スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯浅誠の参与辞任説明 - 私ならどう官僚の酒光一章を動かしたか

湯浅誠辞任説明_1先週(3/5)、湯浅誠から内閣府参与辞任について説明した文書が公表された。同時に、菅直人が湯浅誠の辞表を受理した件もマスコミの報道で伝えられた。NHKスペシャルの放送から5日経ち、ようやく辞任が公式に確定したことになる。NHKの番組が最後に説明していた話、すなわち、菅直人が湯浅誠に対して慰留の説得を続けていて、湯浅誠が2/28時点でも態度を保留していたというナレーションは誤りではなかった。私は、3/1の記事で、湯浅誠は国民にわかりやすく事情を説明すべきだと主張していたので、この説明文の公表は悪くない。ただ、1/29の辞意伝達から2/28の特集放送まで1か月も時間を要し、その間に菅直人と具体的な折衝があったはずだが、話し合いの中身について何も言及、開示されていない。その点が不十分に感じる。また、辞任の理由について、公表文では「当初予定していた一連の取組みが終了した段階」に至ったからという説明で流し、マスコミ報道にあった「一区切りついたから」の理由づけを踏襲している。しかし、この説明は、昨年末の朝日新聞に載せたインタビューの発言と大きく矛盾する。12/27の朝日3面に顔写真入りで載った記事では、公設派遣村が終わったら参与を辞めるのかと尋ねた記者の質問に対して、政府の中に留まった方が情報が多く入るので参与職を続けると答えていた。言葉が軽い。国民の前で言う言葉がコロコロ変わる。12/27には続けると言いながら、1/6にはNHKのカメラの前で辞めると言っている。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

湯浅誠辞任説明_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

「菅と山井は慰留しているのに湯浅が自ら辞めた」という図式は政治的にはまずいんじゃないですかね。
辞めたいのなら、もっと過激に挑発いるような言動をとって解任されるように持っていった方が何かと得策だったように思います。

スーツと酒席~近代的価値観と脱構築的社会~

多様な価値観や、個々の状況に伴った生き方を許容する社会を目指す湯浅誠氏のような活動家からすると、スーツと酒席こそ嫌煙したくなる対象なのではないでしょか。ライフリンクの清水康之氏もスーツを着てませんね。
スーツは没個性の戦闘服という認識であり、酒席は談合と不透明の象徴。極めて近代的価値観の範疇にあり、ポスト冷戦社会(脱近代)を生きる「若者」にとって、最も侮蔑的対象として捉えられるツールが、スーツと酒席なのではないか。少なくとも私のイメージはそうです。
実を取るために名を捨てる。確かに大事なことかもしれません。ただ、私にはあえてスーツを着ないところに、湯浅氏のプライドがあるような気がします。ホームレスや派遣切りに遭った方々から見れば、スーツを着た湯浅氏こそ侮蔑の対象でしょう。私はスーツを着た湯浅氏は見たくありませんね。それこそ「取り込まれたな」とすら思ってしまうかもしれない。たかがスーツ、されどスーツ。
私にはそこまでスーツを重要視する価値観が理解できませんが、こういった認識のズレが、脱構築的社会に生きてきた「若者」と、右肩上がりの社会に生き、労組や新卒採用の見送りで守られてきた「大人たち」との齟齬なのでしょう。当たり前とされてきた価値観を、当たり前に享受してきた「大人たち」、その価値観を強要されるだけの「若者」。これまで、「大人たち」にとって自明とされてきたものに抗う運動こそが、湯浅氏らの活動でしょうから、彼の服装は当然と言えばそれまでかもしれません。
湯浅氏を責めることは誰にもできません。しかし、それでも政権内に留まって欲しかった。先日、東京・神保町で行われた「自殺と貧困から見えてくる日本」と題するシンポジウムに行ってきました。湯浅氏に加え、ライフリンクの清水氏、精神科医の香山リカが討論。冒頭に鳩山由紀夫、中盤に長妻昭、終盤に福島瑞穂の挨拶があり、宇都宮健児氏が、日弁連会長の初仕事として宣言文を読み上げて閉幕という、内容のものでした。
世論喚起、社会の地殻変動を感じられるものだっただけに、湯浅氏の政権離脱は痛手だと、より強く思いました。残念としか言い様がなく、何の目処もたたない中での辞任。活動家の枠を超えて、社会を変えて欲しいです。シンポジウムでの湯浅は実に精悍で、以前にも増して存在感が鮮明になりました。それも政権入りを経てのものでしょう。是非、復帰を検討して欲しいと思っております。

大臣の種だったのに‥。

管直人や小沢一郎ら民主党の「反ネオリベ派」は
湯浅誠を代議士→大臣‥ともり立てる予定だったでしょうね。
一方、鳩山由紀夫は最初から冷やかな感じでしたね。
話の流れは民主党の将来の代表(神輿)と見られながらも「逃げた」大橋巨泉を思いだすものでしたね。

ラストエンペラー

丸眼鏡の湯浅さんを見るたびに、ラストエンペラーの溥儀を連想します。
名ばかりの無力な満州国皇帝。
内閣参与も名ばかりの役職でした。

名ばかりではあっても、皇帝が役人に頭を下げてはいけません。

名ばかりではなくて、民間からの特命担当大臣として正式に任命され、この問題に関しての予算と人事の権限を、時限的にでも厚労省から分離して与えられない限り、湯浅さんが充分な成果を上げることは無理だろうと感じます。

お言葉ですが、接待してねんごろになれたとしても、それだけでは役人が実際に動く保証は得られない。

保証を得るためには、法的にきっちり縛っておかないと。
宦官に対しては、宦官にふさわしい対応が必要です。

またの活躍を期待したいです

人生の先輩が後輩に諭すような、あたたかい文章だと思いました。
特に湯浅さんの場合、大学院と現場しか知らず-これはこれで貴重でユニークな経歴です-、一般的な意味での組織(企業や行政)の中で働いたことがないが故に、こういうアドバイスはとても大事だ(った)のではないかと、いまさらながら思います。

湯浅氏が世論を大きく動かしたいと望んでいるのであるならば、選挙に出るのがもっとも有効です

湯浅氏が世論を大きく動かしたいと望んでおられるのなら、
選挙に出るのがいちばん有効な方法であると思います。
出馬すれば、選挙カーで、全国各地を遊説して回ることができます。
選挙カーで持論を訴えることも可能です。
湯浅氏なら、マスコミが注目し、大きく報道することでしょう。
また、なによりも、政見放送で、すべての国民に持論を公共の電波に乗せて訴えることもできます。
講演会で話すよりも、はるかに多くの人々に持論を訴えることが可能になるのです。

さらに、議員になれば、いずれ政務官、副大臣、大臣、そして総理大臣として、
この国を動かすことができる日がやってくるかもしれません。

2001年、「小泉ブーム」に乗って大量得票で当選した舛添要一氏。
彼は、2007年以降、安倍・福田・麻生の各政権下で厚生大臣を務め、
今や「総理大臣にしたい政治家ナンバーワン」の地位にまでにのぼりつめました。

もっとも、舛添氏は、昨年、派遣村の失業者や生活保護者を
「怠け者」呼ばわりして罵倒するなど、彼の本質は、酷薄な新自由主義者でしょう。

●「怠けている連中に税金使わぬ」 派遣村めぐり舛添厚労相
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/koyou_houkai/list/200908/CK2009081902100032.html
●舛添厚労相の“怠け者”発言に抗議/母子加算復活要求の4団体
http://news.livedoor.com/article/detail/4319906/

●「首相に最もふさわしい政治家」断トツ1位はあの人! 舛添氏、第一位
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100308/plt1003081617004-n2.htm

彼のような人物が、今後総理大臣になることになれば、
この国は、より弱者や「負け組」にとって生きるのが辛い国になるでしょう。

であるからこそ、「自己責任」「怠け者」などといった新自由主義側の言説に対抗できる言葉をもった政治家が必要なのです。
その意味で、湯浅氏は、まさに打ってつけの人材です。

湯浅氏は、かつての小泉元首相や竹中元総務相、そして今の舛添元厚労相のような“権力を持った新自由主義者”と
同じ土俵に上がって戦っていただきたいと思います。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。