スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派遣法改正の政治 - 「事前面接の解禁」をめぐる攻防とマスコミ報道

派遣法改正_1昨日(3/18)、労働者派遣法の改正問題で大きな動きがあった。連立3党の党首級が集まる基本政策閣僚委員会が開かれ、派遣法改正案の最終合意がなされたが、社民党と国新党が要求していた「事前面接の解禁」の削除を民主党が受け入れ、今国会で成立する見通しとなった。福島瑞穂と亀井亜紀子のお手柄である。骨抜きの修正案が労政審「要綱」として諮問され、「要綱」に沿った厚労省の改正案が3/12にも閣議決定の寸前だったが、福島瑞穂が土壇場で踏ん張り、亀井静香と連携して3/11に閣議先送りへと巻き返す。さらに、福島瑞穂が先週末に菅直人に電話して、派遣法改正を討議する閣議前の閣僚委員会を開くよう強力に要請、菅直人が遂に受諾して、厚労省案の無傷での閣議通過は阻止された。朝日(2面)の記事には、福島瑞穂が、要求が受け入れられない場合は、閣議での署名を拒否すると漏らしていたとある。(ネットの隅の自己満足ながら)叱咤激励の甲斐があった。また、同じ朝日の記事には、「長妻氏は担当閣僚でありながら、菅氏が法案修正で決着させるとは知らされていなかった」とも記述がある。これが政治主導というものだ。棗一郎の「派遣法の抜本改正をめざす共同行動」のBlogも、「この決定は、『政治主導』で正しい修正を決めたものです。粘り強い運動で、ひとまず大きな前進が実現しました」と喜んでいる。長妻昭と細川律夫の二人には軽蔑の視線を送るのみだが、福島瑞穂と亀井亜紀子の二人は非正規労働者の権利のためによく奮闘した。努力を評価したい。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

派遣法改正_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

労使合意

だいたい前段で長妻さんが尊重しようとした「労使合意」の「労」、派遣の代表でなければ正統性ないだろが、と思ってましたんで、落ち着くべきところにやや落ち着いたかなという印象です、今回のてんまつ。
しかし、そもそも派遣法って完全廃止ではまずいのかよ、とも思ってますけど。

あと、民主党はなんでこんなに閣僚間の調整を詰めないまま各大臣が発言するんですかね。内閣としての意志の統一を確認してからコメントすれば長妻さんだって恥をかかずに済んだのに。
普天間の件も関係閣僚が百花繚乱(笑)の発言。
役所に取り込まれた結果こういうことになってるんでしょうか。

そうでなければ皆さん、IQならぬSQ(政治家指数。勝手に作った造語でアレですが)が相当低いことになりませんかね。

民主党の諸賢、せっかく取った虎の子の政権です。
も少し落ち着いて、ていねいなお取り扱いを。
衷心より願います。

国民新党にも

社民党や国民新党の役割は、民主党の右派や労組母体の左派ではなく、新自由主義に対抗する意思を持った議員と協力することだと思ってます。
普天間移設で自己利益に走る下地幹郎に比べ、亀井亜紀子の今回の動きはお手柄です。国民新党はこういう議員を中心に活動していってほしい。

今の派遣法がまかり通るとどうなるの?:

今の派遣法がまかり通るとどうなるの?:日産自動車の非人道的な解雇とたたかう仲間たち:So-netブログ
http://siroyagi2.blog.so-net.ne.jp/2010-03-16
みんなで、声をあげよう!「公約違反」はもういやです。:日産自動車の非人道的な解雇とたたかう仲間たち:So-netブログ
http://siroyagi2.blog.so-net.ne.jp/2010-03-12
日産自動車の非人道的な解雇とたたかう仲間たち:So-netブログ
http://siroyagi2.blog.so-net.ne.jp/

No title

「事前面接」が例外的に認められているのは派遣就業後に派遣先企業に直接雇用されることを予定されている「紹介予定派遣」のみですので、このたびの「事前面接」問題とは何なのだろう?と思っていました。おそらく短期ではなく一定期間派遣で働く「常用型」派遣にも事前面接も認めようという動きだったのでしょうね。

であるならば、元々この「派遣法問題」は弱い立場にある派遣労働者を守ろうという法改正の動きであったはずなのにそれに逆行するもので、政権交代したのに一体何故こんな体たらくになってしまったのか。長妻大臣も期待された大臣であるにも係わらず、年金には熱心であっても労働行政については本質的に弱者の立場に立てる大臣なのだろうか?と今では私の中では疑問符となってきています。

そもそも今の労働者派遣法はすでに労働基準法6条の「中間搾取の排除」違反するものではないか。原則の例外が一人歩きして、派遣法の方が労基法よりも当たり前のように力を持っている現実は、まるで憲法の際限ない拡大解釈のようです。

もしも今の状態で派遣法を認めるスタンスを国も国民もとるというなら、労基法6条を深刻に議論すべきだし、少なくとも現状の派遣法は「同一価値労働同一賃金」と「派遣労働者向け社会保険」を整備すべきです。派遣で働かざるを得ない人たちが現にいるという状況を考えれば致し方ないのかもしれませんが、所謂3年の猶予期間も心配です。この期間に派遣労働という働き方と生活の保障のあり方(賃金を含め)の両面を真剣に考えなければならないと思いますね。でないと、貧困は放置されたままになるに違いありません。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。