スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島瑞穂なしに社民党は選挙を戦えない - 他の党首では惨敗消滅

社民党分裂_1一瞬で社民党は切り崩され、福島瑞穂の反撃の政治は失敗した。報道では、重野安正と阿部知子に加えて副党首の又市征治も離脱反対で、福島瑞穂に政府方針の閣議了解を迫ったと言う。福島瑞穂だけが署名拒否を貫いているらしい。全く呆れた話で、社民党支持者は天を仰いでいるだろう。おそらく昨日(5/27)の一日で、自治労や日教組などの組合が社民党に働きかけ、切り崩しに動いている。政権側は、福島瑞穂を罷免し、辻元清美を残し、社民党の連立維持を残す構えで、つまり、社民党に対して党首を変えて持って来いと言っているわけだ。そうすれば、週明けの5/31に再び閣議を開き、全員署名で政府方針を決定するという段取りが踏める。こうなると、焦点は5/30の社民党の全国幹事長会議で、そこで福島瑞穂の党首解任の緊急動議が提出されるか、あるいは5/29に社民党の常任幹事会が開かれ、そこで福島瑞穂の解任をめぐる攻防が行われる公算が高い。いずれにしても、5/30の全国幹事長会議は紛糾するし、離脱をめぐって賛成派と反対派が激論する緊迫の事態になるだろう。社会党が三つに分解した15年前を想起させる。しかし、阿部知子も又市征治も重野安正も、5/26と5/27の常任幹事会では、福島瑞穂の閣議了解拒否を支持しながら、一瞬で身を翻して卑劣な裏切りとは、二枚舌とは鳩山由紀夫のことではなく、自分たち自身のことではないか。福島瑞穂を追い出した場合、新党首は阿部知子だろうか。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

社民党分裂_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

国外県外移転を求める民主社民180議員

「5・27普天間問題緊急声明」に与党議員180人賛同
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/8da438a31f6c81ff71d73a2ed6c26004

彼らの思いが本物なら、民主党でも一大グループなのですがねえ・・・

No title

福島瑞穂党首で次回参議院選に臨めば、私の1票は必ず社民党へ入れます。
誓います。

No title

 先日、当コメント欄に福島さんの態度への疑念を書かせていただきましたが、今回の福島さんの態度は立派であったと思います。主義主張にかかわらず、政治家はかくあるべきです。
 福島さんが党首である限り、参院選では社民党に投票します。
 願わくば、福島さんには、今回の貴重な経験を糧として、より大きな政治家として大成し、良識的な国民世論の受け皿となりうる勢力の中心となって、国民の政治不信を払拭して頂きたいと思います。 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

日本に哲学なし

とは中江兆民の言葉です。「わが日本、古より今に至るまで哲学なし。そもそも国に哲学がないのは、あたかも床の間に掛け物がないようなものであり、その国の品位が劣ることは免ない・・・哲学なき国民は何事をしても深い意味がなく、浅薄さを免れない。自分自身で造った哲学がなく、政治には主義がなく、政党の争いもその場だけで継続性がない。その原因は実にここにあるのだ」(一年有半)。この著作が発表されてから百年余り、未だ日本に進歩なし。

社会主義インターナショナル現議長であるギリシャ首相が国を守れなかったところを見ると、左派の没落は著しいですね。ギリシャも日本も、社会主義政党は結局口約束だけということか。社民党は何をやっているのでしょう。この期に及んで連立維持を謀るとは笑止千万。マキャベリズムに溺れる左派政党など最早不要。
今回の攻防戦、福島瑞穂自身にも当然非があります。私は同情しない。元はといえば、彼女の不作為と怠惰が引き起こした問題です。阿部も重野も辻元も、あの程度の議員さえ纏められないようでは・・・。党首として政党として、本質を見失っています。社民党が連立を離脱せず、権力にしがみつくことを目的とする政党であれば、それは自民党と何ら変わらず、彼らに対抗思想を示せるだけの胆力がないということなのでしょう。消滅してくれて結構。
旧態依然・前時代的なムラ社会型政党ではなく、民衆の声を結集した政党及び政治集団の台頭を期待します。9条ネットワークから立候補があるように、反貧困ネットワークからも誰か立候補してくれないものか。草の根の運動で社会変革を志向するのもいいけれど、政治(法律)を変えなければ立ち行かないことを、現場に携わっている彼らが最も切実に感じているはずです。今こそ政治に求めるべきことがあるのではないでしょうか。

話題が脱線してしまいましたが、ここまで来て、普天間移設問題ではチーム鳩山が勝利を収めた感がありますが、反対論者には(私たちも含め)最後の最後まで闘って欲しい。沖縄県民の基本的人権を回復するべく、どうしても親米保守陣営に勝利したい。少なくとも哲学なき日本人にならないよう、本ブログ他で声を上げて行きたいと思っております。

福島氏は内部闘争にまずは勝たなければならない。

罷免されたまでは良い。だが、ここからが福島氏並びに社民党が生き残れるかどうかの正念場だ。

党内を纏められるか、党として一体となって行動出来るかどうか。自民党、民主党に限らず右派は手強い。福島氏及びそれに同調する人達が説得だとか、理解を求めると言ったお飯事的手法で臨んだら負けるだろう。きちんと闘争と認識して行動しなければならない。

党内を纏められない様であれば、その後に控えている民主党、自民党、みんなの党など強敵との戦いに戦いに抜くことなど出来はしない。

私が認識している福島氏の資質からするとあまり大きな期待は出来ない。福島氏及び社民党がこれまで通りの体たらくであれば、今でさえ消えかかっている左派の火が本当に日本から消えてしまう。

ある意味、私の想像を良い意味で裏切って貰わなければ困る。脱皮してくれないと困る。

何れにしても社民党右派の主張が通って連立に残る様な事態になれば、社民党は党として終わる。

福島氏と社民党にとって今日、明日が勝負だ。

とりあえず応援している。







No title

私も、来る参院選で、福島瑞穂党首の社民党に一票入れます。

立候補者がいなければ、自民党に入れたいほどの思いです。

この逆説を、衆院308議席を擁する民主党は、分かってくれるでしょうか。

福島さんって

確か、結構と高額所得者だったですよね?閣僚の資産公開
どーたらこーたらで。
ここまで社民党側に「経済的に利用されて来ただけ」って気が・・・。
って待てよ、政党助成金が有るから、関係ない?!のかな・・・・・・。

民法の改正案とか、従来の旧社会党の労組系議員には有り得
なかった(と思われる)、具体的な立案能力が有、・・・あれ?否、
これも今回の労働者派遣法案でNGでしょうか?

まあ今の所、一番呆れてしまったのは、さっきの罷免後の会見で、

「来週の全国幹事長会議で云々」発言

ってさ、
一体、何ノンキな事を!
今回は閣僚罷免・即・政権離脱でしょ!
乱暴かも知れないが、んな民主主義?手続?
一旦置いとけよ!

って、勝手にツッコンでしまいました、自分(汗)。

こう打ち込むと

ブログ主さんから不興を買う(笑)かも知れませんが。

土井さんって、あれでいて結構強かだったというか、例えば(党務から離れていたけど)
衆議院議長時代に選挙制度改革法案で、条文中に技術的な些細な文言の挿入で施行を
遅らせようとして色々と策を練っていたらしかったという説を聞いて、結構怖いというか、
おおやるなぁこのヒトという印象が有りました。

その点今回、みずほたんは向こうから「罷免される」という所にばかり何だか、強かさの重心を
置き過ぎていた様な気がします。
そういう所でオンナを出すのかよ、もっと男女同権的な所で行動してきた方と思っていたのに。

今回ばかりはご自分から言い出して辞めるべきでしたね、エエ。
(何か弁護士としての習性みたいなものがついつい出てしまったんだろうか?!、
それと消費者大臣&宮崎出身者として口蹄疫対策で動いていた所でこう問いかけるのは
ちょっと酷かも!?自分もマスコミ報道の出し方の印象に振り回されてかも知れず・・・。)

(政界入り前?の沢田亜矢子の離婚裁判の時もそんな気がしましたが)何かもう一つ、
こう何ていうんだろうか、長期的且つ全体的な展望が欠けている気がしてなりません。
チョットは亀ちゃんの破天荒さを見習うべきかも。

以上、連投の方、失礼致しました。

No title

 こうなってしまった以上、社会民主党には、「民主党左派」の支持層を「全て毟り取る」結果を、参議院選挙で示して欲しいですね。

菅直人氏も結局、「署名」してしまいましたから・・・。この政権は、もうお終いです。鳩山由紀夫氏は、首相を辞めたら言葉通り、国会議員を辞職して、農業をして余生を送って下さい。この彼の言葉も、「出任せ」かも知れませんが・・・。加えて、離党して資金を引き揚げたらどうですかね・・・。
金を出し続けた事が、彼を「注意出来なかった」要因の1つだと思いますが・・・。

次回の参議院選挙は鳩山内閣の「崩壊」どころか、ゲーツ氏・ルース氏等の「読み誤り」が理由で更迭される様な結果に成らなければ、意味がありません。

福島氏や日本共産党等の反「新自由/新保守」主義は、どう共闘するべきか、我々はどう関わるべきなのか、時間は殆どありませんが、何か良い案は無いものでしょうか・・・。

No title

社民党がこの期に及んで連立政権に残るなどあり得ない。いやあってはならない。今でさえ弱小の政党であるのに、それこそ本当に政党として終わりを迎える。

社会党が分裂した時と同じ轍を踏んではならない。社民党としての存在意義を捨て政権に残ることは愚の骨頂である。連立の象徴であった社民党からの入閣者が一方的に切り捨てられたのだ。しかもそれは社民党の党首だ。ある意味民主党から三行半を突き付けられたに等しい。にも拘わらず何食わぬ顔で連立に残るなどコアな支持者はともかく、一般の有権者が理解出来るものではない。また、ただでさえ圧倒的多数の民主党に対して埋没気味であった社民党がここまでされて連立に残っても影響力の低下は免れまい。それこそ連立に残るのは社民党の意向を少しでも反映させる為だなどと言う主張は説得力は持ち得ない。

ここまで来たら社民党は腹を括って連立を離脱し、外交面、軍事面、経済面に於いてタカ派的な政策に軸足を移しつつある(移した)民主党から票を奪い取る気構えで選挙戦に臨むべきだ。時期的にも丁度良いタイミングである。

民主党は嫌だが自民党はもっと嫌だという層の内、新自由主義的改革への志向が強い連中にとってはみんなの党と言う格好の受け皿がある一方、左派系にはこれまで受け皿がなかった。社民党は民主党が「国民の生活が第一」と言っておきながら政権をとった途端、それに反した方向にシフトしようとしていること、したことなどを徹底的に突くことで投票を棄権しようとしている層だけではなく、棄権は嫌なのでとりあえず民主党に投票しようと考えている層からもある程度は社民党に誘導できる可能性がある。

連立に踏みとどまった処で社民党に民主党支持者からの票や浮動票が入る訳ではない。逆に少ない社民党の支持者が逃げて行くのがオチだ。

それはそうと今日の鳩山の記者会見はわざわざ9時のNHKニュースの時間帯に合わせて行われた。NHKは冒頭から30分間それを流した。テレビ朝日は通常10時から放送される報道ステーションをわざわざ時間帯を繰り上げて記者会見を生で伝えた。両方合わせて25~30%の視聴率だ。鳩山はこの記者会見に相当な予行演習をして臨んだのであろう。メモには殆ど頼らずにカメラ目線で発表を行っていた。私は一部始終視たが、鳩山のキャラもあってこのマスメディアをフルに使った弁明は支持率低下に一定の効果が期待できるあるであろうと率直に感じた。

一方、福島党首の記者会見の模様は編集されたものの一部分だけが10秒足らず流されただけであった。

それだけ民主党と社民党にはハンデがある。それは今後益々拡大していくだろう。鳩山が普天間問題について米国の意向をある意味丸呑みしたことで、これから米国やマスメディア、財界、官僚などとの関係改善が急激に進んでいく、それによってマスメディアの取り扱い方も民主党に多少なりとも親和的な方向にシフトして行くであろう。従ってハンデは益々拡大していくこととなる。

私は先にある意味社民党が連立を離脱することで一番楽観的な見方、希望的観測を示したが、相当なアドバンテージがある民主党と闘っていくのは相当な困難が予想される。

そういった戦いに臨む為に、まずは社民党自身を闘う集団、闘える集団にしなければならない。その為には福島氏及び福島氏に同調している社民党の議員が結束し、まずは党内抗争に勝つことが先決だ。これまでそういった荒事に疎く(疎い様に見えた)、且つとっぽさ、素人ぽっさばかりが目立ってきた福島氏がどの様に行動していくのか、それに全てはかかっている。

連立政権離脱後、何か展望があるのだろうか・・・共産党と共倒れでは

社民党が政権から離脱した場合、何か展望はあるのだろうか。

結局、「第二共産党」と化してしまい、護憲左派票を共産党と奪い合って、共倒れするだけではないだろうか。

参院選は、各種情勢調査によると、大マスコミの応援を受けたみんなの党が、20議席を伺う勢いであり、
また、小泉進次郎人気で、自民党も50議席を伺う勢いとか。

このままでは、参院選は

自民党 50議席
民主党 30議席
みん党 20議席
新党勢 10議席

共産党  3議席
社民党  2議席

という悲惨な結果に終わるのではないでしょうか。
新自由主義勢力+保守=ネオコン勢力の圧勝です。

結局、新自由主義勢力+保守=ネオコン勢力に対抗するためには、
共産党と社民党は合体するしかないと思いますが、
過去の怨念や確執で、両党が仲良くすることはないでしょう。
国政レベルでは、選挙協力すらできないでしょう。
その結果、選挙区は、ことごとく共倒れに・・・。

参院選後は、マスコミによる「小泉竹中構造改革」の賞賛(新小泉劇場=進次郎への個人崇拝扇動)と
ナショナリズム(レイシズム・排外主義)の高揚で
ますます国民の暮らし(とくに社会的経済的弱者の暮らし)は厳しくなっていき、
日本は、破滅の方向に転落していくのではないか、と非常に懸念しております。

No title

護憲派で著名な法政大学の五十嵐仁氏の筆が怒りに震えている。私も五十嵐先生と同じように何ともやりようのない怒りで昨日は安眠出来なかった。私などの安眠などはどうでもよいのだが、多くの沖縄県民、国民への裏切りを到底認めることは出来ないし、またこれを許してはいけない。

五十嵐仁「転成仁語」からの一部http://igajin.blog.so-net.ne.jp/
「結局、鳩山首相がアメリカとやり合うだけの勇気をもたなかったということでしょう。見通しもなく、信念もなく、そして勇気もなく……。ただ、思いつきでモノを言っていたということなのでしょうか。私も、裏切られたという思いで一杯です。首相としての資質を持たない者は、さっさと辞めるべきです。詐欺師が入るべきところは、首相官邸ではなく監獄です。信じるに足りない人物は、政治家としても失格です。「命を賭けて」と言っていたのですから、少なくとも議員を辞職するべきでしょう。」
「福島さんは、よく頑張ったと思います。更迭は、福島社民党党首にとって、政治家としての名誉であり、誇りとすべきものです。少なくとも、沖縄県民の願いを踏みにじることはなかったのですから……。自らの発言に従い、政治家としての信義を貫いたのですから……。」
とエールを贈っている。
社民党は政治的な筋を通してゆくべきだと思う。

あきらめてはいけまへん!

鳩山総理および平野官房長官がこれまでの記述通り無能・無策であることは分りました。彼等は最初から県外や国外に移すことなど最初からあきらめていたのではないでしょうか。さっさとお辞め頂きたいと思います。

しかし、これでジエンドしたくはありません。これだけ沖縄県民がいやがっていることを米国は全く折れない、全く妥協しませんでした。これでいったい同盟関係といえるのでしょうか。自国の利益だけむさぼる、まるで19世紀の植民地と何が違うのでしょうか。怒りの鉾先は米国に向くべきだし、米国を非難すべきです。

さらには、最初から県外や国外移設などに全く努力をしなかったコトナカレ官僚達。岡田外相や北沢防衛大臣など取り込まれていて、話になりません。

つまるところ、民主党の政権交代後の政策の優先順位が全くおかしいと思います。政治主導といっても全く官僚は動かない、また動くようシステムを変えなかった。これに尽きると思います。まず民主党がやらなければならないのは公務員改革で、政治家の政策を具現化する官僚組織を構築することです。これができなければ、自民党が積み上げてきたこの国の問題は何も解決しません。

マスコミなどは、何とか現政党の足を引っ張って再び自民党のみつ月関係を築こうと必死です。世に棲む日日さんのようなすばらしいブログ主の弛まぬ情報発信に期待いたします。

No title

いつも貴ブログの鋭い分析,考察を興味深く拝見し,とても勉強になります。
ただ疑問なのは,なぜいつも問題を社民党内の主導権争いや閣内の人間関係,あるいはメディア・マスコミ内の攻防に矮小化してしまうのでしょうか?
端的に言って国民の完全な敗北だと思います。数千,数万の市民が連日アメリカ大使館,首相官邸,国会,社民党本部を包囲できたなら,結果は全く違ったものになったはずであり,その意味で私たちの圧倒的な完敗だと思います。
社民党や連立政権内の力関係やメディアの報道以前に,私たちの無関心,黙認,沖縄に負担を押し付けて安住する醜い態度こそが問題ではないでしょうか。

追伸:「「5・27普天間問題緊急声明」に与党議員180人賛同」というのは,何をいまさらと言う感じで失笑を禁じえません。なぜ,昨年からもっと強く主張しなかったのでしょうか?まぁ,正式に決まった後なら,安心して反対できるのでしょう。

戦況

現地の稲嶺市長が雨中で雄叫びを上げたわけですから、本土の私たちが悲観しても同盟政権の思う壺です。あくまで油断は排しつつも、むしろ闘争は次の段階に進んだと私は見ています。

まず、7月の参議院選で政権運営が打撃を受けるのは必至。参議院の与党協力の体制が変化し、政権を叩いている側の今の野党が仮に民主と連帯しても、移設容認を今より声高に叫ぶのはまず無理です。ミイラ取りがミイラになった鳩山と同じ醜態にしか国民が判断するはずもなく、この生け贄への恐怖は、かなりの縛りになるはず。

8月末に辺野古への移設工法が決まって開示されれば、利権の裏にある同盟の手の内も余すこと無く国民が知ることになる。

移設が予定されている9月の辺野古市議選で、移設賛成派を完封無きまで封じ込めれば、勝機はまた開けると。

また11月の県知事選では、県内移設反対候補しか当選はまず無理です。移設に反対して誕生した新知事が、移設工事の許認可にハンコを押せるはずもなく、逆にハンコを押さないと公約した知事しか当選できないように県民が誘導すればいい。先に県議会が超党派で県内移設反対に団結しているわけですから、闘争条件は良いはずです。

これらのハードルを超えて工事を着工するには、それこそ許認可法規も完全に無視し、軍事力で辺野古全域を占領包囲でもしない限りまず無理で、そんなことを米軍・海保の同盟軍が沖縄で決行したら、仮にオバマ・クリントンが認めても、国内と国際世論が許さないはずです。

正論を通すには、まず選挙で県内移設反対派の勝利の正道を担保するのが絶対の条件であるのは間違いありません。陰日向の参議・市議・県知事選への応援ならば、本土民にもいくらでも行動の選択肢はあるはず。

先人たちの犠牲に報いるためにも、断固、三里塚のような横暴を再び許すわけにはいきません。この問題で試されているのは、実は私たち全国有権者の良識の有無に他ならないと考えます。つまり、闘争は全国に拡大されたと。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。