スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社民党はきっこを座長にした有識者委で選挙総括と新機軸の模索を

きっこ座長の有識委総括_1昨日(7/29)、参院選の総括と辻元清美の離党問題を協議する社民党の常任幹事会が開かれた。又市征治と照屋寛徳が福島瑞穂に引責辞任を迫って紛糾、結局、執行部の責任問題の議論は8/5の両院議員総会に持ち越しとなった。報道によると、午後のブロック事務局長会議では、逆に福島瑞穂の党首続投を支持する声が強く、昨日の時点では権力闘争は「引き分け」の状態になっている。思いつきの提案で恐縮だが、福島瑞穂と重野安正は、この参院選の総括論議で、相撲協会に倣って外部の有識者による委員会を臨時に編成し、社民党の選挙敗北と党再建について意見と提言を求めたらどうか。あのような無能な幹部連中だけで議論しても、当を得た分析は期待できないし、国民や支持者が納得する前向きな結論は導出できないだろう。この総括に一般の注目を集め、党の印象と評価を向上させるためにも、開かれた議論を演出した方がいい。有識者委員会の座長はきっこ。メンバーは、落合恵子、鳥越俊太郎、江川紹子、森永卓郎、田中優子、中島岳志、樋口恵子でどうか。この8人に社民党の現状を自由討論してもらい、政策が集票に結びつかなかった原因を洗い出させる。この程度のことなら、党首の発案と三役の合意でできるだろうし、党の下部機関が反対することはあるまい。他のメンバーの思想信条は不明だが、きっこは筋金入りの社民党支持者で、座長として資格十分と言える。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

きっこ座長の有識委総括_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

辻元清美と照屋寛徳の間に、前原誠司と下地幹郎を入れるとわかりやすいですよ(辻元--前原--下地--照屋)。照屋は自分の選挙区で下地と協力べったりですからね。照屋の辺野古移設反対も実態はポーズにすぎないのに、なんで沖縄で人気があるか理解できません。

日本の政治家で、表立って普天間の県外・国外移設を唱えているのは福島だけ。各ブロックの事務局長は護憲・普天間問題での支持者の肌感覚を知っているから、執行部の流れに乗らないのではないでしょうか。

天木直人が言うように、福島はこれを機に党を純化させるべきです。そこでは彼女が当分の顔となりつつ、次世代の社会民主主義政党を担う人々に、徐々に看板を譲ったほうがいい。政界再編したとき、考えを同じくする若手の受け皿になってほしい。

ご老人の面々には党をお引き取り願い、別に、新党を立ち上げるなど何なりして、社民党から出て行って頂き、兎に角新鮮な空気を引き入れると、外部委員会には、ご老人に対する引導を渡す仕事をお願いするだけでも効果ありと見ました。
180度、方向転換しないといけませんね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

残された道

ご提案の「きっこ」さん座長による「有識者委員会」に賛成します。
メンバーの人選も概ね適当じゃないでしょうか。

こういう提案を幹部が取り入れ、すぐにでもできれば「社民党」はフレッシュな政党のイメージを醸し出すことが可能のような気がします。

しかし、きっと難しいでしょうし、無理でしょう。

結局、ブログ主氏は「社民党の再生は物理的に不可能だと判断している」とのことです。確かにそれはそうかも知れません。外側から見ていると社民党の「雰囲気」「イメージ」も悪すぎます。普天間移設問題などでマスコミによるバッシングによって「勢い」も削がれてしまいました。

この国のマスコミ偏向報道の威力はバカになりません。かつてのソ連や北朝鮮の情報操作に関して知識はありませんが、我が国の多くのマスコミは「公平」「公正」のふりをして巧みな情報操作をなしているのが実体だと言われております。

我々はインターネットを手に入れました。これにより巧みなマスコミの情報操作の網から逃れることが可能となりました。しかし残念ですがこれをまだ有効活用できていないということが参議院選挙の結果から推測可能です。

韓国のようにインターネットの情報が選挙結果に結び付くような「新時代」を迎えるまでは、社民党は憲法9条を頑なに守る政治的「護憲勢力」として細々であれ、何であれ、とにかく生き残ってゆくという道しか残されていないのかな、なんて失礼ながら思っております。

リベラルの真意

福島瑞穂や辻元清美、菅直人等がリベラルなんてとんでもない。一緒にされちゃたまりません。リベラルとは、特定のイデオロギーや思想に従順しないことです。寄りかからず、もたれず、常にあるべき姿を求めて行動し思考し実践すること。それがリベラルなのだと石橋湛山から学びました。その意味では、日本には真にリベラル思想を持った為政者が不在です。ましてや、それが記事内の面々で語られようものなら、その者には石を投げつけてやらねばなりません。拒否しないからいつまでものさばっている。
社民党支持者の罪も深いと思います。いくら野党とは言え、議席を減らしたら党首辞任は勿論、執行部総辞職は当然の帰結。それを要求しない。党首が党首なら、党員も党員。後継者がいない、いや育てないから、いつまでも退屈な面子しか並べられない。社民支持者以外で誰が又市や重野に投票するのでしょう。旧態依然と権威主義の最たる表象。

社民党には自主解党を求めます。いつまでも狭い党内で椅子取りゲームに興じたって、誰も関心を示しません。こんな政党に政局批判をする資格などありません。日本の社民主義は長きリセッションの中にあり、未だ出口は見えずに無策な態度を決め込むだけ。格差は人災です。世界の潮流と多数派形成にだけ責任を押し付けるのは、あまりに無責任です。自由主義と制度主義を標榜する私からすれば、社民党も共産党も立派な加害者です。戦わなかった。批判と嘆息だけで、問題解決のために奔走したとはお世辞にも言い難い。勢力を伸ばすために本当に尽力したのか。社会民主主義の復興とリベラル保守の結集の可能性は、今後も希求していくべきでしょう。

ラスタファ党

 辻元清美議員の転向と変節。そしてなによりも憎い菅直人総理の転向と変節。変わったのではなく長年だましつづけていただけ、であれば罪はより深い。そしてその列島は世界でもっとも弱者に厳しい国と化した。あるいは格差大国で奴隷制の残るこのアメリカよりもまだ数倍も。

 秋葉原事件の裁判がつづいている。被告の狂気は強く弾劾されるべきだが、なにより、そのような社会のシチュエーションを傍観し、あるいは格差社会の進行に加担した「政治家の狂気」に対してより強く怒らねばならない。

 辺野古の海にジュゴン http://www.youtube.com/watch?v=TwA-e3d-3qA は帰ってきたが、肝心の政治家は全員蜘蛛の子を散らすように見事に沖縄から逃げてしまった。在沖縄米海兵隊のグアム移転はインフラ整備のため数年延期のこと。やりきれない。

 ひょっとしたらその列島では、民主主義とは名ばかりで、政治家を選ぶのは国民ではなく、得体もしれぬ妖怪なのかもしれぬ。それ以前に、妖怪しか議員に立候補できないという法律があるのでは、と疑うほどだ。

 妖怪以外の人物を妖怪以外の党から。福島みずほひとりというのも実に淋しい話だが、きっこさんや世に倦む日日さんの応援があれば、緑・黄・赤のラスタファの旗のもと、http://nyckingyo.exblog.jp/11566419/ http://nyckingyo.exblog.jp/10071418/ きっとまじめに弱者のことを考える人物が集まる。かれらに投票すること以外にこの国は救われない。 金魚

社民党を始めとする”日本型左派”政党の問題点

まず、きっこさんを座長にするのであれば、筆者様こそ座長になるべきだと思いましたが、そこはきっこさんと筆者様の”社民党愛”の差でしょうか。

日本の社民党並びに左派勢力全てに言えることは、20世紀の社会主義、共産主義の問題点を克服していないことが衰退に繋がっているのではないでしょうか。
社民党の場合、党名だけは、社民主義を掲げていますが、中身は前世紀的な社会主義政党そのものなんだと思います。

例えば、社民党に対して、私が一番言いたいことは、何故、党首選挙を行わないのか?という点です。何故、これほど、党首に対して、不満が充満しているのにも関わらず、党首選を実施しないのか、またこれまでの党首選に名乗り出ないのか、不思議でしょうがないです。その辺りが、まさに党内に民主主義が無く、トップダウンの社会主義的政党なのでしょう。だから、福島みずほは、居座り続けるのでしょう。彼女の態度は、独裁者そのものと言わざるを得ません。もし、党首で居続けたいのであれば、自らの信を問う選挙を行ってみたらどうなんだと言いたい。そこで、信を得られれば、形勢逆転なのですから。党首選も行わず、議員としての選挙も、選挙区ではなく、全国比例区でぬくぬくと通る、まさに”選挙の洗礼を受けない党首”では、もう次は限りなく議員ではない危機に冒されている連中からすれば、信頼が低下して当たり前だと思います。

福島みずほ党首は、本参議院選挙では、堂々と沖縄選挙区から出馬することで、辺野古問題での自らの行動の正当性を全国民に向かってアピールすべきでした。それが、以前、筆者様が述べた社民党躍進の方法だったように思えます。この千載一遇のチャンスを逃してしまった以上は、私は党首を辞任するか、続投するにしても、一度、信を問うべきだと思います。


第二に、日本の左派政党は、経済成長を否定、成長=悪であると決め付けているところに問題があると思います。世界中の社民主義政党で、経済成長を否定している政党が果たしてあるのでしょうか?むしろ、成長こそが、貧困克服の手段であると捉えているのではないかと、南米など発展途上国の政治情勢を見ているとそう思います。

手法が異なるとはいえ、今の日本は、彼ら彼女らが望むように、「経済成長しない国」となりました。その結果が、10年デフレという金融政策(日銀のデフレターゲット政策)も手伝って、労働者の非正規雇用化であり、正社員であっても、所得が落ち込む社会となってしまいました。まさに、これが彼らが標榜するゼロ成長の実体です。
同一労働・同一賃金も、決して非正規労働者の向上には繋がらず、正社員の没落を招くだけでありましょう。

これから縮小していくパイを分け合い、再分配だけで乗り越えようとすれば、それはまさしく社会主義の”清貧”に値するのではないでしょうか。よって、日本の左派の経済政策は、社会民主主義ではなく、社会主義を標榜していると言わざるを得ません。

その点で、社民党は、菅民主党が小野善康・水野和夫を、みんなの党が高橋洋一をという具合に、各党が経済ブレーンを付けているように、この格差社会、デフレ社会を克服すべく、左派経済学者をブレーンに付けるべきではないでしょうか。
ちょうど、社民党の護憲理念に共感しており、消費税増税反対、法人税引き上げを唱え、テレビ等でも、物凄く有名な、社民党にピッタリの経済学者がいるじゃないですか。”年収300万円時代”を文字通り到来させてしまったその方に、責任を持って、経済政策を打ってもらいましょう。

また、何故、私がこれだけ経済政策の重要性を語るかと言えば、それこそが”選挙の争点”になるからです。結局、外交や安全保障をいくら選挙で訴えたって、もはや票になる時代は終わりました。それだけ、国民が貧窮化している証拠なのです。貧しいから、安全保障という壮大なテーマを考えるまで至らなくなりました。それは左派政党だけでなく、逆に右の本格保守を訴えた、国民新党やたちあがれ日本が同様に伸びなかったことからも言えるのではないでしょうか。
とにかく、今の生活を何とかしてくれそうな政党に入れようというのが、現代の有権者の主たる投票行動ではないかと思うのです。(最も、その行動は貧しくなる方に方に向いているわけですが。)

格差社会、貧困社会反対!は良いけれども、じゃあ、具体的に何をやってくれるの?という点で、中身が空っぽなのが、今の日本の左派政党の現状でしょう。民主党の子ども手当てや、農家の所得保障制度の方が、よっぽど立派な経済政策でした。だから、護憲左派的な人間でも、社民党や共産党ではなく、民主党に入れるのです。

それと、現在の日本において、社会民主主義は新自由主義側陣営からすれば、むしろ好都合な存在になると思います。
何故なら、各種社会保障の財源を求められた時、成長=悪を唱えている以上、国民新党が言う成長による税収増を言えないわけで、必ず増税案を飲み込まそうとターゲットになるわけです。国会でも、社会民主主義の実現のためには、消費税増税が必要ですよと、物の見事に、菅直人に説かされる福島みずほの姿がありました。
社会民主主義では増税を標榜される以上、消費税増税を目論む新自由主義陣営に対抗することは難しいのではないでしょうか。どちらも、使用用途は全く異なりますが”増税”という点では一致してしまいます。ちなみに、デフレ不況下では、消費税を増税しても、それに伴う経済悪化により、税収はトータルでは増えません。減ります。

以上のことから、新自由主義に対抗するには、社民主義ではなく、亀井静香的なケインズ主義でなければならないというのが私の考えです。
ただ、このケインズ主義をベースにした社会民主主義(成長による分配)であるならば、私は十分に左派政党が伸びる余地があるのではないかと思っております。そこに、左派政党特有の環境に配慮した政策を、上手く経済成長と結び付けることが出来るのならば、より一層ウイングを広げることも出来るのではないでしょうか。(ただ、みどりの勢力も経済成長=悪を図式化していますからね。経済成長と環境政策が対立する時代はもう終わった。逆に、オバマのグリーンニューディールに代表されるよう、環境政策こそが、経済成長に繋がる時代が到来したというのが私の考えです。)

その左派政党こそ、まさしく「世に倦む党」ではないですかね。
小泉郵政民営化以来の読者である若輩者の私も、”世に倦むチルドレン”として、選挙で戦ってみたいものです。


最後に、余談ですが、辻元清美氏は、関西版女ムネオになるとの説も。新党大地のような地域政党を関西でも立てるのは面白いかもしれませんね。ただ、如何せん、関西にはプチ小泉・橋下徹率いる大阪維新の会が、みんなの党と相乗して、大旋風を起こすことが確定的でしょうから、来年の統一地方選では、辻元下の市民派議員達は、相当苦戦することでしょう。
衆議院選挙においては、辻元新党が、自身の選挙区+近畿比例で1、頑張れば2取るかもしれませんね。(定数削減が無ければ)
鈴木宗男も、辻元清美も、共に有能な「職業政治家」であり、あの時、疑惑の総合商社と言って対決した2人が、こんなにも、共通項のある政治家人生を歩もうとは!

長文、失礼しました。

No title

確かに、きっこは社民党支持者と自称しているのですが、その中身はとなると疑問に感じます。
小泉改革に踊ってしまった口ですし、最近では事業仕分けを全面的に支持していて、疑問を挟む者をバッシングしており、「新自由主義」に対する問題意識が希薄のように思います。
経済思想に疎いのか、そもそも、新自由主義に親和性を持っているのか、そのへんはわかりませんが、別の理由で社民党を支持しているとしても、少なくとも、経済思想としての「社会民主主義者」ではないように思います。

さらば社民「党」さん

社民党が消えそうなのは残念です。社会党の時分には、さんざん支持してきた政党ですから。
が、たとえこの党が無くなっても、今の、時代の要請というか、過半の国民が社会民主主義を本能的に求めているという流れはそう簡単に変わらないと思います。
21世紀版の江田ビジョンみたいなものがもしあれば、そういう理念にもとづいた政治を求めている。

「生活が第一」というスローガンを捨てなかった民主党が参院選の総得票数で自民党を上回ったことは、そういうことだと感じます。
この流れを変えるほどの状況の変化が劇的に訪れないうちは、幾許かの紆余曲折があっても、国民は社会民主主義の方向を選ぶと思いますので、いまの社民党が無くなったって相応の成果を選挙で出すでしょう。

だって、現状がこんなにひどいんですから。

くたくた迷ってないで、とっととはっきり社会民主主義の方向に進めよ民主党さん!
相手は鬼の新自由主義なんだぜ。

あと、大きな政府と小さな政府のどちらがいいかという話ですが、行政の能力が高ければ大きな政府がいいし、低ければ小さな政府がよいはずでしょう。
小さな政府を訴える諸兄は、行政をうまくコントロールする自信がないことをカミングアウトしてるようなもんだと思います、はい。
おい、聞いてんのか?清話会のボケっ(笑)!
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。