スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍馬伝』第7話を見る ? 小龍と万次郎、土佐とアメリカとモンゴル

龍馬伝第7話_1a『龍馬伝』のおかげで週末が頗る楽しい。第7話も感動の物語が届けられていた。前にも述べたが、このドラマの素晴らしい点は、一年間放送が続く長編作品でありながら、一話毎の完成度の高さがあることで、45分間の中に起承転結の完結性があり、クライマックスが設定され、感動のボルテージを高めてフィニッシュを入れている。一話一話にキーのメッセージがある。ドラマの基本が押さえられている。最近の日本のテレビドラマに感じていた不満や欠点が、この作品では悉く解消されている感があり、基本に忠実なドラマ作りに好感が持てる。第7話は親子の絆と愛がテーマで、龍馬の成長を見守りながら死を迎える老父八平の姿を描いていた。香川照之が公式サイトで絶賛しているとおり、児玉清の演技が圧巻で釘づけにさせられた。「親の喜びは子どもの成長を見ること」。無縁社会のいま、死期を悟った八平役の児玉清が病床から発した言葉は視聴者の胸を打つ。45分間の後半、龍馬の帰還を迎え、八平の死を見守る坂本家が描かれる。この『龍馬伝』のカメラが坂本家を捉える方法は、まるで山田洋次の映画のようで、歴史であれ、何であれ、ドラマは家族をこそ描いて見せるものだという普遍的な鉄則を確信させられる。7年前、われわれが韓国ドラマに感動したのは、そこに家族の問題が描き込まれていたからであり、日本のドラマにおける家族の不在が意識されたからだった。  

龍馬伝第7話_2龍馬の物語をドラマで描いたなら、当然ではあるが、龍馬を取り巻く家族の愛情と恵まれた環境という問題をテーマから落としてはいけない。歴史の偉業を成し遂げた龍馬の活躍は、坂本家の人々の大いなる愛情と犠牲によって支えられていた。家族全体に藩から咎めと処罰が降りかかる龍馬の脱藩を、相談を受けた姉の乙女は逆に励まして支援する。司馬遼太郎は、小説の中で乙女にこう言わせた。「竜馬は男の子ではありませぬか」「男なら、いったん決心したことは、とやかくいわずにやりとげるものです」「わたくしが竜馬でも、脱藩します。男でないのがくやしいくらいです」「こんな時勢に女にうまれてきたことは、くやしくて仕方がありません」(文春文庫 第2巻 P.400)。脱藩は重罪。年の離れた長兄の権平は、責任ある当主だから表面上は反対したが、言わば見て見ぬふりを尽くし、脱藩後は龍馬を庇い支援した。『龍馬伝』の中には未だ登場しないが、二女で嫁した先から実家に出戻っていた姉のお栄は、脱藩に際して龍馬が欲しがっていた名刀の陸奥守吉行を与え、それが藩に発覚したため自害に至っている。龍馬の歴史の奇跡は、それを支えた家族の愛によって結実したもので、特に封建社会において自己実現に不自由な女たちが、わが身を犠牲にして支えていた。姉たちは、自分にできないことを龍馬にさせようとして、飛翔の夢を龍馬に託した。龍馬の物語の中には、周囲の全ての者たちとの熱い感動的な関わりがある。その積み重ねで、結果的に歴史を動かす。『龍馬伝』は、これからそれを一つ一つ確認してゆく。

龍馬伝第7話_3第7話は、後半の見せ場をたっぷりと児玉清の八平の最期の演技に割き、歴史の進行の説明については前半に押し込む構成で駆け足で端折っていた。場面だけでなく、時間の流れ方と言うか、台詞や表情の放映に割り振る時間の長さが違う。スタッフのドラマ作りの工夫と技巧に感心させられる。無論、河田小龍の塾で、龍馬と弥太郎と半平太が一同に会して議論するなどという史実はない。フィクションである。虚構ではあるけれど、その場面を設定し構成することで、龍馬帰国後の郷士の情勢や河田小龍の位置と役割を視聴者に効果的に教え伝えることができる。河田小龍の思想(開国主義)を紹介し、半平太と龍馬と弥太郎の3人の個性と志向をくっきりと類型的に描き出すことができる。河田小龍は時代を先取りした先見的な知識を持っていて、龍馬にとって勝との邂逅を媒介する思想的先行者であった。辺鄙な土佐の田舎にあって、なぜ一介の絵師である小龍は驚くべき豊富な海外知識、特に米国の事情について知っていたのだろう。それは、ドラマにも出たとおり、ジョン万次郎の存在に拠る。河田小龍は、万次郎が土佐に帰国するに際し、藩吏として取り調べを担当していた。この問題について、司馬遼太郎の小説は少し焦点の当て方が弱い。龍馬の生涯を見てもわかるとおり、興味関心は何より米国にあり、一点集中で米国の政治社会と産業経済に向かっていて、西洋諸国一般の文化文明ではなかった。万次郎の知識は経験によるもので、研究によって得た学問ではなく、百科事典的に体系化された性格の知識ではない。万次郎の米国経験と米国説明、その言説が青年龍馬を衝き動かす思想的中核になっている。「アメリカでは庶民がプレジデントを選挙して決める」。

龍馬伝第7話_8ジョン万次郎の歴史的意味は大きい。日本を開国させたのは、なぜ英国やフランスではなく米国だったのだろう。という問題は、誰でも一度は考えることで、そして、そのシンプルな設問については、当時の国際情勢と地理的関係が言われ、鯨油の需要と太平洋の捕鯨産業が語られ、歴史の解答は正規に与えられている。さらに主体的契機を見れば、ペリーの卓越した戦略性を言う必要があるだろう。米国にとっての重大な外交的戦略目標である日本開国を、ペリーは周到な準備と絶妙の知略で実現し、他列強に先駆けて成功させた。この国家プロジェクトのリスクは決して小さくなかったと私は思う。もし幕府が、砲艦外交の脅迫に武力での対抗措置を即断していたらどうなったか。対米攘夷戦争を決行していたら、外交失敗のリスクは日本側だけに及ぶものではなかったはずだ。言われるところの卓越したペリーの戦略外交の中身をさらに拡大レンズで凝視したとき、私には、ジョン万次郎の役割と要素が偶然とは思われないところがある。万次郎がハワイを経てアドベンチャー号で琉球に上陸、悲願の日本帰国を果たすのが嘉永4年(1851年)、その2年後にペリー艦隊が浦賀に現れる。幕府は、英語の堪能な万次郎を土佐から呼び出すが、万次郎に対してスパイの疑念を捨てきれず、結局、ペリーとの交渉実務には使わなかった。テレビで見たとおり、オランダ語を介する面倒くさい通訳方式で外交交渉をやっている。一般通念では、この場面では幕府の固陋と姑息が強調され、無益と不合理が責められる評価になっている。だが、いわゆる(佐藤優や手嶋龍一が流行語にした)インテリジェンスの観点からはどうだろう。

龍馬伝第7話_5インテリジェンスの政治学の角度から、万次郎とペリーを大きく鳥瞰図で見たとき、あるいは、ペリーは万次郎が果たすであろう二国間ブリッジの機能を戦略的に計算していたのではないかと、そういう想像が働くのである。万次郎が何を知り得ていたかは不明だが、アドベンチャー号の琉球上陸は、米国の周到な外交戦略に基づく対日インテリジェンスの一策であり、幕府はその謀計に気づいていたのではなかったか。幕府はオランダ経由の情報収集で米国の国情と国力を十分に知り、その軍事力と経済力の大なるを承知していたはずだが、実際に見聞した日本人の口からその事実が検証されることは、幕閣の政策判断に少なくない影響をもたらすに違いない。そうペリーが考えて布石を打ったと考えても不思議はない。勇気と幸運のサクセスストーリーである万次郎の冒険物語の背後に、国家の怜悧なインテリジェンスの論理が伏在していた可能性がある。万次郎が土佐人だったのは偶然だった。が、その偶然が龍馬という奇跡を生んだのは間違いなく、万次郎が龍馬にとって(結果として)決定的な影響者であった思想史的事実は否めない。龍馬の偉業には、実に多くの人間が複雑な歴史の運命の糸で絡んでいて、それらは感動的なドラマとしてわれわれの前に立ち現れる。その万次郎に特に注目している政治家がいて、言うまでもなく、ネット左翼から狂信的な人気を博し、マスコミ報道から蛇蝎の如く嫌われている小沢一郎である。謎解きは、かつて小沢一郎の腹心だった平野貞夫で、その出身が万次郎の中浜のある土佐清水市である。高知県の西南端、足摺岬の付け根にある漁業の町。93年の自民党離党以来、政界では一貫して小沢一郎と行動を共にし、その懐刀と言われてマスコミにも頻繁に登場した。

龍馬伝第7話_6足摺岬にジョン万次郎の銅像が立っている。以前、土佐清水市を足摺市に改名しようという動きがあり、結局、土佐清水市は無事にそのまま残ったが、何と中村市の方が四万十市と改名してしまい、由緒ある地名が地図から消えてなくなってしまった。 中浜の漁師の子の万次郎は、15歳のとき遠洋漁業の基地のあった宇佐の港からカツオ漁に出て、太平洋で漂流して数奇な運命を辿る。宇佐にあった中学校の野球部は、ユニフォームの胸にUSAと書いていた。前回の記事で、3泊4日の高知の旅を企画紹介したが、初日、桂浜を見て城下に戻る前に、時間があれば、車で海岸線を西へ行き、宇佐を経由して朝青龍の明徳義塾をご覧になることをお勧めしたい。桂浜から仁淀川河口大橋までの海岸線は絶景で、日本中で最もコンセプチュアルな太平洋の景観を堪能できるポイントになっている。いわきの塩屋岬とか、房総の九十九里浜とか、江ノ島の湘南海岸とか、いろいろな地点から太平洋を眺望してきたが、どれも太平洋の概念として不満で不合格である。理念的な絵を私に提供してくれない。桂浜から西に伸びる一直線の海岸から望む太平洋こそ、最も太平洋らしい太平洋の絵である。朝青龍の「朝」は朝潮の朝であり、「青龍」は青龍寺から取っている。宇佐から橋を渡った横浪半島の先端近くに、四国八十八か所の36番目の札所である青龍寺がある。横浪半島と宇佐漁港を繋ぐ宇佐大橋は、1973年に架橋されたが、それまで遍路の旅人は渡し船で半島に渡っていた。この年に明徳義塾中学校が開校されている。明徳義塾のOBの1期生が公式サイトにメッセージを書いていて、その中に、「当時はまだ陸の孤島だった明徳」とある。全寮制のこの学校は、実に人の通えない<驚愕のロケーションにあり、その事情は現在でも変わっていない。

龍馬伝第7話_7一見した印象を正直に言えば、申し訳ないが収容所の趣であり、脱走が許されない施設である。実際に訪れていただきたいが、あの学校の寮で暮らしている生徒が、徒歩で脱走して簡単に人家のある場所に辿り着くのは困難で、物理的に逃げられない地形と位置になっている。車を使ってしか移動ができない。土地の価格は安かっただろう。「先輩のメッセージ」のページに朝青龍の言葉もある。全寮制で精神修養をする明徳義塾は、いわゆる徳育を重視していたはずの学舎だが、朝青龍への教育は成功しなかったと言えるかも知れない。朝潮は室戸岬の東側にある佐喜浜の出身で、小津高校から近畿大学の相撲部に進んだ学生出身力士である。現役時代の相撲はそれほど悪くなかったが、親方(指導者)の資質や素養は全く無かった。少年時代に部屋に入門していない経歴も、きっと問題だったのだろう。アメリカだけでなく、実はモンゴルも土佐とは因縁が浅くない。司馬遼太郎が入った当時の大阪外国語大学蒙古語科には、高知から多くの学生が入っていた。司馬遼太郎は、苦手な数学が試験科目になかったことと、馬賊(大陸浪人)に憧れたことを受験の理由に挙げていたが、高知から蒙古語科に入った学生たちの就職志望先も、全員が陸軍の特務機関だった。満蒙で工作員活動をやるために大坂外大の蒙古語科に入ったのである。詳しい事情は分からないが、そういう軍内部の系列や伝統があったとすれば、陸軍を長州に取られ、海軍を薩摩に取られた土佐が、軍の中で特殊部隊を派閥にしようとしていたのかという想像が働く。司馬遼太郎の学友の土佐人たちは、その多くが消息不明のまま戻って来なかった。彼らがどのような運命を辿ったかは、司馬遼太郎ではなく、村上春樹が小説『ねじまき鳥クロニクル』の中で克明に描写してくれている。

土佐とアメリカ、土佐とモンゴル、どちらも不思議な因縁で結ばれている。

龍馬伝第7話_z
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ヌーヨーカは近づいたが…

 2週間遅れのDVDでの大河ドラマに我慢ができなくなり、NHK海外放送の「TVジャパン」に加入しました。ニュースは無機質な口調でいまだに「お上のお達し」のようなニュアンスが残っていて(国谷さんを除いて)古くさい感じがしましたが、しばらく流しているとむかしの日本にいるような感覚が戻ってきます。海外に住んでいるというアイデンティティが失われてしまいそうで、極力限定して観ていますが、あらためてNHKには優秀な番組が多いと感じました。

 「龍馬伝」第7話は「遥かなるヌーヨーカ」。黒船とジョン万次郎情報に触発された日本人が右往左往する姿ですが、僕としては河田小龍というアーティストが触媒になっていることが興味深い。かれが長崎や万次郎から聴いた情報を、遠望的な(Perspective)視覚にしてしまうのがおもしろい。
 司馬遼太郎は「竜馬がゆく」のなかで、「徳川期が300年近くつづいたのは、徳川家の功績ではなく、先進国の産業革命と蒸気機関発明の時期のせいである」と書かれています。もしこの産業革命がもっと早くなされていて、徳川中期に黒船が来ていたら、そのときやはり西国諸藩が立ち上がり、京都朝廷を擁して統一国家をつくっただろう、という記述があります。(巻三 p-283)

 蒸気機関はイギリス人の発明ですが、その後の電灯、自動車、飛行機、TV、コンピューターまで、現代文明のほとんどすべてはアメリカ人の創作で、現代では日本は技術面でそれを追いこしたとはいえ、まったく新しいものへのアイディアという部分でいまだに遅れを取っているように思えます。このことは、ふたつの国にそれぞれ長く住んでいた僕には、国のシステムをくらべればしごく当然のことに映ります。
 龍馬と弥太郎が武市らと意見を異にし、まず海外諸国に追いつくことという焦りを持ったことが革命のはじまりです。侍の精神論で攘夷を唱える武市派ほか大勢は、革命論を促進はしましたが、結局攘夷はことばだけに終わりました。

 終戦後、龍馬をめぐる時空間と同じような形而が、この国にあったという気がしています。このときはほぼ完璧に破壊された焦土から立ち上がり、経済と技術でアメリカに追いつけ、という目標があり、そのこと自体はその後わずか20-30年で達成されたといえます。
 が、そのアメリカ物質文明追従の姿勢が、家族のきずなの崩壊などというよけいなものまでを真似することに至り、現代日本はある意味で新たなカサカサの精神的焦土と成り果てています。これは日本だけでなく世界的傾向とも言えるかも。ここでわれわれはもう一度、黒船到来の危機感を持ち、変質してしまった文化を取り戻したうえで、いままでのナショナリズムとは違う新たなオリジナリティーに富んだ文化を創りなおすべきです。

 このNHKのドラマに関する「世に倦む日日」の視点は、その基本的なスタンスで説きつづけ、実に好感がもてます。個が縛られた封建制のなかの坂本家で、家族の愛情をうけかぎりなく自由な発想で育った龍馬の精神が、その後の日本を変えたこと。南国土佐高知のローカル情報もからめて、今後もドラマ「龍馬伝」のストーリーとともに期待しております。
いつも長過ぎるコメントですみません。そのうち当方ブログにつづけます。 ヌーヨーカ金魚

心意気

 コメントではなく、下手な川柳になりますが、心の赴くままに本記事への感想を。


我見たり
 ブログに集う
    顔馳せに
  倦む人々の
     良心の光


※ NY金魚さま、心を掬うコメントをありがとうございます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

世に倦む日日

Author:世に倦む日日
(世に倦む日日FC2版)

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
access countベキコ
since 2004.9.1












RSSリンクの表示
アクセス数とメール
エキサイト版に避難中です。
FC2のふざけた釈明

access countベキコ
since 2004.9.1


  
ご意見・ご感想

Twitter
Google 検索ランキング
下記のキーワード検索で
ブログの記事が上位に 出ます


竜馬がゆく
花神
世に棲む日日
翔ぶが如く
燃えよ剣
王城の護衛者
この国のかたち
源氏物語黄金絵巻
セーフティネット・クライシス
本田由紀
竹中平蔵
皇太子
江川紹子
G20サミット
新ブレトンウッズ
スティグリッツ
田中宇
金子勝
吉川洋
岩井克人
神野直彦
吉川元忠
三部会
テニスコートの誓い
影の銀行システム
マネー敗戦
八重洲書房
湯浅誠
加藤智大
八王子通り魔事件
ワーキングプアⅢ
反貧困フェスタ2008
サーカシビリ
衛藤征士郎
青山繁晴
張景子
朱建栄
田中優子
三田村雅子
小熊英二
小尻記者
本村洋
安田好弘
足立修一
人権派弁護士
道義的責任
古館伊知郎
国谷裕子
田勢康弘
田岡俊次
佐古忠彦
末延吉正
村上世彰
カーボンチャンス
舩渡健
秋山直紀
宮崎元伸
守屋武昌
苅田港毒ガス弾
浜四津代表代行
ガソリン国会
大田弘子
山本有二
永岡洋治
平沢勝栄
偽メール事件
玄葉光一郎
野田佳彦
馬渕澄夫
江田五月
宮内義彦
蓮池薫
横田滋
横田早紀江
関岡英之
山口二郎
村田昭治
梅原猛
秦郁彦
水野祐
渓内譲
ジョン・ダワー
ハーバート・ノーマン
アテネ民主政治
可能性の芸術
理念型
ボナパルティズム
オポチュニズム
エバンジェリズム
鎮護国家
B層
安晋会
護憲派
創共協定
二段階革命論
小泉劇場
政治改革
二大政党制
大連立協議
全野党共闘
民主党の憲法提言
小泉靖国参拝
敵基地攻撃論
六カ国協議
日米構造協議
国際司法裁判所
ユネスコ憲章
平和に対する罪
昭和天皇の戦争責任
広田弘毅
レイテ決戦
日中共同声明
中曽根書簡
小平
国民の歴史
網野史学
女系天皇
呪術の園
執拗低音
政事の構造
悔恨共同体
政治思想史
日本政治思想史研究
民主主義の永久革命
ダニエル・デフォー
ケネー経済表
価値形態
ヴェラ・ザスーリッチ
李朝文化
阿修羅像
松林図屏風
奈良紀行
菜の花忌
アフターダーク
イエリネク
グッバイ、レーニン
ブラザーフッド
岡崎栄
悲しみのアンジー
愛は傷つきやすく
トルシエ
仰木彬
滝鼻卓雄
山口母子殺害事件
ネット市民社会
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。