スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円高と株安の中で経済政策の対立と論争がない - 菅政権翼賛のみ

円高株安_1急激な円高と株安が同時進行している。円高はドル安・ユーロ安を意味するが、米国と欧州の通貨当局は輸出振興による成長効果を期待して為替安を歓迎しているため、協調介入は困難で、円高は防ぐ方途がないという説明になっている。株価が下がれば企業の含み益が減り、来年の設備投資と雇用計画に悪影響を及ぼす。また、円高は製造業の海外移転に拍車をかける要因にもなる。2年前の派遣切りのような事態が再び起きなければいいが、環境としては悪夢が再現する危険性は十分あるように思われる。マスコミが醸成して固める社会の空気が、それを容認する方向に変わっているからである。今日(8/25)の日経の1面では、編集委員の菅野幹雄が政府に対策を要求し、?法人税率の引き下げと?新規事業のタネを増やす規制緩和の二つの成長戦略を前倒しせよと言っている。この主張は、夏休みを終えて今週から報道ステーションに復帰した古舘伊知郎の喋りと全く同じだ。古舘伊知郎は「規制緩和」とは言わず、その表現だと新自由主義の響きがするのを憚るのか、言葉を変えて「規制改革」と呼んでいる。菅野幹雄の方は、日経の読者の殆どが新自由主義者とその予備軍であるため、こうした言い回しの気兼ねをする必要がなく、そのまま「規制緩和」と言っている。菅野幹雄と古舘伊知郎が前倒しを要求している規制緩和の中身は、医療と農業の分野への自由な資本進出であり、医療と農業の民営化である。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

円高株安_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

新自由主義派内の分裂とケインズ派

病気にも、その病気に対して、効く薬と効かない薬があるように、経済政策についても同じことが言えると思います。
相変わらず、マスコミ各社は、日本経済の癌治療に対して、規制緩和や法人税減税など、間違った処方箋を言い続けていますね。それでは病気は治らないのに。

ましてや、今の日本は需要不足のデフレ不況下にあるのに、供給側強化の規制緩和や法人税減税をしたところで、ますますデフレが深刻になるだけです。さしずめ、熱中症患者に、冷えた水ではなく、熱いお湯を飲ませるようなものでしょうか。

この辺りには関しては、以前、動画を紹介した方の、日経ビジネスOnline上の記事(URL先)や、以下の記事を紹介しておきます。
http://www.gci-klug.jp/mitsuhashi/2010/08/24/010383.php

また、新自由主義一派内でも、最近一つの争点が上がって来ているのではないかと思うところです。それはデフレ基調派vsリフレ派の戦いとも言えるでしょう。デフレのまま、上記のような規制緩和を唱える勢力(自民党)と、インフレターゲットを設定した後に、規制緩和すべきという勢力(みんなの党)での派閥内抗争も、今後展開されていくのではないかと思います。

私自身としては、インフレにしたところで、規制緩和政策自体、30年前のサッチャーやレーガン政権で失敗済みなのですから、歴史に学ぶ必要性があるのではないかというところと、そもそも金融政策一本槍のリフレ政策で、果たしてインフレに持っていけるかということ自体懐疑的ではあります。

ただ、所得の低下にしろ、非正規雇用化にしろ、日本経済のゼロ成長にしろ、デフレというものが大きな要因となっていることは、間違いないわけですから、当面はマスコミに出られる新自由主義一派でも、反デフレという点で、リフレ派を応援せざるを得ないという感じですかね。代表的なところとしては、勝間和代氏や高橋洋一氏が挙げられると思います。

しかしながら、日本経済の正しい解は、筆者様も述べているように、ケインズ的財政出動政策にあることは間違いないでしょう。
経済成長、すなわちGDPを増やすことにおいて、そもそもGDPの内訳は・・・

個人消費+民間投資+政府支出+純輸出

で構成されているわけですから、政府支出を1増やせば、当然GDPもダイレクトに1以上は増えることになります。これを景気回復策と呼ばずして、何と呼べばいいでしょうか。

対する法人税減税は、その効果によって、民間投資の支出が増えなければ、GDPに寄与することはありません。つまり、法人税を減税したところで、内部留保で貯め込んでしまえば、経済効果はゼロです。
無論、完全ゼロになることは無いでしょうが、このデフレ不況下において、国内で新規投資をしようと思う企業が果たしてどれだけいるかは極めて懐疑的にならざるを得ません。

その辺りをまとめた記事としましては、”法人税減税は究極のバラマキだ”という素晴らしい表題がついた以下の記事を是非ご覧下さい。
http://ratio.sakura.ne.jp/archives/2010/06/30223834/

つまるところ、今の日本がすべき経済政策とは、大型の財政出動であり、消費割合の高い貧困層の個人消費能力の底上げであり、そうすることでデフレ脱却を図る政策なのです。

以上、いつも経済記事に対して、長々とコメントしまして、すみません。
ただ、もっと皆さんに、経済に対して知って欲しい、特にこのブログを拝見されるような日本の左派層というのは経済に弱いのが決定的な弱点だと問題認識しておりますので、「反貧困のための経済政策」として、諭す様で恐縮ではございますが、コメントや記事を紹介させて頂きました。

コメント欄をお借りして、御礼とリフレの話

liberalistさん、先日ご紹介いただいたWaveOfSoundさんのサイトは大変面白く、いろいろ参考になりました。ありがとうございます。

みなさんも是非ご覧になっては如何でしょうか。どの記事も過去の統計データを使用した大変説得力のある内容です。

例えば、下の記事からは、景気浮揚の要となる民間投資の伸びが所得の伸びに連動することが過去の統計データを通して理解することができます。
http://waveofsound.air-nifty.com/blog/2010/04/1997-bcae.html

また、下の記事から、財政再建のために緊縮財政や増税を行っても却って逆効果であり、順序として景気回復を優先させる必要があることが改めて納得できます。
http://waveofsound.air-nifty.com/blog/2010/06/post-b614.html

さらに、下の記事から、景気回復(名目成長率の伸び)が財政の改善に具体的にどれ程寄与するものであるかが解ります。
http://waveofsound.air-nifty.com/blog/2010/07/gdp1-56fc.html

そして、大変興味深いことに、下の記事では、所得税の累進性強化(所得再分配)により経済成長を促すことが可能であることが具体的試算を交えて論じられています。
http://waveofsound.air-nifty.com/blog/2008/07/post_1fea.html

これらの記事から導き出されることは、所得再分配によって家計消費が増え→それが民間投資の増加につながり→雇用の増加を経て→国民総所得の水準を引き上げることになる、と言うことです。また、それに伴う経済の成長が財政の改善にも繋がるということです。素晴らしい!
しかし、実際にこれを実行に移す政治勢力がないと意味がありません。国民新党、民主党・小沢グループ、社民党、共産党、日本新党あたりで早くやれ、と言いたいところです。



話し変わりまして、リフレの件。
昨今の急激な円高・株安状況を受けてのことか、リフレ政策に関する話題を多く耳にする機会が増えてきたように思います。
また、先の参院選でみんなの党が公約の一つに掲げていたことも記憶に新しいところです。
リフレ政策については、私も興味があり最近いろいろ読み漁ったりしているのですが、所謂「リフレ派」というのは一枚岩的な集団でなく、呉越同舟的な集まりであるようですね。
特徴として、現状では、比較的に右派的考えの人たちがリフレ政策支持の多数派であるように見えます(例えば、民主党のデフレ脱却議連の面々や、ネット上のリフレ派ブログの人たちに保守的言質が多く見られます)。もちろん、左派的なリフレ支持者がいないということではありませんが、現状はあまり多くないように、私には見えます。
そのせいか、残念なことに今のところ、「リフレ政策の実現が兎に角ファーストプライオリティ」と言う論調が多くみられます。そして、「いや、ファーストプライオリティは所得再分配なり雇用増加であって、その前提としての景気回復、そしてその手段としてのリフレ政策だよ」という人たちが比較的少ないようです。私としては、リフレ政策はそれなりに効くのではないかと思っていて、そうであれば、それを利用して景気を回復させ、所得再分配と雇用増加を達成するべき、と思いますので、上述の後者の意見を以ってリフレ政策を押す人が増えればいいなぁと思っています。

ちなみに、金融緩和だけで効果が出るかという問いに対して、財政政策(政府支出)と合わせないと効果が無いと言っている一派と、財政政策をあまり重視しせず金融政策だけで行けるとする一派がいるようで、前者は飯田泰之氏、勝間和代氏などがそうで、後者は(おそらく)高橋洋一氏(みんなの党の経済政策ブレーンのようですね)あたりがそうで、私は前者が正しいように感じています(専門家ではないので、抽象的な印象によるのと、あと、みんなの党はやはり胡散臭いですから(笑))。

あと、全体を見回して、リフレ政策発動時に、民間投資と雇用の需要が国外に流出する可能性、あるいは、その防止策について論じられていないようで、そこが非常に不満なのですが、単に私の勉強不足なのかもしれません。

だらだらと書いてしまいましたが、問題意識を共有し、何か形にできればと思い、こちらのブログをお借りして、コメントさせていただきました。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。