スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経団連会長辞任へ - 大光の30億円は御手洗冨士夫の私的金庫

御手洗_1最初に結論を3点述べよう。(1) この事件はNHKの7時のニュースを中心に続報が続き、最終的に御手洗冨士夫の経団連会長辞任に行き着く。(2) 大賀規久の大光は御手洗冨士夫の私的金庫であり、30億円の裏金は経団連会長レースの買収工作に使われた。(3) 事件の構図は大型で多岐にわたり、経団連ルートと大分県知事ルートの捜査の二つに及ぶ。私がこの事件を報道で初めて知ったのは、去年の9月頃だったか、NHKの7時のニュースでのことだった。他のどの新聞も記事にしてないのに、いきなりNHKの7時のニュースに大きく取り上げられ、それも2日連続だったため、直感的に感じるものがあった。NHKの報道のしかたが、あの守屋武昌が逮捕された防衛省汚職事件に類似していたからである。大きな事件が始まる予感がした。「今年の特捜の捕物はこれか」と思った。守屋武昌の事件も季節は秋だった。あのときの、事件の幕開けを報じたNHKの7時のニュースを印象深く覚えているが、一番最初から問題のゴルフ場の映像が流された。あの事件のキーワードは接待ゴルフだった。  

御手洗_2特捜部は、最初から接待ゴルフの賄賂認定での立件を計画していたのである。それを知らない守屋夫妻は、まさかと思っていたに違いないが、事件は「身分なき共犯」での守屋幸子の逮捕という意外で衝撃的な結幕へと発展し、検察のウルトラCに驚かされた。しかしながら、こちらの期待とは裏腹に、NHKの7時のニュースはキヤノン大分工場の不正疑惑の続報をやめ、報道は全く盛り上がらず、その代わり、あの三笠フーズの汚染米問題が大事件となり、被害が全国に広がり、自民党総裁選と並んでマスコミ報道を席巻するニュースとなった。今回の事件についても、特捜部は最後のシナリオまですでに描いている。強制捜査と逮捕の順番と日程、そして報道への情報提供と事件説明、逮捕者の容疑事実。これらはすでに固まっていて、後は証言で裏を取り、自供の進捗と成果に応じて報道に情報を流し、国民と関係者にメッセージを提供するだけである。昨夜(2/10)のNHKの7時のニュースでは、事件の関係者として御手洗冨士夫の顔が大きく映され、事件の核心にいる人物であることが強調され、今後の事件報道でも御手洗冨士夫が主役であることが明らかにされていた。

御手洗_3特捜の捜査の射程に間違いなく御手洗冨士夫が入っている。ロックオンされている。刑事事件の容疑が明確に固まっていて、物的証拠も押さえているのだ。ただ、逮捕まで至るかどうかは分からない。それは政治判断が必要になる。私の推測では、検察は御手洗冨士夫と水面下で交渉をしていて、経団連会長を辞任するなら逮捕は免じてやろうと取引を持ちかけていると思われる。キヤノン会長職を含めた一切の役職から身を引いて隠棲するかわりに、逮捕起訴は見逃すという取引をやっているのではないか。罪状は特別背任。大光の大賀規久のところに鹿島や関連の企業から渡った裏金が、もし仮に御手洗冨士夫の手元に入っていれば、その金の流れが証明されれば、間違いなく特別背任の構成要件が充当され、代表取締役でありながら会社に不当な損害を与えた容疑で立件が可能となる。現在、新聞では大賀規久が隠し所得として得た30億円については、単にキヤノンの株を購入したという報道で終わっている。朝日新聞の1面では、「御手洗冨士夫の勧めでキヤノン株を購入した」という説明になっている。果たしてそれだけだったのか。そのキヤノン株(もしくは株売却益)が誰かに譲渡されていて、譲渡の目的が明らかになり、御手洗冨士夫の指示の事実が発覚すれば、問題は大賀規久の所得隠しと脱税だけでは済まなくなる。

御手洗_5特捜は大賀規久を取り調べ、脱税容疑の供述調書に署名させた後で、次々と別件の証拠資料を見せ、キヤノン株になった30億円の金の流れを大賀規久に吐かせるだろう。大賀規久は、現時点でのマスコミ報道では単に御手洗冨士夫の同郷の昵懇の友人であるに過ぎない。御手洗冨士夫と個人的関係があり、キヤノンの新工場建設受注を仕切る強力な影響力を持っていたとだけ紹介されている。ただの友人関係でこんなことができるはずがないではないか。大賀規久の大光は、簡単に言えば、御手洗冨士夫が会社の外側に置いたキヤノンの購買部であり、アウトソーシングされたプロキュアメント・カンパニーである。その目的は裏金を集めて裏資金を運用するためで、すなわち、御手洗冨士夫の財界政界工作用の裏資金管理の役目を仰せつかって動いていたのである。裏金庫の番頭だ。これは分かりやすい図式であり、誰でも簡単に分かる不正の構図である。今後、その真相を週刊誌の記事が暴くだろう。金はどこへ流れたのか、私は布団の中で考えるているうち、そうか、経団連の会長選挙かと思いつき、今日のブログの記事にしようと意気込んでいたところ、すでにネットの別のサイトで、同じ指摘が上げられていて、先を越された気分になって意気消沈してしまった。

御手洗_4奥田碩の後任を決める日本経団連の会長レースは2004年末から始まり、1年後の2005年11月に御手洗冨士夫で正式に内定が出た。当初、同じトヨタの張富士夫の名前が上がっていたが、その後、新日鉄の千束晃が名乗りを上げて本命視されていた。この人事に大きな影響力を持ったと見られるのは奥田碩で、奥田碩への実弾の多さで御手洗冨士夫が次期会長の座を射止めた可能性が高いと疑うのは道理だろう。経団連会長選挙というのは、多額の買収資金が乱れ飛ぶ世界で、バラ撒いた金が少なかったために経団連会長になれなかった人間がいる。NECの関本忠弘だ。1998年の会長選挙で関本忠弘が新日鉄の今井敬に敗れたのは、他にも理由はあったが、NECの実弾不足が主な原因だったと言われていた。識見や指導力や人物の魅力では関本忠弘の方が圧倒的に上だった。特捜の捕物は常にそうだが、今度の捜査でも東京国税局の役割が大きく、今回の事件には経団連会長選挙の買収の慣習を標的にした狙いが見える。日本の大企業は、経営者を経団連の会員にするため、役員にするため、会長にするために、不正な所得隠しを行って膨大な資金を捻出しているのである。一昨年の捕物では、「接待ゴルフは賄賂の提供」という「判例」を作り、日本のビジネス慣行を一発で変えた。

御手洗_6もう一つ大きな特捜と国税の狙いがある。それは、ゼネコンの裏金規制だ。これまでも度重なる摘発があり、重大な疑獄事件に発展してきた問題があったが、国が発注する土建工事だけでなく、民間が民間に発注する物件についても、所得隠しと不正流用は許さないぞという国税の意思を示すものだろう。このゼネコンのキックバック用の裏金工作と所得隠しのために、毎年、膨大な所得税収入が失われ、財政再建の足が引っ張られている。これまで慣行として暗黙裡に認めていたものに、今回はメスが入れられる。キヤノンの場合は、特に不正が大胆で、摘発しやすかったという点もあるかも知れない。経団連の会長選挙の舞台は2005年である。経産省や官邸にも金は撒かれただろうが、当時の政権の最高権力者は誰かと言えば、それは小泉純一郎であり、経済政策の実権を握っていた竹中平蔵である。特捜は情報を押さえているだろう。キヤノン大分工場の竣工式が行われたのが2004年11月、鹿島などから30億円の裏金が大賀規久のところに積み上げられたのが、2004年から2006年の2年間である。経団連の新会長就任式が2006年5月。時期的にはぴったり符合する。30億円のキヤノン株がどこに流れたかがこの事件の味噌だ。この事件に捜査のメスが入ったのは、小泉構造改革の黄昏と無関係ではないだろう。

御手洗_7新聞記事では鹿島への捜索も予告されている。この事件で、もう一つ重要な人物として取り沙汰されているのが、大分県知事の広瀬勝貞である。大分県知事ルート。昨日(2/10)のNHKの7時のニュースでもインタビューを受けた映像が出ていた。どこかの時点で、特捜は広瀬勝貞を任意で事情聴取に及ぶのではないか。疑惑は、大分キャノンの用地造成に県が68億5000万円をかけながら、県が補助金交付要綱を変えて50億円でキヤノンに提供したこと。広瀬勝貞はテレビのインタビューの発言でも、御手洗冨士夫に世話になっていることを正直に言っていた。広瀬勝貞は経産次官出身で、2003年に大分県知事選に出馬、2007年に再選されて現在2期目を務めている。御手洗冨士夫は広瀬勝貞の有力な後援者で、パーティ券を購入する政治団体を作り、多額の資金を広瀬勝貞に寄付している。今回、政治資金の寄付と造成用地の格安譲渡が(贈収賄などの)不正行為として摘発されるかどうか。この政治資金団体の寄付以外にも、広瀬勝貞はキヤノン側から多額の裏資金を得ている可能性が考えられ、用地以外の別の何かの便宜提供をして、その見返りに大賀規久からキヤノン株を受け取っているか、株の売却益を現金で受け取っていることもあり得る。その鍵を握る人物が、今回逮捕された大光取締役で元県会議長の長田助勝で、この男が御手洗冨士夫と広瀬勝貞の黒い関係の仲介者だろう。長田助勝は経団連の会長選挙には無関係だ。

捜査は、経団連ルートと大分県ルートの二つが同時進行する。大分県ルートは贈収賄事件に発展する。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

結論、「大分キヤノン」は建設経緯から問題だらけということで。
ただ小泉、竹中が手がけた構造改革路線が根絶やしになるかは疑問が残るところです。
その例を挙げると渡辺喜美氏が旗頭になっている「国民運動体」創設運動がそれで、参加運動に名を連ねている面々が如何にもというのが揃っています。
恐らく衆議院選挙の頃には、もっと色々な事が起こりますし、残念ながら彼らがやりたい事は大多数の国民の支持を受けるだろうと予感しています。
キーワードは「公務員」でしょうかね、私から言えるのは「大分キヤノン」の内部で末端の雇用者が味わった阿鼻叫喚を、近未来の日本の姿にしたい人達の甘言には注意すべきだよというしかないです。

No title

私もふみたけ氏に同感ですね。
先日の報ステの郵政民営化に関する報道でも小泉礼賛、郵政民営化賛成一色でしたから。
年末、年始に掛けて見られた新自由主義批判、改革批判は鳴りを潜めて、逆に改革推進にシフトしてるように見受けられます。
この国の有権者がマスメディアの刷り込みに極めて弱い事は郵政選挙の時に痛感しましたから。
さすがに地方ではあの時と同じようには行かないでしょうけど。
キャノンにしてもオリックスにしても本丸までは行かないでしょう。
トカゲの尻尾切りでお茶を濁すでしょうね。
特に簡保の宿に関しては手繰って行けば小泉や竹中に行き着いてしまいますから。
規制改革会議そのものの存続も危うくなりかねませんし。
マスメディアや検察に期待出来ないとなると野党には頑張って欲しいんですが・・・
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。