スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辻元清美は国交副大臣を辞任せよ、普天間移設問題で論陣を張れ

辻元清美_1今年の元旦のニュースで、前原誠司が、5月のGWまでには連立政権から社民党を追い出して、普天間移設は辺野古沖の現行案で決めますので、どうぞご安心下さいとルースに約束した一件があった。めでたい元日の朝、新年のPCを立ち上げると、ネットのニュースでこの不愉快な情報が流れていた。ラジオのニュースでも、正午にこの話題を放送していた。その頃、福島瑞穂は、鳩山由紀夫と菅直人と一緒に、代々木オリンピック記念青少年総合センターに設けられた公設派遣村を視察していた。福島瑞穂が、この問題で鳩山由紀夫や菅直人と立ち話をして、真偽の確認に及んだかどうかは分からない。だが、2か月が経ち、普天間問題をめぐる情勢は前原誠司の予告したとおりに動いている。このとき、政府の検討委というのは、福島瑞穂の社民党が「重大な決意」で土壇場の抵抗を試みて、現行案での年内決着で押し切られそうになった状況を、最後の踏ん張りで押し戻して妥協をみた所産の政府の調整機関だった。ここで持ち堪えて年内決着を阻止できれば、1月24日の名護市長選に繋げられ、そこを反転攻勢の起点にして県外国外移設へ展望を拓くことができる。福島瑞穂や沖縄県民やわれわれが、年の暮れに持っていたのはそんな感懐で、正月の前原誠司のニュースは、不快だが論外の暴言であり、現実性の観点からは少し遠い親米右翼の負け犬の遠吠えだった。まさか、国新党の下地幹郎が県内移設で動くとは思わなかったし、阿部知子が九州案を言い出すなど想像もできなかったからである。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

辻元清美_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

暗い見通しですね

辻本氏にそこまでの力量がないでしょう。
おそらく目の前の仕事に忙殺されて(あるいは官僚の洗脳)普天間とか格差問題など考えていないでしょう。
ブログ主さんは福島氏に対して懐疑的ですが、誠意はあると思います。あまりにも周囲が悪すぎるのではないかと思います。悪い意味での55年体制の残滓が社民党を腐らしていると考えています。

ブログ主さんは亀井氏が鍵であるとおっしゃっていますが、下地氏が平野氏サイドにたっている以上、県外移設を唱えることはないと思えます。期待はしたいですけど

No title

私はむしろ、鳩山(&平野?)の首を、アメリカと沖縄に差し出すような形で、県内移設(陸上部案?)でまとめるという形ではないかと。現行案の断念と県外移設の断念、両方の責任を取るという形ですね。

沖縄県民最後の一兵に也とも

今般の政府の言動はアメリカCIA及び検察クーデターに、己の身の危険を感じた大臣たちの臆病な行動が原因である、対する小沢は
汚沢とか言われながらも孤軍奮闘していたが、あの忌々しいキャンベル米国務次官補におどされ、とりあえずダンマリ戦術に変えた
私は日本の右よりの人たちに問いたい、本当に独立国として生きる気が有るのかいつまでもアメリカのパシリで良いのか
少なくとも沖縄は今までの様な分けにわ行きませんよ。
子、孫、のため最後の一人になっても戦います!!
かなり長い持久戦になりそうですが、幸い世界は平和なようでくじらだとかまぐろで騒ぐご時世です、沖縄が本気になれば世界各地から応援のために支援の手が来るでしょう、戦いに勝利を!!
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。