スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社民党は連立を離脱せよ - 普天間争点の参院選で劇的に勝利せよ

連立を離脱せよ_1明日(5/27)、基本政策閣僚委が開かれる。連立に残るかそれとも出るか、あと一日の攻防となった。報道では、日米合意には辺野古を明記し、閣議決定する「対処方針」には社民党に配慮して辺野古を明記しない可能性があるなどと書いている。平野博文のリークだろうが、とんでもない話だ。まさか、福島瑞穂はこの欺瞞的な二重基準を受け入れて、閣内に踏み止まるつもりなのだろうか。福島瑞穂も主張しているとおり、閣議での議論や了承なしに日米合意を先に決める手法そのものが間違いで、閣議了解のない日米合意や閣議決定と矛盾する日米合意など無効だ。だが、このことは今頃になって騒ぐのではなく、もっと早い時期から批判を上げ、閣議もしくは基本政策閣僚委で論戦を挑むべきだった。閣議を形式的な決議や署名の場にするのではなく、閣僚同士の真剣な政策討論の場にすると言ったのは、民主党の菅直人である。閣議は週に二度も開かれ、岡田克也と北澤俊美と前原誠司が常に顔を揃えている。連立政権を構成する三党首の一であり、閣内席次序列No.4の福島瑞穂が声を上げれば、そこで簡単に論戦のイベントを始動できたはずだ。これもまた、国民や沖縄の立場からすれば、福島瑞穂の不作為の責任が厳しく問われなければならない点である。照屋寛徳が閣僚として入っていたら、日米交渉の進行と姑息な県内移設の既成事実化の手口を黙って見逃していただろうか。

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

連立を離脱せよ_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

社民党の末路

私は社民党を支持していませんが、ここで党の考え方を貫き、政権から離脱しないと、かつての社会党と同じように消滅してしまうように思います。

亀井氏の場合は、自分の政策実現に関与できるポジションを獲得したから、強引に進めることができましたが、福島氏は少子化担当・消費者相ですから、これは無理でしょう。

社民党の離脱は「小沢追放」の一里塚になるだろう。

社民党や国民新党はとっくに「小沢のパペット」です。
小沢は民主党を支配する道具として2党を利用して来ました。
小沢は「マスコミの風まかせ」の選挙を嫌った組織的選挙対策を進めてます。
社民党と国民新党は小沢の
「票配分で生かされて」いますが社民党の連立離脱は小沢を「道ずれ」にする結果になるだけでしょう。
それが「小沢追放」を狙う前原の狙いですよ。

今こそ日本の将来が問われる

2005年の小泉郵政選挙、昨年の衆議院選挙といい、日本は米国との関係をどうするのかという日本の将来を争点にした選挙ではありませんでした。

今回の選挙で、普天間基地問題が争点となれば、これこそ、日本と米国との関係が今後どうあるべきなのかを問う選挙となります。

まさに、日本は米国に従属して米国の属国として生きた方が良いのか、それとも戦後の日米関係を見直し、日本は独立国として米国戦略に必ずしも囚われない国家として一歩踏み出すのかという選択を国民が迫られることになります。

私も、ブログ主と同感で、米国合意で辺野古合意がなされ、そこで社民党が政権に留まれば、米国との関係に疑問を持つ国民の受け皿は共産党しかなくなり、政治に失望し、投票行動すらしなくなる国民が増えるでしょう。

私は、基本的に無党派層ですが、ここで社民党が政権を離脱すれば、社民党に投票するでしょう。政権内に留まれば、恐らくは共産党に投票するしか選択肢はありません。

シーラ・A・スミス研究員

ツイッターでシーラ・A・スミスの発言を引き合いにし「日本人はこうやって騙されていく」とありますがご高説賜りたく。小生、彼女は現在のオバマに近いとはいえ実はあまり発言力のない人か干されているポジションじゃないかと左程気に留めていませんでした。言われてみると沖縄の地元紙以外では、産経新聞からの取材が多いようですね。なかなか曲者かもしれません。

No title

シーラ・スミスを沖縄県内移設困難の一点のみ取り上げて錦の御旗としている「ブログ左翼」がいるが、笑うしかない。昨日の朝日新聞などを見ても、日米安保体制について本質的な議論が必要という問題提起をしつつ、示唆されている帰結は日米防衛協力の一体化、そして自衛隊の強化だった。鳩山が「この国の人は自分の国は自分で守るという意識が希薄だ」などと突如言い始めているが、このあたりと実は通底するところもある。さすがにこちらのブログは見抜いていると思う。

社民党について、どのような方向に進もうと、社民党自体の分裂が不可避であろう。そうした調整を抜きにスタンドプレーをしている福島に、いささかの危惧を抱かないでもない。民主党左派との連携は不可能なのか。離党するなら、そのあたりを巻き込めないのか。

ところが、以前のコメントにもあったように、川内、玉城などはなぜか鳩山礼賛になってしまっているのだから、しかたないのだが・・・。

政権離脱と投票行動

連日の「超」鋭い普天間情勢批評に敬服しております。
私は国民新党支持者ですが、社民党が辺野古移転反対を唱えて政権離脱した場合は、今度の参院選比例区では社民党に投票する用意があります。

普天間―「玉砕するな!」と社民党を諌めた亀井大臣の戦局観

ブログ主の見解に反するかも知れませんが、御覧下さい。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。