スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島瑞穂は阿部知子を除名処分せよ - テニアン市長を日本に呼べ

阿部知子除名_1バブル崩壊からまもなく20年になろうとしている。失われた20年の間、国民所得は減り続け、勤労世帯の年収は減り続けて日本人は貧乏に落ちぶれた。デパートで商品を買う購買力がなくなり、銀座のデパートでは日本人の代わりに中国人を顧客にして商売を繋いでいる。中国人が買物客として来ない地方のデパートは潰れるしかなく、次々に閉店のニュースが続いている。歴史を繙くと別世界がある。浦賀ショックから20年後、明治5年だが、日本人は新橋?横浜間に鉄道を敷設して開通させた。ペリーの黒船艦隊を初めて見て腰を抜かした日本人は、わずか20年後、陸蒸気を走らせて公共交通機関とした。いま40歳の人は、人生の半分を不景気の社会の中で生き、疲弊と憔悴と失意と憂鬱の中で人生を送ってきて、それをさらに続けようとしている。若い日本人ほど、生まれたときから希望を持てない格差社会の住人として固まりつつある。幕末の日本人は時間を無駄にしなかった。当時は、電話もFAXもインターネットもない。情報を伝えるには、江戸と京大坂を片道10日も15日もかけて歩き、それを往復しなければならなかった。大山巌(弥助)は、幕末のとき、東海道を三十回以上往復したと回顧している。交通と通信の手段のない時代、日本人は何と素早く決断し、行動し、社会を変え、時代を動かしたことか。そこら中の書店や図書館に技術科学の本が置いているわけでもないのに、日本人はよく勉強して最新の知識を吸収した。  

阿部知子除名_2今はインターネットがある。携帯電話もある。メールやBlogやツイッターを自由に誰でも使える環境がある。どこにいても思うまま情報を発信でき、自己の意見や議論を天下に公表できる。体制を批判する言論を公共空間に主張したからと言って、松蔭や左内のように獄に繋がれ斬首されるわけではない。何でもできる。誰でもできる。西郷が大山巌の足を使って20日かけて行った情報収集や意見調整を、われわれは1分とか5分でできる。当時の人間たちに較べて恐るべき能力を持ち得ている。それなのに、われわれは何もせず、ただ衰退し没落する日本を眺めているだけしかしていない。幕末の人間たちが天国から見れば、それは信じられない光景だろう。インターネットの前のPC通信のとき、今から25年も昔になるが、それを見た瞬間に思ったことは、これで政治を変えられるという確信だった。これこそデモクラシーの物質的基礎たるの人類史上の最終形態、という確信。そのことを顧みて、頭と体が固まりついて石になるような無力感を覚える。惨めな気分に苛まれる。25年間、政治はどんどん悪くなって行き、そのために経済も悪くなって行った。私の直感は間違っていた。正しいということを証明できなかった。ネットが普及してからも15年になる。Blogが出現してからも6年になる。何も変わっていない。新自由主義の体制と格差社会はますます支配的なものとして根を下ろし、格差社会の現実や原理を常識として身につけた人間を再生産し、増殖させる一方だ。

阿部知子除名_3幕末の人々が普天間問題を見たらどう思うだろう。半平太でなくても、激憤にかられて攘夷志士を集め、米軍基地に白刃突撃の切り込みをかけるのではないか。武士の青年ならば、理屈を考える前にそうするだろう。堂々たる神州が夷狄に辱められている惨状は、安政条約で不平等な交易を押しつけられた程度とは比較にならない。土地を占拠して、そこに軍の基地を置き、小学校の校舎の上を戦闘機が離着陸するのである。軍事的占領状態だ。半平太や松蔭に考える時間は一秒もあるまい。決死の行動あるのみ。そして、宜野湾市や那覇市の路上で、何で生麦事件が起きないのだろうと、幕末の頃の普通の日本人ならば当然に発想するのではないか。沖縄で米兵の事件が起きるときは、生麦事件とは逆で、少女が暴行されたとか、市民が轢き逃げで殺されたとか、日本人が不条理な犯罪の犠牲者になって泣き寝入りさせられている話ばかりである。小学生の少女に暴行した米兵が示現流の一刀で袈裟に斬られたという話は聞かない。日本の右翼というのは、ナショナリストを標榜しながら実はそうではなく、反共主義というインターナショナリズムの日本支部の政治集団であり、だから米軍基地に決死の白刃突撃を仕掛けようとは発想しない。尖閣諸島の魚釣島には不法上陸して日の丸を立てるくせに、普天間基地の滑走路に侵入して日の丸を立てようとはしない。竹島問題も、韓国の政権が左派から右派に変わった途端に騒ぐのを止めた。インターナショナリズムだからだ。

阿部知子除名_4国民新党の下地幹郎が、辺野古の陸上に新滑走路を建設する県内移転を提案しようとしている事実が明らかとなった。早速、昨日(2/17)、名護市長の稲嶺進が東京に飛んで亀井静香に陸上案反対の直訴をしたが、亀井静香は陸上案の撤回は言わなかった。亀井静香は、辺野古陸上案について「ベストがだめならベターでいいんじゃないかな」と言い、「それを名護市長が理解してくれるかどうかだ」と言った。国民新党は、先の名護市長選で辺野古移設に反対を唱えて当選した稲嶺進を推薦している。その国民新党が、辺野古陸上案と嘉手納統合案の二案を提案するという裏切りはどうだろう。沖縄県民は下地幹郎と亀井静香の卑劣な欺瞞を黙って見過ごせるのだろうか。亀井静香は、昨日の稲嶺進との会談後の同席記者会見で、「名護市民・沖縄県民の心をきっちり生かした解決案をめざし頑張る」などと噴飯な発言をしている。辺野古陸上案のどこが「名護市民・沖縄県民の心を生かした解決案」なのだろう。沖縄県民の80%が県内移設に反対であり、その意思は3週間前の名護市市長選で明らかにされている。政治家というのは、一体どこまで面の皮が厚くできた生きものだろう。目の前でそれを聞いた稲嶺進は、なぜその場で激越に反論しなかったのか。私が稲嶺進なら、亀井静香の胸ぐらを掴んで「どういう意味だ」と恫喝し、その写真を新聞に掲載させてやっただろう。稲嶺進は亀井静香に対して、辺野古陸上案の撤回をその場で迫っていない。単に「反対だ」と言っただけで終わっている。弱く出すぎじゃないのか。沖縄が弱く出すぎるから、本土の中央の政治家がつけあがるのではないのか。

阿部知子除名_5半平太だったら、胸ぐらを掴んで恫喝どころではなく、後ろの以蔵に目配せし、そのまま以蔵が、「奸物亀井、天誅ッ」と叫んで一刀両断にするところだろう。『竜馬がゆく』の読みすぎだろうか。幕末の頃でなくても、明治の頃であれば、那覇市にある下地幹郎の事務所が無事で済まされるとは到底思えない。暴徒によって焼き討ちの目に遭っただろう。政治の手段としてのテロリズムを正当視することは決してあってはならぬし、公開する記事の表現に自戒と慎重さが必要なのは当然だが、しかし、パレスチナだったなら、同胞を売るイスラエルのスパイをハマスやファタハが摘発した場合は、拷問と私刑が加えられて処刑される。パレスチナ人の立場なら、それが民族の掟として当然だろう。今年が普天間問題の政治戦の勝負の年である沖縄県民は、果たして、このまま下地幹郎を自由に泳がせていていいのか。沖縄人である下地幹郎の行動や発言は、われわれ本土の人間に対して誤ったメッセージの発信となり、沖縄にとってきわめてマイナスの政治的効果をもたらすのではないのか。1/30の日比谷集会に参加した100人の沖縄上京団は、今こそ東京で立ち回る下地幹郎に詰め寄って取り囲み、沖縄を売る下地幹郎の行動を牽制封殺するべきではないのか。少なくとも、喜納昌吉と糸数慶子と照屋寛徳は、下地幹郎の前に立ち塞がって行く手を阻むべきで、ウチナーの民意の80%の何たるかをヤマトに知らしめる必要がある。今は、沖縄の民意の20%を代表する下地幹郎が、恰も100%を代表するが如く政治を進めている。ストップをかけなければいけない。国民新党の辺野古陸上案の後、喜納昌吉と糸数慶子の登場がマスコミにない。

阿部知子除名_6この問題で沖縄県民を裏切っているのは、国民新党と下地幹郎だけでなく、社民党の阿部知子も同じである。欺瞞と卑劣の程度は阿部知子の方が大きいのではないか。昨夜(2/17)、阿部知子は、福島瑞穂が発した国民新党による辺野古上陸案への反対論に対して、「仁義がなさすぎる」などと言ってつまらぬ誹謗中傷を加えている。福島瑞穂のコメントこそ正論ではないか。閣僚の立場にありながら、党の正論を国民の前で言っている福島瑞穂に対して、国民新党を擁護する位置から批判するとは何事か。福島瑞穂は躊躇なく阿部知子を除名処分するべきだ。阿部知子はこの普天間問題を私怨に基づく権力闘争に利用していて、福島瑞穂を追い落とすための党内政治の道具にしている。社民党は常任幹事会を開き、阿部知子を政府の沖縄基地問題検討委員会の委員から解任し、政審会長の職からも解くべきだ。阿部知子は本気で県外国外移設を考えていない。この女の腹の中は県内移設で、裏で平野博文や長島昭久や下地幹郎と結託している。社民党内で福島瑞穂の追い落としに失敗した場合は、機を見て、民主党に鞍替えするつもりだろう。今週の報道で、社民党案としていきなり九州北部移設案が浮上し、不意を衝かれて何事かと面食らったが、この提案の発信元は阿部知子だ。社民党は従来から一貫して、グアム移設を言い続け、その可能性を探って連立二党を説得する立場ではなかったのか。今月10日と11日の2日間、阿部知子は下地幹郎と仲良く北マリアナとグアムに視察旅行して、テレビのニュースではテニアン市長の「移設前向き」が報道されていた。帰国後の阿部知子の口からは、この成果を踏まえた国外移設の可能性が提議されるものとばかり思っていた。私だけでなく、特に沖縄県民は全員それを期待しただろう。

阿部知子除名_7ところが、蓋を開けてみれば、社民党の提案は九州北部移設で、外遊調査の成果を踏まえたテニアン島移設にはならなかった。何のために高い税金を使って北マリアナまで飛んだのか。下地幹郎と阿部知子は繋がっている。このテニアン市長の発言は、下地幹郎と阿部知子にとっては政治目的をぶち壊すものだったのだ。検討委の視察旅行は、「国外には可能な移設先はない」という政治結論を既成事実化するためのアリバイ工作で、テニアン市長の前向き発言はハプニングだった。テニアン市長に対する事前の根回しを忘れていたのである。サイパンもテニアンもグアムも普天間移設を困難視している。だから国外移設は無理で、国内移設しかなく、九州北部移設を提案するしかない。それが阿部知子の当初からの策謀だった。無論、九州北部(長崎大浦)も拒否される。となると、沖縄に戻って県内移設しかない。阿部知子を含め、検討委員会の腹の中は一つに纏まっていて、平野博文も下地幹郎も、岡田克也と長島昭久が策してきた嘉手納統合案である。辺野古陸上案はそのオプションまたはサブセットで、嘉手納統合案を主目標に据えたときの、揺動作戦のような性格の配置だろう。それにしても、われわれは考えなくてはいけない。阿部知子も、下地幹郎も、平野博文も、鳩山由紀夫も、岡田克也も、二言目には「現実的な案、現実的な案」と言う。何が「現実的な案」なのか。そこで言う「現実的な」の中身は何なのか。彼らの「現実的」とは、辺野古案の履行を迫る米国が了承可能なという意味である。あくまで基準は米国の利害や判断だ。しかし、移設を実現しようとすれば、移設先の地元が賛同しなければ実現しない。「現実的な」というのは、本当は、移設先候補が移設を受け入れ可能なという意味である。「現実的な移設案」とは、移設先が手を挙げてくれる案である。

そうすると、現在、候補地の中で移設前向きの意思表示をしてくれたのは、テニアンだけではないか。実際には、テニアンだけが「現実的な移設先」なのである。社民党は、移設先を九州北部(長崎大村)ではなくテニアンに変えろ。テニアン案を社民党案として検討委員会に提出せよ。委員は阿部知子ではなく照屋寛徳にすればいい。そして、テニアン市長を日本に呼び、日本のテレビ報道に出演させることだ。マスコミが出演させるのを嫌がれば、沖縄のテレビのニュースに出し、その映像をyoutubeでネット配信すればいい。

阿部知子除名_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

刷り込み

「世に倦む日日」氏が昨今の政治・経済状況や我々の側の問題を考えたとき、これを憂え絶望する気持ちはそれなりに分かります。

ただ、もう一方の現実として、右寄りの立場からの陸上自衛隊・幹部自衛官の著書「マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実 」(単行本) 池田整治 (著)
などで主張されているように「マインドコントロール」というか非常に強固な「刷り込み」などによって、誤った意識や認識の洪水のなかに我々は暮らしているという状況があるのも事実かと思います。

ところで、「世に倦む日日」氏とは思想・信条を異にしているでしょうが、佐藤優氏への魚住昭(魚の目)氏(インタビュー記事)「小沢一郎」分析のような視点も存在します。これはこれで一考の価値ありということはないでしょうか。
 http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/376.html

退路を断て

言葉の強さも含め、筆者さまの内心に深く賛同致します。私の心の中のオリを、すべて活字に代筆いただいた心象です。

4年後の選挙に向けた稲嶺支配を装置するために国民新党は対立を演出し、市長選で稲嶺氏を推薦、それを党の広告宣伝に利用していたわけですね。二枚舌の筋道が一つ読めました。

ならば、稲嶺氏には4年後の選挙協力など捨てて「4年任期内で決着」と自ら退路を断ち、行政責任者として名護・普天間決戦に臨んでもらうしかありません。

デモ。人間の盾。工事業者に対面する前に、本家アメリカの政治判断を普天間廃止に持っていく可能性はないのだろうかと倦んでおりましたが、このタイミングで、米海兵隊責任者から「沖縄は海兵隊の戦術展開の上で、歴史的に見てもこれほどの稀地はない」との迷惑なコメントが、昨夜のNHKニュースでも粛々と垂れ流しにされていました。

アメリカの兵隊責任者の心象や広告用のコメントなどどうでもいい。一番大切なのは、基地が好き勝手に増殖移転される沖縄と日本の民意ではないのか。

ところが少なくてもテレビからは、その一番大切な「民意」の報道は皆無で、代わって「選挙で民意を代表した」とされている政治家個人の勝手で傲顔なコメントだけが垂れ流しにされています。

幕末の志士たちとは決定的に違うブログ言論を手にした私たちですが、残念ながら上士・下士の隔てからは一向に解放されず、彼ら志士の生き残りたちが始めた政治の末裔から、いまだに舐められ続ける日常と人生を培養されています。

つまり、あの150年前の革命は、いまだに達成されていないのだと。下士の更に下の下民に閉じ込められたままのこの息苦しさ。もしこの事実を知ったならば、散った志士たちの憤りと嘆きはいかばかりでしょうか。

野党の不在

私は昨年の衆院選で、比例区において国民新党に入れましたが、今回の亀井静香らの言動には憤りを覚えます。また、阿部知子の欺瞞も許せません。

自民党が野党としての存在感を発揮していない中、国会が民主党の無法地帯と化しています。共産党は相変わらず「建設的野党」などと謳い、マルクス・レーニン主義から脱却を図るのでもなく、社民主義を強く打ち出すわけでもなく、他党と一線を画すことばかりに腐心する余り、野党としての本質を見失っています。民主党左派も沈黙を通し、何ら動きが感じられません。どうしてここまで麻痺していられるのか。

かつて、中国の作家魯迅が「奴顔」という言葉を使っていました。奴隷にふさわしい顔、つまり虐げられることに慣れて、常に強い者に媚びて生きようとする人間の表情という意味です。(http://mgssi.com/terashima/nouriki0306.php)。これは知識人、ジャーナリスト、学者、政治家、経営者などを問わず、日本人全体に言えることではないでしょうか。このような事態に陥ってまでも「空気を読む」日本人。私はKYという表現を恫喝と定義しています。強者が弱者を支配する構造、真実を見ようとしない姿勢、自己保身に走り虚栄心を肥大させていく思考。植民地主義のイデオロギーは、支配する側ばかりでなく、支配される側にも浸透するとは、よく言ったものです。浸透したその瞬間こそ、退廃の始まりであるにも拘わらず、それに気づかず疲弊だけしていく国家。

常識という名の余分な知識を捨て去り、「この国のかたち」を確立するべきです。権力の懐に飛び込んだ男(http://www.nhk.or.jp/special/onair/100228.html)の奮闘を主体性をもって受け止め、私たちも発奮するときなのではないでしょうか。

政治を蝕む「基地利権」

土井や辻元の「追い落とし」の時、
社民党の中で誰が何をしたのか思い起こす必要があります。
民主の「小沢追い落とし」と同じ力学が社民党の中でも働いています。
連立政権の中にも反基地反安保の動きもありますが国民が後押ししないと風前の燈火ですよ。

No title

私はよく知らないのですが明治維新もお雇い外国人の手を借りなければできなかったのだろうと思ってます。
最近新自由主義という漠然と使っていた言葉を見直すと、論者によって違い、また官僚の無駄の削減も自由主義的な立場からなされているようにも見え、悪いものを総称するキャッチフレーズになってしまい、何処がどうなのか、新自由主義は共産主義批判から出てきている対抗概念のようにも思えますが、かつての共産主義が駄目なら一体どうなっているのか、今度の不況は産業文明の終わりではないのか、等々考えます。

大西郷

1 沖縄は、薩摩の琉球侵攻により、わが国に組み入れ  られました。
2 結果、さきの大戦で地上戦の戦渦を受けました。
3 現今のように対中国戦、対北朝鮮戦の最前線の役目 を負わされる限り、万一の場合、沖縄は再度、本土防衛のための盾あるいは防波堤として、捨て石になるんでしょう。

ひどい話です。

このへんの事情を思えば、西郷さんなら、すぐに手をあげるでしょう。

普天間だけでなく、沖縄のすべての米軍基地を鹿児島に引き受ける。
で、鹿児島県民の最後の一人に至るまで説得をし、これを成し遂げる。

それが大西郷かと。

が、そもそも西郷さんなら自主防衛を唱えそう。

で、その意を受けた大久保さんが、きわめて困難な事務的な課題を、超人的な努力でクールに克服し、バランスのとれた姿でこれを実現する。

西郷さんも大久保さんも今はいないようです。

それなら、民草が一つずつ石を積み上げていくしかありません。

しかし、天才が現れないのは、天才を必要とするほど困難な時代ではないのかも、とも思います。

小沢さん

幕末は、本当に奇跡のように人物が立ち現れては散ってゆきました。
だた、近代はあらゆる面で複雑に絡み合った世界です。

鎖国、維新の頃のように比較的単純ではありません。
現代の日本社会は、水を張った田んぼのようです。
目指す方向に進もうにも、一歩足を踏み入れるごとにのめり込み、いろんな所から足を引っ張られ、思うようには進めない。進まない。
与党になった人たちも、今それを実感しているんじゃないでしょうか?
それがる程度皆分かっているから、世論調査でも(誘導、操作があったとしても)やっぱり自民党には戻したくない、戻りたくはない。となる。

こんな文章を読みました。佐藤優氏による小沢論。
長きに渡って政治権力の中枢にいる小沢氏の所以が理解できました。
一読の価値はあるかと存じます。
http://www.asyura2.com/10/senkyo80/msg/376.html

佐藤優さん

>ryoさま

きれいですよね、いつも、佐藤優さんの分析って。
でも美しすぎるんで、ときどき眉につばをつけたくなることもあります。

氏が分析の過程で捨てたものの中に、ひょっとしたら落としちゃいけないものもあったんじゃないか、そんな感じ。

じゃ、小沢論ならどのへんだよ、と問われたらちょっとアレなんですが、強いていえば、小沢さんが自己実現のために民主主義を利用しているという一種の卑しさ、には目をつぶっているところ。

禁欲的なのに私心は横溢してる、というあたり。

しかし、そんなこと言い出したら、誰もものが言えなくなりますかね(笑)。

下地に飲み込まれた阿部

阿部知子も下地幹郎の口車にうまく丸め込まれたのでしょう。
阿部は沖縄にはもともと関心がない人だし。

下地は自民にも民主にも行き場がなく、政界再編まで国民新党のお面をかぶって家族企業の公共事業受注に必死になっている人です。民主が潰れたら「俺は民主じゃない」と逃げ、民主政権が続けば「俺が政府とアメリカをつないでいる」とアピール。自分の生き残りだけで沖縄を考えている人間だ。

下地幹郎も検討委員からはずすべき!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。