スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野善康と神野直彦 ? 消費税増税イデオローグの論理と心理

小野善康と神野直彦_1昨夜(6/23)、報道ステーションの冒頭で小野善康の映像が登場して、菅直人の政策の理論的根拠となっている「増税して経済成長」の持論が展開されていた。編集された放送の情報量は少なく、小野理論の全体が紹介されたわけではないが、キーのエッセンスとしては十分だろう。小野善康が強調したのは、何より雇用を創出するということで、いま政府が行うべき経済政策の第一として雇用創出を挙げ、そのために必要なら増税で原資を調達せよと言っている。セオリーだけを聞けば、ケインズ主義の主張として頷ける政策論だ。ただ、ここで問題になるのが、この「増税」の中身であり、それが所得税・法人税の増税なのか、消費税の増税なのかで、政策の性格は大きく違ってくる。この問題は神野直彦の増税論への見方とも関わり、現在の論壇で最も注目と関心が集中している論点でもある。ネットで確認できる情報を見ると、小野善康は次のように言っている。「増税は消費税よりも累進性のある所得税の方がいいと思う。ただ、税制は副次的な問題で、不況時こそ政府が雇用をつくるという目的が重要だ」。この一言が全てを総括して説明していて、どちらかと言えば所得税(累進課税強化)の方がいいとは言っているが、それは副次的な問題だと言い切っている。ネットの中では、小野善康の増税論を消費税増税だけに決めつけて歪曲しているとして、マスコミ報道の悪意と作為を批判し、小野善康を擁護する主張がある。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

小野善康と神野直彦_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

収録を流すのもいいが

(収録を流した後に、)小野か神野のどちらかを生でスタジオに呼んで、もっと掘り下げて具体的に問い質すべきだったでしょうね。
久米さんや筑紫さん、田原さん(この人は日曜の人かっ)だったら恐らくそうしたと思います。

・・・まあ、古館&ハリセンボンもどきコンビが自分たちばかり話したがって、挙句に消費税に話を矮小化ムチャブリしてブチ壊した(笑)かも知れませんが。

トピック言及の順序に注目

 こんにちは、御無沙汰です。
 今回の記事に関連して、例の「強い経済、強い財政、強い社会保障」でしたっけ(細部は不確かで恐縮)、菅直人氏の民主党の三点セットのキャッチコピーを見ていて思ったのですが、アイテムとかトピックとか、項目言及の順序が、そのままプライオリティの順序ではないか、ということです。さらに勘ぐれば、優先の高い項目達成のためには、低いものは犠牲にしても仕方ないだろう、という裏の考えが透けて見えます。つまり経済と財政のためには社会保障は犠牲にしても仕方がない、文字通りそれが三番目に言及されているので、当然二の次、三の次ということです。
 その伝で言えば小野善康氏のまずは消費税の引き上げに同意し、次に累進課税の方がいいのだがと留保をつける発言では、やはり消費税引き上げが優先権を持つというか本音で、累進課税云々は刺身のつま、あるいは免罪符としての言及でしょう。
 ネットの論調を見るに、「強い社会保障も言っているではないか、菅首相は現実主義の枠内で福祉を充実させんとしているのだ」とか言って、未だに「市民派・菅直人」の亡霊を追い求める論者がいますが、意味を御本人たちが思う程なしていません。また首相と経済ブレーンのペアとして小泉・竹中に対して菅・神野を立てて、菅氏を弁護する議論もありましたが、これも説得力はあまりありません。神野氏の起用は単なる免罪符に過ぎでしょうし、そのような可能性をなぜ考えないのでしょうか。皆さん率先して愚民政策の罠にかかるとは信じられません。

元ブントさんはどうよ

小野先生をテレビで見て、風貌が西部邁さんに似てるな、と感じました(ちょっと間延びしてますが)。
西部先生は、ときどき一理あるなと思わせること言ってくれるんで、小野理論なんかはどうとらえてるんでしょうかね。
もともとは、ケインズとかやってた理論経済学の人ですし。

「左派」の欺瞞

最悪ですね。これだから「左派」は信用できない。山口二郎にしても、岩波文化人は碌なのがいない。編集者の間では、岩波書店倒産危機の噂が飛び交っていますが、いっそのこと潰れたらいい。こんな「左派」なら要りません。知識人の姿勢は、危機に瀕してこそ問われるもの。それが何ですか、この事態は。宇沢弘文氏はさぞ失望していることでしょう。後継者の不在に焦燥感を抱いているのでは。内橋克人氏も年を重ねすぎてしまい、一体この先誰が日本経済に警鐘を鳴らしてくれるのか。

小野善康の経済理論は破綻していると思います。彼の理論への批判が池田信夫のブログにアップ(http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51432590.html)されています。全面的に賛成できないとは言え、経済学的には小野・神野理論より頷けるものがあります。こんなんだから、「左派」は新自由主義陣営に隙を許すのです。いや、許しているのか。それともリベラル保守を自認する私は、本当はネオリベラリストなのか。少なくとも「左派」でないことは確かですが。
菅直人と神野直彦は46年生まれ、小野善康が51年生まれ。私は以前から全共闘世代への批判を再三繰り返していますが、ここ数ヶ月の政治状況・言論空間を注視し、その思いは徐々に確信に至りつつあります。権力欲と私欲に溺れる全共闘世代は、若者にとって思想的害悪でしかない。

トロツキスト(ニューレフト)系学生サークルから派生したのが新自由主義であること、また吉本隆明の新左翼理論(丸山理論の脱構築)に支えられたのが全共闘運動でした。小泉劇場の主な観客が、団塊の世代及びそのジュニア(ホリエモン等)だったという社会学的見地からの選挙分析は、実に重いテーマを投げかけていると思います。
そして、これは決して偶然ではないと考えています。戦後民主主義を否定した世代が支配者となった現代。イデオロギー全盛の時代。マルクスの言葉が甦ります。時代背景・世代論にのみ依拠せず、イデオロギー的側面と歴史的事実の分析を通じて問題を捉えることの重要性を痛感します。

No title

Terry氏とやらが、菅や神野や小野にかこつけて団塊世代や全共闘派をやっつけてくれていますが、こうしてステロタイプな世代論で鬱憤をはらしているところに保守の劣化が進行したのではないか。

では聞くが小泉構造改革を保守派は支持しなかったのか?
かつての全共闘派の全てが小泉を支持、また菅総理を支持、小野の増税論を諸手を挙げて賛成しているのか?

どこにそのように断定できる根拠があるのか?

すくなくとも元全共闘派のわたしはの周囲には、そのような者はいないし、特に菅総理の現実路線には大方反対である。

団塊世代でも経済理論でいえば浜矩子や紺野典子の方が支持されているのではないか。

こうして保守派を気取る連中が、ありもしない仮象をでっち上げて、それを攻撃することで自分たちの弁償に明け暮れている限り、左も右も同じひとつの鏡像現象にしかすぎなくなるのである。

だいたい団塊世代より少し下と思われる、つまりサヨク解体の中で最も上昇可能域だと見込まれて保守思想を引っさげてきた連中だって、小泉を支持した。
あの桜井よしこだって支持したのだ。

保守派がそんなえらそうなことを言えたものだろうか。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。