スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国民の生活が第一」と日本的自然 - 「古い利益誘導の政治」の言説

高知遊説_1昨日(9/6)、小沢一郎は高知県須崎市で街頭演説を行っている。須崎には国の重要港湾に指定された港があり、大型船が着岸係留できる深度と設備を持つ。慶応3年(1867年)、イカルス号事件の土佐談判はこの須崎港内の船上で行われ、8月上旬の数日間、須崎は日本史の大舞台となった。パークスとサトウを乗せた英艦バジリスク号、平山敬忠(外国奉行)と戸川忠愛(大目付)を乗せた幕艦回天丸、そして龍馬と佐々木高行を乗せた三邦丸が次々と入港して投錨。そこに藩全権の後藤象二郎が城下から到着、港内に停泊する藩船夕顔の船上で談判が行われる。土佐藩の所有する艦船には、容堂の趣味で源氏物語の巻名が付されていた。他に、空蝉、若紫、横笛など。英土幕3者で行われた2日間の審議と交渉は決着せず、英水兵殺害事件が起きた現地長崎での再交渉へと持ち越しになる。その長崎談判の訊問の場で、若いサトウと龍馬が激突して息詰まる論戦の火花を散らした。この時期、大政奉還へと詰める政局の重要時期で、武力倒幕に突き進む薩長と龍馬との間に微妙な温度差が生じていた。6年ぶりに見る土佐の地の前で、龍馬は海上にあったまま上陸を果たせず、船内から権平に手紙を書き送っている。同じ8月の下旬、龍馬はようやく浦戸に入港、上町の坂本家に戻って一家団欒の時を過ごす。それが家族との永訣となった。このとき龍馬が運んで渡したライフル銃1300丁で、土佐藩は洋式軍を編成して戊辰戦争を転戦する。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

高知遊説_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

昨日のTBSニュース23を見ました。小沢さんが番組に出た。松原耕二、杉尾秀哉のふたりの偏向ぶりは本当に酷いものでした。まるで30年ぐらい前の中国の文化大革命の批闘大会みたいでした。杉尾さんは、ずっと口を斜めにして、上半身をほとんど机に乗り出して、まっすぐに座ってる小沢さんに向けてた。松原の小沢さんがなくなったらその土地はどうなりますか?の質問にびっくりした。
文化及び民主意識のより高い日本社会なのに、今の小沢さんは、当年の私の国中国の劉少奇さんみたいに、悪人の名をつけて、彼に、誰もいい態度を示してはいけないのです。私は誰の支持者でもないですが、ただ私の信じてる民主主義に、失望しています。アジアには、本当の民主主義って、あるのか?分からなくなった。

「日本国民リストラ処分」

ネオリベ路線を付き詰めると「国民リストラ」と「国土リストラ」に行き着きます。
ネオリベ路線を推進する官僚やマスコミはこの結果は承知の上だと思われます。
地方問題や格差問題や沖縄の基地問題を小沢一郎は代表選挙の争点にしてますが、
菅首相やマスコミは「政治と金」を持ち出して争点ぼかしに終始しています。

No title

リンナさん、この国の新聞・TVなどマスメディアの人たちって
「自分たちは特別の人間で選ばれている」と錯覚しているのではないかと思う。
だから平気で「傲慢不遜」な態度となってしまう。

マスメディアが情報を独占できていた時代とは違っているのに、それに気がつかないのが情けない。

日本人は誠実さ、謙虚さを大切にしてきた民族でもある。

「民主主義」って、そこかしこに存在しているわけではないと思う。
我々日本人にとって「民主主義」を如何に実現してゆくのか、まさに現在その過程にあることを自覚しなければいけないとも思っている。

マスメディアから我々は解き放たれ、そして「精神の発達」を遂げなければいけないのではないだろうか。

「都市」の荒んだ心からの解放を

特に若者たちはなぜ老人たちが山の奥深く、あるいは入り組んだ海岸の奥まった入り江に住まいしているのか、全く見当が付かないだろう。もし太古の昔からそこが不毛の土地ならもともと人などいなかったはずだ。ところが、そこに山の幸、海の幸があったればこそ、そこに人が住み続けてきたのだ。大雨で水が出、高潮で洗い流される平地などにおちおち住めたものではなかった。しかし、人はさまざまな智慧を駆使して平地での住まいを獲得し、都市を発達させた。そして、平地でしか住めないと思い込むまでに至った。そんな現在でも地方に行けば山の幸、海の幸はこの上もない豊かさだ。東京でもそういうものにありつけるが、それは相応の金を積める人に限られる。地方に住み続けられれば身近に触れられるものが、仕事がないためにそんな豊かさを捨てて東京に行かざるを得ない。東京ではそうやって集まってきた人を搾る連中だけが豊かさにありつけるのみ。こんな不公平はないだろう。もっとたくさんの人が、この国が本来持っている山紫水明の豊かさを享受できるべきだ。本ブログで提案されていた国土保全の公共事業が実現されれば、山や海が再び脚光を浴びるだろう。地球温暖化と都市のヒートアイランドが進めば平地など住めたものではなくなるかもしれない。現に熱中症死者がとんでもない数にのぼっている。それは決して単なる福祉や失対事業などではない。国民の命と財産を守る、国民に豊かな心を取り戻させる国家の安全保障である。

心に染み入る深い言説に感動,本当に有難うございました。

【まったく同感です】

以下は貴兄と同じ憂国の情により,止むにやまれず小生が送ったものです。
======================
【この国また民主党の将来を憂う】

民主党所属議員,
各都道府県連ならびに連合各位

憂国の一サポーター


昨年の政権交代の意味がわかっていない民主党議員(反小沢系また松下政経塾出身者)がたくさんいる。

このことはいったい何を意味するのか。

昨年の衆議院選で党が掲げた国民との約束(マニュフェスト)は道半ばである。

『国民の負託』を受けて当選したからには,今回の代表戦で,

①昨年のマニュフェストを実行することを公約に謳っている小沢一郎と,

②昨年のマニュフェストを反古にして五年前の小泉構造改革時代に逆戻りしようとしてしているマニュフェスト反対派の裏切り者菅直人,

のどちらに与(クミ)すべきかは小学生でもわかることである。


②(菅直人陣営)についた場合は,はっきり言って選挙民に対する【裏切り】であり,支持者にいくら言い訳しても通用しない。

民主党所属議員は,まずもってそのことを肝に命じておくべきである。

今回の代表戦は,これまでの代表戦とはまったく意味が違うのだ。そのことに気付いておられるであろうか。

支持者は議員の終始一貫した態度(大義)を注視している。これは浪花節ではない。

昨年生まれ変わった民主党は大義をマニュフェスト【公約】として示し,多くの国民主権者の賛同支持を得た。

しかしながら,今回の代表戦にあたっては,信じられないことに,その主権者との【公約】を反古にして対米従属を掲げている候補者【カン直人】が立候補しており,さらに信じられないことにそれを支持する“江田五月”を始めとする【信義】のない現職議員がたくさんいる。

この現状はいったい何を意味するのか。しかも,カン直人は先の参議院選の大敗北の責任をも取っていない。

今からでも遅くない【カン直人】は出馬を取り下げるべきである。

はっきり言って,現状は世界の笑い者である。【カン直人】の代表戦出馬は,今後世界史に特筆さるべきものであり,彼を支持したものは共にその責任を負わねばならない。

今回の代表戦は一過性のものでなく,これから予定されている選挙とも連動しているのである。

今回我々支持者はあなた方,特に国会議員の一挙手一投足を注視しています。
その時のカンドコロは,
①小沢一郎
②カン直人

のどちらを支持したかであり,中立などという日和見的なことは絶対許されない。

最後までお読み下さり,有難うございました。

私の考えに御賛同いただける方々は,積極的な拡散をお願い致します。


http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=kriubist&articleId=10638884104&frm_src=article_articleList&guid=ON

紺と赤

>小沢一郎は、この選挙戦を紺のスーツと赤のタイで闘っている。このカラーリングは、3年前の2007年の参院選のときのものだ。この配色バランスは、「国民の生活が第一」をシンボライズするものである。紺と赤のデザインは、小沢一郎が代表に就任して変更したもの

「紺と赤」、小沢さんの出た慶応義塾のスクールカラーです。
「人の上に人を作ろう」とするのが新自由主義ですから、それへの抗議を示す暗喩という意味でも結構ですね。

>その前の前原誠司の時代は黒と赤のカラーリングだった
「赤と黒」(スタンダール)、出世亡者の政経塾OBにぴったり。

この、観測史上空前のクソ暑い日々にスーツとネクタイ(しかも記事中の写真を見るとちゃんと長袖のシャツ)で通す根性もえらい。
実質上、総理を選ぶ大事な選挙なんだから、ここはつらくてもきちんとした服装で臨むのがあらまほしきマナーというかプロトコールだろう、という意気を感じます。
かつて湯浅さんのラフな服装にシビれたのと同じ理由でここは小沢さんを支持。

そもそもクール・ビズも、小泉政権で環境相であった小池老嬢の指揮で始まった官制の運動ですので、炎天下のスーツとタイ姿、新自由主義への抗議にもなっています。

慶応の話に戻します。
慶応OBでありながら新自由主義の片棒をかついでいる人は猛省を!
福翁の意に反してるんですから。
小泉さんを筆頭に。

竹中さんはいいや。もともとクニタチ(←国分寺と立川の間だから国立。安直なネーミングですね)の学校の出身だし、慶応といっても三田じゃなくて藤沢の先生だから。

藤沢といえば、慶応の湘南藤沢キャンパスは当初、慶応藤沢キャンパスと名付けようとされたそうです。が、慶応藤沢キャンパスにすると、イニシャルが KFC になりトリの空揚げ屋さんと紛らわしい、との異論が出て「慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス」という長ったらしい名前に変更せざるを得なかった、という説があります(すいません、知っている人は知っている話をわざわざして。それでも言いたいほど、好きな話ですんで)。

最近、聴かなくなった言葉

民主党の代表選挙も中盤に差しかかり、マスコミの偏向世論調査と、偏向報道も加速しているようです。
ところで、以前、大騒ぎしたのに、最近、マスコミから流れなくなった言葉が気になっています。
・ワーキングプア
・派遣切り
・年金問題
・後期高齢者医療制度
・格差社会
・暫定税率
・説明責任
他にも、色々とあるような気がします。最近の菅総理を見ていると、官僚の書いたシナリオ通りに意見を述べているような気がしてなりません。興味深いのは日経Web版のアンケートで「どちらの方が有効な経済政策を打てるか」という問に対して、菅氏:41.2%、小沢氏:58.8%という結果が出ていることです。

民主党代表選アンケート

(参考)
【民主代表選】普天間問題ではどちらを支持? - ネットリサーチ - livedoor ニュース
http://research.news.livedoor.com/r/50836
【民主代表選】景気・雇用対策ではどちらを支持? - ネットリサーチ - livedoor ニュース
http://research.news.livedoor.com/r/50791
小沢一郎氏と菅直人氏とどちらを支持しますか? - ネットリサーチ - livedoor ニュース
http://research.news.livedoor.com/r/50584
民主党の代表選挙、どっちでもイイけどドッチ? - ネットリサーチ - livedoor ニュース
http://research.news.livedoor.com/r/50558
民主代表選・菅首相と小沢氏、どちらをより支持する?【確認】 - ネットリサーチ - livedoor ニュース
http://research.news.livedoor.com/r/50428
(他にも多数のアンケートあり)
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。