スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月倒閣へと牙を剥いた米国とマスコミ - DCの屈辱と国外論の浮上

DC普天間_1報道の印象では、マスコミが普天間問題の5月末未決着を理由にして、一気呵成に鳩山内閣の倒閣キャンペーンに打って出た感がする。今日の朝日新聞の1面には、「普天間5月決着 絶望的」の見出しの記事があり、ワシントンでの10分間の非公式首脳会談において、オバマが普天間問題で一切の言質を与えず、鳩山由紀夫の意に反して門前払いの対応だった実情が描かれている。記事の論調は、米国側の立場に立って鳩山政権を批判するもので、米国側の論理と主張をそのまま代弁するものであり、米国政府の対応を正当化して日本の読者に刷り込む内容になっている。曰く、「今後、大統領の政治決断を引き出せなければ、5月末の決着は不可能で、鳩山首相は政治責任を厳しく問われることになる」。社説の表現はもっと露骨で、見出しに「普天間移設 鳩山首相にもう後はない」と書き、無理に5月決着を約束したため、責任不履行になって土俵際に追い込まれたと突き放している。こうした論調で世論を煽り、さらに鳩山内閣の支持率を落とし、倒閣に追い込もうとする意図が明瞭に窺える。どれほど足掻いても、辺野古沖の現行案しか米国は認めず、その選択しかないという朝日新聞の説教を政治と国民に与えている。辺野古沖現行案の合意の原点に立ち戻るか、内閣総辞職か、二つに一つを選べと米国政府と日本のマスコミが共同で鳩山政権を追い詰めていて、政局は緊迫の度を増しつつある。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

DC普天間_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おっしゃるとおり、鳩山由紀夫は外務官僚すら手懐けられない、党内に有能な腹心もいない。政権交代してからの失敗は、かなりの程度マネージできることだったと思え、アメリカやマスコミのせいというよりは彼自身の失敗であるように思えます。やりかた次第で十分、国外はともかく県外移設を主張する鳩山を、日本のメディアや民主党・官僚が応援する体制はつくれたと思うのです。

小泉政権時代、疑心暗鬼だった官僚を掌握していったのは飯島勲秘書官だったといいます。それだけの人材は持てないでしょうし、そのような準備もなかったでしょう。

ところで小川和久といえば、かねてから「キャンプ・ハンセン説」で、今月の中央公論でもこれしかない、という説を唱えていますが、このあたりどうなってるんでしょうね。

No title

◎もう60年も日本外務省は、米国務省の極東支所である。

◎遂に自衛隊は、米軍の無料の傭兵と成り果てた。

◎日本は将来、トヨタと同じ運命を辿ることを予想できる人々のなんと少ないことよ。

◎「個人にしても、国家にしても、攻撃型の者に対しては金や物を与え、その企画を思い止まらせることができると考えるのは愚かである。    それは年貢を納めれば、それが刺激になって益々多く納めろということになるからだ。」ーーーーーー リデルハート

No title

事業仕分けに是非思いやり予算を取上げて貰いたい。
国民の面前で討論してもらいたい。
その結果をマスコミに記事にしてもらいたい。
国民のそれに対する調査を実施してもらいたい。

国外移設へ動き始めた国内世論

沖縄の基地問題は東京のマスコミの「フィルター報道」で小さな問題扱いされてきました。
それが反基地派の努力もあって、
半年かかりましたが国外移設にたいする本土国民の理解が拡がってきた様です。
今では自民党も辺野古への基地移転を言えない状態になりました。

欠落したした論点

マスコミが取り上げない普天間問題については、多くの論点が欠落しています。
1.本来普天間”返還”が何故”移設”にすり替わったのか。その背景には米軍利権、対米従属の諸問題が内在しているのではないか。
2.日本の安全保障に於いて海兵隊の役割は必要なのか。アメリカ海兵隊は外征専門部隊であり、他の海兵師団はアメリカ本土に司令部および主力部隊を展開しているが、何故第3海兵師団のみ沖縄に展開しているのか。米国の圧倒的な情報力と空軍力の下、グアム、ハワイに較べ沖縄の優位性はどれだけ有るのか。駐留米軍経費の75%を負担してきた政府の姿勢が本質を歪めているのではないか。
3.日米”同盟”、日本の安全保障の重要性を声高に叫ぶ連中には沖縄の負担軽減から何故目をそらすのか。石波は何故沖縄駐留米軍の一部を鳥取県米子への移設案を出さないのか。”北朝鮮の脅威”に対応するためには沖縄より適地であり、鳥取空港、出雲空港の間に位置する赤字空港を軍用転換するメリットも有り一石三鳥。
4.オバマ来日の際読谷村ひき逃げ事件の陳謝を引き出さなかった政府・外務省の姿勢をマスコミは何故指摘出来なかったのか。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。