スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず出馬せよ - 菅陣営の崩壊と降伏の後に立候補を取り下げるべし

まず出馬せよ_1代表選の見送りは、出馬した後からでも可能だ。投票日の前に立候補を降りれば、それで代表選の激突を回避することができる。だから、小沢一郎は9/1に堂々と出馬表明すればいいし、政策論争で菅直人を追い詰めて行けばいい。政策論争を続ければ、必ず党内の支持は広がる。マスコミのファッショ的なプロパガンダ攻勢を相対化することができる。情勢を一日一日と有利に詰め、菅陣営を切り崩し、菅直人が全面降伏するのを確認して、人事と政策のフリーハンドを確定させた後で、花を持たせる形で代表の職を続けさせてやればいい。事実上の「総代分離」に持ち込むのは悪くない。落としどころは、小沢一郎の幹事長、鳩山由紀夫の官房長官(代表代行)である。菅直人が首相の位置でトロイカ体制を組むとなれば、この権力構図と人事配置しかない。この決着を菅直人の方から申し出なかった場合は、代表選をやればよく、そこで雌雄を決すればよい。小沢派が負けて大量離党したときは、自動的に政界再編と内閣不信任案可決になるし、そこで菅直人の首相在任は終わる。戦略としては、代表選に突入して、相手が白旗を上げるまで攻勢をかけるべきで、白旗を上げれば、命だけは保障してやる処分に出ればいい。代表選を降りることは、小沢一郎にとって決して戦略的に不具合とは言えない。なぜなら、今回の代表選を見送っても、必ず半年後には政変(菅辞任)で次の代表選があるからだ。そのときは党員・サポーターが含まれず、国会議員だけでの投票になる。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

まず出馬せよ_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

小沢氏の決断を強く支持する!!

私は乾坤一擲の闘いに臨む小沢氏の決断を強く支持する。状況は決して甘くはないだろうが、私は小沢氏がその剛腕でもって必ず勝利すると信じている。不肖、私も小沢氏の勝利に向けて出来る限り支持の環を広げるべき活動していきたい。

明日からはマスコミが小沢氏当選を阻止すべく強力なバッシングを開始するだろう。その急先鋒は朝日であり、毎日、東京中日といった処が続くだろう。日経、読売といった処も続くかも知れない。テレビも動員され、この時とばかりにマスコミ御用達の訳の判らない評論家も多数出演して民主党議員などに小沢氏を支持しない様恫喝を加えていく。世論調査と称するマスコミが恣意的に行う調査が頻繁に行われ、それが民意だとマスコミが声高に叫ぶ。それが投票日まであと2週間近く繰り返されることになる。

苛立たしい思いに苛まれる2週間となることが予想される。でも、あくまでも今回の有権者は民主党所属の議員、地方票、党員・サポーターである。マスコミを通じた小沢氏像ではなく、民主党に政権をとらせるべく数年に亘って活動してきた小沢氏の実像に触れた人達も多いに違いない。菅という政治家の姑息さなど人的欠陥についても承知している人達も多いに違いない。マスコミの影響力は無視し得ないものはあるものの、マスコミが行っている調査結果がそのまま今回の代表選に反映されるかと言えば決してそんなことはない。しかも次の国政選挙まであと3年近くある。国政選挙目当てに実力はないが人気だけはあるといった客寄せパンダを選ぶ必要など更々ないのだ。

これまで地道にやって来た小沢氏の活動が必ず良い結果となって顕れる。そう私は信じて止まない。改めて言うが、私も小沢氏の勝利に向けて出来る限り支持の環を広げるべき活動していきたい。そして最終的に小沢氏と共に勝利を勝ち取りたい。今はそんな気持ちである。

菅さんと小沢さんの経済政策

Yahoo! のニュースを見てましたら、「消費増税や公約推進も争点 代表選結果次第で路線変更も」という題で、中国新聞の記事が紹介されていました。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201008270076.html

ここに菅さんと小沢さんの経済政策比較を示す表が載ってました。
分りやすいので、箇条書きで写します。

1 税制
菅 「消費増税を含む税制抜本改正を推進」
小沢「消費税増税は次期衆院選まで凍結」

2 財政
菅 「新規国債発行抑制し財政再建」
小沢「政権公約政策を実現、財源は無駄削減で確保」

3 マクロ経済
菅 「『成長戦略』を推進」
小沢「子ども手当など家計支援重視」

4 農業
菅 「個別所得補償は財源見合いで実施」
小沢「個別所得補償を積極実施」

5 郵政
菅 「郵政民営化見直しに消極的」
小沢「郵政民営化見直しに積極的」

この5項目をみると、菅さんの経済政策は自民党と大差ありませんので、政権交代の意味がなくなります。
1から4までの菅さんの選択は、2番目の財政の件に集約される話で、「総選挙の公約でしたが、財源が見つからないので腰折れせざるをえません」という話です。
それができるんなら、少なくとも経済政策に関しては小沢さんのほうを選びたい、と思うのが総選挙のときに民主党に勝たせた有権者の思いなのでは。

小沢さんでも財源がひねり出せなければ、その時は国債を発行すればよろしい。
公約を実現するための増発であることを周到に釈明できさえすれば、次善の策としてとおるでしょう。
で、なにがなんでも次の衆院選までに、それこそ世界中のケインジアンの知恵を使って景気を軌道に乗せる。
景気が良くなれば税収も上がります。それでも足りなければ増税と、国民に納得してもらう。

容易な仕事ではないでしょうが、相当頑張れば相当いけると思います。

新聞記者『星浩』の動向を怪しむ。

連日の【ブログ主さまのご執筆】に感動と同感を持って拝読しています。

本日の、ブログの中でも触れられているように、
【昨夜(8/30)の報道ステーションでは、急転直下の政局なのに、なぜか、星浩は出演しなかった。意外であり、情勢急変に狼狽して、解説(プロパガンパ)の言葉が出なかったからだろう】

と、書いていらっしゃいますが、局面が【トロイカ体制の構築」から、結局【代表選実施】に再展開した昨夜(8/31)も、星浩は出演しなかった。

ブログ主さまが『ゲッペルスと、星浩と与良正男(8/28)』に書いていらっしゃるように、8/26のテレ朝「報ステ(古舘)」での、新聞記者・星浩の発言は【ひどい】ものでした。
『極悪人が、総理大臣を目指すなんて……』とばかり、感情を高ぶらせ、罵詈雑言を小沢一郎に浴びせていただけに、鳩山仲介の一昨夜(8/80)、そして再び急変した昨夜(8/31)、全く出演していないのが不思議です。

今朝(9/1)の朝日新聞にも、『星浩』の署名入りの記事が載っていません。
小沢一郎の出馬表明の夜(8/26)、聞くに堪えない罵詈雑言を浴びせた翌日(8/27)の、朝日の朝刊に

『小沢氏が代表選に手を挙げること自体、大いに疑問があるが、あえて出馬するのなら、疑惑について反省し、十分な説明をする必要がある』
と、署名入りで書いているのに……。

『悪魔の証明』という言葉があります。
『ない』ものを、『ない』と証明するのは不可能です。星浩は小沢一郎に『悪魔の証明』を強いて、小沢一郎が『申し訳なかった』と政界から去っていくまで、『政治とカネ』を追及するのでしょうか。

ブログ主さまのご指摘のように、この数日間、星浩が全く姿を現さないのが不思議です。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。