スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンポジウム「『普天間問題』のウラに隠された真実」(3/20)参加報告

普天間シンポ_13連休の初日(3/20)、マスコミ九条の会が主催するシンポジウム「『普天間問題』のウラに隠された真実」に参加してきた。内幸町のプレスセンターが会場だったので、地下鉄の駅を地上に出て、日比谷公園の中を散歩する経路を選んで向かった。ときどき強い風が吹いたが、暖かい春の陽射しが注ぐお天気で、小さな子どもを連れた家族が噴水の前で遊び、第二花壇に黄色い春の花が咲き並んでいた。シンポジウムのパネリストは、吉田健正、前田哲男、鳥越俊太郎。司会は桂敬一。共同通信が取材に来ていたようで、記事が配信されている。千円の入場料を取るイベントだったが、会場は満席で立ち見客が溢れるほどだった。千円は値段として安くない。しかし、議論の内容は予想を超えて面白く、対価として十分に満足できるものだった。3人の議論には準備された中身があり、観客から期待された役割を不足なく果たしていた。退屈を感じない討論会だった。今回、初めて近くで鳥越俊太郎の実物を見たが、印象としてはまさに俳優で、ルックスとスタイルが際立っている。なるほど、テレビに出るにはこのビジュアル・バリューが必要かと納得させられた。鳥越俊太郎は、学生時代の60年安保から話を始めた。3年生のとき、5/20の強行採決から6/19の自然成立までの1か月間、ほぼ毎日街頭にデモに出て、デモに行かない学生は当時は誰もいなかったと言っていた。この日の鳥越俊太郎の発言は、テレビよりもずっと過激で、日米同盟など不要だと断じ、共同の記事にもあるとおり、「(普天間は)移設ではなく撤去だ」と言い切った。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

普天間シンポ_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

二枚舌の功罪、対等な日米同盟

鳥越俊太郎に限らず、場所を選んでは威勢の良いことを言い放ち、自らの利益が生じるところでは、ダブルスタンダードを平気で行う論者は多いですね。本音と建前を使い分けることが大人の良識とされるのは結構ですが、不条理や不正に対してさえそういった態度を取るのでは、ただの言行不一致なのではないでしょうか。そういう意味で言えば、立ち上がらない市民が罪なのが事実だとしても、鳥越俊太郎も自省すべきだと感じます。

普天間問題の軍拡戦略論は、とても説得的だと思います。台湾海峡と朝鮮半島の有事に加え、東南アジアで再興する共産主義陣営、中東政治の混沌、中国台頭も相俟って、沖縄の地政学的重要性が増してしまったということなのか。憲法九条改憲、もしくは内閣法制局等の拡大解釈によって図られる可能性、それによって実現されるのが「対等な日米同盟」ということなのか。疑念は深まるばかり。橋本内閣以降に密約があるとする可能性の指摘は、非常に示唆的です。今後の動向を注視する上で参考にしたいと思います。

歴史に学ぶ

同じ日本人として、ヤンバルの森をカティンの森にするわけにはいきませんね。沖縄は、ポーランドではない。同じ日本です。

意思があるなら実行あるのみ。志士たちの真剣さに学ぶのみ。

沖縄でも討論会があった

同じ日に沖縄では、喜納昌吉(民主党)、下地幹郎(国民浸透)、照屋寛徳(社民党)が参加した討論会がありました。喜納がしきりに「沖縄は一つにまとまらなくてはいけない」と下地と照屋にメッセージを送っていたことが気になりました。県内移設を言い出した下地幹郎はもちろん、照屋にも官房機密費が渡っているんじゃないでしょうか。福島瑞穂以外の社民党議員が全員買収されているのでは。

もともと辺野古移設も何十年も前の建設計画を現代版に強化した内容だと地元で指摘されたことがあります。老朽化した施設の作り直しはアメリカの望むところなのでしょう。それにアメリカのご威光がなければ仕事ができない外務省と防衛省が相乗りして、沖縄での軍拡を進めているのだ・・。今回のブログ主様の記事には同感です。

No title

鳥越俊太郎についての、お考えを嬉しく拝読しました。

テレビに出演するコメンテーターの中で、ときおり、キラリと、テレビ会社の意向と違うらしい鳥越俊太郎の考え方を聞くたびに、限界ギリギリで発言しているらしい氏の、その内なる片鱗を感じていた一人として。

鳥越俊太郎とは別に、
このプログ様でも、たびたび批判されてきたサンプロ(田原総一朗)が、昨日と来週の27日で消えていきます。
是非、高邁なプログ様の、サンプロ(田原総一朗)についての、総括批判をお書き頂いたら幸甚と存じます。

沖縄に基地は要らない

丸2年ぶりに沖縄に行ってきました。連休ということもあり、本島の観光地には多くの観光客でにぎわっていました。許田ICを降り、名護市内ルート58には車があふれていました。しかし、名護中心地から辺野古へと向かうルート329はほとんど車が走っていません。まるで光と影の感じです。

日曜日の昼下がり、辺野古の集落はひっそりとしており、基地問題とは無縁のような雰囲気。しかし、交差点には大きな看板に「普天間ヘリ基地辺野古移設絶対反対!(辺野古住民・名護市民有志一同)」としっかりとメッセージが掲げられていました。

どれだけ本土の人間が沖縄県民の痛みを共有し、基地問題と向かい合い、覚悟を決めるか。あのエメラルド色の海に米軍基地は要らないと行く度に感じるのです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

日米密約 真相究明は?

http://www.youtube.com/watch?v=4Z-D66938Cg
ニュースの深層_2010/3/16(火)「日米密約 真相究明は?」で西山太吉氏がかなり具体的に話してましたね。
また桂 敬一氏もhttp://jcj-daily.seesaa.net/article/142991340.htmlで新しい「密約」を産み出す動きが生じていないかと言ってました。


No title

なるほどです、この方に要注意ですね。
TVも何か信じられなかったり、何を信じていいのか良く分からなくなります。
ありがとうございます。

No title

鳥越俊太郎さんですね、日米同盟や基地の問題など一歩間違えれば日本の国に損害をもたらしかねない事案だけにしっかりとしてほしいものです。
来年は日本がまた昇る年になりますように。
ありがとうございました。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。