スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視聴率低迷必至の小宮悦子の政治番組と藤原帰一のネオリベ扇動

小宮悦子_1小宮悦子が司会を務めるサンデープロジェクト後継の新政治番組を見たが、全く面白くなかった。この番組では視聴率は取れない。制作サイドに大きな勘違いがある。早晩、大幅なテコ入れがあるか、あるいは、1年後には番組打ち切りの運命になるだろう。スタイルがフジの政治番組と似ていて、フジの番組以上に論戦の要素がない。小宮悦子が政治家の発言を捌く能力に乏しく、反駁と論難で見せ場を作ることもできず、政治家たちに好きなだけ存分に言わせて終わっている。これでは政治番組の視聴者には退屈だ。小宮悦子にはディベートの技術と素養がなく、田原総一朗のように政治家の独演を強引に遮断して切り返す腕力がない。緊迫感のある政治論戦のショーを演出できない。政治番組として自己満足的で、アドリブとハプニングを排除した台本準拠的な番組進行に組んでいて、局側が用意した浮薄で単調な政治主張(プロパガンダ)を小宮悦子と解説者に吐かせるだけで終わっている。視聴者のニーズ(政局趣味のスリルと興奮)に内在していない。田原総一朗の激論バトルに馴れた多くの視聴者が、不満と倦怠を感じ、小宮悦子や解説者たちの政治知識の水準の低さや政治関心の底浅さを感じたことだろう。番組は、前半を政局討論に、後半を取材した特集報道にと、二部構成にしている。視聴率は政局討論の中身で左右される。テレ朝に助言するなら、政局討論の司会は星浩に一任に切り替えた方がいい。小宮悦子では視聴率を稼ぐ「商品」の提供が不能だ。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

小宮悦子_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

小宮さんと藤原さん

>小宮悦子さん
知的ですが、本質は芸者さん。
「今週は田原さんが風邪のため、アシスタントの小宮が司会を務めます」
くらいの代役なら結構ですが、前の番組と同水準の番組を毎回仕切るのは無理かと。
今回の小宮さんの抜擢は、この番組をコアな政治番組にはもうしない、という局の意志の現れと思います。

>藤原帰一さん
国際政治畑の人。
郵政みたいな経済学がらみの件に関してまでコメントを求めてはいけません。
出せないコメントを無理に出せば、どこかで聞いたような、借り物のコメントになるでしょう。
専門外の問題で話が込み入って来たら、馬脚をあらわさざるを得なくなるのでは。

新自由主義党宣言が五月蝿いこと

最近は新自由主義復古の号令がうるさいですね。なんとか新自由主義の良き時代に回帰させんとするプロパガンダで、恐らくはこれが日本の支配エリートの大半の総意のような気さえしてきました。中でもひどく、なりふり構わないのは先週号だったかの朝日新聞社の『アエラ』だと思います。竹中平蔵氏を始め、新自由主義の論客がずらりでこの新聞社の転向の駄目押しのような特集で、Das Manifest der neolibaralistischen Partei、つまり「新自由主義党宣言」を読む思いで慄然としました。藤原帰一氏の転向の裏には何があったのでしょうか。東大系の転向は次には...等と考えさせられます。

見なくて正解だった(*^-^*)

「最後のサンプロ!」を記念(嘲)に録画した。・・結局は使い物?にならず(嘲
「小宮悦子」の最初の番組も録画と考えたが・・何故か「する気」にならなかった。
拝読して「正解だった」(^o^)/~~~
ひとこと「ヤッパリね!」だ。
目加田説子さんは、次回以降出演は無いと思う(嘲
それが「テレ朝の正体!」だから・・・
どこまでも「ケツの穴」が小さく「北向き」(北米さん)なのである。
これからも適切な記事を期待して、感謝申し上げますm(_ _)m

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

読後感

サンプロの後継番組への評価はその通りです。
郵政問題を提起しないならば原口亀井を出演させるべきだったし、担当外の前原、枝野、長妻に聞くことはどうかしている。
閣内不一致を言い連ねたいのでは。
 藤原も態度が悪い(プライドの塊のような)小宮は無知をさらけ出した。早く打ち切りになれば。
 小宮については、夕方の番組から週一にし最後はお払い箱か(経費削減のため)番組提供会社のCMを見れば収入源が相当なところまできているものと想像できる。

No title

サンプロは、元々、島田紳助が総合司会を担当していたわけで、小宮悦子はその後釜と考えればよいでしょう。
田原の後継は、本来なら、鳥越なんでしょうけど、がん患者だからだめなのか、右翼でないからだめなのか、といったところでしょう。
どうせ、気が付けば宮崎哲哉あたりがやってるんじゃないですかね。

藤原センセイどうしちゃったの

イラク戦争での評論から藤原先生の本を読み始めていたのに、最近は映画評論が大好きな”文化人”ぽく軽くなったな~とがっかりしていたら、新自由主義に行っちゃったんですか。国際政治はわかっても、経済は国内・国際とも素養がない方だったのですね。

マスコミはどうしてわざと、担当でない大臣や、学者といえども専門外の人からコメントとるんですかね。肩書き持った人の言葉だけで全てか正当化できるんだと、なんとも浅はかです。発言やコメント内容を自分で検証できない人たちが、どうしてキャスターだ記者だと名乗れるのでしょうか。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。