スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊東洋経済の「新聞・テレビ断末魔」特集 - 中身のない業界広報

東洋経済_1先週号(2/20号)の週刊東洋経済が、「新聞・テレビ断末魔」の特集をしていた。買おうと思って書店に足を運んだが、先週の水曜(2/17)にはどこも売り切れで、入手するのに手間がかかり、発売から1週遅れで読むことになった。この特集は世間の関心が高く、タイトルを打つと人が群がるのである。同じ企画を東洋経済は1年前に特集していて、そこでは氏家斉一郎が、「民放キー局で生き残るのは2、3社」と衝撃の発言をし、大きな話題となった出来事があった。私もブログで取り上げた。1年後の今回の特集は、昨年よりも内容は多岐でページ数も多い。だが、記事の中身は昨年の号ほど面白くない。興奮を覚える分析と主張がない。一読して、これは明らかに二匹目のドジョウ狙いの企画で、昨年ほどの先鋭で痛快な問題視角が編集部にないのだ。記者の署名も変わっている。ページのボリュームは「ふくらし粉」の印象を受ける。何やら、最初から売りが目的であり、マスコミ産業の現状を抉るジャーナリズムとしては不合格である。記事の性格がパブリシティ的で、つまり、マスコミ大手の社長に無難な経営話を喋らせ、それを平板に並べて誌面を埋めている。業界の経営トップの言い分を発信させ掲載してやっているだけで、独自の観点で取材分析した経営評論になっていない。結論として、これはいわゆる「業界の広報」であり、特に新聞やテレビで仕事をしている人間を恐怖で脅して買わせている。  

続きの内容をレジまぐ版に公開しました。コメントはこちらの方にお願いします。

東洋経済_z
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世に倦む日日 週刊東洋経済の「新聞・テレビ断末魔」特集 - 中身のない業界広報

世に倦む日日 週刊東洋経済の「新聞・テレビ断末魔」特集 - 中身のない業界広報

コメント

非公開コメント

No title

今回の記事を読んで、何か現在の日本の政治、経済、文化、社会生活の、つまり社会の全セクターを覆う「出口なし」状況の原因の一つがわかったように思いました。つまり1980年代末から日本は事実上、「ネオリベラル・パーティー」とでも名づくべき大政翼賛会に支配されており、政界、経済界は固より、マスコミ界、大学人、在野の文化人の大勢がこれに参画して、支配エリート層の一部にならんとして、またはその地位を死守せんとしてあくせくしているのです。他に目立ったオルターナティヴ勢力はあまりありません。まあ本当に「廿一世紀之怪物新自由主義」ですね。今回の本題の一つ、「朝日新聞」批判ですが、NHKとともにその特集記事や「ETV特集」などの番組を見ると、まだ文化部、社会部と国際部の一部などには良心的なスタッフが残っている様に見えます。だからこそNHKに関しては例の竹中平蔵氏などが盛んに民営化を叫んでいたのかもしれませんね。

橋下新党

橋下大阪府知事による政治グループ結成の動きが報道されました。もし自民党の右派が合流すると、民主党の支持率によっては民主党からも離反者が出るのではないでしょうか。
新自由主義者が根強く活動できるこの国の状況が口惜しくてなりません。

今はみんなが自己中心

今の日本は誰も国民や国のことなど考えていないでしょう。大手マスコミは、自分たちの既得権益のため、デタラメな情報を垂れ流す。そこには、ジャーナリズムなどは存在しません。

また、官僚もまたしかりで、自分たちの天下り先を無くそうとする与党を是が非でも妨害する。国民が選んだ代表を簡単に別件逮捕して、地域の声を奪う。

そして極め付けはリコール問題でやり玉にあがっているトヨタ。莫大な利益が上がっていながらも、率先して派遣切りや雇い止めを断行し、利益のために社会的な責任も放棄した。もちろん、かれらの眼中にはユーザーの利益はまったくない。アクセルペダルがスタックするとフロアーマットの置き方が悪いとユーザーの責任にし、ハイブリッド車でブレーキの効きが悪いというと、それはユーザーの感覚の問題と責任を回避する。

みんな話は繋がっている。国だとか国民のためだとか大きな視点に立つ事ができず、ひたすら自分の利益を追求する、そんな卑しい国家に成り下がっている。我々が世界に誇れた「和」の精神は全く過去の話ではないか。
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。