スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年前に戻った選挙結果 ? 国民は小泉改革路線の復活を選択した

5年前に戻った選挙結果_1星に祈った願いは届かず、選挙の結果は最悪で、消費税増税反対派の勢力は惨敗を喫した。国共社3党は改選前10議席から半減の5議席へ。増税賛成派の民自2党は改選前92議席から95議席に伸ばし、たち日と改革を合わせれば97議席を獲得。消費税増税に反対の民意は、消費税反対の政党への投票行動にはならなかった。ただし、最低限の目標であった民主党の現有54議席は阻止。阻止どころか、10議席も減らせて大敗させ、与党の参院過半数割れを実現し、衆参ねじれの事態まで現出させた。これは、やはり、国民が菅直人の消費税増税に対して強い拒絶反応を示した結果と言わざるを得ない。予想どおり、菅直人は策士策に溺れるで、選挙に勝つべく狡猾に採用した消費税増税の作戦が逆効果となって敗北した。国民は、民主党の消費税増税は拒否しながら、同じ増税策を掲げる自民党に票を入れたことになる。なぜ、国民の消費税反対の意思は国共社への投票に向かわず、自民党に流れ込む自民勝利の展開となったのだろう。それは、簡単な答えを探せば、民主と自民が一騎打ちとなった地方の1人区で、創価学会の集票を得た自民党が、消費税ショックで劣勢となった民主党を制したからだと言える。消費税増税に最も強い拒絶を示したのは、高齢な経済的弱者が多く住む地方だ。皮肉なことに、その地方で、民主党の票が止まった分、自民党が勢いを得て議席を獲得した。民主と自民の政策が差異なく同一で並べば、地方では自民の方に票が入る。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

5年前に戻った選挙結果_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

筆者ほど国民は賢くないし、ねじれるとどんなに国民生活が苦しくなるのか考えてもいない。マスコミはひたすら自民党回帰に熱心で、自分たちの権益を守ることしかない。そもそも、麻生政権の主導で西松事件がねつ造され、小沢氏をひたすらダーティーに刷り込んで来たのだから、まともな政治を期待する方がおかしい。

主権はマスコミと官僚にあり、頭の悪い国民はだまされるしかない。民主主義とは正確な情報があってこそ、また頭のよい国民があってこそで、でたらめな情報で自分の頭で考えることのできない国民は奴隷になるしかない。

筆者の菅氏の見立ては的を得ていると思う。菅氏が前回党首のときも年金未納のえん罪で引きずりおろされてしまった。マスコミの流れに逆らうととんでもないことになることを身をもって感じているのではないか。

筆者の見立てた通り、まだまだ格差は広がりひどい状況になると思う。

翼賛体制と構造改革路線

予想通りの結果でしたね。昨年の衆院選で民主党支持だった保守層が、今回の参院選では自民党に転じたというところでしょうか。高齢者や既得権益者にとっては、自民党は強い味方なのでしょうね。若者から見れば老害そのものですが。
極端な保守傾向は都市部だけと思っていましたが、決してそうではないようです。プロパガンダで洗脳され、意識を搾取されても、なお悪夢を見続けようとしています。

今月の中央公論で保守論壇の重鎮たちが、政党政治の危機を論じていました。世論調査は統帥権的要素を持ち、日本に二大政党制と小選挙区制度は向いておらず、現在の政治が戦前のファシズム体制に酷似しているとの論旨でした。
戦前、大日本帝国は、日英同盟(アングロサクソン同盟)を解消後、極端な反欧米国家となり、枢軸ラインに回って瓦解していきました。これは現在、日米同盟のあり方が大きく揺れている点とも合致します(勿論、改定すべきだと思いますが)。また、アジアに大国的態度を取りながらも、国際社会からは孤立している点でも符合します。戦意を煽った朝日新聞が、新自由主義を宣伝しているあたりも見過ごせません。

自公が復活し、構造改革政党が躍進し、反新自由主義陣営が惨敗。民主党左派・社民党・国民新党・共産党が連帯して、リベラルで論陣を張ってくれる可能性にかけるしかない現状に、思わず嘆息せざるを得ません。ここまで来て、国民が頼るのが小沢一郎しかいないという政治的貧困状況を解消しない限り、経済的貧困も無くならないでしょう。本当に恐ろしい社会体制です。

選択肢がない現実

ブログ主さまの緻密な分析には頭が下がります。
今回、1人区は民主VS自民という構図でした。共産党が出馬している選挙区も多々ありましたが、前回、民主党に投票した国民が共産党に投票するには抵抗があると思います。とくに高齢者の多くは共産党に良いイメージは持っていないと思います。

みんなの党は新自由主義を標榜している政党ですが、公務員改革という政策で支持を集めたのでしょう。

本来は、健全な社会民主主義政党があれば良いのでしょうが、社民党も外国人地方参政権や夫婦別姓など、正直、国民から見れば優先度の低い案件に熱心で、期待が持てません。

No title

欧米ならこういう場合、利害に反する投票行動をとったということで、「豚が肉屋に投票した」と言われるんでしょうが、なぜ、日本でこういうことが起こるのかといえば、日本の有権者の政治意識の低さもさることながら、なんといっても、マスコミの管理度が異常に高いからであって、ほとんどの人はいつもマスコミの言いなりに投票しているだけなので、そこが変わらない限りいつまでもこういうことは続くでしょうね。
マスコミが有権者の投票行動をほぼ支配してしまっているわけですね。
ここのブログ主さんはいつもわかりやすく説明してくれていると思うんですが、残念ながら、日本においてはネットの力というのも、現状ではほとんど無力と言わざるを得ないということでしょうか。

指標

それでも書き続ける筆者さまの姿勢に、政治社会に生きる意味と時流に抵抗を続ける厳しさを見つめています。

残念ながら、W杯のような歓喜の選挙結果にはなりませんでした。しかし、この打撃や心痛を、筆者さまや多くの読者の方々と共感できた自身を大切にしたいと思います。

歓喜だけが人を繋げる力ではないのは、侍イレブンが、今回の転戦の中で綴ってくれました。悲憤や落胆の感情もまた、人々を強く共感させ、結びつける力に繋がるのは、沖縄の皆さまの歴史に学ぶべきところなのかと。単なる勝利よりも、一つの負けから多くを学んだり、発見できるものの方が遥かに多い。

5年前の私だったら、何も考えずに世間の雰囲気に雷同し、ビールでも飲みながら、青醒めた菅と枝野の画面に罵声を浴びせていただけでしょう。

政権への監視は、誰が総理になっても続けていくと決めている自身ですが、今回は、短絡な歓喜の罵声などには掬われない、新たな自分を感じています。

勝った!勝った!などと敵失便演の戦勝などに酔い痴れるような厚顔な人たちにはならない自分を築けたのは、やはり筆者さまの言葉の力に他ならないのです。

発射された言葉は、必ず人の心と社会へ、深く静かに浸透していく。

選挙夢

日本の参院選が終わったあと、愛知県体育館に投票に行くユメを見た。民主山と自民川の横綱と大関が、トバクなどしていませんよと言いながら相撲を取っている。たち日山対公明川など、新自由主義部屋や消費税部屋という系列部屋の対決しかないという珍事。社民党か国新党に投票するつもりだったが、ボクの選挙区からはなんと候補者がでていないのだ。この結びの一番をボーゼンと見ているしかない。
おかまいなしに行司が軍配を返しました。「はっけよい」、ぼくのような国民は全員本当に「オコッタ、オコッタ、オコッタァー、オコッタ」。

No title

日本人はカンタンなビジネス書とか、評論家の偏ったゆえにわかりやすい本しか読みませんからね。新聞とテレビだけが世を考える材料でしかなければ、この選挙結果は仕方がないのか。

ですが、NHKラジオで久々に内橋克人さんが出たときには、ものすごい数のレターが届いたと番組キャスターが言っていました。読み上げられたメッセージも知性を感じさせる内容ばかりでした。まともな、誠実な、メッセージに渇望している人は日本に多いのだと感動しました。

ノン

>昨夜(7/11)のテレ朝の選挙報道は、この選挙の敗北を菅直人の消費税増税策に因るのではなく、小沢一郎の政治とカネの問題にあるとし、小沢派の候補者が国民に拒否されたとするプロパガンダに徹していた。

苦しそうでしたね、司会者と朝日のお星様と時事通信のひと。
どう見ても、上がった支持率が増税発言で急降下しそのままの結果が選挙で出たのに、増税案は悪くないと言うための苦し紛れの菅擁護。

今朝の朝日の朝刊でも、社説がこんな事書いてました。
「民意は、菅首相率いる民主党政権に退場を促すレッドカードを突きつけたのだろうか。
政権交代そのものが間違いだったという判断を下したのだろうか。
そうではないと私たちは考える。」

ふむ。
まず、設問の設定もちょっと混乱しているようですが、もし今回の民主党の敗北が菅内閣への「ノン」でないなら、民主党政権への「ノン」でしょう。
そうでなければ有権者の「ノン」の納まりどころがありませんので。

組閣後初めての国政選挙であったことを思えば、まず、現内閣の正統性を問う選挙でしたので、これに大敗した以上、退陣、それがいやなら解散総選挙するのがスジでしょう。
しかし菅さん、「この選挙で税に対する国民の認識が深まった云々」とか言って人事の責任をなにも取らずに逃げ通そうとしてます。
こういうのを、「往生際が悪い」と言います。

総理がころころ替わったら国際社会で信用されなくなる?
どうせもともと対米従属一辺倒で相手にされてないんですから、「そんなことは、どうでもよろし」(小田実調)。
つまらぬ見栄を張ってダメな総理で我慢してたら国民がたまりません。
ダメだと分ったらどんどん替えねば。

>言葉は、なぜ多くの人の心に届かないのだろう。

日本では個人主義が育っていないからじゃないすかね。
「自分の責任で考え、行動する事」への、凄まじいほどの有形無形の社会的な圧力があり、少数派であることを困難にしむける構造が、わが国にはあるのでは。
結果、よほどのことがなければ、まともな「言葉」が届いても、その言葉を信じて行動したときのリスクを恐れ、届かなかったふりをするのがならいとなっているんじゃないかと、我々。
匿名でしか「ノン」と言えない社会。

エラそうなこといってすいません(←ま、こういう弁解も同調圧力をあらかじめ回避しようとする、ていうか、「ホントに出る釘」には見えないようにするレトリックみたいなものです。面倒ですね、この国って)。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。