スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲッペルスと星浩と与良正男 - 放送法の逸脱と世論調査への懐疑

ゲッペルスと星浩と与良正男_1放送法は、その第3条の2で、「放送事業者は、国内放送の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならない」とし、「2.政治的に公平であること」と定めている。この規定に当たっては、第1条に放送法の目的が示されていて、「放送の不偏不党」と「放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること」が謳われている。言わば、この第1条の「目的」が憲法の前文に掲げられた主権者国民の平和主義の誓いであり、第3条の「政治的公平」の厳守が憲法9条の武装放棄の規定という関係になっていて、放送法の目的を達成する上で事業者が「政治的公平」を守ることが決定的に重要な要件だという法律の構成になっている。周知のとおり、新聞にはこのような国家からの規制や束縛はなく、基本的にはどのような偏向報道も「言論の自由」の範囲であり、責任は購読者と編集者との間で自己完結する法的位置づけとなっている。しかし、テレビはそうではない。公共の電波という国民の財産を使って情報を発信する公的性格の強い機関であるため、事業者は法律と条例と政令と規則の拘束を受ける。テレビ放送の監督官庁は総務省である。総務大臣は放送法の理念と目的の達成に責任を負い、事業者が法を逸脱して市民社会に害毒を与えることのないよう監督する責務を持つ。眼前のテレビの代表選報道の現実は、放送法に照らしてどうだろうか。誰か、原口一博に意見具申する者はいないのだろうか。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

ゲッペルスと星浩と与良正男_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

真実を知っていて、真実を語らないジャーナリスト。

ブログ主さまの書かれているように、テレビで語る新聞記者に憤りを覚えます。

世良正男のテレビは見ていませんが、小沢一郎が立候補を表明した夜、報道ステーション(古舘伊一郎)に登場した【新聞記者・星浩】の発言は、真実【ひどい】ものでした。

感情を高ぶらせ、声色が一段と高く【極悪人が総理大臣を目指すなんて、許せない】といった表情で、見ていて(これが、冷静な新聞記者か)と、呆れかえった次第です。

しかも、現在、検察審議会で『何が、議論になっているのか』内容を十分承知の上で、小沢一郎の容疑の内容を一切語らないで、これまで流し続けてきた【極悪人・小沢一郎】の、一般視聴者に与えているイメージに訴えて、感情むき出しに【正義の発言】とばかり、吠えまくったのです。

東京地検のリークのまま、新聞・テレビが流した【捏造・小沢悪人説】は、私の知っているだけでも次のとおりです。

1、朝日新聞は『水谷建設が5千万円を持参して、名古屋から東京まで乗車した【新幹線切符】を東京地検が押収した』とゅ報じましたが、5年も前の使用済み切符を(JRが保存している)なんて、絶対にありません。

2、その5千万円を、東京の有名ホテルのレストランかで、白昼、堂々と授受が行われている【現場】をテレビで(再現して見せる)呆れかえった放映。

3、小沢疑惑を説明するに『これでもか、これでもか』と、岩手県のなんとかダムを1年以上も、繰り返し放映した出鱈目さ。

これが1年半もつづいたのです。一般庶民が【小沢悪人説】で洗脳されたのは当然です。
その洗脳された庶民に、星浩は何もかも【真実】を承知の上で、その【真実】を不作為に全く語ろうとせず、小沢一郎の立候補を【この悪人が……】と抽象的に、ネチネチ語ったのです。

まことに【新聞記者・星浩】の、報道ステーションでの発言は、ジャーナリストとして【万死に値する】と思います。

世論とは

◎「依らしむべし、知らしむ可からず」の古くからの言い伝えは、インターネットの普及に伴い次第に色褪せてきている。

◎大衆はマスコミの兵卒だと!? ご冗談を! 大衆はマスコミの玩具だ。リモコンのロボットにしか過ぎない。

◎この気分の移ろいやく、しかも扱いにくい獰猛な野獣(世論・大衆)も鋭い鞭の一旋で怯える。一発の弾丸でもんどり打って倒れる。

◎世論-大東亜戦争時代に世論調査をしたら、多分9割以上の人がこの戦争に“是”と答え、現代、調査すればおそらく9割以上が“否”と答えるだろう。

◎世論-ポピュリズム-民主主義
これらの言葉の間には、一体どれほどの違いと共通性があるというのだろうか?

◎風の向きの如く絶えず変化し騒ぐ世論というものを真面目に相手にしていると、右往左往する羽目になる。

◎世論とは、元々あるものではなく、創り上げられるものである。

No title

放送法については、もはや、まったくの有名無実の存在になっていますね。

それにしても、検察もマスコミも自分たちだって金権スキャンダルを抱えているくせに、よくもまあ、こうもしつこく、「政治とカネ」で小沢批判を繰り返しますね。
自分たちの説明責任については全くスッとぼけています。
ある意味、小沢一郎もずいぶんなめられていますね。

おぼこ

しつこい販促に屈したりした結果、いま、新聞は4紙(朝毎読と日経)とってるんですが、ここんところの民主党の代表選がらみの記事を見ていると、4紙とも総じて、菅さんのはよりよく映っている写真、小沢さんのはより悪く映っている写真が、それぞれ選ばれている印象があります。
気のせいですかね。
あと、特に朝日。
小沢さん出馬決定の翌日の社説のタイトル、たしか「開いた口がふさがらない」でした。
へー、そんなおぼこだったんですか?朝日さん。
うちは戦前から朝日とってますが、おみそれしました(笑)。

マスコミ報道を批判にさらすこと

フランス在住のため、日本のテレビを見る機会はなく、どうしてもネット情報になってしまいますが、例えば、朝日の劣化はすさまじいみたいですね。たまたま、産経のネット記事、【高橋昌之のとっておき】疑問だらけの16日付朝日新聞社説(http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100822/stt1008221802001-n1.htm)を読みましたが、日頃、自民党の御用新聞と思っている産経の方がはるかに「正論」です。

マスコミは明らかに「権力者」なのですから、せめてネット記事(社説等を含む)に対して読者のコメントを載せて批判にさらすべきではないでしょうか。欧米主要誌のサイトでは既にやっていますよ。それとも、自分たちは「首領さま」なので、他者に対しては自分たちの都合で糾弾するが、自分たちへの批判などとんでもない、ということなんですかね。それこそ「説明責任」が必要なんですよ!!

意識を操作する

 このブログの読者諸氏は意識が高いので、過剰広告にだまされる回数は少ないと思いますが、それでも一日中あちこちの広告にひたっている現代人のアタマは、いつの間にかさまざまに広告主・代理店に洗脳されていることに気づきます。長年広告業界に(手ではなく)足を染めてきた僕が言うのだから間違いありません。最近は広告の仕事を極力減らしていますが、それでも足もとが紺色に染まってしまった自分の発言にどこか純粋性が欠けているように思ってしまいます。

 >辺見庸は、「テレビは人間の意識そのものだ」と言った。
そうですが、商品に対する過大な評価を、意識の部分からより深い、人間の下意識の領域にまで浸透させようとする現代の広告戦略(政治宣伝)は、どう考えても行き過ぎでしょう。資本主義の大きな弊害。
ゲッペルス宣伝相のナチス政治宣伝を引き合いに出されてますが、あとになって冷静で客観的な目で観なおせば、実に馬鹿馬鹿しい全体主義も、当事者にはまったく見えない,見えていてもさからえば殺される、=だまって容認する、という人間の浅はかな「意識」となりはてます。

 海外から日本列島を多少とも客観的に観て、マスコミの極端な画一化から,また大きな付和雷同の世界が動いていることに脅威を感じています。
今回は菅陣営とマスコミの世論操作がテーマになっていますが、もし小沢氏が代表になり、菅陣営よりは多少ともマシな政治が生まれたとしても、こういった政治宣伝はあとを絶たずくり返され、国民の意識が歪んだ方向に動かされつづけるように感じています。

 「政治」とはほとんど関係のないのですが、当方ブログで、映画館のなかで人間の下意識がそこにいる全員に動いていく世界、を書きはじめています。タルコフスキーというひとりの天才監督が、われわれの綜合意識をポジティヴな方向に動かしていくという仮説です。
http://nyckingyo.exblog.jp/11813495/
結局、政治や社会を動かすのは、われわれ個々の「意識」なのですから、やみくもに「下意識」なんてむずかしくてわからん、などと放っておけば、だまされることばかり。
「意識を操作される」というと、とんでもないことばかり連想しますが、そうじゃない。タルコフスキーのようにお互いの「意識の高揚」を求める意識もぜひ持ち合わせたいものです。 NY金魚

小宮悦子の醜態

女性マスコミ人としては、小宮悦子と青山祐子も加えるべきでしょう。

今、サンデーフロントラインを見ています。予想通りの小沢叩き。
星浩だけでも見るに耐えないのに、小宮悦子が誰からのお褒めの言葉を頂きたいのか、「政治とカネ」「説明責任」と必死になっている姿が滑稽です。

世論調査の結果を見せて「なぜ国民は小沢さんはだめといっているのですか」などと、調査結果の分析を民主党議員に聞いている!
調査分析は、調査したマスコミが自らの手で行うものではないのでしょうか。自分たちが勝手に数字を出しているだけなのに、その分析は全くせず、小沢支持の議員に突きつけて、勝手に責任追及の道具に使っている。

メディアで政治を取り上げる人間として最低です。


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

この数日の新聞、テレビの報道は、洪水のように小沢さんを罵倒しています。まるで日本でも、中国のように中央宣伝部という組織の下で、マスコミが主旨の同じような内容を煽って、世論を指揮してる。
我々中国人は、中央宣伝部という組織の存在が分かってるから、事前の予防接種があるので、簡単にマスコミの宣伝には、信じません。各社の同じような報道には、非常に反感です。
日本は言論自由な民主主義の国だから、国民が簡単にマスコミの報道と宣伝を信用する。多くの日本人がマスコミに対して、何も疑いをしない。先日に二人の日本人と話をしたが、二人ともにマスコミと全く同じ論調で、菅総理を支持する理由も新聞の社説の朗読みたいで、違う意見の反論もできないくせに、マスコミの社説に従う。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。