スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星に願いを、消費税増税阻止の民意を、民主・自民の現有割れを

星に願いを_1織姫と彦星が年に一度だけ会える日があるように、2年か3年に一度だけ、国民が社会の主人になって政治を決める日が訪れる。劇場の観客にすぎない国民が、舞台の主役になる日が来る。投票に行こう。5年前の郵政選挙投票日の前々日、金曜夜のNEWS23で筑紫哲也がそう言ったのを覚えている。すでに情勢は小泉自民党の地滑り的大勝利が確実で、それを折り込んで、立花隆と沈鬱で憔悴した政治論議を交わした後、「多事争論」の中でそう語った。知識人のメッセージだった。そうした報道番組を持っていたことが、国民にとってどれほど大きな幸福だったことか。空気のような、水のようなもの。けれども、それを失って初めて人はそのありがたさに気づく。最新の共同通信の世論調査では、民主が50議席割れの危険水域に達した状況が報じられている。が、一方で、同じく消費税10%増税を公約に掲げている自民党が復調し、現有議席を上回って躍進すると予想されている。Half is good, half is bad. 民主と自民が合計で95議席も取る事態は、絶対に避けなくてはいけない。現有は民主が54で自民が38の合計92議席。この議席を上回らせてはいけない。確実に下回らせることが必要で、両党で90議席を割らせる必要がある。選挙後、マスコミは確実に大連立をプロモーションしてくる。この参院選の民意について、民主と自民の合計で意義づけするだろう。両党で現有92議席を上回れば、国民は消費税10%増税を認めたと、そう言うだろう。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

星に願いを_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

日がたてばたつほど、民主党の票が減る。こちらのブログの指摘通りでした。では菅の逃げ切り国会閉幕が正しかったかというと、あそこで論戦を逃げたことがスタートダッシュの失敗につながったとも言えますから、なんとも言えません。

私はこの選挙は、明らかに自民党の復調と見ます。金がない、云々は、週刊誌レベルの借金の話ですが、それならば民主党は2005年の大敗北で既に潰れていたでしょう。自民党にとって大変だったのは、党の借金ではなく、議員一人一人が極めてコストの高い政治活動を行っていることで(とくに落選議員になるとそれは明白)、秘書を地元と東京に何人も置くというスタイルをどうにかする必要があったのですが、その点のリストラは、自発的な離党者が相次いだことも含め、かなり進みつつあります。そして、公募によって若い候補者が少しずつ決まってきています。

小選挙区制のもと、2大勢力に収れんする場合、その一極が自民党でないはずはないのです。それだけの歴史とブランドというものが、この党にはあります。ただ、おっしゃるように、その過程でかなりの連立の再構成を繰り返すでしょう。おそらく、当座のめどは、大連立の完成なのでしょう。

No title

連日の、ブログ主さまのご執筆に感動しております。

7月7日は、私にとっても意義深い【日】です。
昭和12年(1937)7月7日、日中戦争が始まりました。北京郊外の盧溝橋で日本兵と中国兵の衝突があり、この日から、あの泥沼の太平洋戦争へ、日本の破滅が始まったのです。
事件から数日後、小学校1年生だった私は、上級生全員と校庭に集められ、校長先生から何かの訓示を受けたことを鮮明に覚えております。
昭和27年(1952)7月7日、講和条約が発効して間もなくのこと、名古屋の大須球場(今はありません)で、東京のメーデー事件、大阪の吹田事件とともに、戦後の「三大事件」というのに遭遇しました。
そのとき学生だった私は、危険とは知りつつ、戦後の北朝鮮・中国を歴訪してきた帆足・宮越両国会議員の、帰国歓迎会を聴きに出かけ、危うく事件に巻き込まれるところでした。

それゆえ、ブログ主さまが【星に願いを……】と書かれている本日の記述を、特に感慨深く読ませて頂いています。
このように、私にとって「7月7日」は、平和運動とは程遠い、戦争の始まりと、戦後発生した過激事件の「強烈な記憶」であります。大須事件では球場内で【憎しみを持って、アメリカ村を襲え】と書かれたビラを渡されましたが、危険を察して一足早く球場を脱出したことで、事件には関係なく今日を生きています。
因みに「アメリカ村」とは、名古屋の中心部にあった米軍兵士の家族の住む、かまぼこ型の宿舎群のことです。

それからでさえ、満58年。本土ではアメリカ村こそ、見かけませんが、ブログ主さまが【権力を裏で操っているのは米国である】と書かれているように、それを知らずに何十年も、私たちは生きています。
そのアメリカの束縛から脱出するには【民主党でも、自民党でもありません】ということ、この年齢(傘寿)を迎えて、改めてご教示頂いた次第です。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

仁義

今度の参院選、大連立まで考えなくても、民主、自民の両党のどちらにも投票したくありません。

あらためて言えば、まず民主党。
今月号の「世界」で慶應の小林先生が、鳩山さんは献金、基地、景気の三K問題でつまづいた、と述べてますが、自分はこの三Kについてはなんか、あまり怒りがわきません。
献金については、ジェラシーは感じますが、脱税や収賄でないならいいや、という気持ちがちょっとありますので。
米軍基地問題の解決の進展は、オールジャパンであたらないと難しいと思うようになりましたんで。
景気は、財政出動くらいしか今のところなさそうなので、自民党であったとしても大差なかっただろうと思いますから。

前置きが長くなりましたが、民主党にハラが立つのは、連中が有権者に対して、仁義を欠いているからです

こども手当やら高速の無料化やら、総選挙前に藤井のじいさんが「財源はだいじょぶ」と自信満々に言ってたのに、いざ政権交代したらこのありさま。
連中のマニフェストだかをろくに読んでいない自分でも、このへんが総選挙のときの民主党の公約の目玉であったことくらいは知ってます。

その目玉の公約を約束した通りに果たせないのなら、まず党の代表が有権者に向かって、なぜできなかったかの説明とともに、正式に謝罪しなければならない。
そしてその謝罪がかたちだけのものでないことを示すため、たとえわずかだろうが、財源の見通しを誤ったぶん、財源の足しとして、いくらかのカネを補填しなければ。
補填の仕方ですが、嘘をついて不当に得た衆院の議席ですから、その議席数に基づいて任期中支給される政党交付金と議員歳費は全額返上すべきです。
議員諸氏、歳費を返上したら生活できないなら生活保護を受ければよろしい。生活保護じゃ足りないというなら、なに、生活保護の水準が、そもそも生活するには低すぎるだけの話、いわば自業自得。
私財までなげうて、といわれないだけ有り難く思っていただきたい。

この程度の仁義も切れないなら、下野するのがスジでしょう。
ところがびっくり、それもしないうちに消費税の増税案の発表。
こらっ!
「財源が必要な公約はすべて実現しました、ところが我々の思い違いのため財源がショートしてしまいました。ほんとに、本当に申し訳ないんですが増税のほうを伏してお願い申し上げます」
そのくらいのことは言えよ、菅さん。

とにかく説明或いは謝罪がが無さすぎるよ、民主党。
エラくなると、「よらしむべし、知らしむべからず」と思い上がるんでしょうか、政治家って。

で、自民党。
この連中も、それこそろくな謝罪もなしに復権させてもらおうと思ってる。
ずうずうしいですね。
小泉改革をずるずる引きずった結果、多数の国民の家計を毀損したことをまず謝罪しないと。
その誠意を示すため、小泉さんから麻生さんまでの内閣の全閣僚は追放すべき。
小泉家については、進二郎君、演説が上手いんでもったいないけど、元総理以下三代くらいは議員になるのを自粛してもらいたい。
このへんもいわば仁義。そのくらいのことしてくれなきゃ、有権者のハラは収まらないのでは。

あと、自民党、なぜ政権の座から転がり落ちたか、失権したかの徹底的な分析もせず、ただ与党の批判をしてれば政権が取れると思っているようです。
この手法が無効なのは、かつての社会党が半世紀ものあいだ政権がついに取れなかったことで明らかでしょうに。
その轍を踏みたくなければ「もう一度我が党に任せてもらえれば、今よりこんなに良くなります、わが国は」という説得力ある政策を、死にもの狂いで考え抜いて編み出すしかありません。
「政策の宏池会」出身でありながらそれができない谷垣さん。
自民党がだめなゆえんかと。

官僚・マスコミ主権

「官僚・マスコミ」対「国民」の戦いである。政治家が「国民の生活が第一」を掲げ、官僚・マスコミ の既得権益を損なうとすると、あからさまな反抗に出てくる。ブログ主の書かれている通りだ。

彼らには天下り先の確保、大企業からのスポンサー料のことしか頭にない。それでは、国民は彼らに反抗できるのか、いや反抗しているのか。皆目である。無罪の人間を無理矢理犯罪者に仕立てる検察やマスコミに市民はなぜ立ち上がらないのか。

民主主義とは与えられるものではなく、勝ち取るものである。官僚・マスコミ主権に国民が立ち上がらない限り搾取されるがままである。
民主党も自民党も国民の顔色なんか見ていない。見ているのは官僚とマスコミの顔色だけだ。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。