スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴虫

鈴虫_2司馬遼太郎の『竜馬がゆく』では、西郷と龍馬の出会いの場面が感動的に描かれている。元治元年(1864年)の秋、龍馬は30歳で西郷は37歳。場所は錦小路の薩摩藩邸。京の薩摩藩邸は、前年の文久3年、現在は同志社大のある二本松に広大な屋敷が新築されているが、小説では手狭になった古い錦小路藩邸が舞台になっている。そのとき、西郷が吉井幸輔を連れて応接に入った部屋に龍馬の姿はなく、龍馬は座敷から庭に出て草陰で鈴虫を捕っていた。「ほう、鈴虫を獲ってござるか」。縁側で声をかけた西郷に、鈴虫の入った袂を押さえながら龍馬が、「虫籠は、ありませんかネヤ」と言う。これが二人の最初の会話だった。西郷は吉井に「幸輔どん、虫籠は無か?」と指示して納戸から用意させ、龍馬は雑草の蔓を紐にして虫籠を軒端につるし、会談は鈴虫のリーン、リーンという音色をバックにして進められる。会談が終わった後、「あの鈴虫バどうしもそ」と訊く吉井に、西郷はこう答える。「あずかりもンじゃ。草を入れて、水バ遣ンなされ。あン人が今度来たとき、おはんの虫ケラはもう居りもさぬ、というのは人間の信義にかかわりもそ」。そして、吉井は龍馬の鈴虫の世話係になり、一匹目が死ねば二匹目を入れ、龍馬が次に薩摩藩邸を訪れたとき、虫籠の中では三代目が音色を立てていた。初代は三日で死に、慌てた西郷が吉井に指示をする。「幸輔どん、坂本サンが来れば困る。納戸の者にそう言うて、鈴虫を一匹、獲らせて賜ンせ」。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

鈴虫_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

司馬竜馬

 「鈴虫」と題された格調高い、司馬竜馬の西郷との出会いのエッセイ、感動しました。このあと現大河ドラマとの比較にも触れられると思うのですが、僭越ながらひと言。
ドラマ「龍馬伝」のなかの西郷との出会いは、「竜馬がゆく」のこのような繊細な人情の機微に触れられていません。むしろ龍馬と西郷の対立の部分に重きをおいて、緊張感を引き出そうとしているだけ、と受け取れます。

 以前このブログで検討された武市半平太との関係にしても、「対立」に焦点をおいて、最初はののしり、罵倒、怒鳴り合い、あるいは喧嘩で盛り上げます。それでも最終的に友情はすべてを越えるとばかり、スーパーマン龍馬が武市の命を救おうと土佐に戻って奮闘する。史実どうのというまえに、龍馬と武市の真の友情をみせる方法が歪んでいる気がします。このドラマ作者のなかにある潜在的な人間不信感が出ている気がします。もうひとつはドラマがおもしろくなれば、なんでもありという風潮にも問題があります。

 幕末は実に騒然とした時代だったと想像しますが、たえず煙幕で霞み、罵声の飛び交う画面構成では引き出せないこと、お互いの「人間の価値」を認め合う、いうことが深くあったのです。それは例えばこの平成の政治の世界にはまったく消えている人間関係ともいえます。
龍馬をとりまく幕末のことを考える人間が増えることに異議はありませんが、TVドラマと並行して「世に倦む日日」さんによる司馬龍馬の解説が必要不可欠に感じます。 金魚

つづき

 当地NYで放送の大河ドラマの最新回を観てからのつづき。

龍馬が、無私で至誠のひと西郷を信頼し、西郷も竜馬の意志に同調をはじめ、やがて薩長同盟が成っていくわけです。
NHKドラマでは史実をまったく無視した、龍馬/西郷と高杉晋作の(好戦的な)出会いが挿入されていますが、歴史ドラマでは登場人間を絡めすぎると食傷ぎみになる、すでにかなり「観たくない状態」がくり返されております。

 さきほど、このドラマ作者のなかにある潜在的な人間不信感と書きましたが、ここでも、人間の関係とは「対立」からはじまる、という作者の「姿勢」のようなものは変わっていないと感じます。ここには竜馬の愛した鈴虫の音はどこからも聞こえない。(決して福山龍馬、高橋西郷など出演者の演技をけなしているのではありません、念のため)。
ふり返っていまの世を見渡せば、あまたの政治家、実業家のなかにも人間不信感がはびこり、無用な対立が目につきます。ドラマのように最後には革命の大物同士が融和して、めでたしめでたしになればいいのですが。

 それ以上に問題なのは、われわれ庶民のなかにもこの「人間不信」が終末的に蔓延っていることです。最近のショックは、むかしあの薬害エイズ問題でカッコ良かった厚生相=現総理に完全に裏切られたこと、いや(過程は知らなかったとはいえ)そんなに小人物には見えなかった自分自身に嫌気がさしたこと。
そして、反新自由主義の政党に投票したかったのだけど、政党が、党首が、信じられない、というこのコメント欄に寄せられた多くの意見からも容易に推測できます。問題は政党や党首ではなく、自分の問題だろ!と言いたくなりますが、僕自身もほにゃららで、自分の問題をどうしたらいいかまったくわからない。

>われわれの現実のどこかで、龍馬と西郷の出会いのようなものがあり、後から、それが歴史ドラマとして仰ぎ見られるようになればいいのだけれど。

という今日のシメの言葉は、そのような無私で至誠の人物のまったくいない(まだ見えない)現代日本の革命状況には、好意的にすぎる期待のように思えてなりません。厳しい結論で申しわけありません。 金魚

またつづき

しつこくてすみません。
先ほど2-3回以前のドラマ「龍馬伝」、西郷と龍馬の出会いのシーンをヴィデオで観なおしてみました。龍馬が大坂の薩摩藩邸にはじめて西郷を尋ねるシーンですが、庭いっぱいに陣取った薩摩軍がミニエー銃の訓練中でした。ここでの両者の初対面のBGMは「鈴虫の音」ではなく「銃声」。革命には銃が不可欠で、当時最新型の銃を起動させる薩摩藩を描いたのでしょうが、司馬「竜馬がゆく」との明解な違いを象徴しています。司馬遼太郎の小説も「翔ぶが如く」などには残虐な戦闘シーンがくり返されますが、すべてのはじまりはその人物に対する「愛」から、という気がしてなりません。

鈴虫の音にはじまり鈴虫の音に終わる革命など、望むべくもないのかも。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。