スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘ばかり言う菅直人 - 消費税は増税、法人税は減税、天下りは容認

党首討論_1梅雨のさなかに選挙はあり、梅雨が明ける前に選挙は終わる。恒例の記者クラブ主催の党首討論会も、思った以上に早く来て、すぐに通り過ぎた。昨年の総選挙の党首討論会はテレビの前で釘づけで見た記憶がある。鳩山由紀夫の2分間スピーチが絶妙で、討論会の中身も盛り上がって非常に面白かった。政権交代への胎動があり、与野党の立場が入れ替わる将来がくっきり見えていた。今年の討論会は生中継で見なかった。昨年のような政治への期待や興奮がすっかり消え、暗鬱な気分で政治家の言葉と向かい合わなくてはならず、その彼我の落差に悄然とさせられる。昨夜(6/22)の報道ステーションで、討論会の映像を少し紹介していたが、菅直人の言葉は嘘ばかりで実がなく、信用する気分で真面目に聞けないのである。官僚の言葉だ。そして、権力者の言葉である。騙し、はぐらかし、その場を凌ぎ、選挙を目論見どおりの結果で終わらせることだけが念頭にある。もし、民主党が勝利すれば、選挙前に取り繕って言ったところの、増税の代償措置の「低所得者への負担軽減」や「複数税率」はすぐに忘れ、「消費税10%増税」が国民の信を受けたとマスコミに囃させ、自分もそう宣言し、谷垣禎一が辞任した後の自民党を巻き込んで、来年4月からの引き上げに卒然と着手するだろう。この選挙は消費税選挙であり、5年前の郵政民営化選挙と同じだ。菅直人が企画設計したシングル・イシュー選挙である。5年前の郵政選挙が終わったときの、小泉純一郎の勝ち誇った顔が浮かぶ。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

党首討論_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

働けず、働いても十分な給料でもなく、十分な給料でもないのに税は増えていく。クルーグマンらがアメリカで中流層復活を唱えているのに、日本ではそう主張する経済学者が皆無です。

国政選挙で最低投票率を定め、それに達しない選挙は無効となるシステムがほしいです。大連立になったとき、自民にも民主にも投票したくないなら、票の持って行き場がありません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

翼賛政治は可能か?

大連立が成って事実上の翼賛政治が始まった場合、諸外国がだまっているでしょうか? 特に、中国・韓国・北朝鮮は大いに警戒するでしょう。現状で先進国の中でも一党支配というのは果たしてあったかな? 「三国干渉」どころではなかったりして・・

No title

私は、昭和5年(1930)生れ、80歳。
僅かな年金で、細々と生きている底辺の後期高齢者です。

ブログ主さまの、連日の【菅直人首相の消費税増税】批判を読ませて頂いて、自分の【生活そのもの】を脅かせる問題だけに、心より感謝に堪えません。

戦時中(私の小学生だった頃)、当時の作家の書いた日記を再読しておりますが、伊藤聖の『太平洋戦争日記(一)』に、次の記述があります。

昭和十八年(1943)三月一日。
物品税上がる。貴金属類五割だったもの八割、芸妓花代十割だったのが二十割、六十円以上の衣服四割が六割に。入場税(歌舞伎など)五円以上のもの八割が十二割に、宿泊料五円未満のもの新しく二割、四十円未満のもの二が三割、十円以上五割、貞子(伊藤聖の妻)の心配していたミシンは据え置き。

戦時中、軍需費逼迫のため、当時の東条内閣の行った『物品税の増額』ですが、芸妓の花代十割が一挙に二十割になったのに比較して、主婦の日常使うミシンの増税がなかった記述に注目しております。

ブログ主さまのお書きになられているように、菅直人首相が自ら唱えた消費税10%増税が、あまりにも不評なため、慌てて『低所得者軽減』とか『複数税率』を唱え直しておりますが、嘘で固めた菅直人首相です。

参院選挙の結果がどうであれ、つまり、民主党の獲得当選者54人を上回るだろうが、達しなかろうが、衆院310人の多数を背景に、場合によっては自民党と連立を組んででも、【消費税増税】に踏み切るものと、推測しております。

あの、悪名高い戦時中の東条英機内閣でも、末端の生活者には【底辺に生きる庶民】の増税には一応の配慮をしていたのです。

昨年初秋の衆院選挙で、民主党が大勝利を果たしたとき、思わずバンザイを叫んだ自分に、居たたまれない悲しみを覚えます。

No title

管政権の本質は「民主・国民新党連立政権」ではなく、「菅・官(僚)」との連立政権かと…。

選挙後に政界再編の足掛かりとして、国民新党を切り捨て、他党と連立、支持団体の連合の労組を正社員権益擁護へ向かわせ対立・分裂などで、急激に民主党は新保守主義的な政党へ向かうのではと思います。
民主左派は、辺野古移転反対の後だしジャンケン(本来は「社民対民主」の対立ではなく、「社民・民主左派対民主右派」の対立や政策軸だったはず)といい、今回の消費税といい、何をやっているんでしょうね?

アンチ新保守派(社民的政策支持≠必ずしも社民党支持)は、民主の左派や管直人に期待しないほうがいいと思います。
これだったら、まだ自民のハト派連中のほうがましかと…。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

れんげ草

テレビをザッピングしてましたら、「報道ステーション」で、ちょうど、菅さんは日本版の第三の道をめざしてる、という話題なんでちょっと見ました。

その中で、菅さんの二人の経済ブレーンとして小野、神野両先生がそれぞれ話してました。
小野先生は、増税で得たカネも雇用にすべて流れれば、税収が上がって景気が回復するだろう、という説。
神野先生は、増税でスウェーデンのような福祉国家に、という主張。

お二人とも、なに言ってんだか。

小野先生の説は、相変わらず、増税で得たカネをすべて雇用に流せば、税収も増え、景気がよくなるという話。
「0から1を引くときに、うまく引けば、答えがプラス1になる」みたいな説です。
「うまく引く」工夫の存在が数学的に証明でき、しかもその工夫を証明した通りに実行できる保証がないかぎり、眉唾ものの話にすぎません。

神野先生の主張は、その意気や良し、とは思いますが、今回は福祉国家にする計画もないのに増税しようとしてるんで、スウェーデンを持ち出すのは、10年早い。不用意に増税させたら、国民、やらずぼったくりにされるのが必定。

菅さん、年齢的にも総理は今回が最初で最後でしょうから、どうか、せめて後世に恥じない政権運営を。
一瞬でも「おお、ついにエースの登板か」と思った者としては、「やはり野に置けれんげ草」だったのかと、できれば思いたくありませんので。

力をもつにはどうしたらいいでしょうか

このままではマスコミに煽られてしまった国民が消費税を容認してしまいそうです。
ネット上の消費税反対の力をなんとか大きな力にできないものでしょうか。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。