スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前原時代に逆戻りした民主党 - 新自由主義勢力のクーデターと奪権

菅政権_1政治は裏切りのドラマである。この一両日の動きは、菅直人が小沢一郎を裏切って寝首を搔いた政変であり、新自由主義勢力による菅直人を御輿にした奪権のクーデターである。話は昨年の9月に戻らなくてはいけない。8/30の夜に大勝して政権を獲得した民主党は、当然、トロイカ体制で政権を運営するものと誰しもが予想した。代表代行の菅直人が官房長官に就くと誰もが確信した。ところが、意外にも鳩山由紀夫は菅直人を官房長官から外し、実権のない国家戦略室長に干す処断に出て、菅直人から権力を剥奪した。官房長官を外された菅直人は、それでも国家戦略局長と政調会長を兼務して、政権の政策を仕切る要衝に立つであろうと思われたが、今度は小沢一郎が「政策の内閣一元化」を根拠に政調会長ポストを廃止、菅直人は行き場を失って完全に窓際に干し上げられた。2人に挟撃されて丸裸にされる屈辱を受けた。失権させられた菅直人に対して、マスコミは「何も仕事をしていない」と容赦なく誹謗を加えた。トロイカは一夜にしてツートップに転じた。菅直人はスクラムを組んできた2人に手酷く裏切られたのである。昨日の友は今日の敵。私は、菅直人が遺恨で小沢一郎に復讐したとは思わない。だが、今回は昨年と逆の立場になった。今回、政変は小沢一郎が鳩山由紀夫を総理・代表の座から引きずり降ろした地点から始まっている。週明けから2日間の攻防があり、鳩山由紀夫が抗しきれず辞任を表明、間髪を置かず、菅直人が後継名乗りの手を挙げる。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

菅政権_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

韓国では6月2日の地方選挙で与党が惨敗した。哨戒艦沈没事件
での米韓一体となった北朝鮮犯人説の捏造、或いは米海軍犯人説の隠蔽、と疑惑を感じた若者が主体となって起こした投票行動の結果とされる。それに引き換え日本の民度はなんだ。日米同盟との虚言に酔い、年次改革要望書に諾々と従い、マスコミの誘導情報を易々と信じ。
平成になって22年、日本の国は何が良くなったのか。一人当たり国民所得、国際競争力、国債発行残高、教育水準、貧困層の増加、非正規雇用者比率の増加、地方の活力、食糧自給率、自殺者の増加、医療・介護体制、少子化・・・。新自由主義をベースとしての政情(マスコミ)の詭弁と政官業情学(御用学者)の癒着の複層構造に基づくものではないのか。
今また菅の変節と隠れ自民党の復活により「国民の生活が第一」が色褪せた標語となりつつある。
社会政策としてもマクロ経済政策としても間違いである消費税増税の路線がオール与党で引かれようとしている。

この無力感をどうすればいいのでしょう。
共産党と社民党の合併?
各マスコミに官房機密費疑惑への説明責任を求める?
ブログ主様、反自由主義の集会を呼びかけて下さい。

まさにクーデター

クーデターの首謀者はマスコミですね。
マスコミの第一希望は自民党の復権なんでしょうが、それが叶わないのなら民主党内の自民党勢力に権力を取らそうとするのが当然。

菅直人については、亀井静香がこう言っています。
「小沢以前の民主党は自民党以上に市場原理主義だった」
小沢が菅と代表戦を争った際も、反小泉改革を掲げた小沢に対して、菅は自民党以上の改革を掲げていました。
また、小泉改革についても、前原と共に「小泉さんは民主党の政策をパクったんだ」と言っています。

こんな菅の傾向を見誤る人が多いのは、靖国問題など経済政策以外の面を見てのことでしょう。
私は菅はそもそも経済政策に疎いのだと思いますよ。

賛同します。

<小沢の計算が狂った?>
私も鳩山降ろしまでは、また辞職の理由までは小沢さんの筋書通り、鳩山さんの花道を作ったと思います。
しかし、小沢氏の誤算は、鳩山さんの裏切りです。小沢さんの前で直立不動を崩さない鳩さんを甘く見た。小沢さんの人情は、いつも間違う。羽田総理では持たないと判りながら、羽田さんが娘さんの結婚式に総理の肩書を与えてあげたい、との個人的な情で政権を手放すことになったのに、懲りていない。
小沢さんは、長い政治家人生であまりに多くの裏切りにあってきた為、あまり人を信用できなくなっている。
ともすれば、おべっか使いにコロリとヤラレる。
平野前官房長官は、菅と松井、古川、松野、岡田と画策して、小沢を閣内から排除した。
小沢は、トイレの前でお手拭きを持って待ち構える平野など、大した事はできない、自身のコントロールが効くと甘く見た。
しかし、平野は、普天間問題で独走し、外務省と結託し、小沢のコントロール外の行動を起こした。
地元大阪のマリコンとともに沖縄に出先事務所まで置く利権政治をしようとした。
菅への警戒感は、小沢氏にはあったはず。国家戦略局の棚上げ、小沢対菅の代表選挙で、菅支援に動いた枝野を全く無益にした事に警戒心が表れている。
鳩山は、仙谷、菅とともに週一で食事会を行い、新トロイカを結成し、裏では旧民主党に帰っていた。何せ、叱られた経験に乏しいお坊ちゃまである。小沢が幾度となく「普天間移設が県内なら選挙は知らんぞ」と警告されていたから、最後は怖い親父に叱られるのが嫌で、家出する馬鹿息子の様に、小沢に相談せず、菅・仙谷というプレッシャーのない旧友の力を頼ることになる。結果、小沢幹事長の職に留まる条件に枝野を強引に入閣させた。
小沢の勝機は、9月の代表選挙が党員サポーター選挙になるか否かに掛かっている。党員サポーターは、小沢事務所、小沢系議員が大量に集めていたから、議員の投票が菅に過半数あっても勝機は残されている。
しかし、その作戦は敵も判っているから、すでに幾つかの支部には、9月の代表選挙は議員だけの投票になる旨、情報が降りている。まさに、菅の電光石火、乾坤一擲の差配である。
ガラガラボンを望む私は、小沢には民主党を出て欲しい。

この無力感と戦うには…

記事から逸れてすみません。

名無し様のコメントには大筋合意です。無力感に苛まれるのは私も同じ。ただし、筆者さまの記事の狙いは、この無力感の拡散ではありません。むしろ、自身の無力感と戦うために、6年以上も記事の発信を試みられているように私は感じます。

この間、親米傀儡総理の交代が6人。下手したら間も無く7人目。次から次へとタケノコのようです。一番無力感に苛まれ続けているのは、まさしく筆者さまだと私は思うのですが、筆者さまは絶対に書くことを辞めない。辞めないことで自身の無力感と闘争されているようにお見受けします。

この無力感の補填のために、軍師の筆者さまに集会の呼び掛けをおねだりするのは筋違いかと思います。役目が違う。もちろん集会の大切は否定しませんが、あくまでも集会の起点と原点は民衆側の怒りのはず。民衆に怒りが醸造されない中で集会の風景に怒りの拡散を委ねても、集会のための集会で終わるだけだと思います。

沖縄の県民大会や基地包囲運動の成功には、沖縄の65年間にも渡る人命・人権差別への実害と深い怒りの裏付けがあったと想像できる。感情の裏付けのない集会ほど空しいものはありません。逆に敵を増やすだけだと思います。

私自身が、この無力感を補填するには、やはり選挙に行くしかないと。選挙でしか政治は変えられない。沖縄の県内基地移設反対派の復権にも、昨年の衆院選と名護市長選での選挙結果が密接に連動していたと見ます。正しい見識と政治監視の在り方を、こうして筆者さまはブログを通して社会に発信されているわけですから、まず私が在宅でできるのは、自身が信じる正しい見識をネット通して拡散することかと。もちろん対面対話も重要です。

この見識インフラの整備を同時に進めていく中で、私たちが本来望むこの国と社会のあり方に、多くの国民が覚醒する炸裂の瞬間があるのかもしれません。無力感に潰されるか、抵抗のテンションを保ち続けられるかは、記事を閲覧された読者各人が、何を信じるかによって分岐されていくと感じています。

記事から逸れましたが、コメントへの中傷のために書いたのではないことをご理解ください。私たちが諦めれば諦めるほど、彼の方々がほくそ笑むことに繋がると私は思っていますので。決して諦めずに、共に信じる道に進んでいきたいと。

菅直人の在沖海兵隊に関する発言

普天間の国外移設を粘り強く主張されているblog主さんのことですから、
菅直人の過去の発言についてはすでに調べ尽くしていらっしゃるでしょうが、私はきょうこれを見つけました。
菅直人の公式ブログです。
http://www.n-kan.jp/2001/08/post-1553.php
一部、引用します。
----以下、引用---
実際に民主党の中で海兵隊の米国内への移転は有力な意見として何度も議論されてきた。私の参院選挙中の沖縄での発言はそうした背景のもと行われたもので、その場の思いつきでもリップサービスでもなく、民主党の基本政策と矛盾してはいない。基本政策より多少踏み込んだ表現があるとしても、それは政治家としての私の責任で述べたものである。

私自身3年程前民主党の代表として訪米した折にも、アメリカの当時の国防次官にこの主張をぶつけたことがある。国防次官は厳しい顔でメモを見ながら『北朝鮮に対する誤ったシグナルになるから沖縄から海兵隊は撤退はするべきでない』と反論してきた。その理屈も一部理解はできるが絶対ではない。実際には海兵隊基地を米国に戻すより日本に置いていたほうが米側の財政負担が小さくてすむという背景もある。北朝鮮の状況や日米の財政状況が変わってきている中で、沖縄にとって重い負担になっている沖縄海兵隊の日本国外移転について真剣な検討が必要。
----引用は以上----

2001年の文章ではありますが、「その場の思いつきでもリップサービスでも」ない、と明言しているくらいですから、菅直人の信念と読みかえてもよいでしょう。
しかし、その信念を曲げてまで、親米ベッタリ路線の岡田外相を留任させ(るでしょう)、「日米合意を踏襲する」と早速述べてしまった菅直人。。。参院選に勝利して安定政権をつくるまではなりふり構わず、ということなのかもしれませんが、このままでは、社民党が政権離脱をしてまでも党是を貫こうとした行動力が、水泡に帰してしまいます。
参院選で社民党が躍進すれば、その国民の意志をバックに、菅政権がオバマ政権と、国外移設を目指した交渉を開始する、という方向へ、なんとか持って行きたいものです。

No title

◎大いなる矛盾
一方で日米同盟の深化、強化を唱えながら他方で自主独立、対等を叫ぶこと。

◎“山が動いた”
 “政府は帆であり、国民は風であり、国家は船であり、時代は海である”、“国民の皆さんの勝利!!”
 そして遂に、船は元出た港に戻ってきた。母港の山河はそのままであった。人々の表情は、余計時化ていた。

◎私が政治家に望むことー たとえ10億円懐に入れよう(政治活動に使おう)とも国家の富一兆円の流失を防いでくれれば。
(日本)国民の考えー たとえ1000兆円盗られても100万円なりともクリーンでなければ。

◎外敵ではなく内敵や同盟国と称せられる国からの攻勢により滅びへの道をひた走っているこの砂の民。
あらゆる兆候、ほとんどの方程式の答は一致している。<滅亡><奴隷化>の一層の促進。


権謀術数の力の勝利でしょう、鳩山さんの小沢さんに対しての勝利は

鳩山さんは、小沢さんを切るようなドギツイ裏切りをしていないと思いますよ。代表が辞任となれば幹事長も自動的に辞任になります。問題は、「政治とカネ」をめぐり、小沢さんも鳩山首相自身も責任があると理屈を付けることで、小沢氏の幹事長再任の手を封じ込めた、ということでしょう。そもそも、鳩山氏は、小林千代美議員などどうでもいいんでしょうが、わざわざ「政治とカネ」の問題から、小沢氏の再任不可iにしてしまう小林議員の辞職勧告まで促してしまいました。これは、小沢氏の幹事長再任を封じ込めてしまう、鳩山氏のさわやかな権謀術数の手腕でしょう。

No title

こんな人事して、管さんは伸子夫人に叱られなかったのですかね。夫の変節を戻してほしいと、首相夫人の見識に期待したくなるのは初めてのことです。

民主党もなんとまあ、カン違いな火を吹いているのだか。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

マスコミが叩かなくなって支持率が回復してるようですね。
だけど選挙では負けると思いますね。
選挙の全てを知り尽くし、資金力のある小沢さんが幹事長で無くなれば支持率の割には票は伸びませんよ。
選挙の鍵を握る無党派層は今回は投票に行かないでしょう。
おそらく負けるでしょうね。
民主が新自由主義に衣替えしたのなら自民と何ら変わりないですしね。
私のように脱米、反新自由主義だからこそ支持した層も多い訳ですから。
今回は比例は国民新党に投票しようと思ってます。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。