スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉に責任を持つ政治 - 国民の一票で普天間に決着をつけさせろ

言葉に責任を持つ政治_1罷免の日の前日(5/27)、幹部たちとの協議で調整が深夜に及んだ福島瑞穂は、おそらく睡眠時間もほとんど取れなかったはずだ。明らかにアップで映る表情に疲労の色が漂っていた。だが、この日(5/28)の福島瑞穂は会心のステイツマンの姿を演じ、政治ドラマ「普天間5月末」のクライマックス・シーンで観客を魅了することに成功した。5/28は日本の政治史に残る激動の一日となったが、その大舞台で主役のヒロインを快演、鮮烈な印象を放って国民を痺れさせた。今年の参院選は、福島瑞穂の選挙となるかもしれない。5年前の衆院選の「小泉劇場」と同じように。「普天間」の大河ドラマは続く。「5月末決着」は第一部で、「7月の参院選」が第二部だ。5/28夜の福島瑞穂の会見は、人の心を捉え、強く胸を打ったが、特に強く響いたのは、「私は言葉に責任を持つ政治をやりたいと思っています」という清冽なメッセージだった。この言葉に何事かを感じずにはいられず、共感を覚えた国民は多かっただろう。政治的立場の左右を超えて。福島瑞穂の言葉は、乾いた心に水がしみこむように人の内面に届いたはずだ。われわれは、ずっと長い間、政治家の言葉に裏切られ続け、心を傷つけられているのである。その苦痛に耐えられず、堪えるのがしんどくて、昨年、一票で政治を変えたはずなのに、期待を託した鳩山政権に再び手ひどく裏切られた。「政治主導」、「沖縄の負担軽減」、「対等な日米関係」、「公約実現」、すべて嘘だ。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

言葉に責任を持つ政治_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブログ力

海外にいて、国内の日々のニュースを細かくチェックできていないので、誤解しているかもしれませんが、このブログ「世に倦む日日」が伝えてきた一連の沖縄基地反対闘争を、社民党首・福島瑞穂はかなり読んでいて、この5月末の政変を創造したような気がしてなりません。もちろん悩みながら、世論や、鳥越俊太郎氏の問題提起、政界の流れ、といった多くの要因の結論とは思いますが、まったくウジウジしていた4月までのかの女とは別人のような印象を受けています。まさにやっと参院選の投票対象政党が生まれたような感じがします。いままでの流れを観れば、どうなるかはまだまだ予断を許しませんが、とりあえず世に倦む日日さんと同様、さわやかな気分になっています。
もしこの個人ブログの影響で政党が動いたとしたら、そのこと以上に新しい世界の可能性に、よりさわやかになります。 金魚

最初の障壁は乗り越えた。

全国幹事長会議が開かれ社民党の連立政権からの離脱が正式に決定されたそうだ。又市、重野、阿部など連立に未練を残していた連中も地方組織の声に押され、表立って異を唱えることは出来なかった。特に福島氏との確執が取り沙汰されていた右派急先鋒の阿部などはこれまで様々な形で福島氏批判を行っていたが、これも大勢に従った。

当然と言えば当然で、阿部は福島氏が比例での出馬を責めていたが、自身も比例復活組である。あくまでも党によって議席を与えられている存在であって、幾ら民主党に親和的であっても党を離れて鞍替え出来る訳ではなく、党の大勢に逆らう訳にはいかなかったのであろう。

去就が注目されていた辻元も前原から誘いを受けていた様だが、これも副大臣を辞任することになった模様だ。こちらも大分未練があった様だが、最終的には党の方針に従う事になった。

福島氏が党首として今後の政局、選挙に向けての戦術、戦略を持ち合わせているのか些か心許ない部分があるが、取りあえずは第一の障壁は乗り越えることは出来た。

そもそも、今回の一連の騒動は民主党の中でも平野など(厳密には違う様だが)旧民社系議員、前原など民主党極右議員などが社民党という党を潰そうとして仕掛けてきたもので、如何にも彼等らしいグロテスクなやり方であった。自民党が当時の社会党に自衛隊の存在を認めさせた様に、今回もあわよくば閣議決定に署名させることで今後の日米同盟強化の動きに社民党が逆らえない様にしようとするものであったと思う。それに署名させられれば良し、署名しなければしないで構わない。その時には社民党を連立から排除する名目として利用出来る。うまく行けば社民党を分裂させ、更に力を弱めさせることが出来るというものであったと思う。カルト企業の御用組合出身の平野、米国教の信者である前原などが如何にも考えそうな話だ。悪辣非道なやり方である。そこには仁義もへったくれもあったものではない。

福島氏がどこまで読んでいたか判らないが、とりあえずは社民党という党を救うことは出来たと思う。次はこれを社民党支持の拡大に繋げられるかどうかだ。

安全保障に関する立場の違いで連立から離脱した以上、民主党、自民党との連立が今後は取り得ない。そういった中で現状の議席数では国会に影響力を行使することはより困難となる。民主党は恐らく参院選で議席を減らしても公明党ないし、みんなの党との連携で乗り越えられると踏んでいる。ここで社民党が存在意義を発揮する為には議席を大幅に増やすしかない。

先の衆院選で民主党に投票した有権者の内、これまでの民主党のやり方に失望を抱いている層は、マスメディアの見方ではみんなの党に大きく流れていく見通しであるとしている。だが果たしてそうであろうか。私はそれ以上に行き場を失い、棄権を決め込むか、消極的に民主党に投票しようとしている層の方が多いと感じている。これを社民党が福島党首がどう惹き付けるか。まだ時間はある。

地方組織の一部では民主党との選挙協力を続ける意向を示している。中途半端な動き、曖昧な動きを残していては一般の有権者の支持には繋がらない。そういった動きを止めさせ、民主党と徹底的に戦うべきだ。早急に細部を詰め、民主党との選挙協力により候補者の擁立を見合わせていた地域についても再度候補者の擁立を進めるなどの動きを早急に進めるべきだ。

筋は通した、せいせいしたで終わりとしてはならない。ここで止まってはならない。左派の火を復活させるべく邁進するべきだ。おのずと結果はついてくる。

傲慢にも社民党を侮り、党首を侮辱した民主党に一泡を吹かせてやるべきだ。そういった思いで選挙戦を戦い抜いて欲しい。

No title

御無沙汰しております。こんにちは。
今回の記事、隅から隅まで、徹頭徹尾賛成です。普天間の問題が大きくなって、鳩山由紀夫氏という政治家がこれほどまで腰が据わらず、信念が無く、言う事をころころ変えて(案外御本人は柔軟性があるつもりかもしれませんが)、ただただ政権にしがみついて偉大なおじいちゃんの真似をする人物なのかと思い、慄然たる思いがします。これはおぼっちゃまの政治ごっこ、政治家ごっこに過ぎず、そんなものにつき合わされる国民はたまったものではありません。
福島瑞穂氏を始めとして社民党は全体としては筋を立派に通しました。(なかにはまだ政権にいて国民本位の政治実現をせねばという人もいるようですが、その政権の正体が明らかになった今、それは最早意味をなしません。)ここは一つ「確かな野党」のキャッチフレーズを共産党からもぎ取る勢いで選挙を戦い抜いて欲しいものです。私も参院選で共産党に入れようとしていた一票は社民党に入れようと思います。
しかしこの段階まで民主党びいき、鳩山由紀夫びいきをやって、不思議な論理を展開していたブロガーたちはなんらかの形で責任をとるべきでしょう。

No title

社民党の支持率も上昇しているようで、絶望中の燭光で、おめでとうございます。

ただ、成果なり結果がでるまで、様々な注意を払うべきと思います。
第1は、福島瑞穂さんの個人的な虚偽のスキャンダルや、虚偽事実の告発による捜査などのネガティブ・キャンペーンです。親米なマス・メディア及び検察当局がしそうなことです。

第2は、民主党左派支持層を取り込むには、対米外交につき、ある程度現実的な公約を示すべき点です。すなわち、今回の支持は、あくまでも新基地を沖縄に建設すべきでない、という主張についてであって、例えば「在日米軍の無条件即時撤退」など、あまりに非現実な主張をされると、民主党左派支持層を取り込むのは難しいのではないでしょうか。
 将来の再編時に連立できる程度には民主党の小沢周辺の方々と政策のすりあわせをしておくべきと思います。
 例えば、在沖海兵隊の「抑止力」論なら、だいぶ、根拠の薄いあやしい話ね、といった議論も可能でしょうけれど、嘉手納基地の空軍の抑止力は現に存在しており、自衛隊で代替できるか否か不明で、単純に無くした場合の影響などもわかりません。
 当面、次の参院選では、辺野古の話にとどめておき、嘉手納返還などと話を広げすぎない方が、良い成果を得られる気がします。

第3は、在日米軍の軍縮を図るために、対中外交をどうすべきなのか、積極的なプランを検討し、提案すべきです。 軍事知識を有し、在日米軍を維持すべきとの主張をする方々は、下記のように中国を仮想敵国とする議論をします。
http://obiekt.seesaa.net/article/151101072.html

本来、在日米軍の縮小にあわせて、中国及びロシアにも同等の軍縮を促すべきでしょう。 中国に軍縮を促す政治ができないまま、在日米軍の撤退のみを主張しても、結局のところ、「抑止力」を主張する人たちに勝てないのではないかと、懸念します。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。