スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄版インティファーダと辺野古沖海戦 - 知事選までの激動の半年

沖縄インティファーダ_1今日(4/28)の産経の記事に、ここ数日の普天間をめぐる日米交渉の内実が暴露されている。わかりやすい。4/25の沖縄県民大会当日の朝、日本側が杭打ち方式による浅瀬案を米側に示した件が報道された。これは、4/23に岡田克也がルースに提案したもので、ルースを通じて米側からリークされた情報である。そして、ワシントンに外務省の北米局参事官と防衛省の防衛政策局次長が派遣され、4/26にこの内容が正式に実務者協議のレベルで提案される運びだった。日本側の実務者訪米とクロスして、キャンベルが日本に飛び、日米両国の首都で、同時にこの内容の合意を固めて発表する計画だったのだろう。キャンベルは4/25に移動中の飛行機の中で朝日の記者と嬉々として会見、「真剣な提案受けた」と4/27の朝刊の1面記事に書かせた。実に朝日は米国の広報機関で、キャンベルに四六時中添い侍り、キャンベルの思惑をそのまま記事にして配信している。米国のイヌ。ところが、これに対して鳩山由紀夫が反撃を開始、4/26のワシントン協議での官僚2名による日本政府の正式提案(桟橋浅瀬案)を寸前で止め、そして岡田克也を嗜め、岡田克也の口からキャンベルの発言に対して「理解に苦しむ」と言わしめた。まさに時々刻々で情勢が動き、丁々発止の熾烈な暗闘が続いている。岡田克也は「理解に苦しむ」などと言っているが、ワシントンに北米局参事官を派遣したのは岡田克也自身だ。外務大臣の了承なしに、参事官如きが日本政府の正式提案を抱えて、米国政府と協議などできるはずがない。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

沖縄インティファーダ_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

構想力のない外相

一般的には「生真面目な岡田さん」のイメージなんでしょうけど、新しい政治を開拓できない、レールの上しか歩けない人なのですね。本来は岡田のほうが批判されて当然なのに、こと普天間に関してはメディアの鳩山批判が常軌を逸している。

それを押さえられないのがリーダーシップの欠如かもしれないけれど、それに便乗して暴走している輩たちのほうがおかしい。表立って批判されている鳩山のほうがまだ偉いよ。支えるべき閣僚のほうが裏でこそこそしている。

これは対米独立戦争である!

基地撤去問題は日本がアメリカから独立した
「普通の独立国家」を目指す独立戦争である点で「インティファーダ」そのものですね。
日本の霞ヶ関やマスコミの中で米軍の占領体制に売弁利権を持つ者たちも必死で同胞弾圧に回ってる最中ですが。

No title

◎彼の帝国の国民は、そのマスコミによって益々横柄傲満に育っていくが、太平洋の彼方の島国の住民は、自国のメディアによりいよいよ卑屈にされていく。

◎60年以上にもわたる隷属(占領)状態下にあって、政権が変わったからと言って簡単にそれが打破できるなどと考えるのはどうかしている。しかもバックにいるほとんどの国民が奴隷根性に骨の髄まで浸っていることだし。

◎憲法改正? それにはまず外国軍基地を追い出してから言うべきことである。それでなくては宗主国の無料の傭兵として世界各地に派遣されるしかない。「Show the flag!」 「Foot on the ground!」の号令がいつまでも響き渡る。  

◎対米追随?というよりは対米隷属、いやもっと正確に言えば、世界歴史上稀に見る大規模で巧妙な奴隷(収奪)制度の創出と呼んだ方が良いだろう。

◎宗主国にその国の指導者が厚遇されたとか冷遇されたとか騒ぐこの国は、まるで中国の兵法書「六とう」の一節を思い出す。即ち「交渉のために隣国から使者が来て、もしその者が有能ならば何一つ与えず返せ。もしその者が無能ならば大いに与え歓待せよ。そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な者は失脚する。そしてやがて滅びる。」

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。