スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FD改竄と捜査報告書の謎解き -女性検事の告発と前田恒彦の失脚

FD改竄の謎解き_1前田恒彦が「FDに時限爆弾を仕掛けた」と同僚検事に漏らした時期について、新聞記事では今年1月と説明している。だが、昨夜(9/23)の報ステでは、昨年7月に部下の検事に電話で話していたと報道していた。FDが返却されたのは7/16である。押収から2か月も経ってない時点で、裁判も始まっていない。押収したFDを公判前に被告人側に返送する行為はいかにも不自然で、返却の理由について前田恒彦が特捜内部で何も説明していなかったとは考えにくく、「時限爆弾」の行為と意味について、早くから組織内部で認識が共有されていたと考えるのが自然だろう。「時限爆弾」のFDの問題が、今年1月に初めて前田恒彦の口を通じて判明したとする検察の説明(新聞社へのリーク)は嘘だ。検察とマスコミは、この事件についてFDのデータ改竄の問題としてクローズアップし、主任検事の不始末という構図で国民に説明をしている。FD改竄の事実の詳細に国民の関心を釘づけにし、情報を小出しにして、国民一般の「事件認識」を少しずつ練り固めている。検察権力による巨大な政治謀略をミクロなFD改竄問題にスリ替え、巧妙に事件を矮小化し、検察組織の犯罪ではなく検事個人の犯罪に仕立てている。今、検察とマスコミが説明している中身こそが、まさに検察によるストーリーそのものなのだ。検察の組織犯罪を隠蔽する虚構の情報系なのである。以下、時系列を追って細かく検証しよう。

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

FD改竄の謎解き_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ブログ主さまの見事なご解明に、心から感銘しております。

本日の論述にもありますが、今回の、大阪地検の醜態は何の言葉もありません。それとともに、マスコミ(特に朝日新聞)の対応は許しがたいと思います。

東京地検の【小沢事件】、大阪地検の(民主党石井一を視野に入れた)【厚生省村木厚子局長逮捕事件】については、自公政権(麻生首相)末期の国策捜査だったことは、国民周知のことであります。

ところが、昨年8月30日,民主党勝利で、当初の企みが画餅に帰してしまった。しかし、検察庁の起訴した裁判は続いている。

この終息についての検察庁の思惑は、真実、ブログ主様の鋭いご考察に、心から感じ入る一人であります。

そういう、さまざまな情報を入手している朝日新聞が、なおも村木厚子さんを有罪に導こうと、今年になったからも、例えば関係する証人たちが、検察官に供述した【供述調書】を法廷で否認するという 【検察側に不利で、村木被告に有利な証言】を、殆ど、報道しなかった事実を許し難いと思います。

朝日新聞は、村木厚子さんの無罪判決の後、今月11日、自己弁護に似た(これまで報道してきた村木問題)の報道を【時系列】で書いていますが、【報道すべき事実を、報道して来なかった事実】を全く掲載しておりません。
それを上乗せするように、本日(9/24)、池上彰の『新聞ななめ読み』で書いていますが、醜悪な自己弁明に過ぎません。

例えば、本年3月4日、全国が注目した【石井一議員の法廷証言】を全国紙の朝日新聞が全く報じていますせん。翌日、私が朝日新聞本社に問い合わせたところ、関西の一部では報じたというのですが、首都圏はじめ、全国ほとんどの地域に報道していません。

これが、公平無私な【朝日新聞】と言えるのでしょうか。まして今回、スクープまがいの記事を、連日、一面トップで掲載するなんて……。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

特捜にも正義の味方がいる

ブログ主さんの冷徹、明快な推理は恐らくそのとうりで、朝日の偏向マスコミのお粗末さが見えてきます。恐らくFDの書き換えは早くから大阪特捜内部で解っていた問題なのでしょう。
しかし無実の村木さんを貶めようとする特捜とは、何のという恐ろしい組織なのか?
正義感も無く出世のために小細工をした男、そんな男を平気で持ちあげていく組織、自分達で描いたストーリーに何が何でも持って行こうとする特捜という官僚組織の怖さと組織の哀れさを感じる。
その中で一女性検事がこの問題を許せなかった。当たり前である。そのような組織の中で例え出世をしても、本来の正義感のある人間性を失えば、この女性検事は一生不快な人生を歩むだろうから。
前田検事も真の正義感を失っている自分自身を、本当に満足し楽しいのだろうか?
あー、検事などにならなくて良かったよ。

尖閣が右派に利用されている

検察の騒ぎがいつのまにか尖閣諸島に移っていますね。同じ検察組織の判断が問題になっているものの、国内から外交へうまく目くらまししているように感じます。

尖閣諸島で賠償を求める中国はやりすぎですし、むしろ国際社会特に東南アジアの反発を招くことで外交的マイナスが大きくなるのでは。それよりもこのことで日米安保の正当性を強調したり、自衛隊配備の政策としてこの問題が利用されていることに危機感があります。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。