スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前田恒彦逮捕の政治 - 全体の指揮を執る仙谷由人と三つの目的

前田恒彦逮捕の政治_1郵便不正事件に関わるFDデータ改竄問題について、最高検が素早く前田恒彦の逮捕に至ったのは、朝日新聞のスクープによるお手柄だという評価に世間ではなっている。私はそうは思わない。全てがプログラムされている。政治的な動機と目的を持っている。朝日の報道と検察による前田逮捕は一体で計画的な動きであり、検察が前田逮捕と控訴断念に出るのに合わせて朝日にリークしたものだ。スクープではなくリーク。そして重要な点だが、このリークは検察独自のものではなく、仙谷由人がリーク先を選んで流したものに違いない。報道を含めた全体を仕切っているのは仙谷由人で、「朝日のスクープ」という図式にして演出し、国民(衆愚)を巧みに納得させている。仙谷由人が朝日に9/21に書かせたのには理由がある。一つは中国漁船の問題から国民の関心を離すためで、もう一つは小沢一郎の強制起訴に向けての環境整備である。加えて、三つ目に自民党対策の牽制の意味がある。今週、この問題でマスコミ報道を埋め、国民の関心を漬け込まなければ、特に保守マスコミの中国叩きと政府叩きは沸騰して手がつけられない状態にエスカレートしていた。日本のマスコミの対中報道は、即中国のマスコミが取り上げて対抗報道する。そのリアクションで反日感情がさらに憤激し、中国民衆は政府に対日強硬措置を要求する。この一瞬、水を差すように前田恒彦の一件を流すことで、日本国民の視線は検察に向かい、検察問題がマスコミ報道の主役に座る。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

前田恒彦逮捕の政治_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

これによって、検察を正義と信じ、検察を批判するのは間違いだと主張していた連中はどうするんでしょうね。
特に、私が気になるのは共産党の態度です。
共産党は自身も不当に検察のターゲットにされているにもかかわらず、一連の小沢潰し等に関しては、なぜか、検察を支持する立場をとってきました。
そういった姿勢をどう釈明するんでしょうか。
こういったところにも日本の左翼のダメさが露呈しているように思います。

「第二の漆間化」した仙谷氏

仙谷氏は菅内閣において弁護士時代の経験や日弁連の宇都宮会長などとの人脈を利用して、
「第二の漆間」の仕事を実行中です。
菅内閣は仙谷氏の「政局力」に支えられています。
惜しむらくは彼が敵対してる小沢一郎氏の様な「政策力」がなく新自由主義と従米に捕われた「霞ヶ関官僚」に政策を丸投げしてる点です。
官僚は選挙で国民と接する必要が無いので「国民の生活が第一」などとは考える必要が無い場所にいる人々です。

検察を批判するのは間違いだと主張していた連中

はてサとネトウヨはよく似ています。
善人の恐ろしい所は善人であるということです。
自分が正しいと信じれば感覚が麻痺して暴君の出来上がりです。
例えば2chねらは札幌連れ去り容疑者は外山不動産の息子だと決め付け、全く無関係であるにもかかわらず業務妨害電話をかけたため現在捜査中です。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

このありさま

>つまり、西松事件に次ぐ謀略第2弾で、目的は民主党を醜聞で貶め、世論の支持が民主党から離反するよう情報工作することが狙いだったのではないか。政権交代を阻止するための謀略捜査の一環だったのだ。

そんな印象、確かにあります。
自分の感じでは、

「小沢の西松だけじゃ足りんな。なんか、こう、もう一本、民主党の痛手になるような話はないのか、君。なんでもいいから」
「‥‥‥‥」
「なんかあるだろ、この際、グレーなやつでもいいから」
「う、グレーでいいんでしたら、石井一さんの厚労省の件が‥‥」
「お、石井一であるのか。どんな話なんだ?」
(検察官僚氏、縷々説明)
「そりゃいい。それでいこう!」
「でも、まだ証拠が固め切れて‥(むにゃむにゃ)」
「選挙に間に合えばいいんだ。なに、選挙にさえ勝てば、どうにでもなる。心配するな。」

こんな感じだったんじゃないんですかね。
で、選挙に負けたんで、フォローをしてくれる立場の人々が権力の座から追われ、このありさまかと。

2点目と3点目に関して

本件、あまりのタイミングに首をかしげていたところ、後段の内容にてようやく事情が分かり、改めて感謝と敬服。
その中で第三点目、「ねじれ」とは言え、菅政権と社/共除く野党は構造改革路線/新自由主義の点で大筋同じ、小沢グループ/社/共のような正論を言えるグループがなくなる/少数派として取り上げられない、というのが7月来の論旨であった覚えが。したがって特に消費税では、税率の議論、野党として闘争の場を見せざるを得ない場面はあるにせよ、総論賛成で、今後実はねじれにもならない(大政翼賛的)状況と現在愚考中。
次に第二点目、以前「話をつけた」旨のご指摘を見た覚えがあり、検察サイドは心配なしと信じていた。そうである場合、問題は一般人の検察審査会で、「検察捜査は疑念がある故、裁判所で真偽を争うべし」となる懸念が。「検察捜査は疑念がある故、小沢氏の件もでっち上げ」というのが素直な見方と考えるが、マスコミはどちらへ持っていくのか。もし前者への動きがみられた場合、何らか牽制したいものだが。
凡夫の愚考故、到らぬ点は寛大なご配慮を願えればと。

反省のないマスコミ

今回の一件ですが、村木氏逮捕の際、マスコミは一斉に検察の情報をリークし、あたかも有罪が決まったかのような論調だったと思います。
それが、検察側の証拠改ざんなどが露見すると、自分たちの報道姿勢を棚に上げ、一斉に村木氏を賞賛する報道と検察バッシング。
マスコミの自浄作用のなさには、情けなくなります。ところで、今回の郵便不正事件ですが、通常のえん罪と異なり、「この事件」そのものは存在した訳で、この真相(一担当ではできる話ではない)を本来は究明すべきだと思うのですが。
結局、うやむやになってしまうのでしょうか。こちらも残念です。

No title

どうして、官僚一人の逮捕にちまなこになったのか、それがまったく語られませんね。西の西松事件といわれた本件は、その公判を膨張されたレポートを読んでいると、よくも逮捕起訴できたものだおどろきました。

おおきな力が働いていたと考えるべきでしょう。西松事件でも西松関連の政治団体から自民党の議員は9人も献金を受けながら誰も起訴されませんでしたし、捜査も行われませんでした。そして、ご指摘の漆間氏がオフレコで「自民党側からは逮捕者は出ないと」と発言したことが報じられましたが、その通りになりました。

西松事件の公判では、同社元総務部長がそれまでの供述を変え、問題とされた2つの政治団体は実態のある団体で、給与もその団体から支払われたという証言をし、検察の描いたシナリオは一気に崩れてしまった。

大久保元秘書の無罪宣告をどうしても止めたい検察は、土地取引で石川議員を含めて大久保元秘書を再逮捕。公判をむりやり延期させた。その後も検察は大久保元秘書の訴因変更をするため裁判所に申請していたが、裁判所は何度か拒否した後、結局これを認めて、大久保元秘書の無罪判決はとおのいた。

検察がやっていることを正確にマスコミが伝えれば、その意図がはっきりするのですが、とにかく不確かなリーク情報は垂れ流しするが、重要な公判の情報は全くレポートされませんから。

この郵政不正事件は、塩田氏が怪しいですね。村木さんの無罪判決が出た後、取材陣を非常に避けていました。元々、石井議員から塩田氏が口利きを受けたのいうのであれば、上司である彼が逮捕されるべきなのではと思っていました。職務権限上、上位にある塩田氏が命令したのであれば当然、逮捕されるべきは塩田氏です。

また、朝日新聞のスクープも8月の時点で情報を持っていたのにどうして今まで黙っていたのか非常に不自然。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

いつも拝読しております。ありがとうございます。
中国人として、日中関係を心配で、連日私は両方の報道を調べたりしていました。
今まで尖閣諸島領域内での漁船の操業を両国は暗黙の了解で黙認していた。(領土問題での争いを避けてきた。)
今回、日本の監視艇が拿捕しようとしたことに対し、中国漁船が逃げたが日本の監視艇が必要以上に漁船を追い詰めた為、漁船が体当たりした。(普通はあんなに近くまで執拗に監視艇が追い込むことは考えにくい。)というあたりが実情ではないか。ビデオ公開もなかなかしないので、前原の偽メール時の行動を連想しますけど、、、

菅政権が、何故この時期、このような行動を選んだのか?政治的背景は何でしょうか?

中国人から見れば、胡耀邦と同じ、胡主席は親日的なリーダで、日本と良い関係を望んでいる。中国側が故意に今回の事件を起こした理由がない。そして、事件を起こして、小泉の靖国問題後回復した日中関係を損するだけ、得たものがないのです。
真の中国人も、ほんとうは日中の争いを望んでなどいない。

日本側には、今回の事件で、菅政権の沖縄米軍普天間問題の姿勢を、日本国民が簡単に理解できるようになった。たぶん沖縄人ともにしがたがなく、簡単に受け入れるように考え始める。前原さんはテレビ映りの良い対中強硬な態度は、前原総理待望論がますます高くなるはずでしょう。
真の日本人も、ほんとうは日中の争いを望んでいないと思います。

米国側は、来年度の駐日米軍軍費も日本側から大幅に要求することになる。すでに提出したでしょう。米軍の普天間問題も米国側の好きなように解決するだろう。

北朝鮮と韓国の天安艦事件、最初から陰謀論がある。結果は、事件後、韓国が米国の思うように米軍の減少を要求しなくなった。去年大勢な韓国人が米軍を追い出すデモをしたのに、この事件で、韓国民が簡単に米軍の駐在を納得した。

ある米国人学者の話では、尖閣諸島問題は、71年沖縄返還時に日中間に埋めた地雷だと言った。
過去の歴史から見れば、我々普通な国民が、政治家らに踊られないように、自分で思考して考えることが重要だと思います。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。