スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーデーと憲法記念日 ? 統一すること、多数になって世界を動かす

メーデーと憲法記念日_1憲法記念日の集会と言うと、通常は改憲派の側の動員数が大きく、護憲派の熱気が萎み気味だったのが特徴だったが、最近は様子が変わり、今年も著しい逆転状況が確認された。テレビの画面を見ても、福島瑞穂が登場した日比谷の「5・3憲法集会」は盛況で満席だったが、改憲派が開いた新宿の「新しい憲法をつくる国民大会」の方は客席が疎らで、意気消沈した会場の空気が一目瞭然だった。政治家の顔も全く放送に出て来ない。時事の記事を読むと、「5・3憲法集会」には4500人が参加、「新しい憲法をつくる国民大会」はその1割の450人の参加とある。改憲派のモメンタムが衰え下がっている。テレビ報道では紹介されなかったが、 「5・3憲法集会」には社民党と共産党の二党の幹部が顔を揃えて挨拶していて、その意義はやはり小さくない。革新超党派による「5・3憲法集会」は、すでに10年の実績があり、今年の銀座パレードの横断幕にも、「歩み続けて10年」の言葉が書かれている。この集会を実現し、10年の伝統を築いた事務局は立派だ。写真を見ると、田中優子がパレード先頭列中央に陣取っている。この着物姿の行進がテレビで流れたら、護憲派へのプリファレンス(支持率)はさらに高くなる効果を導いただろう。狡猾なテレビは逆効果を謀り、福島瑞穂だけの映像を切り取った。ニュースでは、護憲派の8団体が集まっての共同開催という説明があった。8団体は、社民党系と共産党系と無党派系の3系列に分かれる。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

メーデーと憲法_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

理想の旗を掲げ続ける

いつもながら励まされる。

政治は、現実的な諸課題を解決する能力と、人々が理想とする道を指し示しそれに向かって努力するのを促すことを併せ持つことが必要だ。

現時点では、少数派に見えることも、あっという間に多数派に成り得るというのが、最近の政治状況だから、理想の旗を掲げ続けるという政治家に期待したい。

平和ラリー NYC

 ニューヨークの5月2日、日本から被爆者100人以上と支援団体、労働組合員など約二千人が渡米され「核廃絶ラリー」に参加されました。全世界からとあわせて五千人以上の規模のピースウォークとなりました。志位委員長や秋葉広島市長も参加され「がんばろう」の歌までとびだし、久々に日本のメーデー気分でした。日本からの方たちともいろいろ楽しく話しましたが、僕個人的にはアメリカ人のグループに囲まれてジョークを飛ばしあう時間のほうが、リラックスはできたのことは事実です。前日のメーデーの夕刻、ラリー出発点のタイムズスクエアで爆発物が発見され警官隊が多く騒然としていましたが、晴天の夏日でとても気持ちよく歩けました。現在そのレポートとあわせて「核廃絶」テーマの記事「生き物の記録は記録されたか」を執筆中。

 憲法九条に関しては、むのたけじ氏の言説が胸を打ちます。当方ブログ・理念はすべて世界遺産に (下) http://nyckingyo.exblog.jp/10484295/ にも書きましたが、
― あれはいわば軍国日本に対する「死刑判決」です。もう二度と国際社会で戦争はやれなくなった、ということにほかならない。言いかえれば、国家ではないという宣言です。ある意味において、国家としてはこれほど屈辱的なことはない。
ところが、一方で人類が生き続けていくためには、戦争を放棄したあの九条の条文を選択する以外にないといえる。だから憲法九条を良い方に考えると「人類の道しるべ」だということもできる。人類の輝かしい平和の道しるべであり、同時に日本自身の軍国主義への死刑判決でもある。その両面をもつのが憲法九条です。
むの氏の指摘されているこの二面性そのものが、現代日本の意見を二分しているわけです。

>しかし、現代世界は、間違いなく9条的世界に近づいていて…
という世に倦む日日さんの指摘にあるように、
>国民国家(主権国家)の軍隊の地位が確実に相対化されつつある、ということです。
これらのことから、現代日本がおかれている特殊な状況(核被爆国・九条)のすべてが、これからの世界平和を先導していく大きな力となることを確信します。
国連までの平和ラリーのあいだ、多くの同民族の元気な顔を見ながら、九条と核廃絶を考えつづけ、大きな勇気をもらいつづけていました。 NY金魚

皆さん

明治憲法の時代はいくさばかりがありました。で、さきの大戦では自国だけでも300万人の死者。
憲法9条のある現行憲法の戦後は、わが国がいくさをしてませんので戦争による死者はゼロ。
これって現行憲法の実績じゃないんですかね。
改憲派の、とりわけ9条を撤廃したい指向の人々って、「戦争が起きたって自分たちの生命財産だけはヘイキだもん」とでも思ってるんでしょうか?もしそうなら大したものです、度胸だけは。
勝負事に負けない秘訣は、その勝負事に参加しないことでしょう。勝負をオリた者にかかってくる奴は普通はいませんので。
にもかかわらず、万一噛みついてくる不心得者が出てきたとしたら、一毫の遠慮も要りません。
「目にもの見せてやろうではありませんか、皆さん(←鳩山由起夫調で)」。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。