全な都市に住め、、、とは、結局新自由主義は拝金主義そのものですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

総理と奄美

>世間で有能と評判の高いこの夫人は、自宅では亭主に何を食わせていたのだろう。それとも、夕食の食卓は常に一人で、飲んだくれて帰宅した夫を相手に、自分も深酒しながら深夜まで政治の説教をする毎日だったのだろうか。今さら手料理で夫婦の静かな食事など、面はゆく馬鹿らしくて論外なのだろうか。

新聞報道では、鈴木善幸さんちのお嬢さんを嫁にもらった麻生さんはよく家族で外食してらした。そういううちなんでしょう。
鳩山さんは奥さんと二人でモスバーガーを好んでいた模様。(夫人が民放のモーニングショーでお得意の料理を紹介したのを一度見ましたが、なんの変哲もない、トリの竜田揚げでした。司会のスタッフも拍子抜けしてたようでした。なんかの葉っぱを添えたくらいが研究の成果かな)。
それでも夫婦仲はいいようですんで、まあ、ご勝手に。

で、菅さん。
1 夫人が、議論好きという話はさんざん聞かされていますが、料理好きという話を聞いたことは、毛ほどもありません。
2 首相は相応に高給取りですし、交際費やら機密費やらの便宜もあるかと思いますので、それまで手の届かなかったうまいものや高いものを食べることが首相としてのパフォーマンスの向上に資するなら、まあいいや。
3 でも、ちょっと前に議事堂近くの中華屋さんでレバニラだかチャーハンだかを食べて庶民性をアピールしようとした演出は、その所行でパー。
この人の演出はすべて、とことん安い。
したがって、ひたぶるに淋しく、悲しい。

次いきます。

>被災地である現地と、テレビでそれをネタとして見る東京が切り離されている。そして、その東京の空間では、国会は開かれても奄美の問題は議員に取り上げられず、仙谷由人が陳謝問題でバタバタ騒動する話のみが政治ネタとして報道されて終わりなのである。永田町は奄美から切り離され、奄美の災害は外国で起きている問題のようだ。

普天間の件での「沖縄がだめなら奄美だ」という発想でも判るように、内地でない地域の住民は二級国民として差別されるという話かと。
内地は一級国民。で、おそらく山手線の内側が特級国民。
維新以来、近代化をはかって140年たった国がこのざま。
敗戦以来、民主化をはかって60余年たった国がこのざま。
幕藩体制があと200年、続いていたほうがまだましだったりして。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。