スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平野博文を更迭の計 - 官房長官に仙谷由人、行政刷新相に蓮舫か

平野更迭_1よく見ると、ダッチロールしている者とそうでない者がいる。迷走しているのは、鳩山由紀夫と閣僚たちと外務官僚と社民党の四者だ。右往左往してないのは、米国と防衛官僚と下地幹郎の三者である。注意して観察しないといけない。後三者は獲物を照準から外してはいない。昨日(3/29)、鳩山由紀夫は政府案の3/31発表を延期する発言に出た。お笑い草の醜態だが、それだけ強く「徳之島全面移転」の案に纏めようとしていた本人の内心は窺い知れる。報道ステーションのスクープは正しかった。決断力のない世襲貴族だが、「最低でも県外へ」の公約に少しでも格好をつけようと悩みあがいた点は、個人的には若干評価できる。福島瑞穂の働きかけもあったかも知れない。鳩山由紀夫にはサポートする官僚がなく、徳之島案を政府案に落とし込めないのである。「県外に道筋を」の意向を具体的な計画に取り纏めてくれる官僚が側近にいないのだ。「辺野古陸上+勝連沖」を出しても、「辺野古陸上+徳之島」を出しても、出した瞬間に猛反発が起き、鳩山政権は確実に撤回を余儀なくされる。それを撤回するまで政治は混乱し、支持率低下に拍車がかかる。次の展開は、おそらく、「辺野古陸上+機能分散」で米国と交渉を続ける線だろう。「辺野古陸上」は防衛官僚の担当で沖縄の地主の買収工作、「機能分散」は外務官僚の担当で国務省を通じた国防総省への説得工作。私自身の予想は、どちらも不調に終わり、5月末には再び振り出しに戻って、「辺野古沖現行案」か「普天間継続利用」かの選択を米国に突きつけられる結末だ。  

平野更迭_2昨日(3/29)の時点で、政府案の3/31発表が見送られたのは、「勝連沖」と「徳之島」の二つの案を「徳之島」の一本に纏められなかったからである。ここには、平野博文と鳩山由紀夫の齟齬と確執の事情がある。県内一本の諸閣僚と県外をめざす鳩山由紀夫との対立がある。「勝連沖」を担いでいるのは平野博文で、「徳之島」を担いでいるのは鳩山由紀夫。平野博文は、先週まで、政府案を「複数案」にしようと立ち回ったが、鳩山由紀夫は「徳之島」の一本に集約する方向で粘り、結局、収拾がつかなくなって発表を見送る事態となった。二人の関係に微妙な亀裂が入っている。本来、平野博文は鳩山由紀夫の茶坊主で無能な木偶人形なのだが、官僚が自らの奪権のために平野博文に接近し利用するものだから、平野博文が錯覚を起こして自分を権力者だと思い込んでいる。そして官僚にはマスコミがついている。平野博文は官僚とマスコミを味方につけていて、自分の思いどおりの情報で新聞とテレビの報道を埋めることができるわけで、いくら無能の平野博文でも、我を忘れて有頂天になるのは当然かも知れない。平野博文に飼い慣らされているマスコミの中で、東京新聞だけが面白い記事を書いていて、官房機密費の公開をめぐって鳩山由紀夫と平野博文の間で暗闘が起きている事実を暴露している。平野博文は、この期に及んでも機密費の公開に反対などと言っていて、要するに、この半年間にどれだけ後で知れたら世間の批判を浴びる出費をしたかということだが、公然と鳩山由紀夫に反対する態度を示していて、鳩山由紀夫は飼い犬に手を噛まれている状態にある。

平野更迭_3何でこんな男が官房長官なのだろうという不満と不審は、誰もが持っている気分だが、こういう男が官房長官の要職に収まっているという事実が、鳩山由紀夫と鳩山政権の何たるかを証明しているし、現在の日本の政治と国家のレベルを象徴している。東京新聞は、「首相と平野氏は、米軍普天間飛行場の移設問題など、他の重要課題でも、発言の食い違いが表面化することが少なくない。二人が十分に意思疎通できていないことが、政権迷走の最大の原因との見方が政府・与党内で強まりつつある」と書いている。この認識は当を得ている。政局予想だが、どこかの時点で、鳩山由紀夫が平野博文を解任するサプライズもあるのではないか。普通に考えれば、首相が官房長官を解任などあり得ない話で、政権の崩壊に等しい激震だが、平野博文が馘首されても、困惑と動揺が広がるのは官僚だけで、閣僚の中から異論が出る可能性はゼロだろう。閣僚たちも、何で無能な平野博文が官房長官なのか訝しく思い続けてきたはずだ。鳩山政権の「政治主導」にブレーキをかけ、「官僚主導」の旧態にズルズルと引き戻してきた張本人が平野博文だった。後任の官房長官だが、おそらく鳩山由紀夫は仙谷由人を据えるだろう。そうすれば、小沢一郎との距離感はさらに増し、マスコミは歓迎して記事で囃し、世論にプラスの影響となる。また、閣内で暴走する亀井静香に対する睨みと押さえしても有効だ。この点もマスコミは歓迎する。支持率プラスの材料になる。官僚操縦としても、少なくとも平野博文よりはマシ。一石三鳥。

平野更迭_4国家戦略相のポストは、当面、枝野幸男に兼務させ、そして4月の事業仕分けが終わった後で、支持率上昇に貢献した蓮舫を論功行賞で行政刷新相に抜擢する。そうすれば、内閣支持率はさらに弾み上がり、普天間での挫折と失点を相殺して参院選に繋げられる。そういう読みができる。実際、蓮舫が行政刷新相に就けば、テレビは毎日密着して活躍する姿を撮って流すだろうし、視聴者はその絵を見て喜ぶだろうし、ワイドショーでも引っ張りだこのタレント閣僚になるだろう。蓮舫の発言や政策をイベント・トリガ?にして、そこに突っ込みを入れて、「行革」の政局ネタを追う政治ショーの報道になるだろう。国民の関心が集まり、視聴率が取れるから。美貌で能弁な蓮舫がテレビ向きの政治キャラだから。新橋から酔っ払って帰ってきたサラリーマンたちは、報道ステーションのテレビの前に座り、「蓮舫、出ないかなー」と一日一回の映像出演を娯楽にするに違いない。少し脱線するが、先日(3/28)のサンデープロジェクトの最終回を見ながら、与党の安泰と野党の衰滅を確信させられたが、与党の安定感を醸し出している要因として、菅直人・福島瑞穂・亀井静香の3人が居並ぶ景観の説得力がある。安定感があるのだ。3人の政策主張と説明能力が十分という点もあるが、それ以上に、女性の福島瑞穂が真ん中に座って絵を作ると、何とも安定したバランスを視聴者に印象づけるのである。福島瑞穂は「かわいい」なごみキャラクターのイメージ作りに腐心している。その好感度で政策の異端表象を緩和しようとしている。そして、半ばそれに成功している。テレビ時代の政治家の資質の演出に成功している。いずれにせよ、今は女性政治家の需要が高い。

平野更迭_5米国でオバマ政権の支持率を支えているのも、下院議長のペロシの存在が大きいように傍目からは感じられる。各地で少しずつ決まっている参院選の候補者も、やはり女性が多いし、今では女性(小沢ガール)が候補者になるのがデフォルトで、それがスタンダードで、男が候補者になった場合は、逆に期待が外されて意外で不興という感覚すら抱いてしまう。今後、参院選まで、鳩山由紀夫は支持率回復を第一の目標にして、その場その場の政治の舵を切るだろう。朝令暮改と前言撤回は甚だしくなるが、宇宙人の鳩山由紀夫のことだから、気にせずに支持率の数字だけを追求して、参院選までの日数を凌ごうとするに違いない。話を平野博文に戻すと、平野博文と鳩山由紀夫の不協和音の一因が普天間問題の処理の無能と不首尾にあり、検討委の委員長でありながら、鳩山由紀夫の「極力県外に」を全く政策化できなかった点にあるのは疑いない。注目したのは、些末な事柄ではあるが、沖縄と交渉する政府担当を北澤俊美に替えたことである。平野博文が仲井真弘多に嫌われたからだ。平野博文の態度が無礼で、人と交渉する基本常識をわきまえてなかったからだ。沖縄に行って県庁を訪ねたときも、年長の仲井真弘多が起立して挨拶しているのに、平野博文は横柄にソファーに座ってふんぞり返っていた。あの映像には驚き呆れたが、普天間移設の政策責任者の平野博文は、県知事の仲井真弘多に無理をお願いをする立場なのである。この苦情は鳩山由紀夫の耳にも入っただろう。仲井真弘多が上京した際にも、妙なトラブルの一件があった。結局、沖縄県を説得する役目から平野博文は外された。これは初めての事だ。これまでは必ず官房長官が担当した。

平野更迭_6梶山静六とか野中広務とかが沖縄と向き合ってきたのである。カウンターパートを北澤俊美に取り替えてもらったことで、仲井真弘多は喜んだのか、政府に対する対応が少し変わった印象を受ける。「勝連沖」は断固拒否だが、「辺野古陸上」は受け入れていいという姿勢に転ぶのではないかと危惧を持つ。「辺野古陸上」を推進しているのは防衛官僚で、だからこそ防衛相の北澤俊美が沖縄に張りつくシフトになったのだ。こんな無名のブログで記事を書いても、中央の政治家は誰も読まないだろうが、普天間移設の3月末政府案の取りまとめ失敗について、鳩山由紀夫は、平野博文に責任を負わせて更迭すればよいのである。このまま平野博文に普天間問題の担当を続けさせれば、暴走を重ねて、政権内で纏まるものも纏まらなくなる。沖縄に対する真摯な姿勢(ポーズ)を示すという点でも、更迭は懐柔の政治的効果をもたらすだろう。検討委の委員長は平野博文だった。しかし、検討委と平野博文は成果を上げられず、沖縄を始めとする移設先が了解してもらえる移設案を作ることができなかった。であれば、期限にしていた3月末で、潔く失敗を認め、検討委を解散して人心一新すればよいのである。リセットボタンを押せばよいのだ。平野博文を普天間問題から外すだけでなく、この際、政権浮揚をめざして官房長官も取っ替えてしまえばよい。そして、普天間問題を任務する新しいチームを立ち上げ、新メンバーの手に委ねればよいのである。普天間移設タスクフォースを編成し、その座長を寺島実郎に頼めばいい。5月末の合意の納期延期も含めて、再度、最初から問題の洗い直しをさせればいい。5月末で切れば、「普天間継続使用」か「辺野古沖現行案」か、その選択を迫られるのは確実だ。リセットボタンを押すのである。

平野更迭_7もともと、昨年の8月、民主党の政権獲得が確実な選挙情勢になっていた時点で、鳩山由紀夫は寺島実郎の外交補佐官起用を周囲に表明していた。この人事は、明らかに普天間問題を見越してのことで、選挙で公約した「県外国外」を実現に向かわせるべく、その時点では米国と交渉する意欲を持っていたのである。しかし、政権交代が果たされると同時に、その姿勢は後ろ向きに変わり、マニフェストに書いてないだの、公約した覚えはないだのと開き直りを言い出した。半年経って、結局のところ、普天間移設は「国外移設」しか現実性がなく、「県内」と「県外」は諦めなくてはいけないことを理解する地点に来た。「県内」も無理だし、「県外」も無理だ。「国外」の可能性を探す以外の普天間の取り組みは、全て言葉遊びであり、無駄な時間の浪費であり、現地の住民を振り回して苦痛を与えるだけの悪政暴政でしかない。テニアンとサイパンの首長は移転を歓迎しているのである。私は、日本の政治家たちが、なぜテニアン市長と北マリアナ州知事を呼んで直接に話を聞かないのか、その理由が分からないが、誰もが嫌がる米海兵隊の受け入れを、CNMI(北マリアナ諸島連邦自治州)だけは認めてくれている。これこそ天恵と言うべきではないのか。今すぐに寺島実郎をタスクフォースのヘッドにして、普天間の海兵隊をCNMIに移す任務に着手することだ。そして、マニフェストで公約したところの、日米地位協定の改訂の提起や、米軍再編の見直しについても、寺島実郎のタスクフォースに負託するのである。外務省と防衛省は米国政府の出先機関になり果てていて、彼らは日本政府の職員でありながら米国政府の属州官僚として仕事をしている。日本国民の利益のために働かない。米国の利益のために日本国民に負担を押しつけるのが、現在の外務官僚と防衛官僚である。

彼ら売国官僚の御輿に担がれてハシャいでいるのが、無能で傲慢な平野博文だ。


平野更迭_z




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ある時期までは、平野の首を差し出して局面転換ということを考えていたと思いますが、もう完全にそういう次元を超えたと思います。
もう鳩山退陣しないと前に進めないでしょう。
彼は沖縄に入れませんよ。平野でも亀井でもない、鳩山自身がこの政権の問題であることが、
はっきりしたのがこの月末です。

徳之島のことも含め、今日のエントリは、らしくない読み違いと国民の多くが抱いている印象とのズレが強い気がします。徳之島全面移転などありえないことですし、考えられてもいません。今回の先送りは、複数案を数日で1つに纏めるなど不可能な上に何の意味もないことがあきらかですから、あたりまえのことです。3月中というのが、そもそも単なる鳩山の放言にすぎないです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

寺島実郎の冷遇

元々、一部報道では防衛大臣や外務大臣への起用まで取りざたされていたはずの寺島実郎が、ここまで冷遇されている状況が異常だと思います。政権が発足して早半年、対米盲従姿勢の転換を推進するためにも、検討委員長に留まらず防衛大臣になり、日米同盟の改定(破棄)、活憲に基づいたラディカルな平和主義の実現をして欲しいです。
クラスター爆弾の根絶、核兵器の廃絶、その他軍縮会議で積極果敢な姿勢を示すなど、憲法九条を有する日本であれば、いくらでも活躍の舞台はあるはず。ノルウェーのような仲介外交を目指す道もあっていいと思ってます。
寺島実郎には、普天間問題を契機に、沖縄の未来、ひいては日本の将来を転換する構想力を示して欲しいです。国際貢献と対米協力を混同させる外交は止めるべきです。防衛大臣と外務大臣及び官房長官の刷新を求めます。

普天間だけでなく財源問題でも七転八倒している民主党の様子を見てましたら、はじめは、「折角政権とれたのに何をやってるんだこの連中は」と呆れていましたが、ここまでぶざまな姿を見せつけられますと、「うーん、それほど大変な事業なんだ、政権交代で実績を上げるっていうことは。よく頑張ってるのかも知れないな」
みたいな気持になってきました。不思議ですね(笑)。

あと、脱税しようが収賄しようがそれを補って余りあるほどねずみを取ってくれる猫なら清潔だがねずみを取れない猫よりいいや、という気分にもなってきました。

え、平野さん?
「あなた、そもそもあれが猫だとおっしゃるんですか?」(宮澤喜一調で)。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

はじめまして

はじめまして、
大変に読み応えのある内容と・分析に
驚嘆いたしました。

 私自身、民主党の政権交代に胸躍らせ、大いに期待を持って
見守ってきたものの一人です。普天間問題については私が徳之島出身ということもあり、並々ならぬ関心を持っておりました。

 首相がここまで粘ることに、僅かながらの希望を持っておりましたが、昨日の沖縄訪問の発言にほとほとあきれ、落胆いたしました。
ここまで暗愚なのかと。
もっとも、平野博文を官房長官にすえ、また普天間問題の長としたこと時点で大きな懸念を抱いておりましたが、まさかここまで無策だったとは普通の感覚では考えられないことです。

 鳩山首相には、ぜひこのブログを熟読してもらいたいものです。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。