スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山辞任以外に選挙の活路なし ? 普天間は参院選の争点になる

鳩山辞任以外なし_1官僚・閣僚側が巻き返し、5/22に鳩山由紀夫に日米合意文書への辺野古明記を決断させ、そのまま翌日(5/23)の沖縄再訪での正式表明へと詰めさせた。宇宙人の優柔不断と右往左往も、こうなると後戻りは難しい。日米共同声明の発表も、巻き返されて5/28の日程に戻った。最早、鳩山由紀夫の辞任で収拾するしかない。「県民に大変混乱を招いたことを心からお詫びする」と謝罪をしたのなら、その責任をとって辞任するのが当然だ。辞任せずに首相職にとどまるのなら、「お詫び」の言葉も嘘になる。沖縄に対して(振興策を餌に)辺野古移設を説得するのなら、それは鳩山辞任後の次の政権がやるべき仕事で、「最低でも県外」と言って嘘をつき、沖縄県民を愚弄して裏切った鳩山由紀夫では説得はできない。相手にされない。辺野古移設を決断して沖縄でそれを公表するということは、その決断の意味は、自身を事実上辞任に追い込んだということであって、その責任から逃れられると思うのは勘違いも甚だしい。決断には責任が伴う。福島瑞穂はコメントを出し、「沖縄県知事がサインするとは思えない」と言っている。その通りで、普天間移設の合意とは、米国と合意すれば成立・完成するわけではなく、沖縄との合意という決定的なプロセスが要る。沖縄とは仲井真弘多のことである。昨日(5/23)のニュース映像で際立っていたのは、平素は古狸で飄々とした仲井真弘多が、これまでに見せたことのない厳しく険しい表情をしていたことだ。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

鳩山辞任以外なし_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ネット民主派が望む後継首相は亀井

ネットで民主を応援してるのは「反新自由主義」「郵政再国営化」を推進したい者がほとんどでしょう。
すると「管」は前原程ではないが日銀の財政危機キャンペーンに妥協的で「増税の管」の印象が強いです。
ならば「亀井がイイ」と言う消去法はありますね。

社民党の存在意義

今回の鳩山首相の決断に、社民党がどう対応するか。社民党の存在意義がまさに問われているときです。

沖縄県民負担軽減という平野官房長官の言葉にのっかり、連立政権にとどまるのであれば、社民党の存在意義はなくなるでしょう。

No title

鳩山由紀夫首相の、母親からの毎月1500万円のお金が問題になったとき【本人は全く知らなかった】ということで、司法的には解決しています。

今にして思えば、国民として【知っていて、全く知らなかった】と嘯く人物を首相に抱くほうが、真実【全く知らなかったという宇宙人】を首相に抱いているよりも、どれだけ良かったか知れません。

お金持ちの【世間知らず】と言えば、庶民では〈あこがれの)的になりますが、全くの世間知らずでは、一国の首相として看過できません。

鳩山首相が【普天間問題に、命がけで取り組む】と語ったとき、私たちは真実それを信用し、今日に至っています。今にして思えば、なんと、その言葉が軽かったことか……。言葉だけなら、いくらでも言えます。この私たちの思いを鳩山首相をサポートする人々(民主党支持者)が、全く無視しているのが残念であります。

まして、朝に宣した言葉を夕に翻すなんて、もってのほかであります。一国の天子(首相)の器ではありません。

故事曰く【綸言、汗のごとし】
天子や君子の発した綸言(りんげん)は、出たら戻せぬ汗のように【絶対、取り消せない】の意であります。
漢書(劉向伝)『綸言如汗』iにありますが、首相のあり方として、味わい深い訓戒であります。

内閣改造

> 信なくば立たず

論語の顔淵、「民無信不立」ですね。
軍備や食糧よりも信頼が大事、国民が安定するためには。 という話。
耳が痛いね、鳩山さん。

が、この言を座右の銘にしていた小泉さんも、改革なくして成長なし、とか言って、「痛みに耐えればいいことあるんだ」と信じこませて郵政選挙で大勝利をおさめたのに、結果を出せなかったのも、全国ウン千万有権者のご案内のとおり。
いずこも同じ、ということでしょう(やれやれ)。

鳩山さんが退く場合、普天間問題についてはゼロベースで考え直さなくちゃならん、と米国に思い知らせるためには、後継の総理は福島瑞穂さんがいいでしょう。そんなに文句あるんなら貴様がやれよ、という意味もこめて。
こないだの政権交代の前まで、国会の端っこでぎゃーぎゃー騒いでる小娘にすぎないと思っていた存在が、閣僚のヒナ壇どころか総理の席に座る。
自民党にとっては、めまいがするような光景になるでしょう。
当然、内閣と民主党人事は大改造。
人事の基本方針は、オールスターでありながら実力派内閣という印象をアピールできるようなのが理想。
まず、派閥の力関係とかキャリアだけで大臣になれたような今の防衛相とか農水相とかの諸君はサヨナラ。お疲れでした。
前原君も、もういいや。党に逆らう癖があるんで。
長妻さんも別の、もそっと軽いポストで、他日を期して勉強してもらう。
蓮舫さんは行革担当で入閣。安住君もどこかで起用したい。財務相は亀井さん。となると、金融担当は海江田さんかな。
官房長官は枝野さん。仙谷さんは機能しそうもない国家戦略担当なんかより法相あたりに押し込めておく。余計な話をさせないためにも。
外相は北方領土の返還交渉があるんで鈴木宗男さん。岡田さんは経産相に横すべり。
あ、田中眞紀子さんもいた。この人は血も涙も無い印象が好都合なんで、行革担当がふさわしいですね。となると蓮舫さんは厚労相あたりか。しかし厚労相は三顧の礼を尽くして湯浅さん、というのもありかも。
民主党の幹事長は、幹部で無傷なのは菅さんくらいなんで、次期総理の口約束を餌に、小沢さんのパペットとして精励してもらう。

で、首班指名で福島さんを総理にしたら、内閣の正統性を問うため、同一選でしょう。
ただ、そうなったら、「お、与党も捨て身で勝負するんだ」と、面白い選挙になってしまうんで、投票率も上がり、衆院での多数をチャラにする懸念のある大バクチになってしまいます。
うーん。同一選はあり得ないか(笑)。

やれやれ…

同一選は無理でしょう。せっかく掴んだ政権の旨味。絶対に手放さないのが権力の本質かと。

国民に叩くだけ叩かせてガス抜き。絶妙のタイミングで降板。人事刷新。

自民党終末時代を考えると、ただ政権維持のためだけに、どことでも連立する狂宴を演じるのがシナリオかと。だが、今の叩かれ振りだと、組む方も毒饅頭を食わされる覚悟が必要。

後期高齢者医療制度の改革の施行が、平成25年度からだとか。あと3年も先。生きているうちに、国に貢献されてきたお年寄りから、しゃぶるだけしゃぶって、あとは送り人ですかね。長妻はどうしちゃったのだろう。

国家犯罪の国民年金の名寄せの進捗もどうなったのでしょうか?

この政権、全くフリーズしています。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。