スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海兵隊抑止力論を肯定する小川和久の暴論 - 米国美化の言論姿勢

小川和久の暴論_1普天間の情勢は、一日単位、半日単位で変わる。目まぐるしく攻防の戦局が変わるのは、要するに鳩山由紀夫の腰が定まらず、両側から押されて右往左往しているからだ。米国と官僚とマスコミはさぞかし苛立っているだろう。一日前、5/21の午前中は、辺野古移設が明記された日米共同声明の発表が5/28で決定と報道で既成事実化され、それを政府決定する閣議開催(=社民党の政権追放)が固まっていた。ところが、福島瑞穂が官邸で鳩山由紀夫に詰め寄り、立ち話ながら抗議に及んだ結果、鳩山由紀夫が揺れ始め、夕刻のマスコミ報道では共同声明での辺野古明記が微妙な状態になった。さらに、業を煮やした仲井真弘多が記者会見で辺野古移設の拒否を明言、5/23の鳩山由紀夫の沖縄再訪時に卓袱台をひっくり返すと発言した。夜のテレビ報道では、共同声明を詰めている実務者(官僚)の声として、5/31に合意文書を発表できるかどうか微妙だという弱気な情報にまで変わった。半日で政府側が一気に押し返された。お手柄は福島瑞穂である。ブレずに強気でよく押しまくった。福島瑞穂の強硬姿勢が、小沢一郎と亀井静香の「辺野古移設に対する消極的反対」の姿勢を媒介している。今週の福島瑞穂はよく奮闘した。マスコミは、孤立した少数異端の社民党が政権内でゴネでいるように演出して報道する。だが、実際は違う。5月末に強引に辺野古決着で押し通そうとする米国と官僚と閣僚の側に無理があるのだ。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

小川和久の暴論_z
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

「日米安保」と「日米同盟」

日米安保条約は、(町村)外務大臣、(大野)防衛庁長官とアメリカの国務長官、国防長官との間で(2005年10月29日)合意文書「日米同盟:未来のための変革と再編」によってすでに変質されてしまっていると言われている。(孫崎享著)「日米同盟の正体 迷走する安全保障」
米戦略に従って世界中に自衛隊を派遣することに合意しているのではないか。
しかも「日米安保」は自公政権のときも、さらに政権交代後の民主党政権となっても国民に対して「何も変わっていない」というような印象と嘘をいい続けているのは妙ではないか。

それにつけても岡田外相の罪は大きい。岡田外相は高らかに「同盟関係」重視を掲げている。
しかし実際の日米の関係は「同盟」なぞという関係ではなく、「普天間問題」での態度や姿勢を見ても「米国につき従ってきているだけ」の印象しかなく、むしろ自公政権より質(たち)が悪いのではないか。

「普天間問題」の悶着を冷静に考えれば、鳩山総理では「従属日本」からの脱却が元々無理だっただろうし、沖縄のひとびと、政権交代に一票を投じた国民の期待は露と消えてしまうのだろうか。

海兵隊の意味合い

何と切れ味鋭い批評。海兵隊の存在意義については、基本的には駐留国の政権制圧にあります。イラクのフセイン大統領(当時)を拉致したのも海兵隊だったのを忘れたのか。米国が政権転覆を謀るとき、そこには必ず海兵隊の存在があります。小川和久は何を言っているのか。彼がそんなことも知らず、県内移設を正当化する言論を行ったとは思えず、何らかの取引があったと見るのが妥当でしょう。榊原英資と言い、碌なブレーンがいない。小川も榊原も華麗なる内閣の名簿から外すべき。
このような事態にあって、寺島実郎の主張が表立って出ないのも妙な話です。今こそ前に出るべきときなのに、三井物産とメディアでの地位に未練でもあるのでしょうか。基本的に彼を信用してきた私ですが、近頃は疑念を抱くこともあり、何とも言えません。普天間移設問題がここまで紛糾している今だからこそ、彼が示せる立場があるはず。何をしているのか。

日米同盟が朝鮮半島の緊張と台湾海峡の有事を射程に入れたものであるとは言え、メディアの論理には無理がある。仮に日本が攻撃されても、沖縄の海兵隊が守るのは在留米国人のみであり、日本人など助けてはくれません。それに本ブログでも論評している通り、空中戦が肝要であり、海上戦は最も優先順位の低いものです。正当化するつもりはありませんが、仮に海軍に存在意義があるのだとしたら、それは核搭載の攻撃型潜水艦でしょう。いざとなれば6分で北京に核を落とせると言われていますから、日本に海兵隊など不要。
イラク侵略を例に取れば分かりやすいですが、海兵隊が現場に展開されたのは、徹底的に空爆したあとです。現代の軍事戦略において、最も優先されるのは航空部隊であり、海兵隊は展開されることなく作戦が終了することもあります。小川和久やメディアは、この事実を隠し真実を曖昧なままに問題を捻じ曲げる。今後も小川和久(軍事)及び寺島実郎(外交)の発言には注意を払うべきでしょう。

沖縄発の「政界再編」を!

沖縄では「県内移設などもっての他」の世論が強いのですが、
「日本全体」では「沖縄へ押しつけ容認」のマスコミや政治家への反発は弱いです。
特に民主党の中は安保問題よりも「政治と金」の問題で親米ネオリベ派に対して「左派」が押され気味です。

それが鳩山政権の姿勢がふらつく原因の一つですね。
だからこそ「沖縄規準」の政界再編が必要となります。

「鳩山後」に備える為に。

No title

◎他国を飼い犬として飼っておくにはその外交、防衛、経済、政治などのどれか一つをこちらに依存させておくことだ。彼のポチ犬は、念の入ったことには二つの首輪でしっかりと当方に繫がれている。

◎日米密約どころではない! 日米安保条約がいつの間にか白昼堂々と日米同盟に改変されて、米軍は日本政府の承認なしで在日基地から世界の何処へでも直接、攻撃部隊を発進出来るようになった。

◎外国軍の駐留に対して「別にいいんじゃない」とする無関心な若者達や政治や経済、軍事などの事を話しても「そんなことはもっと偉い人に任せて於けばよい、あなたが心配することはない」とする大人達が大部分を占めるこの国の将来は決まったようなものだ。

◎そもそも新政権を選んだのも一部の人達が抱くような信念や国益そして自主独立などという大層なものに基づいたものはではなく、前政権に飽きたからからとか何々手当が貰えるからという下世話な理由からでしかない。

◎日本の政治家や国民はアメリカを同盟国、友人とみているが、米国は仲間どころか、単に収奪相手、奴隷としか考えていない。このことをまだ分かっていない島国の人々は、なんとお人好しの国民だろうか。

◎日米安保条約を前提とする限り、如何なる議論(日米対等、基地撤廃、日米地位協定改定、思いやり予算廃止など)も前進しないだろう。

ご参考

いつも的確なコメントを楽しみにさせていただいております。
テレビのコメントはどうしてもつまみ食いになりますので、放映された内容に対する批判は甘受せざるを得ないと思います。
しかし、もう少し自分なりの考えを発信していることも、ご承知いただければ幸いです。
「中央公論」5月号の拙稿あるいは拙著「普天間問題」(ビジネス社)にお目通しいただければ、ご批判の内容もさらに的確になるのではないかと存じます。
それから、私は首相の顧問やアドバイザーではありません。米国政府とも平和構築の作業の中で普天間について意見交換した訳です。

思いやり負担は?

暫定案として小川の中央公論5月号論文を納得して読んだものですが、暫定案であっても既にダメだというほど沖縄民意はルビコンを渡ったいうべきなのでしょうか?

グアム移転負担費用の執行は裏で進むのでしょうか?
大事な金問題も全くメディアからは報じられず、国民はよくわかりませんね。
それにしても鳩山のふらふら状態は確かに自ら招いた混乱で、民主党支持者の詭弁ではどうにもならなくなっているように思いますね。

No title

連日、ブログ主さまの【普天間問題】を読ませて頂いて、その鋭い論文に感動しております。

さて過日(4/28)、ブログ主さまは【辺野古沖海戦】まで言及されています。

本日(5/23)、鳩山首相は正式に【辺野古へ移設】を表明しましたが、いつだったか鳩山首相は【自民党は、辺野古に杭一本打てなかったではないか】と国会で答弁しております。

ということは、鳩山内閣(民主党)は【自公政権ならできなかったが、おれたちの内閣は、杭打ちを絶対にやる】と、国家権力を使って【辺野古の杭打ち】を強行するのでしょうか。

となると、ブログ主さまか懸念されている【辺野古沖海戦】が、成田闘争を彷彿させる反対勢力との間で、実際に行われることになるのでしようか。現時点での、ブログ主さまの鋭いご考察をお聞かせ下さい。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。