スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

榊原英資の「ドル漂流」 - 消費税増税プロパガンダと変節の新手口

榊原英資_1昨日(5/19)、丸の内の丸善の1階売場を覗いたら、榊原英資の新刊の『ドル漂流』が平積みされていた。手に取って立ち読みをしているうちに、中身の半分近くまで読み進み、結局、レジカウンターに持って行くことになった。新しいデータが入ったグラフや表が多く載り、経済の本として読みやすく仕上がっている。最近、榊原英資の姿をテレビで見る機会がなく、高齢で健康でも害したのだろうかと心配していたが、文章の筆運びを見ると元気そうな様子が窺える。テレビで水野和夫と榊原英資の解説を聞くと、経済の話を聞いた気分になる。ネットの記事では田中宇。本の内容は、全体的なサーベイとレポートとしてはまずまずの論述が続いたが、一点、消費税のところで愕然とする主張が書かれていた。日本の財政赤字について、消費税の増税を怠ったから、これほど巨額の赤字が膨らんだのだと言い、直ちに欧州並みに15?20%の水準に税率を上げなくてはいけないと言うのである。財政赤字の原因を消費税増税の据え置きで説明する議論は、私には初めてで、しかも榊原英資の口から飛び出すのは意外だが、政府やマスコミや経団連からすれば、この榊原英資の「説明」は大衆を説得する情報として大いに使える。参院選にかけて、マスコミは消費税増税のキャンペーンを再び仕掛けるだろうが、榊原英資がその世論工作の先兵になってテレビに出演しまくる可能性がある。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

榊原英資_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

榊原英資と水野和夫の裏切り

今週の読売新聞の経済面で、水野和夫までもが増税やむなしとの見解を表明していました。将来的な人民元の切り上げにより円の魅力(価値)が衰退する可能性に備えよ、と言っていましたが、納得できません。
以前から榊原英資への疑念は持っていましたが、新刊を手に取って確信に変わりました。数年前の彼の著作からすると、かなりの変節ぶりに驚くばかりですが、これが辺見庸が言っていたことなのでしょう。
自己責任論の局地としての消費税増税論議。日本の新自由主義の論理展開が分かったような気がします。増税論議に血走りを上げている脇で、法人税減税積極論が進められているのも、用意周到な新自由主義陣営らしい戦法です。

神野直彦は、週刊金曜日で増税反対を打ち出していましたが、政府税制調査会の文書で消費税引き上げが明記された報道では、菅直人と一緒に写っていました。これを見たとき、何かバーター取引(財務相内示とか)でもあったのではないかと勘繰ったものです。
金子勝の言論やブログをチェックしている限り、増税への言及はありませんが、IMFやOECDの圧力と言え、ここへ来て増税プロパガンダの攻勢が凄まじいです。普天間移設問題がある最中、問題の大きさを矮小化してなし崩し的に増税を図ろうとしています。それに、ギリシャとポルトガル他の財政危機にかこつけて、ここぞとばかりに国民の危機感を煽っている。要注意です。
そのうち新自由主義と脱構築主義が癒着して、テレビ・新聞が増税プロパガンダの嵐となる可能性があります。NHKで神野直彦が庶民に説明し、書店で榊原英資が経済誌で水野和夫がビジネスマンを説得し、「世界」で金子勝がリベラリストとして論陣を張り、サンデーモーニングと報道ステーションで寺島実郎が団塊の世代を代表し、岩波新書の山口二郎で決定。ついでに子どもと主婦向けに、池上彰が補完ってところでしょうか。
神野が福祉国家実現のためと言い、榊原と水野が将来のためと言い、金子が経済成長のためと言い、寺島が俺たちの老後までは大丈夫だと言い、山口が改革の必要性を訴える。ついで池上が増税反対論者を邪魔者扱いして決まり。まさに悪夢。

最近、テレビで内橋克人を見ていませんね。3月の教育テレビ(http://www.nhk.or.jp/etv22/tue/past/2010/03.html)以来見かけていません。彼の著作である「規制緩和という悪夢」「悪夢のサイクル」を読み返していますが、まさに名著です。今こそ読むべき一冊。肝心なところで論陣を張れない榊原英資のような軽薄な評論家でなく、常に批判精神を矜持し信念を貫く内橋克人の姿は眩しいばかり。彼の出演するNHKスペシャルが見てみたいものです。

内橋克人氏の論考はラジオで

内橋氏はテレビにはなかなか出られませんが、ラジオでは健在です。NHKラジオ第1・朝6時43分頃からの「ビジネス展望」で隔週火曜日のレギュラー論者として出演中です。NHKのウェブサイトで最近1ヶ月の録音を聞くこともできます。一昨年、内橋氏が体調を崩してしばらく降板となりましたが、昨年、復活したときには多くのリスナーから山のような手紙が来たそうです。一定数の人々の心を確実につかんでいます。復活後、以前にも増して戦う姿勢がはっきりしてきたようにも思えます。
なお、この番組枠には隔週水曜日で金子勝氏、月1回の金曜日に寺島実郎氏も出演しています。

乗数効果とか

>テレビで水野和夫と榊原英資の解説を聞くと、経済の話を聞いた気分になる

伊東光晴の本にこんな記述があります。やや長くなりますが引用します。

八十年代に入って、わが国では、ケインズ的有効需要政策について、一部に、その効果が落ちたことを強調する議論が生まれている。大蔵省の長富氏を代表とする経済のソフト化という考えである。わが国の経済はサービス産業、第三次産業の拡大がいちじるしく、かつての高度成長の時代を支えた重厚長大型の産業、重化学工業中心の経済ではなくなった。
これを経済のソフト化とよび、重化学工業中心の時代には、公共投資の乗数効果は大きかったが、経済のサービス化、ソフト化が進むと、その乗数効果は少なくなり、ケインズ的政策は有効性を失うという主張である。
長富氏は行政官であり、経済学とは無縁の人である。したがって、その主張が経済学上の初歩的誤りに立っているとしても、やむを得ないのかもしれない。いわゆるエコノミストがこれに同調したのもやむを得ない点がある。だが経済学者の一部が、これに同調したのは理解に苦しむところである。あらためて書くまでもなく、乗数効果が小さくなったかどうかは、乗数の値、つまり、消費性向(限界消費性向)、同じことであるが貯蓄性向(限界貯蓄性向)の値いかんである。
その変化は、産業構造の変化とは関係ない。消費性向、貯蓄性向の値に変化がないならば、たとえ経済がソフト化し、重化学工業のウェイトが落ちようとも、乗数効果に変化はないのである。
論者の誤りはどこにあるのであろうか。
おそらく乗数と加速度とをとりちがえたのであろう。
(「現代経済学の理論」岩波書店、1998年、373-374頁)

水野さんはいわゆるエコノミスト、榊原さんはもと行政官。
ご案内のとおり二人とも話が上手です(麻生さんが経済政策を仰いだといわれるリチャード・クーさんなんかもそうですね)、が、しかし、本物の学者と較べたら、「引出し」の数が違いすぎるのでは。
ほとんど、桁が違う。

経済学の知見を得たいときには、自分は学者の言説にあたります。
まずは上記の伊東光晴さん、次にその弟子筋の根井雅弘、中村達也の両氏。
あと、系統は異なりますが宇沢弘文さん。亡くなったLSEの森嶋通夫さん。それから佐和隆光さんあたり。
ほとんど岩波系ですね(笑)。
ま、学者でも、大丈夫かこの人、と思う人もいますけど。
たとえば阪大の先生の小野善康さん。

この人、ケインジアンということらしいですが「不況のメカニズム」(中公新書、2007年)を読んだところ「ケインズの乗数理論がほんとに分ってるのかな」と、疑念が生じましたので。
で、その小野先生、こないだ財務省に経済政策担当の参与として就任されたようです。

国会で林某とかいう小僧に、乗数の定義がどうたらだとかサムエルソン読んだか、だとかで経済学の素養の薄さを責められたんで、菅さんが財務官僚や学者に飛びついた気持ちも分りますが、ここはしばし落ち着いていただきたい。
「少なくとも経済学に関しては、もっと優れた人、いますぜ」
菅さんにはそう言いたいところです。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。