スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界」6月号の湯浅誠論文 - 運動への人格的コミットメントの問題

湯浅誠論文_1雑誌「世界」の6月号に載った湯浅誠の論文について考察したいが、その前に、NHKの大河ドラマの話を序論にする。現在、「龍馬伝」に登場しているほとんどの者が死ぬのである。半平太も死ぬ。岡田以蔵も死ぬ。望月亀弥太は池田屋事件で死ぬ。近藤長次郎も長崎で死ぬ。ドラマは放送するかどうか不明だが、天誅組の変で吉村寅太郎が死ぬ。すべての土佐の志士が死に果て、最後に龍馬と慎太郎が死ぬ。沢村惣之丞も死ぬ。ほとんど、20代後半の若さで死ぬ。龍馬の物語というのは、龍馬の仲間たちが次々と殺され、死地に赴き、消えて行って、最後に残った龍馬が死ぬ番を迎えるという悲劇の物語である。誰も生き残らない。土佐の志士たちが死に果てた瞬間、日本の夜明けを迎えて、幕末の時間と空間は終わり、明治レボリューションとなる。彼らは何で死んだのだろうか。土佐の若い志士たちは、後世のわれわれに、面白いドラマを見せて喜ばせるために死んだのだろうか。それとも、何か革命趣味の弾みが過ぎて、勢い余って無駄な命の落とし方をしたのだろうか。よく週末になると、10代の免許取り立ての男女が未明に暴走行為をして、スピードを出しすぎ、電柱に衝突して、3名死亡とか4名死亡とか、そういうニュースがある。土佐の志士の死に方は、そういう死に方なのだろうか。革命という問題を軽視して、山口二郎的な改良主義を言い上げる左翼は、屡々そのように志士と維新を捉える。現在のNHKもそういう脱構築主義的な革命否定の描き方をしている。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

湯浅誠論文_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

生キカタ用意

記事から逸れてすみません。

過日、両国駅傍の江戸東京博物館で開催中の『龍馬伝』特別展に足を運んでまいりました。

中3の時に司馬作品で知った、龍馬が次姉のお栄さまより拝刀したとされている「陸奥守吉行」と念願の対面ができました。感慨至極。

また、本日の第19話で散った平井収二郎自らの爪筆による見事な白文楷書の辞世書簡6偏などの現物が陳列されています。彼らは単なる情熱の暴徒などではなく、自らが育んだ高い知性と受けた教育により、自身の生き方を自らで選択した背景が、無言のままに迫ってきます。

死ニカタは元より、今後の自身の生キカタへの沈考のためにも、興味のある方はぜひ足をお運びください。

現物の力。本物の力。6月6日(日)まで開催されています。

二大政党制と金融立国の神話

ここ数年英国における出来事は、金融立国と二大政党制という
二つの神話崩壊ではないだろうか。
山口二郎氏や21世紀臨調が理想とした二大政党制は
英国においてさえ時代遅れと、認識されつつあるのだ。
しかし、英国自由民主党が理想とする完全比例代表制の
実現は難しいのではないだろうか。
選挙制度の改革は革命に近い歴史的課題であり、議会政治だけで
実現しようとしてる戦略と、目新しいコンセプトの無さが英国自由民主党の限界と思われるのである。
おそらく、並立制か小選挙区制を基本とした連記制になるのだろう。
また、新生保守党はサッチャー式金融資本主義を継承した労働党を批判しているが、新たな産業政策全体像を示しているとは言えない。衰退していくのか、新たな路線を示せれるのか、日本以上に興味を持たずにはいられない国である。

左右を蝕む「赤字国家危機の幻」の毒ガス

日銀を発生源とする「赤字国家危機」の毒ガスは、
戦前の「浜口デフレ」や戦後の「橋本デフレ」や「小泉デフレ」などを引き起こし国民を苦しめて来ました。
ギリシャの破綻を日本に当て嵌める向きもありますが、
自国通貨の発行権を返上したギリシャを始めとするEU諸国の苦境は
共通通貨システムの根本的な欠陥に起因します。
国内の「第2中央銀行」とも言える「郵貯」が存在する日本は、
亀井の郵政再国営化によって「黒字倒産」の危機を脱したばかりと言えます。
また日本の法人は「表向き赤字」にして法人税を減免して来たのだから、
法人税低減の為の消費税増税は「ナンセンス」と言えます。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。