スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅直人は失業率と有効求人倍率をコミットせよ - 小沢一郎の変身

小沢一郎は変わった_1後半戦に入って、代表選はさらに熱気を帯びてきている。世間の関心と盛り上がりは、2か月前の参院選と同じかそれ以上かもしれない。この選挙の結果で国の行方が大きく変わると直感し、固唾をのんで選挙戦を見守っているのは、私一人だけではないだろう。政策論争だけを見れば、6月の参院選より本質的で意味のある論戦が行われている。小沢一郎が勝利しても政治の混迷は続くだろう。しかし、菅直人の勝利によってもたらされる安定は、新自由主義の体制が強化され、弱者への負担ばかりが増え、この国の社会がますます貧困と絶望の底に収斂して行くことを意味する。それは、官僚と資本にとっての体制の安定だ。昨年の政権交代が、これ以上の格差社会化の進行に歯止めをかけようとする国民にとって、必死の抵抗と挑戦で得た政治的端緒であり、ようやく手にした希望の光だった事実を忘れてはいけない。先週、テレビ出演した小沢一郎の政策議論の中で最も印象的だったのは、企業が雇用する非正規の割合を一定以下にするよう規制をかけるべきだという発言だった。今、こういう主張を誰からも聞けなくなっている。われわれが政治家から聞きたいのはこういう言葉だ。大企業が溜め込んでいる200兆円を再分配するべきだという発言もあった。小沢一郎に期待が集まるのは当然だろう。反貧困ネットとか派遣ユニオンは、小沢一郎への支持声明を出すべきではないのか。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

小沢一郎は変わった_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

本気で雇用から景気を回復していこうと考えているところが恐ろしい。仮に雇用を第一に挙げるならば財政出動しなければならないのに、中身も見ずに概算要求の一律10%カットを認めてしまうというアベコベぶり。消費税の増税で介護の分野に雇用をと考えているようだが、それは中小企業を叩き潰すことになる。うすっぺらな人柄はともかく、こんな阿呆が首相を続けることを思うと、ゾッとする。

「ネオリベ政策の破綻」が解らない官僚と菅首相

小沢一郎の「日本改造計画」は長い間ネオリベ派の官僚や政治家や新聞記者たちのバイブルだったようです。
しかし「剛腕維新」や「小沢主義」などと小沢の著作が変遷するに従って、
彼が官僚や「御用商人(インサイダー)」の得手勝手なエゴイズムを解放する
ネオリベ経済が国家の解体と社会の崩壊に繋がる事に気づき。
小沢は対抗手段の一つの段階として「政権交代」を目指した事がわかります。
小沢一郎には「破綻」が見えたネオリベ政策に
「縋り付く」のが菅首相と官僚達なのです。

No title

(本文より)小沢一郎は確かに変わった。他に適当な表現が見つからないので、敢えて言うが、政策は右から左に寄った。新自由主義から反新自由主義になった。(引用終り)

私も、小沢さんは変わったのだと思います。その変化は、ある軸線上を移動したというより、位置を変えずに広く大きくなったという印象です。何か表現をあてるとすれば、自由主義を芯にした民主主義者、とでも言いましょうか。その意味で、自由主義者である小沢さんの過去と現在は断絶しておらず、(位置は)変わっていないのでしょう。

小沢さんのテレビでの発言で、非正規労働者や中小企業への冷遇に対して「天に唾するようなもの」であり「分配が問題なんだ」と強調する場面がありました。分配問題は、日本経済が長期停滞した要因の核心部分です。また、よく言われるセーフティネット(官による補助と保護)などとは次元の違う、権力と自由にかかわる本質的な話です。その分配問題について、首相候補が認識を公言した意味は極めて大きい。

単なる自由主義は、富と権力の偏在による自由の偏在を解消せず、現実には少数者の自由しか実現しません。むしろ少数による支配、少数による独占と親和性が高く、多数者の不自由を生みます。このことは、多くの方が指摘されているように、この20年の日本社会においても実証されてきました。

小沢さんは、数の論理を正当性の根拠として掲げています。それゆえ、小泉改革のような、少数者の自由と少数者の支配でしかない新自由主義の現実を良しとせず、自由主義思想をより広く大きく変化させたのでしょうか。

小沢一郎が新自由主義の失敗の当事者にならず、今この時点で表舞台に登場したことは、天佑なのかもしれません。

Hatsucome

ただ一つ。議員定数削減を未だに掲げているのかが、気になります。

そして、湯浅誠氏は何をやっているのか。その動静がまったく伝わってこないことが気になります。

一昨年、地方都市に氏が講演に来た際、ちょうど内閣府に呼ばれ、忙しいと話していた氏。
25条や、経済成長と幸福の相関関係のなさ、そして、印象に残った言葉、「溜めのある社会が強い社会であり、そういう社会を作るという市民の責任は一人一人が負っている。決して、自己責任という責任は追う必要などない。」と。とてもたくましくうつった。
 当時、何度も何度も消えそうな灯のような状況を耐えに耐えていた私、長い就職活動をしていた私は、
あぁ溜めを頼っていいんだという、”通常”の精神状態の人間、”通常”の社会、環境にいる人間なら、当たり前に気づくことが出来る意識に、やっとたどり着けた。
 ヴィクトール・フランクルが「絶望+意味=苦悩」と言ったようだが、溜めを頼ら(れ)ない、気づけない人は、絶望に絶望を重ね、最終的にそのベクトルは自分へ向く。自分を責め、また絶望と。その様な状況では、周囲に、溜めを認識することなど出来るはずはない。と今は振り返ることが出来る。
 就活に、正気を保つことが必要だとは、知らなかった。
 そんな状況の中で、一つ、自分たちの声を大きくして誰かに届けて欲しいと、見えていないものを可視化するんだとうたう、氏に託すことが出来たと思ったのだが。氏が動いていないのか、社会が溜めという役割を、いやとうに放棄しているか。
 もう一つ、講演の中で印象に残ったことがある。故加藤周一氏が語った「二つの山の結託」である。二つの山とは、大学4年間を過ごす「若者」と、「老人」である。
東京に来て日に日に感じることは、この街、都市には、周りを見えなくさせる不可視の力があり、他人など、という意識を育み、新自由主義者を作る力があるのではないかということ。
私はそれに、抗いたい。
”地方”で、故郷で気づいた溜めを忘れたくない。そしてその溜めを失いたくない。また、まさに、棺おけに両足を突っ込みフタを閉めようかという状況を経験した自分、多くの人が見えないもの、見ようとしないものがまだ見える自分が動きたい。
生産する立場にたった私だが、しかし、未だ若者である。知恵を、共感者を、数を、度量を、広い懐を。

国有資産の証券化

小沢氏は国有資産の証券化(民営化)を政策に上げてますが、
現在でさ日本の不動産や山林資源が中国の投資家に
買われて問題になってるのにもかかわらず、国有資産を
外国人に売り飛ばそうとする小沢氏を中道左派と
称えることに疑問を抱かざるを得ません。

No title

小沢さんのすごいのは、金があっても決して無駄な使い方をしないことだ。それは筆者が書かれている通り、話し合いに決して料亭などは使わない。近くの中華料理や居酒屋だ。また、黒塗りで移動せず、いつもワンボックス。決して金がない訳ではない。政治家業40年のキャリアでそれなりの蓄えもあるはずだ。

不動産の購入を自分の蓄財と非難する人間もいるが、小沢氏にしてみれば、浄財を有効に使っているだけで、個人が楽しむためであれば、とっと引退して余生を遊べばいい。秘書に住まいを提供し、政治家の発掘に、選挙対策に金を使う。いくらあっても足りない。だから無駄遣いはしない。

とりあえず、小沢氏が首相となり、だめなら総選挙でいいと思う。

機会主義者

>菅直人の代表選の政策と政見は、参院選のものを使い回しているだけで、ブレアの「教育、教育、教育」のコピーを思いつきで真似しているだけだ。

ブレアさんの「教育、教育、教育」は、レーニンの名言、「Study,study and study!(邦訳では「学べ、学べ、なお学べ」といったところ)が典拠と思います。

そうなら、教育と学習(study)はいわばコインのうらおもてですのでブレアさんの言はまだいいんですが、菅さんのは、語を「雇用」に替えたわけで、三度訴えれば受け手は感心するという演出の技法だけを孫引きで真似してるだけ。

今ふと思ったんですが、菅さんが総理のままだと、米国に頼まれたらたとえばカリフォルニア沖にだって自衛艦を派遣するかも。
機会主義の人だもの。

No title

一度高級なものを食べまくったら、身体に悪いとわかります。

公費でただなので、食いまくるノースッカラカンカン夫婦は、

『お里がしれます』。これだけで、わたしは彼らと会ったとしても気後

れせず、議論できます。

小沢さんは理念は変ってないと思います。社会情勢、日本のポジションが変れば、政治家として求められることも変ります。

スッカラカンのように、相手によって言動を変える変節ではなく、『変化に対応』する小沢さんの優秀さです。

寺田はなさけないやろうですな。

ツイッターで叫ぼう!

安物のケータイカメラのように限りなくピンボケ写真を撮りつづける菅総理。激務の公務の隙間しか、代表選のための発言時間がないとしたら、即ちかれの言う最大のチャンスかもですね。このボケカメラを通してしかものを観れない未来の日本には、小沢氏の言うように永遠に民主主義は来ない。目を開こう。 金魚ツイッターにてつぶやく http://twitter.com/nyckingyo
賛同の方は、もうあとわずか、全員ツイッターで叫びましょう!

議員定数削減

小沢一郎氏への支持はまったく結構ですが、一つだけ気になることは、議員定数削減です。彼は代表になったら議員定数削減を本当に進めることを考えているかどうか?状況を判断して取り下げることはあるうるのか?その辺が気になるところです。

No title

小沢一郎はそもそも田中角栄の弟子なのだから、まあ、変身したというか、元々、日本のケインズ主義の本流のところにいたわけだから、経済政策としては元に戻ったというところでしょう。

それよりも、普通に考えたら、サブプライムローン問題、リーマンショックの後もなお「新自由主義万歳!」と言っている連中の方が異常ですよ。
あの麻生太郎でさえ、「市場原理主義とは決別します」って宣言したのだから。(本心かどうかは別として)
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。