スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山を動かせ、福島瑞穂 - 旋風を起こし、党を改造し、みずほ劇場せよ

福島瑞穂_1今日(5/31)の朝日新聞を読むと、政界面に社民党の政権離脱について記事があり、辻元清美がとんでもない発言をしていた事実が報じられている。全国幹事長会議の前夜(5/29)、ある幹部に電話して、「何で(副大臣を)辞めないといけないのか。福島さんの代わりに誰かを入れればいいだけだ」と語っていた。この情報は、電話を受けた幹部が朝日の記者にリークしたもので、言わずもがな、幹部とは阿部知子のことである。阿部知子は、昨日(5/30)のニュース映像の中でも、連立離脱に対して否定的な見解を示し、福島瑞穂の党運営を批判する態度を隠さなかった。この重大な局面において、幹部でありながら党の結束を乱す攪乱行為を行っている。福島瑞穂は、間髪を置かず阿部知子と辻元清美の2人に離党を迫るべきで、この愚劣な分派工作を見逃さず厳しく処断すべきである。マスコミは、なるべく社民党が割れて混乱しているように書きたいし、福島瑞穂の決断に党内から反発が上がっているように意図的に見せかけようとする。5/28の福島瑞穂の決断と行動を矮小化し、辺野古移設に反対する政論を異端化するためである。それは、マスコミが辺野古移設に賛成の立場で、彼らの目的が、辺野古移設に賛成の世論を醸成するところにあるからである。福島瑞穂を貶めるプロパガンダに躍起なのだ。そのマスコミの意図を知りつつ、阿部知子はマスコミに協力加担して、福島瑞穂の足を引っ張っている。これは許されない反党行為ではないか。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

福島瑞穂_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

挙げられた面々は魅力的だし大いにやってほしいが、まず現状すぐ動ける人たちとして、私は以前にも書いたのですが、民主党を中心に「県外国外移設」の署名を出して首相に提出した180人の国会議員って一体なんなのかと思います。声一つあげないのですから。
彼らが本気なら、いくらでも動かせるでしょう。

最後の一枚、すごい写真・・・

前原誠司と別れを惜しむ辻本清美、私も以前は彼女のファンだっただけに愕然とします。秘書給与流用の件で党から見捨てられ、けれども民主には行って支持を集められるわけもなく、今のポジションが心地いいのでしょうね。

マスコミでは早速、福島・社民党バッシングが始まっています。
「反対ばっかりで代替案をだせ」「国をどう守るのか」
そういう人たちこそ自分の地元に海兵隊を誘致したらよい。
海兵隊は世界中のどこにいても機動できる部隊なのだから。

日米同盟が重要といいながら基地誘致しない、中途半端な安全保障観を持った政治家たちのほうが、日本にとって危険です。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

消費税議論には逃がしちゃいかんね

参議院選挙では、鳩山だけではなくて、前原・長島・北澤のなんちゃって防衛トリオ、岡田・平野も同じように批判されないとだめでしょう。民主党の参議院候補は鳩山の意図に反してこの5人がどう動いてきたのかよくわかってるはず。石破や平沢なんかも嬉々として福島叩きに参加しているのを見ると見苦しくてチャンネル変えちゃいます。

それにつけても中央公論のウォルフレンの指摘、日本での政権交代の意義を民主党議員が自覚してないのがイタい。普天間から消費税に論点すり替えようとする玄葉らの動きにはあきれるばかりです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

正直、社民党の党内抗争についてはほとんど興味ないのですが、「福島瑞穂も小泉純一郎の技法に倣って言えばいい。「辺野古移設に賛成か反対か、この選挙で国民に問いたいッ」と。」というのには大賛成ですね。

テレビでどんどん「踏み絵」をせまるべきです。


というのは、ここのところの福島さんのテレビ出演をみると、テレビ関係者たちは沖縄や辺野古移設の問題そのものをあまり話題にしたがらないかんじです。鳩山さんのダメさは喜んで話題にしても、沖縄問題そのものはあまり話題にしたがらない。唯一のツッコミどころの選挙協力の話ばかりしたがります。


なので、テレビの出演者たちにも「踏み絵」を。

「司会者やコメンテーターに。気軽にちょっと聞いてみましたみたいなノリで「みなさん、現行案に賛成ですか?どの案に賛成ですか?どう思います?」と。場を完全に支配するにはこれで行くべきでしょう。



世論調査の質問に、メディアのみなさんの考えが露骨に出てますね。


毎日世論調査:辺野古移設に反対84% 沖縄県民対象
http://mainichi.jp/select/today/news/20100531k0000m010043000c.html

>米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を同県名護市辺野古周辺に移設する日米合意を受け、毎日新聞と琉球新報は28~30日、沖縄県民を対象に合同世論調査を実施した。辺野古移設に「反対」との回答が84%に達し、「賛成」はわずか6%だった。(略)

>「反対」と回答した人にその理由を尋ねたところ「無条件で基地を撤去すべきだ」(38%)と「国外に移すべきだ」(36%)の合計が7割を超えた。「沖縄県以外の国内に移すべきだ」との回答は16%、「沖縄県内の他の場所に移したほうがいい」は4%だった。(略)


(本土にこれだけ酷い扱いされても、「沖縄県以外の国内に移すべきだ」との回答はたった16%ですよ。 本土の人間として泣けてきます。)


琉球新報がからんだ調査では、「無条件で基地を撤去すべきだ」「国外に移すべきだ」「沖縄県以外の国内に移すべきだ」「沖縄県内の他の場所に移したほうがいい」というような選択肢を提示しても、全国世論調査ではこういう選択肢を用意した質問がまったくありませんよね?(これまでも、このごにおよんでも)。

メディアは国民に「政府方針に反対かどうか」は聞いても、「じゃあどうすべきか」を聞きたくないし、聞いた結果を出したくないのが露骨です。


朝日新聞には一応「どうすべきか」という質問がありましたが、なんと「沖縄にある米軍基地などを整理・縮小するために、一部を国内のほかの地域に移すことについて、賛成ですか。反対ですか」という質問です。これ、沖縄でも聞いたんですかね。ケンカ売ってるも同然の質問です。


簡単に考えて、せめて「国外」「県外国内」「県内(現行案)」くらいの選択肢で質問しろよ、と思いますが、どこのメディアもこれすらやらないのにはさすがにビックリです。こんな状況ですから、テレビで「踏み絵」をせまり、その絵をもって視聴者国民にちゃんとした質問と選択肢での世論調査状態を演出すべきです。



あと、テレビ等で現行案支持者が「普天間継続という最悪の事態が」的なことを言いますが(堂々と現行案に賛成とは絶対に言わない)、沖縄での世論調査の結果を突きつけるべきですね。


>普天間飛行場を抱える宜野湾市では、反対が96・5%と、極めて高い数値を示した。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-162853-storytopic-1.html


待っていてもテレビではこういう情報使ってくれないのだから、福島さんの方から出して使わないと。小泉さんにはメディアに味方がたくさんいましたが、福島さんには味方は相当少ないです。福島さんからの情報発信や積極的なアジェンダセッティング(ようするに踏み絵)が鍵になるかと。



あと、党内抗争には興味ないですが、新しい顔ぶれも必要というのには同意ですね。幹部会議なんかの映像がよくテレビで数秒流れますが、正直相当微妙に見えます。あの状況での政権離脱に反対するという政局オンチっぷりもそうですが、数秒の映像だけでも、「保守的で頭も固いだけだからこそ社民党」って雰囲気がプンプンしてしまってます。私の偏見もあるんでしょうけど、私以外の国民の偏見はもっと強いでしょうしね。

反撃が遅いというか短いというか

今年になって、みずほたん動いていたのだろうか?
罷免の2週間前だけ、ようやく、じゃなかったのか?

防衛省・外務省はここ2か月位、猛烈な巻き返しをして
いたとか、否もっと前から周到・執拗にか?去年の12月に
辺野古反対を表明した後、油断していたのでは?

どっかの県知事の防疫への対処と同じ、あ、出身県も
同じ~(笑)。

みずほたん側にも、「罷免にまで追い込まれた」責任が
ある!と思うのです。社民党以外の民主党左派に加勢
してもらう時間が今年前半、有ったんじゃなかったのか?
特に弁護士出身なんだし、法廷戦術の経験とかをもっと
生かして欲しい気がします。

もうちょい、おっしゃる通り、トップダウン的な面も無きゃ
ですな。某独白録風?に言うと「立憲君主に徹し過ぎ」
だと思います。

ついしん
しかし、なんかここんとこ辻元、異様に出てる、おー声も
発しているぞ(爆)。

・・・・・・・・・・んー。
でも真面目な話、沖縄の人達の方がもっと泣きたい筈です。

辻本さんのすけべ根性

私も抱擁のシーンを見てしまいました。何か子弟関係を見るような。同じ大阪人の貧しい家の出としては、辻本さんの気持ちは分るんです。絶滅寸前の社民党にあって、与党の一員で副大臣までやれたんですよ。今までさんざん自民党の批判ばかりして、でも所詮野党は外野の観客と同じで何をいってもムダです。逆に調子に乗って小泉総理を野次ったことで、つまらない秘書問題を突かれ、危うく帰らぬ人になりかけました。

そこは、大阪貧乏人のど根性です(たぶん他地方の方には理解できないでしょうが)。なんとか復活してきたんです。彼女は少しは勉強しました。ぎゃんぎゃん騒いでいても思わぬことで足をすくわれることを。

そんな彼女にグラウンド内でプレーができるチャンスが転がり込んできたのです。それが政権与党の面白みではないでしょうか。誰でも政治家を志したからには自分で国を動かしてみたい。だれでもそんな気持ちはあるでしょうし、無ければ政治家などやるべきではありません。

普天間の問題はまだまだ終わったと思っていませんよ。地元の賛成がない限り工事はできないでしょう。名護市の稲嶺さんの他、宜野湾市の伊波さんも11月の知事選挙に出て勝てばますます地元沖縄の反対の機運は盛り上がります。

今回分ったことは、これまで以上にもっと沖縄の方は反対の意志を大きくし、それに本土の人間も加わり盛り上げないと基地を無くすことは無理です。そのためには、米国に鉾先を向けないと、総理の首だけ差し換えれば問題が解決するわけではありません。

覚醒の責任言論。人選提案までの手の打ちの速さ。政治への責任感の深さの違い。

稲葉さんには、直接「もやい」でお会いしたことがあります。とてもクレバーで物静か。どこか品格の漂う方で、失礼ながら湯浅さんより主婦受けする顔立ちです。キャンキャンしない感じが逆に良い。きっと母性本能をくすぐるでしょう。

特にリーダーとサブリーダーには絶対に品格が必要で、福島党首にはあっても辻本さんや阿部さん、人の話を絶対に聞き入れないような岩石冷徹顔の又一さんには根本に欠落したものです。

背高の川原さんの人選には納得の限り。あの瞳の輝きと言葉の柔らかさ、ZEROでのコメント振りがもし政治に登用された場合、モデル雑誌で広く知られた彼女のカリスマ振りは、確かに男女の年齢層を問わず集票爆弾に成り得ると納得。

彼女には、人の話に耳を傾ける優しさや懐の深さを感じます。あの高見から頭を傾げて寄り添うような視点とスピーチでの孤高感や見栄えの対比が上手く演出できたら、面白い選挙戦になるかもしれません。

果たして党首は、このアカデミー軍師の提案を聞き入れる直感をお持ちかどうか。しばし静観となります。

No title

直感ですが、小沢とて総理に辞任要求は突き付けられない気がします。もう竹下派時代の海部を相手にしているときとは違うと思うのです。想えば、細川政権でも、そこまで小沢の思うままにことを勧められたわけではない。また、相対的に総理大臣の重みも高まっている。せめぎ合いでは、鳩山の粘り勝ちになると思うがどうか。三木降ろしの失敗の時のような具合です。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。