スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検察と小沢一郎の戦争 - 事情聴取の動きと報道の世論調査が鍵

小沢事件_1検察側の動きがあまりに早くて驚かされる。昨日の記事を上げたとき、具体的な公共工事の嫌疑について検察から情報が漏れるのは1日か2日後だと思っていたら、直後に岩手県の小沢事務所への強制捜査が入り、数時間後には「胆沢ダム工事」という具体的な物件名まで飛び出てきた。予測のインパクトを狙ったつもりの昨日の記事の題名は一瞬で減価償却されてしまい、検察側の獰猛で凄烈な今度の捜査攻勢に驚かされる。「小沢一郎は退路を断った」と新聞は書いているが、退路を断ったのは検察も同様のようで、今朝は早くも小沢一郎への事情聴取を検討というニュースが出た。一気呵成に勝負に出ている。それは、昨日の小沢一郎の記者会見の発言が検察の予想以上に過激な内容で、検察の捜査を不公正な権力の行使だと正面から批判したためである。もしこのまま小沢一郎が代表の座を続け、そして民主党が総選挙に勝利したなら、小沢一郎の検察批判は国民に支持されたということになり、麻生政権のためにあからさまな国策捜査を発動した検察の威信は地に墜ちる。正義の立場を失い、司法権力の正統性を根底から損なう。  

小沢事件_2検察は総力を上げて小沢一郎を代表辞任に追い込むはずで、国策捜査批判が国民世論の中で大きくならないうちに、事情聴取に踏み切り、西松建設と小沢一郎との直接の疑惑(贈収賄)について嫌疑を裏づける具体情報をマスコミに流すだろう。つまり、贈収賄の構成要件の事実を西松建設側の証言情報として出すと思われる。例えば、国沢幹雄が何月何日に小沢一郎に赤坂の料亭で会って工事受注の斡旋を依頼したとか、盛岡の事務所に菓子折(現金)を持って訪ねて行ったとか、そういう決定的な情報が出るのではないか。政治資金規正法違反で逮捕されたのは秘書の大久保隆規だが、その容疑は収支報告書虚偽記載であり、虚偽記載は単なるうっかりミスではなく動機がある。動機の中身は収賄の隠蔽工作であり、収賄の張本人は大久保隆規ではなく小沢一郎である。マスコミ各社は週末に世論調査をする。調査の質問事項は、「小沢代表は辞任すべきかどうか」を問い、Yes/Noの比率が検察の捜査への国民の支持率をあらわす。現在のところ、新聞はどれも検察支持で固まっている。テレビの方は、報道ステーションが小沢一郎に対する同情的な姿勢を若干示していた。

小沢事件_3a世論調査で「小沢一郎は辞任しなくてもよい」の意見が多数になれば、検察の国策捜査が国民の批判を受けたという結果になり、検察は小沢一郎に敗北する。民主党内は世論の支援を受けて代表擁護で一致結束し、弾圧の中での選挙勝利に向けて悲壮感が高まり選挙戦への態勢は強化される。そして国民の間の検察不信が高まることになる。検察はそれを阻止すべく、週明けの世論調査報道で検察支持が多数になるように、徹底的にこの2日間(3/5-3/6)を使おうとするだろう。もし小沢一郎が事情聴取を受ける事態になれば、民主党内の空気は一転して、代表辞任で衆議一決することになる。小沢一郎のような大物に対して事情聴取となった場合、それは単なる牽制や駆け引きでは済まず、そのまま逮捕という展開に繋がる可能性が高い。昨日の会見の主張は、「俺を逮捕するのならしてみろ」と言っているのと等しく、検察に対する真っ向からの挑戦と挑発であり、田崎史郎が解説で言っていたとおり、ロッキード事件で逮捕された田中角栄のことが念頭にあったのだろうと思われる。つまり、獄中から立候補して選挙区で記録的な得票で当選し、権力者として復活を遂げる作戦である。ただ、そのためには民主党が選挙で勝たなくてはならない。

小沢事件_4a検察が事情聴取に踏み切るかどうか、ここが勝負の分かれ目のポイントであり、検事総長は麻生首相の判断を仰ぐはずだ。ここでもし麻生首相が森喜朗に相談したときは、選挙後の大連立を睨み、司直の手が自分にも伸びる事態を恐れて「それはやめとけ」と逡巡するだろう。決断ができず、時間を延ばしているうちに報道の世論調査が出て、小沢支持が多数になってしまえば、検察は敗北して事情聴取はできなくなる。昨日の会見には、鳩山由紀夫が傍にぴったりくっついていたが、もう一人の幹部の菅直人の姿が見えなかった。大連立騒動のときは、菅直人が精力的に収拾に動き、乱心したバカ殿の小沢一郎の辞任を撤回させ、民主党の一致結束の体制を守りきった。報道が写真撮影するときは、必ず3人が1枚の絵に収まるように配置を考えていた。昨夜から今朝の報道を見ると、興石東や山岡賢次や岡田克也のコメントはあるが、菅直人が記者の前で語っていない。民主党の支持者としては不安を感じる材料ではないか。左派の重鎮の一人であり司法の専門家でもある江田五月の見解に注目したが、3月4日の日誌はこの件に関して深く触れていない。国策捜査批判もない。参院議長としての立場もあるのだろうが、この沈黙の意味を考えさせられる。少なくとも菅直人とは連絡を取り合っているはずだ。

小沢事件_5aネット上では、今度の問題をパチンコと民間賭博の比喩で説明して、誰でもパチンコは見逃されているのだから、小沢一郎だけが摘発を受けるのはおかしいという声が上がっている。だが、これは、時速60キロ制限の道路を80キロで走行して、ネズミ捕りのパトカーに検挙された事例と同じで、他の車も速度違反で走っているのに、なぜ自分だけが検挙されなければならないのだと交通警察に食ってかかる主張と同じだ。あるいは、他のどの車も駐車違反をしているのに、なぜ自分の車だけが標的にされて切符を切られるのだと苦情を言うのと同じだ。違法行為は違法行為であり、取締の不公平を理由にして当人が犯罪を正当化することはできない。「不公正な捜査」を批判して正論の立場を得るのは第三者であり、現実に捜査の対象になった小沢一郎ではない。この点が小沢一郎の弱いところであり、世論が検察批判に同調できないところである。捜査が公正か不公正かも重要な問題だが、最も大事なのは、公共工事の便宜を提供して見返りに現金を授受した事実があったかなかったかであり、規正法と企業献金と政治団体の問題は瑣末な法解釈の次元の問題でしかない。さらに、パチンコと民間賭博の比喩が問題の説明として適当でないのは、パチンコなら誰でもできるが、公共工事の受注を斡旋して見返りを受ける行為は権力者だけにしかできないという事実が見逃されている点である。

小沢事件_6aこの問題は、したがってパトカーのネズミ捕りやパチンコの見逃しと同等に扱うことはできず、その「違法性」は決して一般人の道路交通法や刑法の賭博罪規定と同じ見地から判断することはできない。それはスリカエだ。この問題はまさに「政治とカネ」の問題であり、権力を持った政治家が地位を利用して不当に利益を得る行為が問われている問題である。松岡利勝がナントカ還元水で不法な事務所費を計上して税金から裏金をせしめたり、赤城徳彦が同じように実家を事務所にして事務所費をせしめていたのと同じ政治家の不法行為であり、松岡利勝や赤城徳彦を批判する者は、同じ論理と立場で小沢一郎を批判しなければならないのが当然だろう。他の人間も同じことをやりながら見逃されているではないかという論理に依拠すれば、松岡利勝や赤城徳彦も同じであり、不運にも不正が発覚した彼らに同情しなければならない帰結に陥る。自民党の金権腐敗体質を批判する立地を失ってしまう。重要な点は、小沢一郎が野党の党首でありながら、東北地方では最大の権勢を持った与党の権力者で、経世会時代そのままの手法で公共工事の受注には自分の事務所を通させ、斡旋の見返りに土建会社から献金を受けていた事実である。見返り(工事受注)がなければ土建会社が政治家に献金することなどあり得ない。献金は工事費用に含まれて最後は国民の税金で払われる。今回の問題は、まさに経世会的な政治と業者の癒着である。

代表を辞任しなければ混乱が広がるだけだ。

ozawa_2.jpg小沢事件_Z1
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検察発表に嘘

検察発表では、時効を根拠に選挙が予想される段階での捜査をさけるという慣例をやぶった理由として、時効がせまっているからだとしています。
しかし、刑事訴訟法によると時効は共犯者の裁判中は停止されます。
[おまけ]
http://blog.livedoor.jp/manasan1/archives/50123227.html
第2臨調の答申のときに、新たなホテル施設ができなくなっていたはずなんですが、小泉郵政大臣(当時)は、簡易保険福祉事業団で「かんぽ健康増進支援事業」を実施出来るようにしたそうです(1993年)。

うーむ

そもそも合法的に受け取れる方法があるのに、わざわざ収賄などとして違法に受け取る必要性などないでしょう。

No title

それにしても、連日の小沢氏のマスコミ報道の異常さには辟易させられる。ただ検察側の情報を垂れ流ししているだけで、マスコミ諸君は検察側の広告塔ですか?と問いたい。検察側の情報を垂れ流すのではなく、マスコミサイドもきちんと検証して報道するべきだ。偏向報道は罪ですぞ。

No title

鍵になるのはやはり情報戦ですね。
そのことを明確に指摘しているのはブログ主だけだと思います。

検察と小沢、どちらに国民は共感するか?
どちらの主張を国民は正当なものとして受け取るか?

今のところ検察優位で事態は推移していますが、これはブログ主が的確に指摘しているように、小沢の理屈に弱いところがある(無理がある)からに他なりません。

ただ、私としてはそれとは別に、「金権政治の何が悪い」という一種の開き直りとすらとれるあの小沢の会見に、一種のすがすがしさすら感じました。
やはり彼はただ者ではないです。

No title

与党は何かと「小沢が悪い」と言っていますが、別に「企業献金を禁止しろ」と主張する訳でも無く、
「西松建設からの金は返せばいいんだろ」と居直っています。

だから与党の連中が「それ見たことか」とはしゃぎまくっても、「支持を与党に戻す」気にも成りません。

報道事業に従事する人達や、「前原氏や長島昭久氏の発言」(本日の日本経済新聞掲載)に同調する民主党員には、 「『日本国の本当の巨悪』は、小沢氏を潰せば無くなるのか」と言いたいです。

 田母神俊雄氏が「Yahooでは58%が私を支持している」と公言している様に、誰が参加しているかも解らない、ネット投票で「世論」
が決定されれば「『ネット投票時』に勢いがあったもの勝ち」に成りかねません。

「耳心地が良いのが事実」となったら、これ程恐ろしいものはありません。

至急を要する派遣労働者に関する、「2009年問題」で雇用・職業訓練について対策を立てて、実行して欲しいですが、ここでも「小泉路線」についての言及が避けられないので、注目されずに「小沢騒動」に全国民が向いてくれれば良く、与党としてもお茶を濁したいのが本音でしょう。

「これなら、小泉路線の方が良い」と言う論調には付くべきでは在りません

「経世会的な政治」も批判されるべき事でしょうが、何処か「テープレコーダーの繰り返し」で、(悪い言葉ながら)「飽きて」しまいました。
でも自由民主党にとって、重要なのは「郵政選挙」の議員基盤で、以下の事を「隠蔽」しようとしている事では無いでしょうか。

http://hiroseto.exblog.jp/9763762/

「2つの異なる路線」が互い違いに支え合って来て、政権の座に居て一緒に居た以上、今更「脱小泉」を言っても、「失政の責任」は免れないので、不問に付す訳にはいきません。

自由民主党は冷戦終結から、「やっと」20年目で、役割を終えた印象です。後は下野して、旧ソ連・東欧諸国の一党独裁共産主義政党の様に、「解体」するのみだと思います。

 民主党も政権を獲ったとしても、そうなれば政権に居る意味を失い、同様に「解体」して、政党の再編が起きると思いますが・・・。

民主党には、「目障りな」新自由・新保守主義者が居ますが、唯一評価出来るのは「野党に留まって
いる」事だけです。彼等は何処か、かつての日本社会党の思想を「野党の立場」で批判していましたが、政権の座に就くなら「日本社会党の万年野党」を批判出来なくなります。

「与党ブルー」(加藤紘一氏談)に成っている声も上がっていますので、「自由民主党の尻に付く」方が
楽と言う情けない声も挙がっています。「うだうだ言っていないで、さっさと腹を括れ!」と言いたいです。

「政策同好会」の域を抜けていないのが、問題です。大言を吐く割には・・・。

(追伸)昨日の東京新聞の夕刊に、辺見庸氏の随筆が載っていました。

政治家にゃ懲り懲り

いくらご贔屓筋とはいえ、盗人猛々しい連中を擁護する人やマスコミはとても見苦しいですね。
検察もバランスとって二階氏を聴取するみたいですが、小粒ですな。
腹をくくって、与野党問わず、田中派系列(小沢氏・二階氏・山岡氏等)、(ゼネコンとの癒着といえば三塚氏ですし)清和会系列(森氏・尾身氏等)も根こそぎ挙げて欲しいものです。
大掃除してから政界再編しないと、同じ穴の狢の政権交代など何の意味もありませんよ。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。