スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山退陣の政治 - 先送りを決断できず、辺野古移設決定後に辞任

鳩山退陣_1普天間問題に関して、一部に異常で奇矯な鳩山擁護論が散見される。「鳩山は最後はグアム・テニアンに移設する」だとか、「鳩山の迷いを沖縄県民は支持する」とかの論調である。根拠のない願望に基づいて鳩山由紀夫を過大評価する見方と、鳩山政権を崩壊から守りたいという思惑が突出して、そこから普天間問題の行方を無理な楽観論に飛躍させる主張の二つが交錯してネットに流れている。非理性的でナンセンスな議論だ。まず、本当に沖縄県民が鳩山由紀夫に対して、その「迷い」を支持していると言えるのか。その事実認識は客観的に妥当なのか。テレビ報道を見ても、5/4の現地でカメラの前に立った沖縄県民は、例外なく「裏切られた」と憤り、「嘘つき」と罵っていた。失望と怒りを率直に表明していた。鳩山由紀夫の翻心を信じているとか、迷走しても最後は沖縄の民意に添った決断をしてくれると期待しているなどという声は皆無だった。選挙で「最低でも県外」と公約しておきながら、それを訪沖の場で公然と撤回し、政府案を県内移設に固めた鳩山由紀夫に対して、沖縄県民は渾身の怒りで身悶えているというのが実情のはずだ。そのストレートな事実を強引に捻じ曲げて、政局絡みの鳩山擁護論や民主党政権擁護論にスリカエるのは、国内全体の世論に対して誤ったメッセージの発信に繋がる。同様の鳩山政権擁護論は、江川紹子や山口二郎からも発せられているが、問題の本質を見誤った陳腐な俗論としか言いようがない。鳩山由紀夫の免責は無意味だ。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

鳩山退陣_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最後は顔を札びらで叩いてしまうのか

>テレビ報道を見ても、5/4の現地でカメラの前に立った沖縄県民は、例外なく「裏切られた」と憤り、「嘘つき」と罵っていた。失望と怒りを率直に表明していた。
私もアメリカ側が「地元の納得」をひとつの条件としていたのに国内のどこの地域からも自分のところへという声が上がらないという状況のなかで「テニアンでの議会議決」という流れが生じ、かつて鳩山首相は腹案ありと発言しておりましたので、これはもう「国外」という流れになったのかと錯覚しておりました。しかしまったくブザマな展開となってしまいました。正直、本当にがっくりきました。
これからは、結局はむりやり納得させられてゆくのでしょうか。
現地の方々に対して、沖縄の「負担軽減」という名目で実際はTVで沖縄のどなたかがインタビューに応えておりましたが、「お金」を配って納得させてゆくのでしょうか。つまりこれは「ひとの顔を札びらで叩く」ということに等しいやり方のようで、これではあまりにもむごく悲しい状況となってしまいそうで、言葉がありません。

No title

沖縄出身の歌手を担ぎ出すのであれば、COCCOが良いのではないでしょうか?彼女は、『ジュゴンの丘』という歌を作ってます。辺野古の問題を深く考えているのは、COCCOだと思うし、彼女の真摯な言葉は誰の心にも届くと思います。沖縄の方々、是非COCCOにアプローチしてください。彼女をイベント等に呼んでください。

アメンボ隊

この憲法25条遺棄の国家プロジェクトに私たちはどう戦ったらよいのか。新聞広告戦では、経済負担が大きいし、巨大スポンサーも期待できない、掲載まで時間も掛かる。過度に打つと慣れも生じる。

タレントの立身蜂起案は、宮里藍さんなど沖縄民の活躍だけで相殺されてしまっている観。「基地に負けないために、私は仕事で頑張るから…」。

沖縄民意の政治意識が高いはずなら、学校教育を受けた彼らタレントも、基地問題への意識は高いはず。山田優に弟。お笑いのガレッジセール。知花。新垣結衣。支持層は多層に渡る。

せめて、ブログで叫んで欲しいと思いつつも、所属事務所の指導の前に霧散でしょうか。

「映画の公開の前に主役の政治的行動は、作品全体へのマイナスになる。キミは責任が取れるのか?」なんて。

超党派で団結したはずの沖縄県議団の動きに期待しつつも、フタを開ければ選挙に勝つための都合で、彼らも政治家である以上、過度の期待はできないのか。

運動の根幹は民生ですが、これ以上おじぃや、おばぁたちに辺野古沖にカヌーで出帆させるのは余りにも忍びない。報道にもならない。

沖縄の青年。出生率が高い沖縄の元気な子供たち。子供たちに政治を動かさせるのもどこか忍びない。沖縄が決めるしかありません。

せめて腐らないように書き続けます。

Re: 鳩山退陣の政治

「『国外移設』の要求」を「『普天間閉鎖』と『国内基地拡張・新設の反対』の要求」と読み替える事を条件に、私はブログ主様の提案に賛成です。
グアム・テニアンはいずれも米国の統治下にある地域(私たちはこの地域の住民が米国議会に正式な代表を送り込むことができないという事を認識しておかなければなりません)であり、米国がその中のどこに自軍を配置するかは米国自身の問題です。他国がこの決定プロセスに干渉すれば、議会は必ず反発します。だから、たとえ政府間では妥当な解決への考えが共有されていても、ひとたび日本側が具体的な国外の地名を正式に提案してしまえば、米国側はこれを拒否することしかできなくなってしまいます。
日本の民意を示す行動は、それを政府に要求する事がメディアを通して米国に報道される事で、すでにある合意を(日本有利に)修正する努力をする事がそうしないよりも利益があると米国側に確信させる事が目的ですから、要求の言葉の選択には慎重である必要があると思います。日本の領土内における私たちの要求は、「普天間基地を直ちに閉鎖すること」、「代替施設の受け入れ先は日本国内にはないこと」であるはずです。この2点を、あらゆる手段を使って発信していくべきです。
また、私たちの要求は、交渉する日本政府の立場を強めるもの、同時に米国に不必要な警戒心を抱かせないものでなければなりません。沖縄の住民の運動を注意深く観察していると、彼らがこれらのことに細心の注意を払っている事に気づかされます。彼らがなぜ「鳩山ヤメロ」と大騒ぎしないのか、なぜ「米軍出て行け」「安保イラネ」のような一見単純明快なメッセージを避けているのか、私たちはよく考える必要があるのではないでしょうか。
ブログ主様のおっしゃる、沖縄出身のタレントを動員してメディアキャンペーンをはるというアイディアはとても効果的だと思います。願わくは、沖縄だけでなく、関心を持つ全ての有名人に、団結して行動してもらいたいと思います。これは全ての日本人の問題であるのですから。
すでに外堀は相当埋められてしまっているようにも思いますが、幸い、鳩山政権はまだ「民意は聞く」と言い続けていますし、徳之島・沖縄の抗議行動が米国の態度にも少しずつ変化をもたらしていると感じます。まだ残された時間はあります。失望するのは早いです。

抑圧移譲の原理

普天間のみならず、本来であれば米軍基地の全撤去(日米同盟の破棄)こそ、政権交代の果たすべき役割ではありませんか。それを公約のひとつに過ぎないなど、軽薄極まりない。消費を前提とした政治(学)のセールスマンでしかない山口二郎には、沖縄県民(日本県民)の基本的権利を蹂躙することは、鳩山政権(日本政府)にとっては大した問題ではないとでもいうのでしょうか。倒錯と欺瞞に満ちた破綻した論理展開。そこには、正義も倫理も存在しない。ましてや思想もない。あるのは原理主義というイデオロギーだけです。政治学のレベルが低いから、実体的政治のレベルも低いのだとつくづく思わされます。
元沖縄県知事・大田昌秀(http://www.nhk.or.jp/etv21c/backnum/index.html)は、本土と沖縄の意識の断絶(抑圧移譲の原理)を訴えていましたが、それはそうとして、本ブログが予てから主張するように、もっと戦略的に策を打つべきだと思います。想像力で権力を掌握することを可能にするのが民主主義(市民社会)です。沖縄(日本)に真の平和主義を確立するには、絶好の機会のはず。次の犠牲者が出るまで議論が封じられる危険性を考慮すれば、この機を逃すわけにはいきません。

鳩山退陣の政治分析に同意します。政権維持を望むのは、また短命政権になることへの嫌気でしかなく、消極的選択肢でしかありません。よりマシな方を選ぶことより、より良い未来を志向することが何故できないのでしょうか。「しょうがない」「仕方ない」「やむを得ない」など、思考停止でしかなく、そこに創造性や未来への展望は皆無です。手段が目的に転倒している(正当化)とは、言い得て妙な表現で、それは自己の利益確保(権威)と言論活動(営業)の維持のためであり、そこに確固たる思想などないのでしょう。そういう類の連中が、今の民主党政権には思想がないと言うのですから、全く巫山戯た話です。
ポスト鳩山の有力候補は、あくまで民主党右派(岡田・前原)でしかなく、そこに菅直人や小沢一郎の存在はないと見ていますが、どうなのでしょうか。党内ヘゲモニーは小沢一郎が握っているようですが、「世論」を見方につけているのは新保守陣営です。党内右派勢力の結集が、最大公約数として「政権・政府」に体現されるのであれば、それは左派の敗北であり、自民党よりも過激で露骨な保守の復古の予感がします。
しかし、私は5月末決着には懐疑的で、また辺野古案決定路線にも若干の疑問を抱いています。この問題は参院選を通り越し、沖縄県民の完全受諾(国外移設)が容認されるまで火が消えることはないのではないでしょうか。仮に鳩山由紀夫が退陣し、新保守(連立)政権が誕生したとしても、メディアの匙加減で問題が矮小化される危険性があるとしても、簡単に幕を引くとは思えません。私個人の希望的観測に則った論理ゆえ、本ブログの鋭い批評には反証が見当たりませんが、少なくとも今月末の決着は想像できない。閣僚・官僚・メディアの攻勢の凄まじさには危機感を覚えますが、だからこそ沖縄には迅速に動いて欲しい。かつてチョムスキーが、語りかけるべきは政治家連中ではなく市民であると言っていましたが、まさに「世論」こそが最大の敵なのです。それを打破するのは、あくまで市民の力でしかなく、民主主義の凄みを政治にぶつけるしかない。大田昌秀でも伊波洋一でも、誰でもいいから音頭をとって戦略的政治戦(情報戦)を仕掛けるべき時です。

No title

アメリカ側が「地元の納得」を条件としていることを逆手ににとる事しか普天間返還に残された道はありません。「四つの提案」にプラスして米軍基地の全てに同時的或いは循環的に黄色の旗で包囲する道も有ります。
鳩山沖縄会見で絶対許せないのは「抑止力・・・」発言です。この発言は保守・官僚勢力への全面降伏と、民主勢力への裏切りです。
戦うべき勢力から見下され、巻き込むべき勢力を切り捨てた鳩山由紀夫にはもはや総理としての資格は有りません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

抑止力

>鳩山沖縄会見で絶対許せないのは「抑止力・・・」発言です

これはまずいですよね、鳩山さん。こんなかたちで抑止理論を認めてしまうと、日米の軍産複合体のエージェントみたいな連中の理屈を抑えにくくなります。
現行憲法の理念からしてもちょっとまずい。
国家間の戦争を防止する手立てとして、軍事的抑止力から道義的抑止力へのシフトを狙ったところが現行憲法の戦争放棄の理念の画期的であるゆえんと思いますので。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。